足パカロックンロールを二度見ているののまめが勝手に思うこと

くしくもののまめ、ナナミ先生オリジナルバージョンの足パカロックンロールは2度見ております。
最初は昨年のフレンズで。見た回はテレビで放送された回でありました。フレンズは私が行くとテレビカメラが入っている回にあたり、生で見た後テレビでもう一度見直すという貴重な体験ができております。

ナナミ先生オリジナルバージョンはもう二度と見れないかなと思ってたのであきらめていたけれど。見れてほかった。
結果として大ちゃんの競技者としてのプログラムとして初めて途中でプログラム変更をしたという、大ちゃんにとっても思い悩む選択だったと思うし、ナナミ先生にとっても胸の痛いことだったのではないかなと思っていたので、あえてのオリジナルプロで滑ってくれた大ちゃんにファンとしても感謝。

ナナミ先生はゆづの振付を見ても、そして近いところだと先日の国別EXのエンディングの構成や振付を見て、本当にセンスのいい人だなと思ってたので、今後もできれば世界で活躍していただきたい。ロックンロールは新ルールに合わせて作っているので、手さぐりなところもあったと思うし。センスは抜群なので世界に飛躍していただきたいものと思うものの、モロゾフめ何をやってんだとも思うところもあったけど。
しかし、昨日足パカロックンロールを見て思ったことは、実はフレンズで見たときに感じたことと同じことを思ってしまったのでした。
昨年mixiに書いたのをちょこっと転載すると
------------------
『目的の大ちゃんの新SPですが。 
これはまちがいなくまたリンクがロックコンサートになる予感。 
ただコンペプロに仕上げるまでにはもっといろんな技をぎゅうぎゅう詰めると思うけど、見終わったあとは、おもしろかったーっていう素直な心の声がでましたな。』
------------------
コンペプロに仕上げるまでにはもっといろんな技をぎゅうぎゅうに詰めると思うけど・・・と書いております。
そうなんですよ、後半は楽しいんだけど前半がなんか物足りなくてこんなことを書きました。そして昨日見たときも前半がちょっとぼやけているなと。
もちろん大ちゃんはノリノリで観客を煽っており、私たちもキャーキャー言ってましたが、もしジャッジとして見た時ステップが大味に見えやしまいかと。
昨年フレンズでまわりに座っていた人も、試合用になるにはもっと手をいれるだろうねと話ておりましたが、たぶんところどころぼやけた印象があったと感じたのは私だけではなかったのではないかと思いました。
一番は、ルールが変わって後半に入ってくるジャンプが1.1倍になるボーナスポイントが付くことによって、ステップにかける時間が少なくなったこと。出だし音楽がスローなのでそれに合わせてスピンもゆっくりめで回るっているので、流れとしてその部分にめりはりがあまり感じないというか。
ナナミ先生オリジナルプロは後半にコンボとアクセルが入っていてモロゾフ改変プロよりも攻撃的なプログラムだったと思います。けれどスローからアップテンポに音楽がかわっても、全体としてぼやけてしまっている。そこにモロゾフは手を入れたんだと思います。

けれど中国杯を見た時ののまめのショックといったら・・・・ゲロ吐きました。フリーの失敗もショックだったけど、それよりもショートの改変があまりにショックで。
何度かここでも書いたと思うけれど、ナナミ先生オリジナルプロは音楽と振付の時代がぴったりと合っていて、ロックンロールがまだ洗練されてない粗削り感があっていいと思っていたので、あのままたりない部分をモロゾフが手直しでもするのかなくらいには思っていましたが。モロゾフが手をいれたことによって、ロックンロール黎明期の香りがなくなってしまったのも、結局最後まで歯車がかみ合わなくなってしまった一因ではないかなと。

しかし、モロゾフが手直ししたロックンロールと、昨日見た足パカバージョンを見て思ったのは、後半にジャンプを集めてステップを短くするよりもステップで魅せてPCSを稼ぐほうが高橋大輔らしいと判断したのではないかと。ナナミプロのステップは好きです。キュイーンのところと足パカのとことか。ただキュイーンを見るたびにちょっともったいないなとも思ったりもしてたわけです。シェイリーンの道化師もそうだけど。バッククロスと、疾走するように滑って行くところとか。演出としては盛り上がるけれど、競技用となるともっと緻密なステップが見たいという心理がちょいちょい頭をよぎり。それとやはり高橋大輔だから大胆で華麗なステップがやはり見たいんですよねファンとしては。たぶんモロゾフもジャッジが見たい高橋大輔のステップを魅せようとしてプログラムを改変したのではないかと。
歌子先生が、ロックンロールは大ちゃんにとっては苦手なジャンルと言っていたけれど、それだったら早いリズムで滑って行くマンボはどうなのかなとも思うんだけど、マンボを見直すと、全編に見どころが散らばっていて見飽きるというところが全くなく、前半も大ちゃんらしい感情移入ができる振付になっていて新境地を開拓したという感じだったけれど、ロックンロールは正直なところ前半はやはりちょっと見ていてさみしいかなと。最初のキメポーズはわしづかみにされたけど。もしナナミプロで1シーズン過ごしてたら、たぶん前半ぼやけていた部分が改善されて名プロになってたのではないかなとも思うんだけど・・・・。
ただ、月光を見るにつけ、モロゾフも大ちゃんをどんなことをしても勝たせたい。あとは国内で1位の座に座らせたいという気持ちもあったのは間違いないなと。
結果としては四大陸にしてもワールドにしてもゆづよりも成績は悪かったけれど、でも月光に変えてこれでもかこれでもかとえげつなステップを繰り出すプログラムを作ったのは、今シーズンは勝てないにしろ高橋大輔はそれでも王者なのだと、まだ力は衰えていない。オリンピックシーズンへ向けてのジャッジや観客への印象づけもあったのではないかなと思う。もちろん勝てたらもうけもんとは考えてたと思うけど。このまま大ちゃんを日本国内で2位の選手の位置付にさせてはいけないという作戦にはちがいない。大ちゃんも国内で1位でいないとと言っていたし、たしか。
でも実際1月の大ちゃんのスケジュールを見ても、ほど毎週のようにショーがはいっていて、新プロの練習をする時間なんてほとんどない状況の上に、靴やエッジが合わないというのもモロゾフはもちろん知っていたけれど、あえて無謀といえるプログラム変更は、結果としては悪くはなかったと思う。
国別でもも、大ちゃんの存在感を再び世界にアピールしたと思うし。
メンショフさんの怪我があって緊張のなか滑らざるおえない状況でもまとめてくる実力とか。
神様は大ちゃんに試練を与えているのか、はたまた援助しているのかわからないけれど、どちらにしてもいつもいつもドラマティックに事が進んでいっているのもまたレジェンドになっている選手だからなのかなとも思う。

ナナミ先生オリジナルロックンロールは、更に手をいれてEXプロで見たい。それかエキシアンコールではマンボのステップが定番だけど、ロックンロールの足パカステップもいいと思うんだけど。あれを世界に見せて欲しいわ。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

1. またまた好きになりましたです。

私もこれエキシで見たいなあ。できれば来期は試合ごとに違うエキシが見たいけど、無理かなあ?しかし、ここでナナミバージョンを滑る大ちゃん、やっぱり人として好きだわあ。で、話は変わるんですが、この頃、きっと大ちゃんは現役やめても滑り続けてくれる気がして、ザワザワ感がなくなってきたら、今度は、未来のパートナーが気になって気になって仕方ない私です。我ながらアホです。

2. Re:またまた好きになりましたです。

>なおさん
私も、大ちゃんの心遣いが。気になってたんですよね大ちゃんはナナミ先生にどんな気持ちでいたのかなって。インタビューでモロゾフにプログラムに手を入れさせすぎたってゆってたから。多分来シーズンはないとは思うけど、自分でも2プロ作るっていってやがる。。ちがった言ってるから。見たいのはローリーとみやけんプロなんだけど。モロゾフはキスクラ席と譲歩してEXで我慢していただきたいものだけど。大ちゃんの婿入りはののまめも気になるところ。私はAちゃんがいいんだけどなぁ。大ちゃんみたくめんどくさい男は器の大きい女房タイプがいいと思うな。奥さんっていうのではく女房という言葉が似合うタイプ。なにはともわれ、大ちゃんが幸せでいていただければ、それで納得。

3. なんと私と同じ

>ののまめさん
私もね、大ちゃんは人として最高級品だけど、旦那としては面倒だと思うんだ。だから私も、SさんかAさんがいいと思ってたのね。でもSさん決まった人いるみたいだし、Aさんなら優しく「はいはい」って包んでくれるかな?ってさ。でもね私の年下の同僚は、Mさんじゃないですか?って言ってるんだよ。彼女にも勿論幸せになってほしいけど、お似合いだとは思うけど、同志って感じがするんだよね。あのチャック下げたシーンにはドキッとしましたが…。ま、私が悩んでも仕方ない話ですが。失礼しました。

4. モロゾフなりに

山あり谷ありだったシーズンを、「なにもかもモロが悪い!」って言う人もいるけど、彼も彼なりに一生懸命だったんだよね、とののまめさんの記事を見て改めて思いました。
来季はわたしもモロプロ以外が見たいですが、2つ作って両方選ばれなかったら、ショックでかいんじゃないでしょうか。拗ねちゃったりして・・・。選ぶほうにもプレッシャーありそう・・・。重たすぎる愛。

5. Re:なんと私と同じ

>なおさん
大ちゃんが無事お嫁。。ちがったお婿にいけることを願っておりますが。私たちが悩んでも、けれど大ちゃんの将来をいろいろ考えてしまうのが、フィギュアファン。少年時代から見てるからおかんの気持ちになっちゃうのかもね。世界中のおかんが太鼓判を押す嫁をもらっていただきたい。

6. モロゾフは重い男

>tometomeさん
モロゾフチームはペア以外みんな今シーズン悪かったので矢面に立たされてもしかたはないけれど。しかしやっぱり月光を見ると大ちゃんに勝たせたいという気持ちは間違いないなと。いかに高橋大輔のポテンシャルを引き出すか、誰にもできないステップを見せることで、次につなげる。ロシアのラジオだったかで、ワールドの前に大ちゃんはワールドでは勝てないと思うとモロゾフは言ってたそうだけど、ただこれもソチのための布石とも言っていたそうなので、彼なりに思うところがあってしたことかなと。ロックンロールのままだったら、たぶん日本のマスコミもゆづに注目をうつしたまま、4大陸ワールドと言ってしまったとも思うし。結果はソチでわかりますよね、きっと。それを楽しみに私たちも応援するぞ!!おー!!

7. Re:モロゾフは重い男

>ののまめさん
おー!!!
浅田・高橋選手のダブル優勝のニコ動のコメで、「この二人は国民が成長を見守ってきた気がする」というようなコメがあったんです。二人の花道を見守ることが国民の声だ!マスコミよ!!
連盟は今後のために若手をゴリゴリするでしょうが、国民の想いを察知したマスコミが、せめて連盟の引退する選手への不当下げに便乗しないような存在になって・・・くれない・・・ですかね・・・やっぱり・・・。

8. 選手を消耗させるのだけはやめていただきたよね

>tometomeさん
先シーズンはなんかもやもやする事が多くて、結局男子はワールドでは全員台落ちですからね。スケ連も考えて欲しいものですが。カリスマっていうのは作ろうと思ってできるものではないんですよね。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR