とうとうLOTF始まる!感想文大会開催!!エア感想文歓迎

とうとうLOVE ON THE FLOOR 始まります。
長く待ってたようなあっという間だったようなそんな気持ちでいますが、待ちわびていたことは間違いなく、その気持が今朝方夢を見せてくれました。
ショーが始まるのに二度寝して寝坊、飛行機の時間に遅れる急いで飛行場に行ったのはいいけど、ショーのチケットもってくるの忘れた、家に戻ってももう無理ウワワワーンみたいな夢を見ました。
実際は飛行機なんて乗らなくても行けるんだけど、なぜか飛行機に乗っていかねばならぬあたりが夢なんだけど、それでもリアリティがあって目が覚めたら疲れてました。
ひとまず起きたら即チケットホルダーにチケットを入れて週末に行くので準備だけしました。
でもこんな夢をみるくらいなので、行きたい気持ちMAXなんでしょうね。

そうそうもう1周間くらい前からシアターオーブへ行く方法がツイッターに上がっていましたが、渋谷駅は魔境です。
私は東横沿線に昨年まで住んでいたんですけど、友人が遊びにくる度に遅刻をするんです。
あまりに遅いので連絡すると、だいたい渋谷駅で遭難していました。
そこでシアターオーブへの行き方ですけど、シアターオーブはヒカリエの上にある劇場なのでひとまずヒカリエ目標に向かいます。
ヒカリエの場所がそもそもわからんのやという人のために
地上に出て明治通りに向かいます。109が見えたら間違い、JR挟んで反対側が明治通で、通り沿いにガラス張りの連絡通路があるビルがヒカリエです。
地上ではなく地下から行く場合は、地下鉄半蔵門や銀座線 新副都心線、もしくは東急東横線へ行く案内看板を探します。
そちらに向かって行くと途中からヒカリエに向かう案内看板も出てくると思うので、そこの矢印を見ていけば到着。

なれていても渋谷は入り組んでいるし、路線の乗り換えでもそこそこ移動する時間がかかるので、余裕を持ってオーブまで行ってください。早い目についてもヒカリエで遊んでいればいいから時間つぶしには最適な場所なので。

話はあらためまして、本日から待ちに待ったLOTFが開幕いたします。
行かれる皆様、そして自宅待機で妄想ダンスショー鑑賞する方といろいろいらっしゃるとは思いますが、どうしても語りたくて語りたくてたまらん状態になったり、ちょっと感想文のおっそわけでもという方がいらっしゃいましたら、ぜひコメント欄に感想文をお書きください。
もちろんエア感想文も大募集です。なぜなら高橋大輔妄想文芸部を名乗っているので、エア感想文も大好物だからです。

ところで昨日CSの直前番組見ましたけど、白シャツ白パン大ちゃん新鮮です。
ただ、やはり白い襦袢でガードはぶれません。
あ、タンクトップっていうんだっけ白襦袢
でもまだまだお衣装はあると思うので楽しみですね。
ちらっと見れたメリルの衣装もセクシーだったし
女子の衣装は特に楽しみです。
もちろんショー全体も全部楽しみ。
ここのところ事前番組やらで小出しにダンスシーンが出てまいりますが、それを見ていると最初はやっぱり大ちゃんが気になるけど、だんだん他のダンサーも気になってきますからやっぱり複数回見ないと。

兎にも角にも9日間13公演ありますから、行く人もそしてお留守番の人も楽しみましょう!!
そういえば以前オーブでミュージカルを見に行ったことがありまして、その時2F席前方でしたけど、舞台まで近いなという印象があります。俳優さん達の表情も見れたし。多分だけど一番遠い席でも舞台まで近いという印象を持つ方が多いかもしれません。
まあスケオタだとたまアリS席とか経験していれば、Sでも遠いと思うので、あれと比べれば近い近すぎると思っちゃうかもしれないですけどね。

後ほど限定のほうも作りますので、公開にコメントを書くのはちょっとという方はそちらにどうぞ

※追加
プレス向けに公開した動画だそうです

「ダンサー」高橋大輔が誕生 jijipress

スポンサーサイト

高橋大輔養成プログラム

大ちゃん情報が乱れ飛びもう半ば細かい情報を追うことができずにいる私です。
もう何がなんだかですね。

大きな出来事であれば、ダンスマガジンと婦人公論
どちらも新鮮な切り口の取材と、それからステキグラビアで購入して損はないです。
というか、大ちゃんここのところグラビアでハズレがほとんどないですね。
もともとハズレグラビアは少ないほうだと思うけど、先日出たkiss&Cryのほうも思わず書店で立ち読みするにははばかられるステキ写真で、ぺらっと開いてパタンと閉じて即レジへっていう具合でしたけど。
婦人公論もダンスマガジンもそれぞれ特徴のあるグラビアで記事のみならずグラビアも本当に楽しめました。
おすすめはダンスマガジンかな。白シャツ大ちゃんはなかなかアンニュイな雰囲気だし、お稽古中の黒Tシャツ腕まくりな着方も男らしくて、大ちゃん以外でもダンサーのグラビアは目の保養ですしね。

ここのところ出る雑誌もそして昨日のフレンズプラスでもそうだけど、大ちゃんがスケートの世界に戻ってきてポジティブに未来を語っている姿はファンとしてはうれしいものです。
そして今新しいジャンルの仕事も次々チャレンジしているけれど、思うにLOTFもだし、ZEROのエンタメの裏側をレポートする仕事もだけど、大ちゃんをエンターテイナーとして育てるため、いろんな角度から経験値を積ませているようにしか見えないんだけど。
私はこの一連の大ちゃんのしごとを
「高橋大輔養成プログラム」と勝手に呼んでるんですけどね。
大ちゃん養成ギブスプログラム
過去アスリートが芸能界に入ってする仕事というのは、自分が経験してきたスポーツ解説とかバラエティ番組のパネラーとか
旅番組みたいなものにも出たりはしているけれど、視聴者側から見ていると過去の遺産で出演しているようにしか見えない事が多い。
随分前からだけど、アスリートでもしゃべりがうまくて笑いが取れる人が多いので引退後タレントになる人も多いけれど、それが時としてはアスリート時代の実績を軽々しくしてしまっているように感じることがある。
そういうアスリートを何人も見てきているので、大ちゃんがもし芸能界に入ってああいう仕事をするようになったらと思うと、やめてほしいなと思っていたけれど、今の仕事の仕方を見ていると大ちゃんの意志がきちんと制作側にも伝わっているし、制作側も高橋大輔というブランドを汚さないような企画を持ってきているようにも思う。
今のところは大ちゃんもそれに答えていて成長しつつ姿をまた見せてくれているけれど、これは自分としてはやっぱりうれしい。
現役を引退した時思ったのは、もう大ちゃんの成長を見ることができないという喪失感もあったので。
大ちゃんのファンになって面白かったのは、NHKの刈谷さんが言っていたように、アスリートだけでなく人としての成長も見せてくれたこと。
決して優等生ではないアスリート人生を送ってきて、ぶっちゃけなところバンクーバー前のインタビューとか見てて、大丈夫かお前と思わずインタビューを受けている大ちゃんの映像を見てツッコミを入れたことも何度かあったけど、今や立派に実のある言葉を紡いでますからね。
現役引退が成長を見る終着点だと思っていたのが、まだまだ大ちゃんの成長が見られることは本当に楽しみでしかたがありません。
今週はとうとう大ちゃんダンサーデビューです。
家庭画報さんが新たな公式の記事内に動画をあげてくれています


【動画あり】キレッキレの髙橋大輔に歓声!『LOVE ON THE FLOOR』公開練習
http://www.kateigaho.com/sp/information/special/20160628_1918_1.html



この動画を見るとやっぱりシェリルさんのプロダンサーとしての動きがめを引きますが、大ちゃんも一緒に見ていると二人の音の取り方がよく似ているので、二人がペアダンスをしているように見えます。
なにげにクリスティ・ヤマグチのダンスがチャーミングで好きです。一番年上ですけど、人柄が出てますね。

ダンサー高橋大輔の生まれる瞬間を見る喜び!イエイイエイイエイ

高橋大輔in LA
神番組でしたね。やっぱドキュメンタリーはこうでなくっちゃな出来です。
今回の大ちゃんはまだダンサーとして一歩を踏み出したところ、まだおしりに殻がついている状態かと思われるけど、その成長過程が見れてうれしかったです。
高橋大輔を見ていておもしろいのは、常に成長過程を見続けていられるところかもしれません。
決してカッコいいばかりではないところとかも、そのまま見せちゃうし
特にLAに着いて、1日目でいきなり振付がはじまってやったこともないリフトやフロアーダンスをやって、何がなんだかみたいな状態を見せてるところとかも。
最後はひとまず形になったところまで今回は放送されたけど、この短期間でよくぞあそこまでという驚きと、まだこれから化けるなという楽しみとを残しつつ、次回放送になったわけです。
一昨日放送されてから何度も何度も見返しています。
少しづつダンサーになっていく過程がおもしろくて。
そしてダンサーとしての肉体も手に入れたその後大ちゃんのスケートがどう変わっていくのかも今後楽しみだし。

以前浅田舞ちゃんが山間部の街を歩いて見て回る旅番組に出ていた時に、体力はあるんだけど陸を歩く筋肉ではないから、実は陸上を歩くのは苦手みたいな事を言っていました。
誰が言っていたか忘れたけど、フィギュアで使う筋肉は氷の上でしかつけることができないとも言っていました。
それほど陸での筋肉とは違う筋肉を使っているということ。そして上半身もバレエを習っていても、フィギュアは遠心力もあるから筋肉と使う部分はやっぱりバレエダンサーとは違うだろうし。
現役時代は大ちゃんはフィギュアスケーター高橋大輔として肉体が一番必要だったわけだけど、現役を退いた今は、エンターテイナーとしての体づくりに変わってくるかもしれません。
以前、フランスでスケーティングの見直しをして多分1ヶ月も立ってない頃に、日本のAOIに出演していたけど、あの時のスケーティングの変化を見て驚愕した覚えがあります。
多分そのくだりはブログに書いたと思うけど、藤井フミヤ氏の歌にあわせてリンクに登場したその一蹴りの滑らかで伸びやかなこと
。しゃくしゃくと女性スケーターよりも軽くやわらかな氷をけずる音が本当に心地がよくて、大ちゃんの氷を削る音CDとか出しても多分私は買うかもしれないと思うほど、快楽中枢を刺激する音でありました。
あの時のことを思うと、今回ダンスをはじめダンサーとしてスタートラインに立ったわけだけど、このダンスで学んだことはまちがいなくフィギュアスケートにフィードバックされるだろうなと感じることです。
何よりも大分PIWに行かれた方たちのツイでも、大ちゃんのジャンプもスピンも軸が更に細くなって美しいジャンプを跳んでいたということなので、何かが大ちゃんの中で変わってきているのでしょう。
ちょっとまとまりがないけど、LA編を見て短期間でダンサーらしくなってきている姿を見ると、本番までにどう変わってくるのか本当に楽しみだし、これを最後と言わずダンスのほうも極めてくれたらと思ったりもします。
番組の中で大ちゃんは天性のダンサーだとか、自然に踊っていると言われてましたけど、今回の放送では贔屓目に見てもまだプロのダンサーというところまでには至ってはいないけど、エンターテイメントの世界にいる人達が「天性のダンサー」「自然におどる」というのは贔屓目ではなく真実の言葉ではないかなと思ってみていました。
以前、フレッド・アステアの曲で大ちゃんが滑って欲しいと書いたことがあるけど、ちょっと私の主観ではあるけど共通点があるように思ってて、それはどこかというと自然に踊っていると言うこと
先月だったかなWOWOWでフレッドアステア特集をやっていて何本か彼の映画が放送されていたけど、見ていて思ったのはダンススキルの高さももちろんあるけれど、普通に芝居をしていてその流れで踊りだすんだけど彼だけは芝居からダンスの移る時、さあ踊るぞという一呼吸がないんです。
もちろん他のダンサーもあからさまに踊るぞなんて構えたりはしないけど、よりアステアは自然というか。
芝居とダンスの境界線がないんです。日常生活を演じつつそのスタイルのままダンスに移行できてしまう。
ダンサーダンサーしていない姿勢というか。
多分彼が伝説のダンサーと言われるのはそこではないかなと。
今みれば彼以上のテクニックのあるダンサーはたくさんいると思うんです、けれど彼が伝説となっているのは自然に踊れるというところにあるのではないかなと。
私の言葉ではなかなかうまく伝わらないけど、お暇だったらアステアの動画とかちびっと見ていただくといいかも
この自然に踊れるってことは訓練でできることではない範疇ではないかと思うので、今後その部分がダンステクニックを磨くとともにどのようなダンサーに変わっていくのかも私は見どころだと思っています。
舞台の幕が上がった時、プロダンサー高橋大輔がいるその瞬間を見るのが楽しみ。

舞台があがるまでの楽しみといえば、久々大ちゃん表紙のフィギュア雑誌
昨日本屋さんで購入。あえての実店舗で購入ですよ。
最初はあまり期待していなかったので、ひとまず見るだけと思って本を開いたら変な声が出そうになりました。
出そうになったので即買いです。
立ち読みもはばかられるような、大ちゃんづくし。その上ステキ写真いっぱい
そしてジュベールステキ。スパイなのにあいかわらず007と書いてあるジャケットがジュベらしくてステキ。
こりゃ家に帰ってじっくり見るしかない内容です。
この雑誌を本屋で立ち読みできるような強者はなかなかいないと思いました。
速攻でレジへ。
ひさびさストレスなくレジへ大ちゃん表紙をドーンと出してフィギュア雑誌を買えました。
それだけでもなんだか清々しい気持ちでした。
大ちゃん表紙のスカパーの時もそうだったなぁ。

で、熟読しているかというと、大ちゃんのグラビアを見ているだけでまだ熟読できてないんですけどね。
少しづつ楽しみを長引かせつつ見ています。

アイスレジェンドミニ・・油断しちゃダメ蔵出しありよ

ちょっとばかし忙しくしていたら、次々次々とほぼ毎日何かしらの大ちゃん情報が流れてきています。
それを追いかけるだけでブログを更新している時間もありません。
雑誌も次々あるし、WEB記事も出てくるし、LOTF情報も大ちゃんだけでなくシェリル方面からも出てきてて、大変です。
きっと詳細は詳しくブログでアップしている方もいるかと思うので、私はいつもの感想文です。

今日はNHKがこれでもかこれでもかと映像を使い倒しているIL・・ミニ

今回はトーク部分のみ抜粋でしょうなと高をくくっていたら、演技もちらっと、そして未放送なところもちょろっと
真央ちゃんが大ちゃんのラフマニが好きで選んだプログラムだったことは前回も語っていたけど、その後に大ちゃんもまたラフマニ滑ってみたいということで、真央ちゃん大ちゃんとのコラボにノリノリでした

「あれ、俺もやりたいのもう一回」
「やろっかまた二人で」「ショーでやろうよ一緒に」

などというクソ可愛い会話をしていました。
XOIの時大ちゃんも興奮してまたやりたいって言ってたけど真央ちゃんも大ちゃんとのコラボ楽しかったんだね。
大ちゃんは引退後にやろうと考えてるようだったけど、真央ちゃんは現役中でもやろうと言っているので、ひょっとしたらTHE ICEで?などと期待してしまいますが、ぜひ早いところ見たいものですな。

もしコラボが決まったとして振り付けどうするとか
タラソワとモロゾフ作品を誰が振り付けしなおすのか。いっそタラソワニコライペアにやってもらったらどうであろうか
現実的なところではやはり宮本さんかとは思うけど
でも大ちゃん真央ちゃんのラフマニはこれぞロシアという感じの振り付けなので、できればタラソワ・ニコライのどちらかに振り付けしなおしてもらいたいものだけど、ショーで一回こっきりだったら振り付け代もったいないのでおいしいとこどりの宮本振り付けになるかなぁ・・・と、妄想してみた。
もちろん妄想族な私は二人の衣装も妄想したけど。
大ちゃんの青紫のひらひらしたのと、真央ちゃんの青衣装では合わないですからね
もし今の二人がラフマニ滑ったらどんな衣装がお似合いかしら?衣装もこれぞロシアっていう感じのがいいわ。
どうせやるなら。

それにしてもあいかわらず二人だけのトークは見ていてニヤける
にやけている自分に気がついて照れる
SOIとくらべてはいけないけど、二人がよくしゃべるし、二人の素が見えるというか、こんな可愛い会話を二人の時はしてるのかというのぞき見をしているような気恥ずかしさもあってたまらん。
ILトークまだまだNHK持ってそうな予感するけどな。
まだ何回か放送があるので気を緩めてはいけないILミニ
あなどっててこめんなさい。他の放送日もきっちり録画します。
そして来月は日テレプラスのほうでIL公演が放送されますが、まさかNHKと同じアングルではあるまいな
期待したいようなあんまり期待したらいけないような、でも練習風景とか見れたらいいな
行かれたかたが練習風景の動画をあげてくださってたけど
大ちゃんと真央ちゃんがピアノのそばに座って練習の合間に語り合ってる姿がそれはそれは可愛くて
そんなところを放送してくれたら超うれしいと思う



体育会TV大ちゃん登場 巷に大ちゃんが可愛いことがばれる

PIW大分へ行かれた皆様のつぶやきを見つつ、大ちゃんがめっちゃいい感じで滑っていると知って感涙です
ダンス始めているから練習時間もあまりとれないので大丈夫かなと思ってたけど、大丈夫どころか本日は3Aだけでなくコンボもつけようとしてたとか。
スピンもステップもキレッキレとかで
ダンスがスケートにもいい影響を及ぼしているのかもしれないですね
以前熊川さんが自分だったら何回転といったかわすれたけれど4回転以上は跳べると豪語していたけれど、ダンスをすることで効率的にジャンプを跳ぶタイミングがわかったりとか
大ちゃんがまだジャンプが跳びたいと思っているということはちょっとファンとしてはうれしい事です。
そしてPIWの後は再びLAへということだけど、先日ツイのほうでシェリルさんが来年のあけにアメリカでもLOTFをやると誰だったかとやりとりしている画像があがっていましたが、アメリカのyahooのニュースでシェリルさんのLOTFの公演をすると映像を交え報道しているようなのでアメリカでも公演はあるのかもしれません。
そこに大ちゃんがINするかはわからないけれど、大ちゃんが東京公演でゲストダンサーと肩書が付いていることから考えるとアメリカ公演には出ないのかなと思ったり。
プロデューサーにしろ舞台監督にしろアメリカのショービジネスの一流どころが揃っていて、本国で今回のLOTFにからめてシェリルさんが取り上げられているところからすると新しいショーにかなりの期待があることがわかります。

Cheryl Burke’s Love(s): In Life and ‘On the Floor
https://www.yahoo.com/news/cheryl-burke-love-life-floor-235007958.html

昨日はちらりと体育会TVでも大ちゃんのダンス風景が見られましたけど、来週はCSで放送されるので楽しみです。
体育会TVのメンタリスト対決は、まあテレビ的お遊びですね。
ファンはみんな知っているということばかりだけど、ただ女子力女子力とまんま女子と連呼されていましたけど、2回め大ちゃんが3番を選んだことで大ちゃん自身実は「女子力」とか「女子」と公でいじられるのは嫌がっていることはわかりましたね。
DAIGOさんの理論からすると。
ただフィギュアスケートという特殊な競技の世界にいて常に女の子がまわりにいる生活をしていると自然女子力がついてくるというか、女心がわかってくるんじゃないかとは思います。
あとは真央ちゃんのソチの演技を見たあとの涙
私はあのソチの大ちゃんの泣き方を見て男性の泣き方だなと思ってたんですけどね。
こらえた涙を上をむいてざっと拭っている姿で
あの泣き方にはショートの時の真央ちゃんの気持ちや、お互い長い間一緒に戦ってきた思い出がたくさんつまっていて、そういう涙をなんとなく「女子力」という軽い言葉で笑いにはしてほしくはなかったなと思います。
長い事二人の背負ってきた道を見てきたものとしての意見ですけどね。
バラエティだからしかたがないけど。
メンタリストとの対決ということで期待はしていなかったので、そういう意味では期待は裏切られなかったなという感じです。期待していなかったそのとおりというか、ただ意外にも巷ではあの番組のおかげで大ちゃんが可愛いことがばれてしまいました。
体育会TVはせっかく大ちゃんいじったんだからCSとは別にダンサー高橋大輔を取り上げてくれてもいいと思うんですけどね。
でもダンサーだったら金スマのほうがいいかも、あっちは社交ダンスやってるし。
久々金スマに出る大ちゃんを見たいものです。

ジャッジ匿名性の廃止が決定したらしい

コメントくださった皆様にお返事せねばと思っていたところに、なんと来シーズンからジャッジの匿名性廃止が決定したとか
まだISUからの公式発表はないけれど、アメリカサイドから流れてきているようです。
確定であればやっとかという感じですね。
今ツイッターで「ジャッジ 匿名」で検索するといろんな方がつぶやいていますが、ほとんどは賛成派です。
私ももちろん賛成。
ここ何年もだけどファイブコンポーネンツがほぼどの項目も同じ点数が出ていることも疑問にあったし、同じ選手でもエレメンツがうまくこなせてない時でもトップ選手であればPCSは常に高い状態というのも疑問だし
どのジャッジもほぼ横並びで同じ採点しているのもどうかなと思ったり
ただし報復採点というか抗議採点しているなと思うジャッジもたまにいるけれど、それもまた演技をしている選手に対しては配慮の書いたジャッジだと思うし
とにかく見ていて気持ち悪いなと思うのがここ数年です。
だからこそ世界中で今フィギュア人気も低迷しているんじゃないかなと
私もゆるゆる見ているほうだけど最終グループ前くらいから素人採点を勝手にやっているわけです
テレビ越しだから細かい採点はできないけど、だいたい基準となる選手を決めてこの選手の点数と比べたらどれくらいとか、あとはジャンプの時のエッジの角度とか、そういうのを現地でだとかテレビ前でやっている人は結構いるんじゃないですかね
素人がやっててもそれでもこのジャッジはないよなと思うのは結構あるし
素人が見ていてなんでこんな点数がでるのかわからないような競技はやっぱり衰退していくしかないと思うので、ジャッジもきちんと自分のジャッジに誇りを持って対峙していただきたい
ジャッジごとに点数がばらついてもいいと思うんですけどね。飛び抜けて偏った採点をつけるのはどうかと思うけど
ファンとしては、わかりやすいルールにしてほしいものです
転んでも点数ばかみたいに出るのはあきらかにおかしいし
そういえば、転倒も複数転倒は減点幅が大きくなるとか。これも当たり前ですね
本来は転倒しない前提でプログラムを滑るのに、とにかく高何度ジャンプなら転倒しようとも回っていれば点数入るという事がまかり通ってしまっているのは競技としては美しくないし
美しさを競う競技でもあるので、やはり減点にもどって転倒に対しては相応のジャッジをすべきかなと思います
フィギュアだけだもんね冬競技で転倒しても点数でちゃうのって


6月第1週目大ちゃん祭り感想文

週末の大ちゃん祭りいかがでしたでしょうか?
スターズ・オントークは、最後のほうちょっと中だるみしちゃった感がありましたね
質問カードでお互いのパーソナリティを語るっていうのは、だいたいCS契約して見ているファンはだいたいわかってるんで
ちょっと的外れ感ありましたね。
NHKのILの大まおトークが、思いの外フィギュアスケートのことを二人が語っていたので短時間でも充実した内容になってただけに
ああいうのも多少は期待したんだけど、期待しすぎちゃったようです。
来年はせいぜん30分でいいかな、今回みたいな感じだったら
もっとフィギュアスケートに関わる話をして欲しかったかな
もちろんおいしいところもあったけど、例えば真央ちゃんが大ちゃんとボールルームダンスをしたいと前から大ちゃんに言っていることとか。
どっかでその場面かもしくはインタビューだったかで見たような気がするけど、鈴木さんが大ちゃんにアイスダンスでペア組みたいと女子本で言っていたのは覚えてるけど。
大ちゃんがあまり乗り気ではなくてやんわり断っていたことも。
その時、鈴木さんが自分は大ちゃんとくんで、真央ちゃんはこづととか言ってたけど
なんだかんだで大ちゃんと真央ちゃんいつかボールルームダンスもペア組んでやっちゃんじゃないかとこの頃思ったりする
アイスダンスももちろん見たいけど、トーク中の大ちゃんの表情や言葉からしてもまんざらでもない感じなので、いつか実現するかもね。

ボールルームダンスも大ちゃん着々とスキル上げてきています
今日はYou Tubeに「高橋大輔 in LA」の動画CMがあがっていました
15秒バージョンと30秒バーション

『高橋大輔 in LA』(30秒ver.)


ペアで踊ってる
真剣なまなざしが男の色気ぷんぷんです
超期待、妄想がまた膨らみます。
ジュリーさんではない男性の振付師は以前限定のほうにちらっと書いたTimo Nuñezさんでしょうか?
フラメンコ・ダンサーでモデル謙フォトグラファーという
振り付けしている感じがフラメンコっぽい感じも無きにしもあらずだけど
小出しに少しづつですね。
今週土曜日にTBSの体育会TVに大ちゃんが出演予定ですが
体育会TVにのFBに

https://www.facebook.com/events/1572329259734421/

髙橋大輔さん出演。
Love on the Floor 出演についてのお話も!


とあります。てことはちらっとLOTF(これが公式タグみたいですね)でのダンスシーンも見れたりして
でも収録はもっと前だから話だけかなぁ、見れたらいいな
先週の体育会TVの予告で大ちゃん出演の映像流れまして、あき竹城さんが「大ちゃ~ん」と叫んでいましたけど、あき竹城さんはかなり前からの大ちゃんファンですからね。たしかバレンタインデーには大ちゃんにチョコを渡したいと言っていたことも
もともと竹野内豊さんが好きで、あの系統の顔の大ちゃんも大好きだそうなんですけど、さんざんフィギュア番組に関わってきてやっと大ちゃんと会えたわけなので、大ちゃん登場も期待だけど、あき竹城さんのリアクションも楽しみです。

それからもう一個
昨日の大ちゃんと体操の内村選手の対談
俺得対談です
自分でもそう思ってたらツイッターみたら大ちゃんファン内村くんファンどころかコアファン以外も俺得(私得等いろいろ)書いている人何人もいたので、趣味あうわーと思ってツイッターおってました。
ILの大ちゃんと真央ちゃんのトークを見てにやにやしてしまいましたが、なんと内村くんと大ちゃんのトークではニヤニヤして見ている私が。
何あの対談。めっちゃほのぼのしててかつ見ているほうが照れるというのはなんだよ内村
日頃ポーカーフェイスの内村選手ですが、どころなく照れている感じが可愛かったです。あの人あんなでしたっけ?
そして大ちゃんと内村選手のいる空間のほのぼの感
ほのぼのしているけど結構実のある話もしてて、先日インタビューで大ちゃんはケントモリさんが体の中にある点を意識しているということを聞き自分も点があるのはわかるけど毎回ずれてしまうという話をしていましたけど、それと似たことを今回も内村選手にもしていました。体操は線と円
言われてみればそうだよなと思うけど、そういう視点で質問した人って今までいなかったような
更にそこから一歩踏み込んで話をふたりでしているので、できることならこの二人の対談だけせめて30分番組くらいにして欲しいものです。
大ちゃん次はどのアスリートと対談でしょうか?
水泳の入江くんとか、入江くん大ちゃんファンだし、大ちゃんとお友達になりたがってたような

話は戻りましてスターズ・オントークにちなみまして、なぜかスターズ・オントークでのいち場面をきりとった大ちゃん画像をインスタにあげて大ちゃんを恋しがっている人がいます
それは・・・アメリカでコーチしているダグさん

https://www.instagram.com/p/BGRmmbLG1GK/
sotdai.png

いつも思うんです。ダグさんってどうしていつもこうツボを抑えた画像使ってくるのかと
そしてそれどこからもってきてんだと
以前は上月賞だったかの授賞式に出席してメガネをはずそうとしているやたらと男の色気プンプンな画像をインスタにあげて大ちゃんを恋しがってましたけど、今回はロケバスの中の大ちゃんですか
別にメガネはずし大ちゃんも今回のロケバス大ちゃんもカメラを意識して表情をつくっているわけではないですけど、やたらと色気があります。
そういう自然体の大ちゃんの色気画像を大ちゃんを恋しく思う度にあげてくるダグさん
ダグさんの視点いつもツボにハマりすぎます
でもダグさんでなくてもなかなかアメリカで大ちゃんを見ることはないので北米のフィギュア業界の大ちゃんファンは寂しい思いをしていることでしょう。

このダグさんがあげているこの後、大ちゃんは真央ちゃんのかばん持ってあげてましたねお店に入るときも出るときも
なんだかウフフです
カザフの時もだったけど、鈴木さんは自分で持ってるのに鈴木さんのも持ってやれ大ちゃん
というか、真央ちゃんも大ちゃんにあずけてしまうあたりウフフですね

ウフフといえば、今朝みたアボットのインスタが衝撃だった
大ちゃんは裸NGだけどジェレミーは問題なしだそうです

大ちゃんの世界征服計画は着々と進んでいる・・・たぶん

6月の声をきいてから怒涛の大ちゃん祭りがはじまりました。
あまりの怒涛すぎてすでに遅れをとっています。

まずは一昨日朝日新聞に掲載されたLOVE ON THE FLOORの広告
どーんと来ましたね。
それも「全米の人気クリエーター達が高橋大輔を変える」
という煽り付き
これはもうゲストダンサーの扱いではないと思うんだけど
そしてシェリルさんのインタに大ちゃんが踊っているのを見て涙したとか
もう泣いてるのかシェリル
一流どころのダンサーを見てきて自身もスターダンサーとなったシェリルが泣いた
期待がどんどん膨らみます
今日はTBSチャンネルのツイッターに大ちゃんが衣装の採寸をしている画像があがってましたけど、衣装も気になりますね
シェリルが自分の衣装をSNSにあげてましたけどあのフラメンコ衣装もステキだったし
大ちゃんどんなお衣装着せてもらえるのか楽しみ
そして鉄壁の肌襦袢はあるのかないのか
それも気になるところだけど、採寸している大ちゃんの後ろにドアの影から見ている方が
あの姿を見て、私の超理想ポジションと思ってしまいました。
あのくらいのチラ見で大ちゃんを観察したい。今までは柱が必要だと思っていましたがドアでもいいことがわかりました
家政婦は見たスタイル

TBSチャンネル公式ツイッター
https://twitter.com/tbschannel

tbscs.png

どんな衣装かしらねー妄想でも悩むわー

そして家庭画報
なんだか一皮むけた感な大ちゃんのインタビューでしたね
五里霧中状態だったのが少し道が見えてきたような
そして以前から口にしていたフィギュアアカデミー構想も、フィギュアスケーターを育成するだけではなくその後のスケーターとしての人生のことも考えだしているかと思われるカンパニー構想
アカデミーを作りたいということはもう何年か前に口にしていたけれど、その時もすでに資金のこととかも口にしていたと思うけれど、熊川さんに出会ったことも経験となったのかビジネスとしてフィギュアスケートに関わるという気持ちがより強くなったように読んでいて感じました。
やっぱり思うんですよね、20代前半でやめる選手がほとんどだけどでもやっと表現というのがわかってきてプログラムとして完成できるようになってきていて、これからが楽しみだと思わせる人が辞めていってしまうので。
今ショーはPIW以外はトップスケーターしか出演できないけれど、ショースケーターとして見たいスケーターというのは何人も今いると思うのでそういう人が活躍できる場を作って欲しいし、そういうスケーター達が活躍できる場があれば裾野も広がるとおもうんだけど。
シルクみたいなカンパニーを作りたいという大ちゃんの今の構想は今後どう育っていくのかわからないけれど、でもなんだかんだで以前から口にしていることはまわりまわってもそこにまたたどり着くみたいですね。
自分自身もそう感じること多いし。大ちゃんのような野望はないけど
そういえば一昨年のSOIのパンフに大ちゃん「野望」という言葉を使っていましたね。
その当時脳裏に浮かんでいた野望はなんだったのかわからないけど、いっそフィギュアスケートで世界征服でもしてみて欲しいものです。
私が相変わらずはまっているBABYMETALちゃんたちですが、彼女たちはちっこい頃から世界征服と口にし文字にしていましたが、なんと世界征服しちゃいそうな勢いの昨今なのでなにがどうなるかわかりません。
日本発のエンターテイメントが世界征服するところなど想像したことすらなかったけれど、どうやら無理な話でもなくなっているのでぜひ大ちゃんも野望をもって世界征服ツアーをするスケートカンパニーを作っていただきたいものです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR