ZEROのリーマン輔に釘付けの昨夜

今日のお弁当は、のりおにぎり弁当
私はコンビニおにぎりならパリパリのりがいいけれど、自宅から作ってもっていくお弁当なら、おにぎりにしっとりのりが張り付いたおにぎりが好きです。
食べる時にプンと磯の香りがするし。

そんなしっとりのりおにぎりを見て、昨日のZERO大ちゃんを思い出しました。
大ちゃんの頭、のりおにぎりみたいだったなと。
それにしても大ちゃんなぜあの髪型だったのか。
スタイリッシュなのにいつも
昨日は、大学生がリクルートのために無理やりサラリーマン風に髪の毛分けてみました。7:3まではやる勇気がないので6:4で、、みたいな。
もしくは、転職してサラリーマンいなりました、サラリーマンの髪型がまだしっくりこない新米サラリーマンとか。
そして時にはズラのようにも見えるし
ZERO実況TLも、大ちゃんの髪型についてのつぶやきが並んでいました・・・みんなぶっちゃけ困惑したでしょ。
私もだ。
なぜだ大ちゃんと。
ただ野村萬斎さんにインタビューしている時とかは、スタイリッシュだったのでちょっと動揺はおさまったけど。
昨日は大ちゃんのヘアスタイルに動揺し、その後TLでもそうだったけど、大ちゃんのおだやかでスイートな語り口調に堪能してたけど、昨日は異様に眠くて結局内容をしっかり見れておりません。
週末じっくりと

そろそろフィギュアもシーズンにはいるし、ショーもカーニバルで一旦終わるので大ちゃん情報も少なくなるかと思いきや、AOIにINのお知らせ。
早速妄想族は妄想しました。
もちろんどんなプロになるかなということです。
ILのステファンと大ちゃんの危険な遊びプロはなかなかよろしかったので、再びコラボっていただきたいものです。
AOIなら大人プロできそうだもんね。
たぶんAOIは新作プロはあると思うのでそれが何かということです。
旧プロでもいいけど。久々ならロクサーヌを見たいものだけど。濃厚系がみたいです。
スイスならいけると思うのよね。大人プロ
カーニバルオンアイスで新作?と思ってたけど、昨日のちょっともちったリーマン輔を見ると新作はないなと思うし。
やっぱり新作はXOIで、それをひっさげてAOI、そしてAOIオリジナルプロと・・・と思うとAOIはやっぱり行ってみたいショーになりますね。
しばらくはAOIでどんなプロを滑るか妄想できるのでしあわせです。
振り付けは久々カメレンゴさんとかさ、けなげに大ちゃんのインスタにいいねをしつづけるニコライとか、でも今だからこそあえてのタラソワさんとか。ちょっと興味ひかれませんか、なんだかんだでタラソワさんて帝政ロシア的なゴージャスプロ作るから見てみたいんですよね。
私真央ちゃんのプロの中では、ローリーよりもタラソワさんのプロのほうが好きなプログラム多いので。
でも一番真央ちゃんのプロで好きなのは、大ちゃんと同じくローリー作のジュピターだけど。
衣装も最初の天女衣装が好き。
などと書いていると、ローリー振り付けプロも見たいし。
でもステファンの・・・いやステファンよりもサロメさんとステファンコラボして振り付けるプロもいいかとか。
お衣装はやっぱ黒よね。腕はもう全開、次は肌襦袢がどこのラインまでさげてくるか。それとも一気に取り去るか。
妄想はつきません。
ひとまずは日曜日のカーニバルオンアイスでの大ちゃんの滑りを堪能して、妄想ネタを膨らまそうと思います。
で、カーニバルは髪型はリーマン輔のままなのかしら。
大ちゃんリーマン輔はやめといたほうがいいと思うわ。
坊主輔はたぶん似合うと思うけど、むりくり6:4ヘアーのリーマン輔はちょっと笑えちゃうんで。
でもなぜ大ちゃんはあの髪型にしたのか・・・それもまた妄想のネタとなって今日一日楽しんだりした。

カーニバルどんな頭でくるかな。今はどんなプロを滑るかよりも頭の具合が気になります。
スポンサーサイト

大ちゃんお宝公開

ハートトレジャー
寺島しのぶさんと、わたせせいぞうさん司会のトーク番組でしたが、皆様感想はいかがでしょうか?

今までいろいろなトーク番組に大ちゃんは出ているけど、今回ほどストレスを感じることもなく番組を楽しんで見れたことは初めてだったかもしれません。
思いの外寺島さんがかなりのフィギュア通だし、わたせさんもかなり大ちゃんの演技は見てきているようだったので、ファン視線もありながらも強引に制作側の思惑に添った質問をするでもなく。大ちゃんの話したいということをうまく引き出して聞いてくれていたようにおもうし、大ちゃんも結構話を詳細にしてくれていたように思うし。

あとはもうぶっこみがなかったのが本当によかった。
大ちゃんにとにかくフォーカスし、かつ大ちゃんのフィギュアスケート界での功績というのをきちっと踏まえた上で話を進めてくれていたことがファンとしても本当に見ていてうれしかったし。

だいたいトーク番組は繰り返して見るタイプではないんだけど・・・いやぶっこみがあって、明らかに大ちゃんもよろこんでしゃべっている風でもないので、それを見ているのもストレスを感じることもあったので録画はしてももう一度見るってことはめったにないんですけど、今回は後日もう一回見なおそうを思います。

今回のサプライズは、大ちゃん初試合から薔薇を背負っていた事実。
鉛筆で描いた薔薇だけど。
やっぱ小さい頃から薔薇を背負わせたい何かがあったのかしらなどと、あの鉛筆で描いた薔薇を見て思いました。

あとはお父さんが琉球空手をやっていたという事実
お兄ちゃん達の少林寺もだし、空手もだけど、武術というのも呼吸が大切で、うまい人の動きを見ていると本当に無駄がなくて美しいんですよね。ひょっとしたら大ちゃんのリズム感はお父さんからの遺伝があるのかも。いや、お母さんのトーク時のリズム感もなかなかなものなので、両親から両方からもらった才能には違いなように思えてきました。
普通の家庭であのリズム感や音のとり方って身につくものではないと思うし。

今回見てて思ったけど、やはり気持ちよくしゃべっている時は表情が柔和なこともあるけれど、いい顔していますね。
目の保養も今回させていただきました。
時間被っちゃってたから今回、日テレプラスでの今年のフレンズ録画全部できなかったけど、来月の再放送で捕獲。
楽しみは小出しで楽しまないと。
今週末はカーニバル・オン・アイスですね。
そうそう、ハートトレジャーで、わたせさんからイラストをプレゼントされるとき、スタッフと番組の打ち合わせでもしている風でしたけど、フジでまだ何かあるのかなとか。ちょっと期待です。

クリスマス・オン・アイス2016チケット申し込み開始です

クリスマス・オン・アイス2016 チケットの申し込みが開始になりました。
お値段見てびっくり
出演メンバーは、大ちゃん、鈴木さん、イリヤ、ステファン、ジュベール、バルデくん、ラトビアのデニスくん
今のところこんな感じですけど、今年はクリス・ハートさんの名前がないところを見ると違う歌手が出てくる可能性ありとか
そのせいでお金高くなってるとか?
SOIなみのチケット代にびっくりです。なにがどうなってこうなったみたいな。
なのでもっといろいろ凝ったショーになるんでしょうか。そのあたりは不明ですけど
あと気になるのは、ジュベですけど、彼は15日までKOIに出演のようですけど、16日開幕のXOIに間に合うのでしょうか?
ジュベールファンはチケット取り悩ましいところです。
そういえば、昨年のXOI、昨年昼公演と夜公演の間の時間、プリンスペペでお買い物をしていたら、ジュベールに遭遇
ライトグレーで揃えたダウンベストに、スウェット上下
日本人がそんな格好していたら残念なことになるのに、ジュベールはステキだった、ただのイケメンでステキだった・・・ただウエストポーチがないことがとても残念でたまらなかったのですが、ステキジュベールを至近距離で拝見できたことはとてもうれしかったです。
私のXOI話というと、ジュベール関連な話がちょくちょく出てきますけど、なぜか私の席のまんまえ当たりにジュベールがいるんですよね、毎回。大ちゃん見たいのに、振付全く覚えてなくてまわりを見てなんとかごまかそうとしているその姿についつい目がいっちゃって。でも、フレンズもクリスマス・オン・アイスも、ジュベールはそれはそれはうれしそうに滑っているので、その姿が見れただけでも感激です。

今回まだたりないのは、デニス・テンくんです。
デニス日本にくるの怖がっちゃっていないか心配です。
XOIではテンくんが客席に近づき、移動していく方向に可愛い可愛いという賛辞がウェーブのようにつぶやかれています。
春には心を痛めることがあったとは思うけど、大半のスケオタはテンくんの事が大好きなのでXOIに今年も来て欲しいです。
女子の追加はまだだけど、荒川さんがINは間違いないと思うんだけど、まさかこの人がというような人選があったらうれしいなと思ってしまいますな。
ダンスもペアもまだわかんないし。
他のショーとかぶる面子でないことを祈るのみです。

で、チケット購入ですけど。
正直迷いました。
ちょっと体調不良を引きずっているせいもあるのかもしれないけど、いっそ今年は最初からあきらめようかとか。
フレンズでちょっと肩透かしをくらった感があったので、でもクリスマス・オン・アイスは別ものだしという思いもあって、悩ましいところです。
でもどうせ当たらないんだし申し込むだけ申し込んでおこうかという感じで、ポチッと申し込みだけしておきました。
テレ東はともかく、FSNなんて当たったことないしさ。グッズとか買ってるのにさ。

テレ朝大ちゃん特集にGoing特集にユーリ!!! on ICE

テレ朝2 高橋大輔GPシリーズの放送ですが、テレ朝らしいなと思いました。
なんかセンスがないというか、CSなのに番組タイトルバナーが大きすぎて、視聴者の視点とか全く気にしてないところとか、最後のシーズンの演技の放送なしとか。国別の歴史的な場面である全スケーターがキスクラに集まって大ちゃんの演技をたたえている映像がないとか、カメラワークとか。
過去の映像を連続で見られるのはよかったんですけどね、高橋大輔6時間耐久演技集とかの番組を作ってもらって、国別にエキシもそして、最後のシーズンのソナチネにビートルズメドレーもつけて放送して欲しいものです。
あと番組バナーとかも透過してもらってうっすら見える程度にとか。美意識にかけてると思うな。有料放送だというのに。

そして本日はGoing フレンズ特集。
でもきっちり見てたわけじゃないけど。
Goingだけに現役中心の放送です。
昌磨中心だったので、ああ時代が移り変わったんだなと思いました。
大ちゃんはもうエンターテイメント枠ですから、スポーツ系だと現役が出ていたらちらっと映る程度になるんですな。
それでも今日の放送ではフルでライラックが見れたし、何よりも大ちゃんの越しに映るバナータオルの量に圧倒です。
大ちゃん人気衰えず。
私の見た回ではそんなに挙がっていた印象がないので最終日でしょうかね。
フレンズのライラックで思い出すのが、私は北側ショートサイドだったので、大ちゃんの最後ののけぞりと、それからリンクサイドで一瞬とまってポーズをとるんだけど、その時まちがいなく大ちゃんと目がばっちりあいまして、とか思ってるけど、私の周りの人みんな目があってると思っているはずですけど、目があった瞬間もう視線が話せなくて、照れると思いつつ大ちゃんの目力に囚えられ身動きできないみたいな。
あの目力は、PIWで大ちゃんのプレゼントを渡した瞬間前の人並みにもまれ後ろにさがったその時、人並みに間から大ちゃんの手がのびてきて、モーゼの十戒のように道ができその先に大ちゃんがいてキラキラした目と一緒の視線でした。
長い表現ですけど。
そんな一瞬目があった瞬間が過去2回、いや正確にはもう1回フレンズで、大ちゃんの視線をがっちり貰える席に当たったことがあるので、3回ですけど今年のフレンズに文句たれつつも、おいしい思いもしました。
スーパーアリーナでもなかなかそういう席にはあたらないんだけど、意外にアリーナあたりのほうが、大ちゃんも視線をあげやすいのか、大ちゃん視線ゲットにはいい席のように思います。
そういえば北側席は、演技前や終わったあとスケーターが待機していたりするので、結構声が聞こえます。
話の内容までは聞こえないけど、誰がしゃべってるとか、誰が笑っているとかそのくらいはわかったりしました。
今回はショーが始まり電飾スケーターたちが飛び出してくる前に、多分チャーリーかな?
「スリーツーワンGO」の掛け声とともに、スケーターが飛び出してきたり。あとは10週年記念コラボが終わってもどってきた後、大ちゃんが楽しげに笑っている声が聞こえたり。あとメリルの可愛いしゃべり声とかも。
メリルの声本当に可愛い、なんて可愛い声なんだと声に聞き惚れておりました。
そんな感じが北側ショートサイドのいいところだったかも。でもショーを見るとなるとロングシサイドのほうが私は好みかな。
以前フレンズのショートサイドに座っていて、ショーの最中にお腹こわし我慢の限界にきてしまったのでスケーターの演技中離席をするというとっても失礼な事をしてしまった過去があるので、私の中ではちょっとショートサイドはトラウマ席でもあります。
ショートサイド席苦手という人私以外にもいないですかね。
今日のフレンズ放送をみてそんな事を思っておりました。
そうそうライラックワインはやっぱり濃厚ですね。
昌磨の演技を見た後だからこそかもしれないけど、エロいわ、やっぱり。
昌磨もあと何年かしたら・・・楽しみのようなそうでないような。
昌磨はどちらかというと健やかさから出てくる色気というか、まだ色気までは出てないけど
ラベンダーのほうが今の年齢だからこその繊細な色気というのがでてきているように思いました。
でも昌磨は豆柴が滑っているような可愛さがあるので、大ちゃんの背徳感というか退廃的な色気とはちょっと色合いが違うので、今後どう色がついてくるのか
今年のプログラムの見どころは、ラベンダーの少年期の独特の繊細さと、タンゴの青年期に入てきた男らしさとの対比が面白いかもしれません。

来月からはスケオタ的にはまだ盛り上がっている感はありませんが、声優オタとかアニメオタクの皆さんのほうが期待度高そうなのが「ユーリ!!! on ICE」
ここのところめっきり連絡していなかったオタク友達からおすすめ連絡がありました。
声優オタからすると、なんと贅沢な声優陣という顔ぶれのようです。
若干というかかなり腐れているアニオタからすると、イケメンキャラがこれでもかこれでもかと出てくる上に、声優もやばい顔ぶれが並んでいるので、年末のコミケでは薄い本が並ぶ確率が高いということですが、薄い本はともかく、キャラ設定を見ると大ちゃんファンは食いつかずにはいられません。

ユーリ!!! on ICE 公式
http://yurionice.com/


勝生 勇利(かつき ゆうり)
声 - 豊永利行
本作の主人公。フィギュアスケート特別強化選手でシニア5年目の23歳。佐賀県長谷津(はせつ)町出身。
独特のリズム感を持っているがプレッシャーに弱い。また太りやすい身体でかつ丼の大盛りが大好物。グランプリファイナルに出場するも大敗、失意のまま故郷に5年ぶりに帰るところから物語は始まる。


心が弱くて太りやすくい
世界一のガラスのハートをもつフィギュアスケーター・・・とか見たら、ね。
カツ丼大好きとか・・・唐揚げ大好きなあの人とかぶりますね。たぶんカツ丼も好きだと思います。
他のスケーターのキャラ設定を見ても、あの人がモデルかしら?とかあの人とあの人が合体モデル?とか
そして振り付けが宮本先生ときたらもう食いつかずにはおれません。
主人公の見た目はめがね君ですが、メガネしてないときは凛々しい男子になっているので、変化していくんでしょうね、大ちゃんみたく。めがね君も捨てがたいけど。大ちゃんのメガネくん姿は色っぽいし
プラターヌ博士のキャラそのままもってきても大ちゃんになるとは思うけど、未だにポケモンオタが忘れた頃にプラターヌ博士を見て大ちゃんを思い出している人がいるので。
ユーリオンアイスもプラターヌ博士・・・ちがった大ちゃんのような髪型にキャラ変していくのかも。

ということで、10月から始まる ユーリ!!! on ICE ちょっと楽しみになってきました。
結構海外のスケーター達も放送されたら見るかもね。アニオタ何気に多い感じするし。

TVアニメ「ユーリ!!! on ICE」PV

陸大ちゃん情報に乗り遅れる

巷の大ちゃんファンはフレンズの衣装展だとか、トークショーだとか、ZEROだとか、いろいろ盛り上がっておりますが、私そんな盛り上がりに乗り遅れております。
今日ようやくZERO見たところです。

ZEROを通じていろんなジャンルの方たちと出会い、きっとその中の何人かの人たちとは仕事をしたりすることも今後出てくるでしょう。
しかし、しかし、私猛烈に表現者高橋大輔に飢えております。
それも研ぎ澄まされたような緊張感ある表現の場に立つ高橋大輔に。
その飢えを、You Tubeのフィギュア動画を見ては癒やしていたわけです。
昨日は、去年の全日本男子SPを見ていました。
そして今日はボストンワールドの女子フリーを見てて、真央ちゃんの蝶々夫人に涙して、その勢いでチェロスイートを見て、そして先ほどは、おすすめに大ちゃんファンの方が撮影された、2013年スケアメのフリーの公式練習を見ていました。
今更ながらビートルズ・メドレーは大ちゃんのスケートのそして高橋大輔というスケーターの生き様を凝縮した素晴らしいプログラムだったなと思います。
久々見た公式練習を見てふと試合の時の緊張感というのを思い出しました。
見ているだけで吐きそうになったりとか、見てられなくて席を立ちそうになったりとか。
ああいう緊張感のなかで大ちゃんの演技を見るとういことももうないんだなと、今更ながら感じていたこの週末。
スケアメ動画を見ていてもうひとつ。
公式練習だとコーチやその他関係者というのは、だいたい誰が滑っていようと、それぞれ受け持っているスケーターだとかを見ていることが多いけれど、大ちゃんの時は多くの関係者が大ちゃんの演技を見ている姿があります。
公式練習でジャンプも全部飛んでいるわけでもないし、スピンもはずしちゃっているけど、それでもビートルズ・メドレーの世界観がそこにできあがっていて、会場の空気を大ちゃんの色で染め上げていることが動画を見てもわかります。
なんでしょうかね、あの感じ。

もう現役に戻って欲しいということは全く思わなくなったけれど、ふと思うことがあります。
ここのところ大ちゃんがスケート関連で取り上げられるのは、昌磨がらみでちょろっと映る程度になってしまい、取り上げられるとすればエンターテイメント枠ということになるので、スポーツニュースで大ちゃんの演技の欠片を見ることは今まで以上に少なくなる
そう思うとライトファンの人や、テレビでフィギュアをやっていれば見る程度の人達には大ちゃんのスケートを見る機会はすごく減ってしまいます。もったいないなと
新横の狭い会場でコアなファンがつどい盛り上がるのもいいんだけど、もっともっと高橋大輔の演技をたくさんの人に見てもらいたい、ファンだけの楽しみにしておいてはもったいないなと。
来年はスケートの比重を大きくするということを言っていたので、どう活動を展開していくかは楽しみではあるけど、できればコアファのためのショーではなく、ライトファンのためのショーやプログラムというのも来年は見たいものです。
大ちゃんのスケートをもっとたくさんの人に見てもらいたいんですよね。ファンの勝手な思い込みだけど。

そういえば高島屋のトークショーで、荒川さんがフレンズのネタがつきたというような事を言っていたとか。
おもうに、ネタうんぬんでなく、原点回帰。上質なスケートを見たいので、無理に演出しようとせず、オープニングは出演するスケーターの滑りと表情を見て、これから始まるアイスショーにワクワクどきどきしたいです。
宙吊り、イリュージョン、電飾いらね。
ただ順番に出演スケーターがでてきて、最後にどーんと荒川さんが出てくればいいんじゃないですかね。
コラボもペアコラボよりも、出演するスケーター全員が見れるようなグループナンバーのほうが、それぞれのスケーターファンも楽しめると思うし。
来年のフレンズは原点回帰、純粋にスケートを魅せるショーにもどして欲しいものです。

話は変わりますが、以前も書いたかもしれないんですけど、つい先日夢を見ました。
昨年もみたんですけどね、同じ時季にブログに書いたような書いてないようなちょっと定かではないんだけど、なぜか荒川さんと美姫ちゃんがタッグを組んで、リンクではなくリングに立つという夢です。
荒川さんはサイバースワンのコスチュームで、美姫ちゃんは10代の頃着ていた、黒ベースに赤ブラという出で立ち。場面によっては2010年の最初のフリープログラムで着たボンテージっぽい衣装で女子レスラー相手にタイガーマスクなみにロープを使った空中戦が得意という設定の夢です。今年は大ちゃんとムラくんと昌磨がセコンドについていました。
しかし、場外乱闘になると大ちゃんとムラくんはめっちゃ逃げ足が早く、昌磨だけがリングサイドに取り残され、ロープにしがみついて場外乱闘に巻き込まれないようにしているというような、シュールな夢です。去年の夢ではセコンド男子はいなかったと思うけど。
フレンズが終わったあとあたりに去年もこの設定の夢をみまして、今年もそんな夢を見て爆笑している自分の声で目がさめました。
多分だけど、去年ステファンと荒川さんのステキコラボのあと、荒川さんが余韻ぶちこわしのマイクパフォーマンスをしたもので、その印象が強かったのだと思います。ステファンコラボのあと、静香のマイクパフォーマンスの中、猪木ボンバイエが私の脳裏でBGMとして流れたくらいの衝撃でした。なにやってんだ静香と突っ込みたくもなりました。
そんなわけで、今年イリヤとのSAYURIコラボのあと、荒川さんにマイクもたせないで、絶対ダメやめてと祈るように思っていたのですが、無事静香ボンバイエなマイクパフォーマンスがなく、SAYURIの世界観のままプログラムが終わったのでホッとしました。
そのせいだと思います。こんな夢を見たのは。
果たして来年はどうなるか、ちょっと楽しみです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR