PIWをちょっと落ち着いて振り返る。

昨日のブログを読むとどれほど大ちゃんに昇天したのかよくわかった。
かわいいかわいい連発だ。
だって本当に可愛かったんだもん。
昨日はもう体調不良でまじでお出かけできるかぎりぎりまで迷った。お出かけしたのが1時半過ぎだったし。
東横の電車の中ではめずらしく居眠りするくらいだったし。やばかったうっかり寝過ごしたら中華街まで行ってしまうところだった。
普段は居眠りってしないタイプなのだ。なのに一瞬爆睡。リンクについても朦朧として、これはショーが始まっても起きていられるかやばいわと思ったけれど、PIWたのしー。あっと言う間に1時間たち、あっと言う間にショーが終わってしまったという感じ。

グループナンバーが次々あるというのはPIWくらいだし。でもこういう方が好きだ。
競技会のEXとかここ数年バラードを滑る選手が多いけれど、バラードって本来スケーティングがうまい上に表現力がないと正直見ている観客は飽きる。あとはどこの客層狙ってるのか全くわからない選手の自己満足プロとか。そういう意味ではセンスがイマイチな選手って結構多いなと思う。
話はそれたけど、やっぱりショーともなると見て楽しいっていうのがまず第一条件かもね。
ところで、PIW今回で八木沼さんが引退されるってことだけど、次の座長はどなたが背負うのか何気に気になるわ。
やっぱり長年やってるだけに八木沼さんの存在感って光輝いてたし。まだまだ出来そうだと思うんだけど。ジャンプは確かに厳しいと思うけど、でも八木沼さんくらいの華と表現力があればジャンプなんてなくても十分魅せられると思うんだけど。ちょっと東京公演とかも見に行きたくなっちゃった。
今回は大ちゃんINが決まってからチケットを買ったんだけど、ほぼ真ん中の席で大当たりであった。
新横スケートセンターは見切れ席以外なら立ち見でも問題なくよく見えるのでおすすめ。
見切れ席は足元が全部見えないのがつらい。ただし、お貴族席のすぐ後ろなので、ちょいちょいスケーター達が止まってはポーズとってくれるからそのあたりはいいんだけど。ののまめが座った時も大ちゃんが結構頻繁に来てくれたので堪能はできたけど、やっぱり足元が見えないのは・・・。ということで見切れだけはおすすめしません。立ち見はしんどいかもしれないけど、新横にかぎってはよく見えるので・・・・なんで知ってるかというと、おなかがゆるいため、貴族席を買ったというのに、演技途中で席をたち、また演技中にもどるという暴挙はできないのと、再びおなかが痛くなるかもと思って立ち見で見てた経験があるためです。結構いいです。

昨日のおさらいだけど、あっこちゃん。
ラベンダーの咲く庭でをヴァイオリニストの古澤巌さんの生演奏で滑ってくれたんだけど、よかった。あっこちゃんの演技は泣ける。泣きましたののまめ。アッコちゃんも生演奏に涙してたけど、アッコちゃんの滑りと古澤さんの演奏がそれはそれはマッチしていて、アッコちゃんが滑った跡にラベンダーの花が咲いていくような素敵な演技で、アッコちゃんも終わったあと泣いちゃってたけど。見ているほうも涙が出てきちゃって。
アッコちゃんの演技ってなんでしょうかね。私フリーのOもそうだけど、最後のステップにはいる手前からアッコちゃんが満面の笑顔で滑っていくんだけど、あそこで毎回涙がぼわっとでてきちゃって。アッコちゃんのフィギュアスケートへの愛情と、滑れることへの喜びとかそこにギュッとつまっててたまらんですよ。ラベンダーも今回はそうだったんだけど。ああいう姿を見るとオリンピックでアッコちゃんがまた満面の笑顔で滑ってる姿がみたいなと思うわけです。それと、アッコちゃん金メダルも。

荒川さんは今も3-3飛んでるし、スケーティングに磨きがかかって本当に貫禄。彼女もフレンズトークで引退を示唆したことを言ってたけど。バンクーバーの時もみんな引退すると思って後を託せると思ったらみんな現役続行しちゃったんでというような事を話してたけど、ひょっとしたらソチもそうだったりして・・・・。後を託すはずが、もうちょい続けまーすとかみんな言ってくれたらうれしいものだ。
荒川さんは白鳥の湖をすべってたんだけど、フレンズでの大ちゃん美姫ちゃんとのコラボを見ていたので、ここで大ちゃんが黒スワンで出てきてくれないかしら?と思ってしまった。もっかい見たいわ三人のスワン。でも大ちゃんのスワンもプログラム通してみたい。今だったらあのサーキュラはどうなってんのかなとか。
荒川さんの時も大ちゃん飛び入りを願ったけれど、男性グループナンバーでロクサーヌが始まった時にも大ちゃん飛び入りないかしらと期待してしまった。そしてロクサーヌも生で見たいわーと、大ちゃんは本当に名作といわれるプログラムが多い選手だなとあらためて思う。
そんなだから毎年新プログラムはどうなるか楽しみなんだけど。

まだまだ書きたいことはある。
生で演技を見るとやっぱりいろいろ思うところは次々でてくるもので。
・・・・ということでつづく。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR