大ちゃんやっぱり声優やってみたいんだって

いろいろと忙しくフィギュアどころか大ちゃん関係すら追いかけきれず、未だZEROも見れてないし、ラジオも全部聴けてないし、少し時間ができてもスケアメ見直してたり、ユーリオンアイスも見たりとか、そしてまたスケカナで、ハワイで、スマステで。
さすがにハワイとスマステはリアルタイムに見ましたけど。これが楽しみで今月頑張ったし。

ハワイの大ちゃんtime to say goodbyeは練習映像だけでもちょっとうるっときました。
正直なんでハワイで披露とも思うけど、このままお蔵入りしてしまうのももったいないですし、time to say goodbyeはタイトルを見ると別れの曲のようだけど歌詞の内容は、前向きに新しい道を進むという内容なので、ハワイ披露ではあったけど、大ちゃんの中ではきっちりくぎりがついた今だからこそなんでしょうね。
大ちゃんのプログラムは生でみたいけれど、time to sayにかぎっては、私はハワイ一回きりでいいんじゃないかなと思いました。
次見る時があるとしたら、プロスケーターとして引退する時でいいんじゃないかなって。

ハワイ編は来月後編だけど、前後編1時間でいいんでしょうか。
後編はもっと尺長いんでしたっけ?せっかくハワイまで行ったんだしもっと尺長く放送してもいいんじゃないかと。
12月TBSチャンネルには大ちゃんの新作スケジュール何もないんですけど、TBSチャンネルさん何もなくていいんですか。
ねえねえいいんですか。
12月はテレ東とCS日テレでXOIの放送があるので、次の私の人参はそこになるのか。
その前にも人参くれくれです。とっても必要。
今GPシリーズ始まってて、昌磨や真央ちゃんはじめ知子ちゃんとか、ケビンとか、ミハルとか、パトリックとかみんな気になるんですけど、でもやっぱりGPシリーズ始まり、大ちゃんが喋りのほうでテレビに出ていてもうれしい反面大ちゃんの滑りを渇望してしまい、ます。ZEROとかラジオとか見れてないのは、表現者高橋大輔に飢えちゃうため過去映像見たりしているからです。
それに、ユーリオンアイスを見るとやっぱり大ちゃんの過去の演技見たくなるし。何気にアニオタのみなさんが大ちゃんファンの人が多くてこの年のこの演技とか、結構ピンポイントで自分が好きな演技を語っていたりするものだから、つられて大ちゃん動画めぐりしちゃうし。録画ばっかり増えていく日々です。

そして昨夜のスマステ。
大ちゃんカワイコぶった髪型してましたね。でも私大ちゃんのコメカミフェチなのんで、デコ出してほしかったです。
大ちゃんの生え際大好物なんです。あそこに色気感じてて。
なんか男性美みたいなのが大ちゃんのコメカミからデコ頭頂部当たりにあって。
なのでカワイコぶった昨日の髪型はワタシ的にはイマイチでした。三十路がかわいこぶるんじゃねーみたいな。でも可愛かったけど。
あと香取くんはスマステでゲストによって結構雰囲気変わると思って見ているんですけど、昨日は穏やかというか大ちゃんに警戒心がないというか、いい雰囲気でした。
そして大ちゃんのステップを見てからフィギュアスケートに興味を持ったと言ってたところもファンとしてはうれしかったです。
そして大ちゃんが視聴者からの質問に答え
大アニメ好きだから声優やりたいとか言ってましたけど、ツイのほうではアニオタ盛り上がってました。アニオタどころかユーリオンアイスのヴィクトルの声を担当している諏訪部さんまで大ちゃん声優へ勧誘してたし。
諏訪部さんといえば私数年前腐れ友達からおすすめBLCD借りてお気に入りの作品あるんです。
十数枚出ているBLCDで名作なんですけど、そのイメージがあって。
ちなみにその作品の諏訪部さんの相方キャラを福山潤さんが担当されているのですがその影響もあって、諏訪部さんがヴィクトルなのは納得ですが、福山さんがユーリオンアイスでは主人公勇利の幼馴染でごっつい西郡くんなので、福山潤の無駄遣いだと思いました。
なんで西郡やねんって。
とか書いてますけど、私あんまり声優さんには詳しくないんですけど、腐れ修行してた数年前に腐れマスターたちからいろいろレクチャーを受けてニワカ知識のみなんですけどね。

大ちゃんが声優やりたがっているのは以前から機会があれば口にしてますけど、多分棒読みにはならないとは思いますよね。
大ちゃんファンは知ってますけど。
星の王子さまを朗読してますが、思ったよりもちゃんとキャラわけして朗読していたので。
ただ声優のほうは全くのド素人なので、もし仮にユーリオンアイスに大ちゃんが声優と出るとしても、その他大勢とか通りすがりの人物とかでしょうかね。
アニメの制作スケジュールはどうなっているのかわからないけど、改めて大ちゃんのキャラを作るということはシリーズ始まってるし12話完結だろうから不可能かと思われるので、円盤特典で大ちゃんちらっと声優への道特訓映像とか、「愛についてeros&agape」のステップの触りだけでもちらっと滑る映像があったりなんかすると、多分ピラニア大輔ファンがこぞって購入すると思います。
そうすれば少しは売上があがって2期に繋がり、声優特訓の成果を2期で披露とか。
それとは別に、地上波アニメでありながらあのクオリティを思うと、制作現場の人たちに還元してもらえたらいいですよね。
いい作品が続いて作ってもらえるのならお金使います。アニメの世界も次世代の制作に関わる人達のためにも制作費を増やしてあげて欲しいです。
大ちゃんうんぬんでなくて、ユーリオンアイスを見ていると、ストーリーもやっぱり面白くて力があると思うし、映画でもないのにぬるぬる動いてるし。制作スタッフの苦労が見てとれるので、制作現場の人たちに報われてほしいんですよね。
スポンサーサイト

J-WAVE まだ全部聴いてないけど感想文

先週末大ちゃんがラジオ番組に出演しましてフィギュアスケートの世界について語ってくれました。

J-WAVE NEWS
フィギュアスケーター高橋大輔が見つめる、今
2016年10月23日
http://www.j-wave.co.jp/blog/news/2016/10/post-2583.htm

私まだ全容を聴いている時間がなくて、かいつまんでなのでちょっと的外れな感想になるかもしれないんだけど、放送が終わった後TLを見ていたら、大ちゃんが放送中自分は暗い曲が好きだけど、望まれるのは違うものでみたいなことを話していたようでツイのファンの皆さんはほとんどが「大ちゃんがやりたいものをやればいい」とつぶやいていたけど、私はちょっと違うんですね。
もちろんファンとしては大ちゃんがやりたいと思うものをやってくれるのは一番だけど、夏頃に書いたけど、THEICEに行った帰り、ぐうえんにも二組のご夫婦の会話が耳に入って、スケートファンの奥様についてきた旦那さん二人が、大ちゃんのステップがみたかったのにちょっと残念みたいな事を言っていたんです。
ひとりの年配の奥様のほうは、大ちゃん足の怪我があるから激しいステップ踏めないんだと思うみたいな事を言ってらして、その言葉から奥様のほうも本当は大ちゃんの華やかなステップを期待していたのかなと感じました。
新幹線のなかで、その二組のご夫婦の言葉が私の脳裏をぐるぐるとめぐり思ったんですけど、コアファンは大ちゃんがどんなプログラムを滑ろうと、全てそれが高橋大輔なので受け入れられるけれど、コアファンというのは一部で、多くのファンはライトファンだと思うんです。そういうファンからすると大ちゃん=華やかなステップというイメージがあるので、ショーではそれが見れると期待してくるわけです。
ショーによって客層が違うのは、ショーによく行っているファンの人はわかるとは思うけど、SOIはフィギュアは見たことがあるけど一度くらいは生で見てみたいという層のファンが一番多いし、THEICEもSOIほどではないけれど、やはりショーを見るのは初めてという人がかなり多いショーではないかと感じる。
そういうショーの場合は、やはりエンターテイメント性の高いプログラム、ぶっちゃけなところライトファンがもつスケーターのそれぞれのイメージに近いプログラムを披露したほうが盛り上がるし、ショーとしてはそれが次回の集客にも繋がると思う。
FOIの場合は、他のスケーターファンには悪いけれど大ちゃんファン、それも大ちゃんというだけでなくフィギュアファン歴数十年、更には海外遠征も行く、ジュニアも網羅みたいなごりごりのスケオタが多いので、逆に通好みというか、いぶし銀プロみたいなものでも楽しめるほどファンスキルが高かったりもする。
大ちゃんが言ったファンというのは、どのショーにも足を運ぶごりごりのファンではなく、一般的なライトファンやショーの企画をするプロデューサーの言葉から迷いみたいなものがあることを吐露していたのではないかなと思う。
今でも多分大ちゃんが好きなプロをやれば盛り上がるとは思うけれど、ファンのひとりとしてはもっとフィギュアが文化みたいななるくらいになって欲しいので、そうなるにはやっぱりファン層をもっと広げないといけないんじゃないかなとも思っている。
となると、大ちゃんが披露してくれるプロならなんでも美味しくいただきます、というファンだけではやっぱりいけないんじゃないかなと。
今後大ちゃんがショーの世界をどうしていきたいかにも関わる悩みだとは思うけど、今であれば高橋大輔の看板をあげてやるショーであれば好きなことをしてもいいんじゃないでしょうかね。
はやいところ、高橋大輔の看板ドーンと背負ったショーを立ち上げていただきたいものです。

ところで、ユーリオンアイス思いの外盛り上がってきてます。
略してYOI
ドキッとするわ・・ドキッとするのはそれは腐ってるからだけど
難度YOIと目にしてもその都度ドキッとするので、もっとユーリオンアイスをうまいこと略せないものでしょうか
でもアニメのほうもかなり腐れな匂いプンプンだけど、でもあの感じはリアルフィギュアの世界ではあるあるだしね
3話を見て、主人公の勇利がヴィクトル氏にハグしたシーンを見て、ふとソチで大ちゃんになつき、大ちゃんの背中に抱きついてたマッチーを思い出しました。
あとヴィクトルマニアなところが、大ちゃん究極のおっかけマニアなところも。
町田くん、大ちゃんファンをこじらせ、高校も新幹線でわざわざ岡山まで通い、大学も関西大学へいき、大ちゃんとオリンピックに出たいという夢に向かってオリンピックシーズンにまじかよと言いたくなるような急成長。
そしておまけにソチでは大ちゃんと同室で
アニオタのみなさんはじめスケオタのみなさんも実績や出身国をみるとヴィクトル氏はプルシェンコがモデルと思わてるけど、ワタシ的にはステファン要素が多いように思うんですけどね。ヴィクトル氏のエレガントかつチャーミングなとことか。
でもリアルスケーターのことをいろいろ思い出しながら見るユーリオンアイス面白いです。



ユーリオンアイスを見て高橋大輔が超気になってるあなた!いらっしゃーい

前評判だとアニオタにはあまり期待されていなかったアニメではないかと思ってたけど、蓋をあけてみれば良作でしたね。
そして、うっかり高橋大輔ファンブログでも辺境の地である私のブログまできてしまった、アニオタの皆様、高橋大輔共々ぜひ一緒にフィギュアスケート楽しみましょう。

とか書いているけど、もともとフィギュアファンとアニオタってかぶっているところがあるし、コアファンではないけどツイを見るとフィギュアをずっと見ていたとか、大ちゃんのファンだったというライトファンもかなりいて、ライトというにはかなり詳しく大ちゃんの戦歴やら、大ちゃんの演じたプログラムのこれが好きという、ディープヲタもユーリオンアイスを見てつぶやいている人が大量発生しているので、この機会にユーリオンアイスとともに、まだ現役スケーターとしてエロ散らかしながら滑っている高橋大輔をショーの会場でまたはテレビ前で見ながら一緒に盛り上がりたいものです。
盛り上がってチケット争奪が益々激しくなってもいいの、ファンが増えてフィギュアのショーがより充実して、地方でもショーをやってくれたら。

アニオタの皆さんといえば、私のこのブログにもたまにいらっしゃるんですよね。
それはポケモンファンが。
何故かと言うと、ポケモンXYに出てくるイケメンのプラターヌ博士がそれはそれは高橋大輔なもので、そして画像検索システムもうっかりプラターヌ博士で検索すると、高橋大輔の画像をピックアップしてしまうくらいのくりそつで

プラターヌ博士と高橋大輔氏
blog_import_53b2d9c28f7f4.jpg

そんなわけで、ポケモンXYでプラターヌ博士が出て来る回が放送されると必ず検索してここにたどりつくポケモンファンがいるんですよね。
でも一番最初にプラターヌ博士が大ちゃんに似ていると言っていたのは、まだXYが始まる前、キャラ設定書を見たポケモンファンが似てる似てると言ってたんですけどね。そんなわけで作画によっては似てない時もありますけど、基本プラターヌ博士を見ると大ちゃんを思い出すアニオタはちょくちょくここに訪れます。
そしてアニオタではなかったのに、大ちゃんに似ている博士がいるということで、ついついポケモンを見出してしまった大ちゃんファンもいます。

そんなプラターヌ博士話はいいのですが、今回はユーリオンアイス。
思った以上にそれ以上におもしろくて次の回が楽しみです。ぶっちゃけなところアニメはあまり見なくなっちゃってましたけど、フィギュアの話だし、何よりも町田くん引退の全日本の時には、ここぞとばかりにマッチーバナーを手描きして応援しているミツロウ氏に胸がズキュンときましたし、あとはアニメキャラの振り付けを宮本賢二先生がされているという。もうスケオタ特に大ちゃんマッチーファンは見なくちゃいけないですからね。
そんなきているユーリオンアイスを見て、振り付けが大ちゃんの振り付けもしている宮本さんとあって、そこから検索してあの爆笑動画にたどりつく新規さんもいて。あれですよあれ。爆笑の赤パンが好きやらロン毛が好きのあの萌解説。いや解説放棄事件。
すでにツイッターでは宮本先生が大ちゃんのロクサーヌの演技を解説している動画がリツートされ、アニオタの皆さんの中でも爆笑をかっているようですが、私も久々に見て笑えました。もう演技どころか宮本先生の解説を放棄して、大輔愛を語りまくり、アナウンサーをおきざりにしているところがとってもおもしろくて、そしておきざりにされているアナウンサーがそれはそれは気の毒で、でも宮本先生の大輔愛が止まらない解説は今見ても爆笑です。
あと、大ちゃんのカレー作り動画も人気ですね。
大ちゃんのDVDは結構演技だけでなく、プライベート映像でもツボにはまるシーンがあるので、ぜひ沼にはまりたい方は見ることをおすすめ。よりフイギュアスケートの世界を楽しめます。

ユーリオンアイス本編についてですけど、1話見ておもしろくて2話みて更におもしろくて次回がとっても楽しみです。
スケオタとしては、出て来るキャラを見てこのキャラは誰がモデルで入っているのかなと考えたり。
勇利は、設定は独自のリズム感があって唯一無二のステップが武器
プレッシャーに弱くガラスのハートの持ち主
ブランプリファイナルで惨敗しがけっぷちスケーター
とか見ちゃうと、高橋大輔氏がモデルの一人として思っちゃうじゃないですか。

ちなみに大ちゃんはGPファイナルビリどころか、GPシリーズワースト記録を何年か維持してた記憶が
そうGPシリーズに出た選手の中で一番びりっけつの記録があったと思うけど、ビリではなくても多分ビリに近いくらいシニアに上がったシーズンはひどかった。けれどそこから優勝まで駆け上がっていきました。
そしてGPファイナルまで連続で残った記録でいえば、プルシェンコとタイ記録7年出場。
ソチシーズンもファイナル出場は決まっていてファイナルに向けての練習中膝の怪我を再びしてしまい棄権、もし出場できたら単独1位の記録となっていたかも。
あと、トリノオリンピックの時も、まだ大ちゃんは世界的に有名な選手ではなかったけど、プルやミーシンコーチはオリンピックでメダル争いをする選手になるかもと思ってたそうなので、ヴィクトルはプルとかぶったりするけど、でもアニメを見る限りではヴィクトルの性格はプルというよりも、ステファン・ランビエールっぽいかな。振り付けもステファンはできるし。
アニメの中でもステファンが得意なスピンやってたし。

ユリオはリプニツカヤを見てキャライメージできたっていうことなので、リプの男の子版ですね。

で、もどって主人公の勇利ですけど、めがね男子くんです。
ルックスは大ちゃんとかぶるようなかぶらないような。
でも10代の頃、見た目や持ち物も気にした方がいいというアドバイスを当時のロシア人コーチ、ニコライ・モロゾフに指導されてダサっこだったのがだんだんおしゃれに目覚めていったので、後に勇利もおしゃれさんになっていくかも。
EDではヴィクトルに髪の毛いじられているシーンがあったしね。
あとメガネは高橋大輔ちがうしーと、思っていらっしゃるアニオタの皆様いらっしゃるかもしれませんが
大ちゃんメガネ男子よ、超メガネ男子。
勇利みたいなダサメガネしてるから・・・ほらっ

meganedai.jpg

あら不思議、ダサメガネをしても色気がだだもれ

更に、ただメガネを外しただけなのに、色気がだだもれ
ichiichisexy3.jpg

更に、ちょっとおしゃれになって、ヴォーグから衣装かりたら、あらステキ

daivogue.jpg

でも10代はださかった。がんばってる感はあったけど洗練はされてなかったので、それがこうなっていくわけです。
今のところ、ヴィクトルとユリオのほうがインパクト強いですけけど、ダサ勇利が今後どうかっこよくなっていくかも期待ですね。


ラジオにハワイにユーリに結構追いかけるの大変です

ラジオ出演の大ちゃん。お相手はNHK狩屋アナウンサー。
大ちゃんが引退した時狩屋さんの言葉に、アスリートの中で一番信頼できると大ちゃんの事を語っていたかと思う。
少年時代から紆余曲折あって大人になっていく大ちゃんをずっと見続け、体が大きくなるだけでなく人としても大きくなって行く過程をファン以上に身近で見てきた人でもある。
今回の放送な、そんな狩屋さんとの出演だったからか大ちゃんが結構しゃべっていたなと思ったし、それ以上に狩屋さんしゃべるしゃべる。
あとでじっくり聞こうと録音してたのに、失敗しちゃって聴き逃したところも結構あったけれど、思っていた以上に狩屋さんと大ちゃんは突っ込んだところまで話をしていた関係だったことが新鮮でした。
もちろん今までも狩屋さんの大ちゃん評というのは、ファンもうならせるような名言の数々だったけど、大ちゃんとアナウンサー対アスリートという関係を超えたところでの対話が過去にあったからこそ数々の名言が生まれたんだろうなと改めて思った。
再放送しないかしら。いやまた狩屋さんとラジオで対談とか。
なんならフジの西岡さんもまじえて、ディープな俺だけが知っている高橋大輔を大いに語っていただく番組つくってくれないでしょうか。でも局マタギは大人の事情もあるので、西岡さんもラジオで語ってくれてもよくってよ。
などと思った大ちゃんラジオ出演。
今月21日にも今度はJ-WAVE 24:00~24:30の枠で大ちゃんゲスト出演とかなので、そっちも期待。
でも相手がスケオタアナウンサーではないのでちょっとあれですけど。ゲストに呼ぶのであれば大ちゃんのことを聞いてくれと思うのみです。

そしてここ数日は、ハワイ大ちゃんの情報が次々あがっております。
舞ちゃんがいるというのが新鮮で、実のところ舞ちゃんがINとしってハワイ行きたいなと思った口です。
舞ちゃんのがっつりファンていうわけでもないんだけど、なぜか舞ちゃんINを知り行きたくなるという・・・私は舞ちゃんのファンだったのかと。いやファンです。ファンです。今年のTheIceも舞ちゃんばかり目でおってたので。
もちろん久々の本格プロを滑るということで、舞ちゃん大丈夫かなという心配もあって見ていたところもあったけど、さすが血は争えないというか、舞ちゃんもやっぱりスケートのうまいスケーターの一人だなと。
心配していたのは最初だけで、結構現役のアマプロの中で滑っていても否応がなしに目が舞ちゃんを追っちゃうくらいだったので、このままTheIce限定ではなく、他のショーで滑って欲しいなとショーを見ながら思ったので、ハワイに舞ちゃんINはそんな私の希望が実現したツアーとなったのでした。
舞ちゃんXOIにINしてくれないかしら。どのショーも同じようなメンバーで同じプログラムというのは興行主が違うだけでちょっと新鮮味にかけるので。
タイトルを持ってなくても、魅せるスケートを滑れるスケーターは今ではたくさんいると思ので、そういう才能を持ったスケーター達の活躍できる場を大ちゃんには作ってほしいです。

で、XOIですけど、大ちゃんTime to Say~滑るでしょうかね。
違うプロがいいな。新作披露を・・そういえば幻のプロが
ほらステファンが作った禿山の一夜だったっけ?グリーグ・ペールギュント組曲「朝」ですって適当に書いちゃった。気になってるプログラムなんですけどね。
どうなったんでしょうか、あれ。

ステファンで思い出したけど、ユーリ!!! on ICEのヴィクトルってステファンぽいわと思いながら第2話見ました。
ユーリ!!! on ICE思っていた以上におもしろくて、絵がきれいなのに驚き
監督が「 LUPIN the Third -峰不二子という女」の山本沙代さん
何年か前に深夜にやってて録画して見てました。大人のアニメという感じでスタイリッシュで絵を見ているだけで惚れ惚れしちゃうようなアニメでしたけど、その方が監督なので、ユーリもいい感じです。
ユーリ!!! on ICについては、語りたいことがあるので、後日かたりまーす。
たぶんスケオタ兼アニオタがいると思うし、ユーリがはじまってから大ちゃんの名前でツイを検索すると、アニメアイコンの皆様が大ちゃんの現役時代のこととか語っているツイを見かけるので、スケオタとまではいかなくても大ちゃんが出てればフィギュア見てたという人は多いみたいですね。
ぜひアニオタ兼ライトスケオタの皆様とも、たのしくおかしく腐った目線でユーリ!!! on ICEを語りたいものです。
ちなみに、ヴィクトルがステファンぽいと書きましたけど、うっかりユーリ!!! on ICEで検索してここにたどり着いてしまった、アニオタのみなさん。いい絵像があるんですよ。
アイスレジェンドっていうショーがスイスであって、大ちゃんと真央ちゃんが出演してたんですけどね、大ちゃんと真央ちゃんもかわいかったんですけど、ステファンとごにょごにょな関係という設定で滑ってる大ちゃんとステファンのコラボがあっておすすめです。
ユーリとヴィクトルみたいなもんですな・・ちがうか。でも2話を見た限りでは、ヴィクトルの仕草や言動がステファンに見えてしかたがなかった私です。そう思うと、XOI大ちゃんステファンとなんかやってくんないかな。ウフフ

ローチケポチりたくてもつながらないってどういうことよ

カーニバルオンアイスはリーマン輔でなくてよかったですね。
さすがにリーマン輔の髪型では氷の上では似合いませんからね。前髪ハラリのいろっぽい大ちゃんに戻っていてよかったです。
まずそこ。

滑りについては、よかったという人もいれば、大ちゃんはあんなもんじゃないっていう人もいて
確かに大ちゃんはあんなもんじゃないんやで、もっとすごいんやで、と言いたいところですが、リーマン輔を見てぶっちゃけなところキレッキレは厳しいんじゃないかなと。
ほら今だから言えるけど、じゃっかんお顔がもちってたもので、あまり滑れてないなと思って。
だから正直なところキレッキレはないだろうなと思ってカーニバルの演技をテレビ前アリーナで見ていて、私としては思っていたよりもいい滑りしてるなと感じました。
あとやっぱり広いリンクだと、テレビ前で見ててもスケートの伸びがショーリンクとは違うのがわかったし
生放送のZEROの若干もち輔を見ているので、あそこから数日で少し体も絞ってきたのもわかるし。
でもZEROは髪型で太って見えたとも言えるかもしれないけど。
なにはともわれ、ライラックワインを広いリンクで滑っているのを見れたのはよかったです。やっぱり生で見たかったな。
あとテレビ前アリーナで待機してたのにマンボがなかったショック。
ツイではショーの後マンボ滑ったとよろこびあふれるつぶやきが溢れてたので、てっきり見られると思ったのに、ないとわかった時思わず白目むきそうになりました。
でもお楽しみは後日に、忘れた頃にカーニバル・オン・アイス完全版は放送されていたはずなので

ところでみなさまローチケつながりました?
なんでローチケ1日だけの先行申し込みなんでしょうかね、そして発表が翌日という。
そもそも申し込みしたくてもつながらない状況を見ると、当たる確率はかなり低いような。
ひとまず私1公演は当たったので、せっかく行けるならもう1公演と思ってポチりましたが、ポチってから申し込みに至るまで30分長かったわ。
おもわず抽選じゃなくて、一般申込だったかなと思ったくらいです。
でも変な売り方ですね。たった1日の先行抽選とか。
何公演も申し込みしている人は、どれくらい時間かかってるのか。
まだ本日は申込み時間残ってますからね、みなさんあきらめずにポチりましょう
宝くじも買わなければ当たりません(BY歌子)
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR