真央ちゃんは国際人としては100点満点だと思う。

今更だけど、今更だからちょっと冷静になって書いてみたいと思う。
タイトルからしておわかりだと思うけれど、テリー伊藤氏が真央ちゃんの引退示唆のインタビューを見て、国際人として表情や衣装など幼いと言い、更に引退示唆についても同情をかおうとしていると言っていたのだけれど、どうしてそういう思考ができるのか全く理解できず、自分の気持ちを整理しつつ冷静に書いてみようと思う。実はこの発言があった当時書こうとは思ったんだけど、あまりに腹がたって頭を整理できずにいたからである。

まず国際人として真央ちゃんは幼いかと言えば、決して幼くはないと思う。
インタビューなどにしても、波風立たないようにそして、変に気を使った優等生な発言なのではなく、思いやりという気持ちがベースにあった上での自然と言葉を紡いでいるといると思う。
例えば昨年ヨナの復帰が報道され、インタビュアーが遠回しに復帰する選手がいますがどう思いますか?みたいな質問があったけれど、真央ちゃんは
「みんなで一緒にがんばりましょう」
と答えっていたのだけれど、こういう返答に正直驚いた。できそうでできない答え方だと思う。
この一言で、ちょっと意地悪な質問をした記者の口と閉じさせることもできたし、真央ちゃん自身の競技への向かい方や、他の選手たちへの思いだとか、この一言で全て答えきれているからだ。
自分だったらあの場でこういう返答をできるだろかと考えてみるけど、絶対無理だと思う。

「みんなで一緒にがんばりましょう」
たぶんこういう返答の仕方はテリー伊藤氏からみたら子供っぽい上に、面白くもない優等生な発言だとは思うけど結構深いと思う。
国別で選手たちが国籍も関係なく選手席から声をあげて応援をしていて、その応援する姿にまた感動もしたけれど、選手たちはみんなわかっているんだと思う。リンクの上にあがったらただ一人だということを。だから出来が良くても悪くても一生懸命滑っている選手たちに思いっきりの声援を送る。
真央ちゃんの言う
「みんなで一緒にがんばりましょう」
という言葉は、リンクの上の孤独を知っている選手だからこそ出た言葉だと思う。
真央ちゃん大ちゃんが人気があるというのは、こういうちょっとマスコミの意地の悪い質問に対して、優等生な発言をしようといくつか用意している言葉の中からチョイスして答えるのではなく、常にフィギュアスケートに対する愛情という土台があった上で発言をしているので、見ている方も心地がいいんだと思う。
しかし、テリー伊藤氏のようなテレビマンからすると毒が足りないと感じるんだと思う。
彼の発言を聞いていると、フィギュアスケーターをアスリートとは思っていないのだ。芸能人アイドルと同等に考えているように思う。
真央ちゃんの表情や衣装が国債人として幼い?
いやいや、テリー氏のまわりの22歳くらいの女の子達がスレすぎているのだ。そしてテリー氏自身気がついていないと思うが、彼は常にテレビマンなので、テレビマン的視点でしかものが見れていないんだと思う。テレビ的にどう面白いのか、テレビ的にどう盛り上がるのか、テレビ的にどう視聴率を稼ぐのか。
真央ちゃんは決して幼くはない。
衣装について言うなら、バンケットで着ている衣装を見ていると、清楚だけれど華やかで他の国の選手たちよりも品良く見えて、逆に大人に見える。
今年のプログラムでのほがらかな表情や衣装を指して幼いというのも筋違いというもの。
幼いのではなく、コミカルな部分も演じられる表現力があるというだけ。衣装はプログラムのテーマに沿って、そして観客を楽しませるため。
ここ数年各選手たちのEXのプログラムを見て思うんだけど、バラードがやたらと多い。女子はとにかくセクシーに。髪の毛を振ってセックスアピールをする。分かりやすいセクシー表現ばかりだ。そんな中、大人の可愛さとちょっぴりの色気が垣間見える真央ちゃんのメリーポピンズは見ていて飽きない。
フィギュアスケートってこんなにおもしろいんだと、多分フィギュアファンでなくても、フィギュアを見るのが初めてという人が見ても、興味をひかれるプログラムに真央ちゃんは仕上げたと思う。


2011年の真央ちゃんのEXジュピター。
これを見ると真央ちゃんの本質の一部が見える。
文句なく美しい理想の日本女性を体現している存在ではないかなと思う。
支えてあげたくなるほど儚げなのに、芯は強くしなやかで、そして艶やかで。
このプログラムは見るたびに涙が出そうになる。美しすぎて泣ける演技。
こんな子が日本を代表して世界の舞台に立っていてくれていることは本当に誇らしい。
真央ちゃんにはぜひこのプログラムはオリンピックのエキシビジョンで滑って欲しいなと思う。
普遍的な愛情というのがこのプログラムにはこもっていて、それを表現できるのは真央ちゃんだけだからだ。






スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR