足パカロックンローラー大ちゃん可愛かった!

PIW横浜最終日今帰ってまいりましたっ(‘-´)ゝ
ふれあいタイムを最後まで見て帰って来たからちょっと時間かかっちゃったけど。

もうすでに情報は流れているでしょうが、本日の大ちゃんはロケンローラーそれもナナミ先生オリジナルバージョン足パカロケンロールでありました。
赤い衣装を見た瞬間会場は黄色い悲鳴そして髪の毛かき上げればまた悲鳴。
アクセルは2フットで降りてまだまだ危うげですね。でもシーズンオフなので心配しててもしかたがないという感じです。クワドも跳んできましたがフォール。でも力みなくふわっとあがっててトリプルを飛んでる感じでした。悪くないんじゃないかな。国別の感じにちかいかも。
しかし、まさかのロックンロールはうれしかった。足パカだし。途中からスピンがたりないのに気が付いてまさかと思ってたら足パカバージョンだったのでうれしかったです。それと、ちょっと明るくなった髪の毛と髪型がやんちゃな感じのロックンロールにあってて、可愛かったです。
可愛かったので、最後のエンディングではアイスダンス男子ペアで登場です。大ちゃんエスコートされて女の子役で出てきました。
そしてリフトされてました。お似合い(^m^)
・・・わかってんな客の喜ばせ方を。更に最後はお互い抱きしめてフィニッシュ。きゃーきゃー言うさ。あんなの見せられちゃ。
でも可愛かったわ、ロックンロール大ちゃん。
カッコいいけど、可愛かった。写真も撮ったけどちょっとぶれぶれすぎなのと、ちっさいし。なので脳内に超記憶。しかし、ロックンロールといえばののまめが昇天したまま通勤しすっころんだこともある胸元V字カットですが、胸毛は見えてないんでしょうか・・・超気になる。いっそ近くにいけばよかったけど、変なとこチキンなののまめ、大ちゃんと距離3Mくらいで断念。それでもイケメン。半端ないイケメンそしてロックンローラーなソフトリーゼントがまた可愛くて。やばかった。やっぱり生は違う。忘れないようにガンミした。もう脳内に刷り込んだ。
ふれあいタイムでちょうどののまめの近くまで来た大ちゃん。ちょっと乱れた髪の毛をかきあげたら悲鳴さ。そのあとリクエストがあったんだと思うけど、ロックンロールの最初の髪の毛かきあげポーズを照れながらしてたけど。いかんいかん、いかに大ちゃんが可愛かったかを書くとそれだけで終わってしまう。やんちゃ大ちゃん可愛いわー、それと南里くんが男前っぷりがあがってて。
新横の駅で前を歩いている人がなぜかツボを持ってあるいてて、ふと思ったののまめ。
色男っぷりのあがったツボセールスマン南里くんに
「奥さん、このツボ買っていただけないでしょうか?とっても幸せになるツボなんです」
とか手を握られでもして言われたら、ツボ買っちゃうなと妄想した。奥さんでもなんでもないけど、気持ちはよろめき奥様。
そして、色男南里くんと、やんちゃなロックンローラー大ちゃんホストに挟まれて、
「今日は何を飲まれますか?」
みたいなことを言われたら、お金ないのに
「リ・・リ・・・リシャールお願いしちゃおうかな」
と震え声でつい言ってしまい、借金まみれになるのを妄想し、妄想なのにあぶないあぶないと思った。
大ちゃんと南里くんが組んだら最強マダムキラーズができるに違いない。よろめきマダム続出だ。今だってよろめきマダム続出してるしな。

でも南里くんの滑ってる姿が見れてよかった。グループナンバーのなかでソロで滑ったところもあるけれど、南里くんのシングルプロを見たいなと思った。

ひとまず横浜公演千秋楽の感想で、一番いい演技だったのはタッキー。
髪型も彼に似合ってると思う。町田くんも小柄だし、髪の毛短くしたほうがシルエットとしてバランスがいいと思うのと、大人っぽく見えるし。
今日滑ったプロはエキシビプロなのか、新シーズンのSPなのかわからないけれど、いいプログラムだと思うのと、彼の個性がよくでてて今までのプログラムの中では私は一番好きかも。ジャンプも完璧で加点がつきそうなジャンプの上に、細かいところの表現も緻密で目がはなせなかった。やっぱりグランプリシリーズで優勝したことは自信にもなったんだと思う。いままでとは違う雰囲気があるので。そしてファイナル全日本とくずれたけれど、そのくずれたのも大ちゃんと同じくいい経験にできたんだと思う。それが今日の演技ではないかなと。
終わった後のスタンディングオベーションに、その後しばらく客席がざわめいていたので。こりゃ大ちゃんまた大変だ。

あきおはやっぱりあきお。
今日はヒョウのキグルミで登場、そしておもちゃのチャチャチャで笑いをとる。最後はAKBだし。あきおもジャンプが形になってきているし、もうどのジャンプも全部タノでいいんじゃないかなと。軸がしまるしね。ただやっぱり最終グループにはいってこようとすると細かいところはまだまだ磨かないといけないなと思う。ムラくん町田くんを見るとやはり経験値があがっただけに貫禄が二人ともついてきたのと同時に、魅せ方のみならず細部までこだわる演技になってきたので。あきおは今後テクニカルのほうを中心に磨くことが必須になってくるかもね。魅せ方はうまいし。
踊る選手といえばミーシャがいるけど、ミーシャとあきおが対決したら多分あきおのほうが勝つと思うな。
そうそう、あとふれあいタイムの引き揚げ方もちゃんと空気読めるというのよかった。あきおは人気ものなので1周まわったあとも呼び留められてたけど、いいタイミングで引き揚げてたので好感度更にアップ。こういうところも人気者になる要素のひとつではないかなと思う。

ひとまず、こんなところ。アッコちゃんのも書きたいこともあるし、荒川さんのこととかも。
おいおい書いていこうと思う。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR