ぬるぬるスワンとスケアメマンボ

一日おいたきざみしょうがは、味がまろやかになっておりました。
昨夜作ったばかりの時は、生姜の辛みがかなりつよくて、それはそれで真夏にそうめんの上にかけて、ズルズルーっといくのもいいかもと思ってたけど、一日たったきざみしょうがはお出汁と生姜がだいぶなじんでおりました。
なので、絹ごし豆腐の上にかけて食べましたがこれからの季節はクセになりそうです。
思うになんだけど、もっと量を増やして作り置きしておくといいかも。
時にはニンニクを入れて、鶏肉や豚肉とつけておいたら美味しそうです。唐揚げにしてもよし、そのまま焼いてもよし。あとごま油を入れてもいいし。
きざみしょうがさえ作っておけば、結構いろんな料理に使えそうです。

ちなみに、作った時若干悩んだのは、昆布出汁、しょうゆ、酒、みりん これらを合わせて20ccってことなのか、それともそれぞれ20ccなのかということですが、動画を見直したところ、昆布出汁とほかの調味料が同じガラスの器にはいって、同じうらいの量だったので、それぞれ20ccってことなのかと納得・・・・えっ、そんなことわかんないの?と思われた方もいるかもしれませんが、だってだってカッコがついてるから、あわせて20ccって思うじゃないですか。あわせて20ccだと鍋にいれると量が少ないので勘違いしてるにちがいないと、もっかい動画を見直してそれぞれ20ccであることを確認した次第。
これでいいのかなぁとちょっと考えましたが、そもそも最初から適当な分量で作っているので、今更ちがうかなどうかなと考えるレベルでもないし、だいたい味はみなさんも想像はできるじゃないですか、なので想像した味に近けりゃいいと開き直り作りました。
ナンプラーがいい仕事してました。

きざみしょうがと来たら、今度はマンボ・・・なんでマンボやねんと突っ込みが入ってると思いますが。
いやね、昨日大ちゃんのスワン動画を張り付けたじゃないですか。
それで、今朝会社に行く前に、スケアメのマンボを見てたんですよ。
怪我前と怪我あとだと、やっぱ大ちゃんバレエの効果がよく出てるなと思って。
特に姿勢が。
スワンの時は、首と肩がつまってて、極端な言い方をすれば猪首っていうのかな、首が肩よりも若干前に突き出すような感じで、首が肩にうまってるっていうか。
剛のスワンにはあの堅さがぴったりはまってたと思うけど、スワンを見てマンボを見ると、大ちゃんの姿勢のシルエットの変化がよくわかっておもしろいです。
よくぞ数年の間に矯正したなと思いました。怪我の功名ですな。
しかし、そのおかげでフレンズで久々スワンを滑ってる大ちゃんを見て、まろやかなスワンになったなと思ったのでありました。
ぬるぬるスワンと私は呼ぶ。
しかし、そのぬるぬるスワンをしつこいようだが、通してみたいのである。
ぬるぬるスワンプリーズ。

Daisuke Takahashi SA2010 SP + Warm Up


このマンボ動画、何気にツボります。

スケアメマンボといえば、冒頭の大ちゃんのドアップで、あまりのお肌のトゥルットゥルぶりに思わず目を奪われたわっと当時を思い出す方も多数いらっしゃるでしょうが、この動画、解説がない分大ちゃんがキスクラで歌子先生と素のままでしゃべってる声が聞こえるのがいいです。
ちょっとエロス( ̄m ̄)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. 無題

ののまめ様
  
大ちゃんマンボに、ハマりました。(*^▽^*)
スワンの指摘もピッタンコですね。凄い!!

ぬるぬるスワンが、観たくなりました≧(´▽`)≦

更新、楽しみにして居ります。(θωθ)/~

2. 無題

アメンバ承認ありがとうございました。
ののまめさんのブログ、実はずっとファンでアメブロになる前から覗かせてもらってました。
大ちゃんへの愛とお友達の感想や海外の方の反応など毎回楽しみにしてます。
よろしくお願いします。

3. 生ぬるーく楽しんでください

>なっちゅさん
忍者の頃からでしょうかね。忍者の頃は今以上にカオスな内容で、更にいっちゃってましたが・・あまりにいっちゃってたのでこちらに移植できない書き込みも。。。でも楽しんでいただけてよかったです。ののまめの大ちゃんへの愛はかなり偏りがあり、そして海外の反応もののまめのまわりにいる、ちょっと日本びいきすぎるきらいのある外人とかそういう人の反応なので、あんまりあてにならないんですけどね。いいかげんなのが、ののまめブログと思って今後とも生ぬるーく楽しんでいただけたら幸いです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR