ZERO大ちゃん さすが修正してきました

春の大ちゃん祭りが大盛況すぎて正直どこから何を書いたらいいのか悩んで書けないという現象を今経験しております。

ILで大まお大まお キャッキャ(*´∀`) (´∀`*)ウフフ
みたいなのがまだ継続しているし

ILでラクリモーサ見ればSOIのライラックワイン見たくなるし

隙をみてはTCCの昌磨の演技を見て

そして昨日はZEROデビュー

どこから書いたらいいものか
順番からしたら ILで大まお大まお キャッキャ(*´∀`) (´∀`*)ウフフ を書くべきか
いや忘れないうちにZERO輔を・・いやまさかのフレンズIn発表についてか

フレンズの事をちょっと最初に
まさかのフレンズにINです。
ブラジルで練習する場所でも確保できたのでしょうか?それとも少し現地にいる期間が短くなるのか、強行でショーに出るのか。
なんだか凄まじい夏の大ちゃん祭りになりそうです。
当初私今年はフレンズにInなしと思ってたのでチケット買うのはやめようと思ってたんですよね。
それ以外にFNSからのメールにちょっとイラっとしたのもあるし
キャンセルが多いので今後キャンセルが多い人はうんぬんのメールですよ。
なんかね上からだなって
ダフ屋対策もあるのはわかるけど、ショーなんて突然行けなくなる人もいるので譲渡だってせざる負えない人もいるのに、ショー直前の送付に、更にチケットチェック。
いやいいんです。ただそこまでするのであれば再販というのもシステム的に組むべきかなと
キャンセルを毎回するひとがいるということだけど、でも毎回当たらない人もいるんですよね。
ぶっちゃけなところ私今回LOFが唯一当たっただけでこれまで何度申し込んでも一度として当たったことがなくて、でも知り合いはかなりの頻度で当たってて、これのどこに平等に抽選されているのかなって。
すごい謎があるわけです。
ひとまず今回も当たらないだろうけど申し込みだけはしておきますけど、なんだかなと思うFSNです。

こんな愚痴はおいといてですね、昨日のZEROについて感想文ですけど
大ちゃん修正してきました。
流石です。
なにがって?それはしゃべっている時の揺れですよ。
ワールドの時のフジの番組の時は、しゃべりながら体が揺れていてワイプからはずれたり、声が安定していなかったりしていて見ている方もちょっと落ち着かないきぶんでしたけど、昨日はきっちりキャスターになっておりました。
思った以上のキャスターっぷり
でもまだまだ堅いけど、でも回を重ねるうちにそちらもいい感じになりそうです。
熊川さんへのインタビューやその後のスタジオでの発言はがちがちだったけど、昌磨くんの話になるといきなり滑らかに話しているので今後が期待できます。
今回何度か対談している熊川さんへの取材でしたけど、熊川さんって大ちゃんに対してはかなり優しいですよね。
身びいきで見ているからかもしれないけど、彼が他の取材なんかで話しているところを見るとテレビ越しで見ていてもインタビュアーに対しても鋭い発言があったりとか、ある意味ちょっとドキドキする展開というのが結構あるけど、なんだか今回の大ちゃんに対してはかなり優しい。
バンクーバー後から対談もしているし、大ちゃんも何度か熊川さんの舞台を見に行っているのでプライベートでも話をしたことはあるだろうなとは思うけどそれもあるかな。
大ちゃんの苦しみや先が見えないもがきみたいなのも理解してくれているような気がする。
後輩に自分が失敗したことも話して遠回りをしないようにアドバイスをすることとか
失敗ももちろん経験にはなるけど、道を作ってきた人だからこそ言える言葉かなと。
そしてそれは君にも言えることだよと教えてくれていたように思う。
なんというかZEROは大ちゃんが取材するのではなく、エンターティナーとしてたぶん今後プロデューサー業もしていくだろう大ちゃんに対しての虎の穴みたいな番組になりそうな気がする。
芸術と経営、相反することだけどそこが結びつかないと興業は成り立たないし、なりたつことで次の世代を育てることもできるし。
今回ははたから見ていても熊川さんが大ちゃんに何をすべきか自分の経験を大ちゃんに対して教えているように見えた。
報道番組ではめずらしい切り口だったように思う。
この熊川さんの取材と、それからステファンのショーへの取り組みを見て多分大ちゃんはかなり刺激を受けて、フィギュアスケートを一生の仕事にすると決めたのかなと。
以前はフィギュアのアカデミーを作りたいという夢を語っていたこともあったけど、そんな夢でさえ打ち砕くほど心が疲弊してしまってフィギュアスケートと縁を切ることも考えてたくらいだけど。
大ちゃんは本当に運がいい。
人を引き寄せる運があるのは間違いないかも。
次の取材は誰になるのか楽しみだけど、大ちゃんの目がその都度光を増すことがうれしい。

話はちょっと前にもどりまして、ワールドではいろいろ騒動がありましてTCCではデニスがどういう表情で出てくるのか心配していたけれど、とても楽しそうにしていたのでホッとしました。

https://video.twimg.com/ext_tw_video/725276056727363586/pu/vid/1280x720/92jSO6LLlKv1rqOx.mp4

上の動画はショートの時の表彰式の模様かな。
荒川さんをはじめ、テンくんボーヤン昌磨に女の子たち
男子組可愛すぎる
この動画を見れてホッとした
そして荒川さんはテンくんを気遣っていてたてていたし。
それくらいはしないとねやっぱり。
でも何よりも和気あいあいとしたアジアチームの雰囲気もよかったし
EXも録画したんだけど、昌磨は今回結構いろんな選手に注目されていたようでエンディングではユーロや北米のお兄やん達に囲まれてお前4F跳んでこいとか言われて「えへへ」みたいな顔してましたけど、その後ボーヤンも連れてボーヤンからクワドルッツにいって、その後昌磨もフリップいって失敗したけど、もどってきたらカペラノがハグしてくれたりお兄やんたちもよろこんでるしでなんだか和気あいあいでした。
ペアとかダンスのお兄やんたちだったと思うので長身お兄やんに連れていかれる昌磨はちょっといたいけなくて
「昌磨ー知らない人についてっちゃダメー」と言いたくなる風情でした。
こんな感じで無事終わったTCCでしたけど、始まる前にちょっと思うことがありました。
HPのアドレスを失念してしまったので後ほど見つけたらまたアップしますが
中国のジャントンがデニスがどのようにフィギュアスケートと関わっているのかということをとても丁寧に語っている記事がありました。
TCC前だったと思うけど、デニスの名前でツイを検索すると、日本語だけでなく英語ドイツ語中国語スペイン語もだったかな、とにかく多言語で、デニスが故意に進路妨害をしたこと、その証拠と言われる動画を拡散しているアカウントがあってちょっと気持ち悪さを感じていたんです。
あの動画をみるかぎりスケオタをやってたらよくある場面の一つ程度の内容で、これが証拠になるとは言いがたいレベルだけど、でもデニスを陥れようとするやり方は虫唾が走るくらい腹立たしく、このまま拡散されてデニスが一方的に悪いということが既成事実になっていいものかと思っていたところでした。
そんなときにジャントンがデニスについて語っている記事がアップされていて、デニスがどれほどフィギュアスケートに尽くしていることだとか、フィギュアだけでなく慈善活動であったり、自国のフィギュアスケートを盛り上げるためにショーを開いていることとか、とにかく優しい視点でデニスの功績を語ってくれていました。
それを見てちょっとささくれだってた心が癒やされました。
そしてTCCでのデニスの和やかな顔を見てとても安心もしました。
多分現地でたくさんの人に励まされたんだろうなと。
少しまえに偏向報道に関しての署名も日本でおこなわれて新旧あわせて1000人近くの人が署名したようですけど、1000人くらいの署名でマスコミが変わるとは思えないけれど、それでもやっておいてよかったと思います。
あの後ピタッとあのことに関しては報道されなくなったので何かしらあったのかなと思うけど、たぶんデニスの名誉をうんぬんではなく某選手擁護のための報道規制かなと思うけど
マスコミはこのことはなかったかのような対応だし、一見過去のことになっているようだけど、でも今回妨害発言はしずかに世界中の選手関係者およびスケートファンのなかでは波紋を広げていることは事実かなと思っています。
だからTCCの前にデニスのフィギュアに対する功績についての記事が出たのだと思うし。
うやむやになったことで安堵している人たちもいるかとは思うけど、静かなる批判と静かなる怒りというのはあると思います。

夢うつつな週明けサンキューIL サンキューTCC

みなさままだILとTCCに夢うつつではないでしょうか?
私はそうです。
ショーも試合も見たあとに爽快感を感じるというのは久々

まずはTCCだけど
始まるまではぶっちゃけなところお祭り大会みたいなものだし、トップ選手が出場辞退したりでちょっとダレるのでは?と思ってたら出場選手がみんながっつり本気だしてやってきていたので見応えばっちり。
それに試合前のレッドカーペットとかアメリカらしいけど、ああいうのもいい感じ。
選手紹介とかもあって。
CSとかレッドカーペットあたりから放送してくるといいんだけど。

今回のTCCは私達の想像を超えて昌磨くんやってくれました。
スター誕生ですわ。
そして国内外の昌磨ファン確実に増えましたね。
ベルビンたんとかワールドの時も泣いてる昌磨に萌えてハグしたいとか言ってましたけど、今回も言ってる。
更にのっかってクリスティ・ヤマグチもめっちゃ可愛いって言ってまして、昌磨の将来が心配です。
ちびっこぶりが可愛いのもあるけど、ちびっこだと思ってたら鬼構成のプログラム滑ってきますからね。
4F
渡米まえは4F入れないって言ってたのに、がっつり入れてきました。
そして世界初成功と歴史に名前を刻みました。
うれしいものです。
なんかあのうれしそうに笑顔で滑っている昌磨を見ると余計よかったねと言いたくなるってもんですわ。
ショートでもびっくりだけど、フリーで更にびっくり
4F成功で後半に4T 4T1T 3A1Lo3F
4Fもすごいけど、実のところ後半最後に3A1Lo3Fというのもありえないし、そっちもひょっとしたら昌磨が史上初ではないかなと
プルシェンコが同じようなジャンプ跳んでたようなきがするけど、2Aじゃなかったかな?
あれだけ鬼構成のプログラムなのに他のエレメンツもほとんど取りこぼしなく、そしてきちんと情感込めて滑っているのがすごいと思いました。
うれしくて可愛い笑顔振りまいて滑ってましたけど体はきちんと曲を理解してうごいていたし。
普通だったら曲よりも自分の感情のまま滑っちゃうと思うけど、自制心というか末恐ろしい子です。
フリーの後全選手がスタンディングオベーションというのも大ちゃんの国別を思い出して、同じことを昌磨がやったことにやっぱりうれしくなるし。
いいシーズンを締めくくりました。
来シーズンはどういう曲を選択するのか興味深いです。
できることなら大ちゃんみたいないろんな振付師に振り付けてもらってほしいなと
大ちゃんもいろんな振付師とか変わったことで演技の幅が広がったと思うし。
美穂子先生がどう判断するかはわからないけど、一度海外に武者修行に昌磨を出してもいいのでは?と思ったり
大ちゃんがいろんなスケーターと仲がよかったり、コーチ陣にも愛されたのはやはり海外に出て勉強したからだと思うし。
何はともあれ昌磨期待大
マスコミを見ていると潮目が変わってきているし。

昌磨昌磨の昨日の午後だったので、この感じのままILの放送を見ても気持ちがついていくかしら?と思ったけど全く問題なし
素晴らしいショーでした。
放送は解説がやっぱりうるさくてイライラしたけど録画は解説なしでとったのであとはそちらを楽しもうと
ILはメダリストだらけだけど、それだけでなくメダリストの中でも芸術的なスケーターだけを揃えたというステファンのプロデュース力の凄さを感じました。
このメンバーだったら、あの人も入っていてもいいかもと思う人も何人か頭に浮かんだけど、今回のショーを考えると違うなと。
素晴らしい芸術家ばかりだけどスタンドプレーに走らず仲間との調和と保つことができること
ステファンが寝ても冷めてももう一度IceLegendsをやりなおしたくてしかたがなかったというのは今回のメンバーを見てもわかる。
どのメンバーもステファンと仲良しで、みんなステファンを尊敬して愛している。
そしてみんながみんなお互いを信頼しあっている。
信頼しているからこそできるショーだったなと。
日本でもこのままもってきてやってほしいくらい。
大ちゃんは日本人だけでやりたいとか言ってたけど、日本人じゃ無理じゃないかなぁ。
多分見る側の観客が納得しないかも
ただ大ちゃんの力量ですごいプログラムが作られたらそれはそれだけど

大ちゃんのラクリモーサとマンボは鉄板なので感想はまたいずれだけど、衝撃はやはりステファンとのパ・ドゥ・ドゥですね。
ショーの前に大ちゃんとステファンでパ・ドゥ・ドゥを滑るとかなんとかの情報が入ってきて、パ・ドゥ・ドゥ?とちょっと疑問符が脳裏に浮かんでたんですよ。
現地組の人のレポでそれが事実であったことが判明しましたけど、NHKはさすがにNHKな解説をしましたね。
男同士の友情とかなんとか
誰も友人同士なんて思ってもいないですわ。
一般視聴者もつぶやいてた人100%大ちゃんはステファンとできてる設定で見てたし
だってあのカロの表情とかしぐさを見ちゃったらさすがNHK的解説を思うしかないし
それに大ちゃんとステファン視線を絡ませながら滑ってるし、最後はもういいって大ちゃんすねて退場してるで、どうやって男同士の友情ととれるのであろうか?
こんな演出ステファンだからできることだなと。
それと浮気相手が大ちゃんだから。ジュベールとかスコットだったらある意味生々しいというか、トランコフさんだったら笑いにはしるかも、いやトランコフさんだったらステファンを抱き上げてカロの目の前から強引にかっさらっていって退場する演出になったかもしれないので、やっぱり相手役は大ちゃんが一番だったような気がする。
できることなら大ちゃんとステファンのペアは俯瞰で見たかった。
CS日テレはカメラアングル別バージョンで魅せてくれるかしら?期待したいけどAOIの事もあるから同じ可能性は高いか

まだまだ感想はつづくのですが、あまりに長くなりそうなのでまた後日

そうそう明後日27日 ZEROで大ちゃんデビューです。
ショーよりもある意味こっちのほうが大丈夫か気になります。



IcelegendsとTCC 幸せな週末

スケオタにとってもこの週末至福の時間を過ごしているのではないでしょうか?
Icelegends は行かれたかたのツイを見て素晴らしいショーだったことがわかるしTCCはお祭り試合のわりにはみんな本気で勝負しにいっているし。
ステファンショーは、ショーが終わり記事や欠片がネットにあがっていますが、明日の夜までまてないですね。
もう無理
たぶん今夜はスイスの放送を見ます。
見れない方のために、SWIの記事とそしてそこに貼っつけてある大ちゃんのインタビュー動画を明日までの妄想のネタにお使いください。

高橋大輔、スイスのアイスレジェンドでランビエールと共演
http://mjk.ac/bh6KUm




行かれたかたのツイからいろいろプログラムの情報もあがっておりますが
驚きなのはステファンとカロと真央ちゃんのコラボ
当初私はステファンがカロと真央ちゃん二人をたらしこんでは心を弄ぶけしからん内容かと思っていたら、なんとたらしこむ相手は真央ちゃんではなく大ちゃんであったという。
上の動画にもステファンと大ちゃんの怪しげなコラボがあるけれど、あれがそうみたいです。
リハーサルでも大ちゃんの手をとるステファン、そして大ちゃんとステファンが見つめ合いながら滑ってる感じとか、大ちゃんのほうから誘っているような感じもありでなんだかとっても大ちゃん小悪魔な感じです。
本番はどうなっているのか楽しみです。

そしてラクリモーサはやっぱり海外でも衝撃みたいだったし、マンボはみんな大好きダイスキタカハシだったみたいで、ステファン本当に楽しいショーありがとうという感じです。まだ見てないけど。
真央ちゃんのバラ1も気になるし。黒バラ衣装がね、クラシカルで素敵だけど白バラ衣装もより好きです
思うにですね、ショパンのバラードってやっぱり真央ちゃんの表現があっているんじゃないかと思うんだけど
エリックボンパールのエキシだったと思うけど、真央ちゃんがアンコールでバラ1を滑ったんだけど、滑り終わった時会場が夢をみているような溜め息に満たされていて、解説もうっとりしてたんだけど、あれがショパンのバラードだと思うんです。
アイスレジェンドの真央ちゃんの演技はまだみていないけど、すごいコラボ作品とかでこれも今から楽しみです。
明日まで待てない。

そして興奮さめやらぬ今ライスとでTCC見てたんですけど、昌磨くんやりました。
私見終わって手がふるえちゃってツイのほうで「昌磨きゅんすごかった」と入力しちゃいましたが、手が震えていると昌磨くんと打ちたいのに手が震えちゃってキーを一緒におしちゃうと、くんがきゅんになることを発見したしました。
今後昌磨きゅんとかになってるときは興奮している時と思ってください。
そうなんです今日の昌磨くん神演技
史上初の4F認定
TCCは公式にはならないかもしれないけど、全世界のスケオタが見ている試合での4Fなので来季昌磨くんへの期待うなぎのぼりかと思います。
朝昌磨くんのプログラムデザインを見たらですね、4F 4T+3T 3A となっててびっくりです。
仮にセカンドがつけられなくても昌磨くんの場合3Aのあとにも3Tつけることできるから、それはそれですごいことになるなと思ってたんですけど、想像以上の出来。
これから地上波で放送ありますけど見るのがこちらも楽しみ。
なによりも昌磨くんが演技後それはそれは可愛い笑顔をしていたので、きっとツイのほうでは宇野きゅん宇野きゅんときゅんきゅん言われるかもしれません。
なんて素敵な週末かしら
昌磨くんは明日のフリーも頑張ってほしいわ。フリーのほうが失敗少ないしね。

IL大ちゃんまさかの大トリにガクブルする私

ツイッターは大騒ぎ
大ちゃんアイスレジェンドで大トリを務めます
大トリはスイスの英雄でもあるステファンと思ってたのでAbsolute SkatingのFBにアップしてあるプログラムを見て驚きですよ。

Ice Legends プログラム
https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=1138723522845051&substory_index=0&id=113697665347647

大ちゃんは1部でラクリモーサ 2部の大トリでマンボ
大ちゃんのマンボのあとフィナーレで熱帯ジャズ楽団のマンボメドレー
それ以外だと、ステファンと大ちゃんが同じ振付で滑っている動画があるのでどこかで滑るかも
予想としたらオープニングじゃないかなと。
ステファンが振り付けしている感じもあるけど、最後のところでは大ちゃんとステファンが違う位置でポーズをとってるのでコラボプロかもしれないし。
結構大ちゃん出てくるかもね
それにしてもステファンかなりの大ちゃん押し
地元スイスでの公演なのにステファン・・・
でもステファンのが今一度ILをやりたいと思っていた中で大ちゃんという存在は不可欠な存在だったのね
それにしてもラクリモーサとマンボ
いいチョイス
お衣装はどうなるか。
東京のSOIで着た黒シャツがひょっとしたらマンボ衣装かなと思ったりもしてるんだけど
ラクリモーサはあの衣装でしょうか。
いろいろ楽しみになります。

それにしてもですね、大ちゃん以外のプログラム一覧みなさんじっくり見た?
もうどこをとってもおいしいプログラムばかり
ステファンとカロ、真央ちゃんのコラボとか
ステファンに翻弄されるカロと真央ちゃんという、ステファンおまえってやつわーというプログラムらしいけど、真央ちゃんがどう大人の演技をするのか楽しみだし。
真央ちゃんの蝶々夫人をヨーロッパの人たちがどう見るかも楽しみ
真央ちゃんの蝶々夫人は泣けるしね。儚さと可憐さと健気さがあって、これぞ本物の蝶々夫人という具現化した姿ではないかなと思うので。衣装もいいし。

NHKは全部放送してくれるのでしょうか?尺からすると若手の演技がざっくりいかれそうな気がするんだけど
解説いらないので副音声とかないかなぁ
本編以外にドキュメンタリーとか作ってくれないかなぁNHK
いろいろ欲が出ちゃう
でも放送権買ってくれて、そうそうに放送してくれてありがとうNHK
本放送楽しみにしまーす。
サンキューNHK

春の大ちゃん祭はまだ終わらない

次から次へと大ちゃん祭りがつづき、ぶっちゃけなところテレビ録画漏れ放題です。
真央ちゃん出てると大ちゃんもチラうつりしてたりとか
昌磨の時もそうだし
今は半分あきらめて尺のある番組だけ抑えようと思っています。

それでもやっぱりまだ大ちゃん祭はつづくわけで
皆様すでにごぞんじの通り、アイスレジェンドをなんとNHKがBSでショー翌日には放送という快挙

アイス レジェンド2016 〜高橋大輔と浅田真央 
016年4月24日19:00~20:50
ニュースはさんでの2部構成


カザフにはフジが行ってたからフジテレビがくるかなとか、順当だとCS日テレかなとか思ってたらまさかのNHK
やはり大ちゃんと真央ちゃんの二人そろった時の威力をよくわかってらっしゃる
それと何気に、番組タイトルの名前の表示が大ちゃんが前になってる。
今までだと真央ちゃんが先だったと思うけど、何か変わってきたのか?プロになったからかしら
どちらにしろNHKが速攻でIceLegendsの放送権を買ってくれたことはありがたい
そして現地に行かれる皆様のレポも楽しみ
おみやげ話でもしてやろうと思うやさしい大ちゃんファンの皆さんよかったらおみやげ投下お願いします。

アイスレジェンドの大まおもいいんだけど、SOIのぶっちゃけ話でまおちゃんが大ちゃんが日本に戻ってきたことを
「帰ってきてくれて嬉しい」と言ってたところに萌えた
そして以外にも大ちゃんはNYよりも帰ってきてからのほうが楽しいと言っていたこともファンとしてはうれしい。
真央ちゃんの帰ってきてくれて嬉しいというのは、フィギュアの世界に戻ってきてくれて嬉しいということも含まれていると思うし
帰ってきて嬉しいのあと真央ちゃんが何か話つづけているようだけどカットされちゃったのでその後はわからないけど、実質日本にいてもそれほど大ちゃんと会ってることは少ないとは思うけど、ファンの立場であっても日本にいようがNYにいようが出会うことはないので距離としては実質変わりないはずなんだけど、それでもやっぱり日本に戻ってきてくれてよかったという安心感はある。
今のフィギュアの世界に思うところもあるせいかもしれないけど、大ちゃんがフィギュアの世界に戻ることで、フィギュアの魅力をまた改めて魅せてくれるのではないかという希望が見えてきた。
正直もうフィギュアスケートは見るのはやめようかくらいにも思ってたけどね。

大ちゃんが戻ってきて、真央ちゃんがそれを素直に喜んでいる姿はフィギュアにちょっと嫌気をおぼえてた私の心に一条の光となって降り注いだわ。
そんな大ちゃんと真央ちゃん二人がステファンのショーへ一緒に出る。
真央ちゃんと仲良しのカロリーナもいて

IceLegends出演者一覧
http://icelegends.com/

大人の事情とか関係ないメンバーが揃っていてお金のためにショーに出るというメンバーでもない
ステファンの道楽ショー
ステファンが好きなスケーターで、そしてステファンと友好関係にあるスケーターで実力も世界最高峰
なんて贅沢
どんなショーになるのかすごく楽しみ
NHKだから大ちゃんと真央ちゃんの追っかけ映像まで放送するかわからないけど、でもショーが綺麗な映像で見れるのがうれしいし、BSだったらライトファンも見られるから、世界のショーの凄さがわかるかも

今週は忙しい
TCCもあるし
昌磨はひょっとしたら4F入れてくるかもしれないし、こちらもBSで放送なので昌磨ファンをまた増やすのではないかと思う
デニスにはうちの昌磨をぜひよろしくお願いしたい。

マスコミの偏向報道について考える

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

SOI愛知へ行ってきた 可愛いは正義である

SOI愛知公演へ行ってきました。
かなり迷ってたんだけどあまりに迷ったのでこういう時は行ったほうがいいと思って、思い切って名古屋までGOです。
ショーだけでなく、今回ショーが開かれる愛知県体育館の会場も気になってたもので。
夏のTheIce愛知公演のチケットを持っているのでどんな感じか知りたかったのもあるし。
場所はモリコロに比べればいいところにあります。
会場は古いだけにトイレも少ないし座席も狭いけれど、多分どこの席でも見やすいんじゃないでしょうか
新横浜のリンクを一回り大きくしたくらいなので、観客が盛り上がればかなりいい感じになる会場じゃないかなと思って席についたけれど、ここは芸どころの名古屋。
名古屋人はなかなか芸には厳しいので誰でも彼でもスタンディングオベーションしないだろうと思ってたけど、ダイスからスタンディングオベーションが増えてきて大ちゃんの時はオールスタンディングオベーションでした。
お客の入りは満員とは言えないけど、平日だけにもっとガラガラかなと思ってたら1・2階席は9割がた埋まってたんじゃないでしょうか?一か所ごそっと開いていたのは多分CBC関係者席かなと。途中みたらネクタイ姿のサラリーマンが数人座っていたので
3階はショートサイドはカバーがしてあってロングは開いてたけどそちらはほとんど人がいなくて、多分当日券とか招待券の人の席ではないかなという感じ。
あといつもと違うなと思ったのは、平日だけに1部半ばになっても観客がぞろぞろ席につく光景を目にしたこと。
多分服装を見るとお勤めがえりっぽい人が結構いたから平日ならではかな
でもそんなことはありつつも公演の雰囲気が壊れるような無作法な人はいなかったし、何よりも今年は結構見ごたえのあるプログラムを滑るスケーターが多かったと思う
大阪公演にいった人たちが、見たほうがいいよと太鼓判押したのがよくわかりました
東京公演迷っている人は行ったほうがいいよ
まじで

そしてショーだけど、私の印象に残ったのは、まずはデュハメル・ラドフォードペア
私は今まで二人の演技に心惹かれるということが一度もなかったんだけど、私が見たpianomanは凄くよかった。
正直二人のプログラムってちょっとやぼったいイメージがあったんだけど、逆にちょっとやぼったさがpianomanプロの小粋さが凄くはまっていた。衣装もよかったし

パトリックはあいかわらず見ていて気持ちのいい滑り。そしてキラキラ
最後のほうショートサイドすぐ前で転んでたけど、その時の観客とのやりとりがなんとも言えずチャーミングで
いや出てきた瞬間からチャーミング王子
パトリックは大人気。でもあのキラキラオーラとチャーミングなほほえみみたらそりゃあキャーってなる。

キャーとなるといえば昌磨くん
生昌磨は遠目では見たことあるけど、近くで見る昌磨は言語道断の可愛さ。
可愛いしか表現できない可愛さ
可愛さの塊
後ろの席のおっさんが変なうめき声のあと「可愛いなぁ」と言ってたくらい可愛い。
滑ったのはトゥーランドットのショーバージョン
緑の衣装も妖精みたいだったし、これで18かウソだろと言うしかない可愛さ。
どんな可愛さか具体的に述べると、柴犬の子犬を見て感じるあの可愛さ。可愛すぎて抱きしめたいみたいな。
去年Pたんがチャリティーで生昌磨を見て、すごく可愛かったと熱弁してたけど、今更ながら納得。
私も昌磨の可愛さを熱弁した気分。
可愛いといえば、日本人のグループナンバーで大ちゃんとおそろいの衣装を着た昌磨も可愛かった
グループナンバーだからお揃いなのは当たり前なんだけど、昌磨の大ちゃんリスペクトを知っていると
昌磨よかったね、大ちゃんとお揃い着れてとおばちゃん目線で思ってしまった。
そしてグループナンバー中も、私は大ちゃんと昌磨にくぎづけで
生放送でどう撮影されるかわからないけど、大ちゃんと昌磨のペア演技いいです…ペアではないけど私視点だとペア演技に見えた。女子ごめん。
大ちゃんが前に滑っていると、大ちゃんの姿を目線で追う昌磨がかわいいし
昌磨が前をすべっているとやさしい表情で昌磨を見つめている大ちゃんの姿がまたきゅんとくるし、ふたりのサイドバイサイドのアクセルジャンプも、大ちゃんが昌磨の動きを見て昌磨のタイミングで2A跳んでるところとか。
ふたりの音の取り方も似てたし。
真央ちゃんと大ちゃんも似てるので、ひょっとしたら昌磨は真央ちゃんと練習してたから音の取り方も似てるのかもしれないけど、二人がならんでステップしているところとかもかなりのシンクロ率で見ごたえいっぱい。
昌磨のトゥーランは出てきた時からお客さん待ってました状態で盛り上がったけれど、何よりもスケートのうまさに目を引いた。
小さい体だけどスピードに乗って滑って行くのを見るとリンクが狭く感じるくらい。
彼は間違いなくスター選手になるだろうなと思わせるだけのテクニックも持ち合わせているのは生で見るとよくわかった。
今後が本当に楽しみ。TCCでは昌磨結構ファンを増やすのはまちがいない。
たぶんマスコミも少しづつ昌磨にシフトしつつあるように思うし。いいことだ。
そして可愛いつながりでマリンちゃん・
マリンちゃんも出てきた瞬間からお花が咲いたみたいは華やかあと可憐さがあって、こりゃ工作しなくても人気になるわと納得せざる負えない可愛さ。うしろのおっさんも「可愛い可愛い」連呼してた。
今回ちょっとジャンプで失敗してしりもちついちゃったけど、それでもすら可愛くて、普通だとジャンプ失敗するとため息があがってその後がんばれの拍手だけど、今回は転んですら「ほわわ~」みたいなため息とはちょっと違う声が上がってて拍手、可愛い子は何をやっても可愛いんだと思った。
昌磨とマリンちゃんは可愛いは正義を証明したね。

今回ジョアニーと荒川さんを見てて思ったのは、スパイラルの復活。
やっぱり女子の華はスパイラルじゃないかなと二人の演技を見てて思った。スパイラルも規定に入れるべきだと思うけどな。
そうそうジョアニー痩せて華奢になってた。去年も痩せたなと思ったけど華奢とまではおもわなかったけど、今年は華奢になったなと。筋肉は落ちてるけどそれでもジャンプを跳ぶと細い軸で締まったジャンプしてたので筋肉で跳んでたわけではないんだなとジョアニーのジャンプを見て思った。

そしておまたせ大ちゃん
大ちゃんの演技はもう別次元。
大阪公演を見た大ちゃんファンが大絶賛してたけど、私は大ちゃんには厳しいのだ。
なので大ちゃんがいい演技をしないとスタンディングオベーションはしない。ファンであっても。
なの良かったと言われても自分の目で見る限りは評価できないと思ってたけど、やはり今回もあなたは高橋大輔であった。
何よりもそう思わせる雰囲気だし。
大ちゃんが出てきてライトが付いた瞬間キャーという声は上がったけれど、それは一瞬で音楽がなり大ちゃんが動き出したら、一瞬で最後までみんな息を詰めるように大ちゃんの演技をみていた。近くに子供がいて、正直ずーっとしゃべっててうるさかったけど、そのうるさい子供すらだまった。
正直スローバラードの曲というのは、知っている曲であれば入り込めるけどそうでないと厳しい選択でもある。
今わりとどのスケーターもバラード系のスローな曲を選ぶことが多いけど、間延びして見ているほうが飽きてしまう事が多々あるけど、大ちゃんのプロラムはもう何時間でも滑っててと思えるくらい見ていて心地がいい。
やっぱり舞踏の世界だと思った。
世界チャンピオンが何人も出ている今回のショーだけど、ひいき目なしで見ても多分大ちゃんの演技がダントツ。というよりも異質なのがよくわかった。
大ちゃんは自分がどれほど人に伝える力を持っているのか自分が滑っている姿を観客席から見ることができないので、いくらみんなが凄い表現力と言ってもピンとこないかもしれないけど、感情を伝える能力は並外れている。
滑りだして少ししてワインの匂いがするような気がした。誇張でなくて、本当にワインの匂い。
ちょっと果実の匂いもまざっていうような。
Lilac Wineというのが本当に存在しているそうだけど、飲みたくなった。私が大ちゃんの演技を見て感じたような味なのかどうか。
大ちゃんは今回もまた凄いプログラムです。
私ラクリモーサよりもライラックワインのほうが好きかも。
生でみたほうがいいよって背中を押してくれた皆さん、ありがとうやっぱり生で大ちゃんのプログラム見れてよかった。
迷ってるならいったほうがいいよ絶対。
生の威力は半端ない。
そして生でみる可愛いは正義であるということもよくわかった。

SOI2016 大阪公演開幕

SOI始まりましたね。
昨年正直なところチケット代金にこのショーは見合ってない感満載だったけど、今年はいい感じみたい

そして大ちゃんの新作Jeff BuckleyのLilac Wine



よくこの曲だってわかりましたね大ちゃんファン凄いは
死角がない
曲を聴く限りどうこれを滑るのか想像が見てないのでわかりませんが、SOI行きたくなってきた。
今年はSOIのかわりにLOFにシフトしてたんで・・でも行きたくなってきた。
どうしようかな。

そして何よりも今年は大ちゃん祭りはSOIとか
去年は、大ちゃんと真央ちゃんで釣っときながら、大ちゃんとあっこちゃんペアの上、レギュラーメンバーと銘打ってはいたけど、ちらとしか出ないわ、1部で大ちゃんのプロが中途半端なところに組み込まれて最後にちらっとあってな感じで、なんだかなぁみたいな残念な気持ちがあったんですよね。
レギュラースケーターなのこれでと思った昨年だったので、あっさりしているショーこれがSOIと自分で言い聞かせては見たものの、いやカート時代はそれなりにレギュラーメンバーでなくてもコラボプロよかったしと思ったりで、結構もやっていたわけです。
アンケートとかもたしかSOIはなかったので、なんだよこのショーはと言いたくても言えないので、きっと今年もと思ってたんだけど、いい感じで裏切ってくれたようで見に行かれた方よかったですね。
大ちゃんの薄紫の衣装
見て思いました
「やらしい衣装だな」って
エロでなくやらしい感じぷんぷんです。
そういえばムラくんがこんな色のシャツ着てて、やっぱりやらしいわとちょっと思った記憶があるので、男子が薄紫を着るとやらしい感じになるのかもしれません。
やらしい感じというのは決して大ちゃんとかムラくんを下げているわけでなく、ある意味称賛でもあるけど
なかなかいないじゃないですか、日本男子でやらしい感じって。
サラリーマンとかああいう色のYシャツを着ている人たまにいますけど、ほぼ100%やらしいです。
でもこっちの「やらしい」は「嫌らしい」漢字が当てはまる感覚ですかね。
やらしいという言葉はそもそもないけど、ニュアンスでわかっていただけるでしょうか?

今回のショーのインタビューが夕方のニュースに流れたようで、大ちゃんと真央ちゃんが二人並んでインタビューを受けている画像がTLに上がっていたけど、やっぱり大ちゃんと真央ちゃんが並んでいる姿はしっくり感ありますね。
IceLegends楽しみです。
SOIも衣装のことを書いたので、衣装つながりでILのこともちらっと
本日カロリーナのツイにILの衣装あわせをしている画像がアップされたんだけど、ステファンのショーにかける意気込みと美意識の高さを感じてしまいました。
ILのyoutubeのほうではステファンが衣装合わせしている動画もあがっていたけど、スケーターが持っている衣装を持ち寄ってというレベルではない感じです。

https://twitter.com/msKOSTNER

caro.png


持ちネタは自前衣装だろうけど、ステファンが作るプログラムのほうはステファンの意向にそった衣装が用意されているかもしれません。
カロの衣装を見てもやっぱりヨーロッパの人の趣味だよなと思う素敵衣装が後ろに見えているし。
これを着るのかはわからなけど、見ちゃうとちょっとわくわくしますね。
真央ちゃんどんな衣装着るのかなとか、大ちゃんも御誂えしてもらえるのかしら?とか
ステファンがどうしてももう一度自分の理想のショーをつくりたいと思って再び立ち上げたアイスレジェンドなので、やるなら徹底的に自分の美意識を注入したショーにしたいという強い思いがあるんでしょうね。
ちなみにステファンの衣装選びの動画はこちら



ポエタの衣装きてる。それよりステファンのおうち可愛いな

そしてステファンの新作お衣装
超豪華 大ちゃんの衣装もどうなるか気になるわ

https://twitter.com/TheIceLegends
ste.png

2016 世界選手権 感想文

限定でも感想文は書きましたが、あらためて総括です

ボストンワールドはどのカテゴリーもいい試合でしたね。
まあ一部・・・ごにょごにょですけど
でも見てて思ったのは高PCSの乱発と、選手ごとにGOEの基準が違うことですね
それだったら6点満点時代とかわらないじゃんと思って、イライラしては見てたけど
ただそれでも選手たちはいい演技をして、そして今年はノーミスで滑った選手が結構いたし
やっぱり多少回転不足であろうともノーミスすることはまず重要ではないかなと感じました。

昨日の女子フリー最終グループはほとんどミスが少なくて誰が優勝するかどきどきものだったけど
アシュリーが銀メダルとってくれたのはうれしかった。
GGがごりおしでも表彰台にあげるかもと思ってたけど上位選手がノーミスで滑ったうえに感動的な演技ばかりだったので、あそこにねじ込むのは難しかったかも。
アシュリーが最終滑走でなかったらひょっとしたら転倒してもGGを上にしたかもしれないけど、でも最終滑走であそこまでいい演技したアシュリーは凄いわ。
彼女が演技後無邪気に喜ぶ姿って結構好きで、さいたまワールドの時の演技も何度も見直したりしてたけど、ながらく耐え忍んできたのがようやく評価された感じでうれしかった。
未来ちゃんもよかった。四大陸もよかったけど、彼女の世界観がはっきり見えるようになったし。
ここからまたアメリカ女子の黄金時代到来するかも。
ポリーナがケガで出られなかったけど、表彰台が狙える実力がある選手が4人今いるというのは強いし、国内選手同士の争いもおもしろくなるので、フィギュア人気はアメリカ女子にうつる可能性が高いかも。
フィギュアにとってはそのほうがいいと思うけど。
日本女子は、真央ちゃんの演技に泣いた。朝カクカクのストリーミングで見ても泣き、youtubeに動画が上がってみても泣き、そしてテレビ放送でも泣いて。
これぞ蝶々夫人。
世界中の人がたぶん本物の蝶々夫人を見てみたいという妄想はしたことはあると思う。
オペラとか見てて、ごっつくて、けばけばしい衣装にへんちくりんな髪型の蝶々さんではなく、はかなげで触れたら息絶えそうだけど、凛とした侍の娘の凛とした強さがあって。
まさのそれを具現化したのは真央ちゃんだと思う。
荒川さんの蝶々さんもよかったけど、真央ちゃんの蝶々さんを見ちゃうとこれが蝶々さんと上書きされちゃった。

最終グループの女子の使用曲がドラマティックに盛り上がる曲を使う選手ばかりのなか、知子ちゃんのみ穏やかで盛り上がりはそれほどない曲を使っていたけれど、それでも滑りで盛り上げる。
そしてまた彼女も日本女性がもつ控えめながらも上品で可憐な演技をして見せた。
本当に上品という言葉がぴったりの演技。
でもそれに見合ってない点数でがっかりはんぱなし。
技術点はジャンプでしぶかった。
カートが知子ちゃんのコンパクトジャンプについてものたりないと言っていたけど、たしかに何かたりない感がしないでもない。
いや足りないのは高さと幅だけど。あの低空と狭い距離で跳べるってことは回転が速いということだけど、私はあのきゅるきゅるっと音がしそうな知子ジャンプは嫌いではないけど、スケート関係者が好む理想のジャンプからすると足りないジャンプなんだろうな。
多分来シーズンどこまでジャンプを磨けるか期待。
でもキュルキュルジャンプファンとしてはあれでいいじゃんと思うんだけどね。

理華ちゃんはもう楽しそうに滑ってたからよかった。
理華ちゃんは誰もがやるような曲じゃなく、彼女しか選ばないような曲で滑るほうがいいかもしれない。

昌磨くんは頑張った
3枠に戻した。ジャンプの失敗は残念だったけど、ジャンプの失敗をしてても演技としてはよかったし。
朝ライストを見つつツイッター見てたら昌磨の愛らしさに世界中の女子たちが抱きしめてなぐさめてあげたいとか、何か買ってあげたいとか萌えあがってたけど、テレビ放送でも萌えあがってました。
計算のない涙と、転倒後のガッツと。
転倒後気持がとぎれて攻めることをしなければ、いくらくやしくて泣いたとしても乙女の心に響かなかったと思うけど、転倒後すぐに3A立て続けに跳んでいく姿を見たら昌磨の悔し涙を見て「昌磨きゅん」となるのもわからなくもない。
案の定ツイッターのトレンドは自称絶対王者よりも昌磨が上に来ていたし、放送終了後もしばらくトレンドに上がっていたので、一般視聴者は昌磨くんにかなり注目していたみたい。

フリー視聴率 SP下回る 016年4月4日
http://www.daily.co.jp/newsflash/general/2016/04/04/0008956924.shtml

フジテレビ系で2日午後7時42分から放送された「世界フィギュアスケート選手権2016 男子フリー」の平均視聴率がショートプログラム(SP)を下回る14・3%だったことが4日、分かった。

瞬間最高視聴率は午後9時4分と同12分にマークした19・7%だった。


瞬間最高視聴率も絶対王者かなと思ったら、ハビキスクラからの昌磨と昌磨演技後だったので一般視聴者の興味は昌磨に移りつつあるみたい。ちなみに大ちゃんも絡んでた時間帯ではないかな。
もうね試合以外の部分で試合前にあれこれあってその勢いで興味がない人も取り込もうみたいなマスコミのやり口に癖癖しているというか、試合を試合として見せろっていう一般視聴者の思いも出た視聴率ではないかなと。
以前みたいに選手のあおり映像とかなく、ひとりでも多く放送する姿勢はよかったので、このままフジはいってほしい。
試合以外のドラマなんて必要ないので。あっても簡単な選手紹介程度でよし。
女子も視聴率がおちたということだけど、スケオタとしてはアメリカとロシアの選手が台頭してきたのは世界的なフィギュア人気再びかとうれしくもあるけど。カナダ女子がちょっとさみしいか。

そしてこのワールドの期間中大ちゃん働きました。
もう女子フリー眠たそうだったし。
今回はゲスト出演で、技術面は本田さんと荒川さんにというおとで大ちゃんが表現面を語るというスタンスで一貫してたけど、なんとか頑張ったという感じかな。
ただところどころ大ちゃんらしい視点での語りもあったのでよかったけど、ファンでないと物足りないと思うかもしれない。
ただ、別番組で日本選手の解説をしている姿を見ると、解説をさせたらいままでの解説者とは違う切り口で解説してくれるだろうなという感じた。
でも、やっぱり大ちゃん解説はまだいいんじゃないのって何度も思った。
今解説しているあのリンクの上に滑りにいってきなよって
陸よりもやっぱり氷の上で動いている姿が見たくて見たくとてここ数日過去のワールドの大ちゃん演技見まくった。

それからHIRO'S LIFEだったっけ
あれを見て高橋大輔の超無駄遣いと思った。野村さんもだけど
モギさんとか西内さんとか畑違いもいいところの人に語らせる意味あるのって、変にバラエティ色強い番組に大ちゃんが出ているのを見ると、高橋大輔のブランドを汚されているような気持にちょっとなってしまった。
そう思うと解説は大ちゃんがスケーターとして体が動かなくなってプロ引退となった後でいい仕事ではないかなと。
解説ができる人は何人もいるし、その人たちにまかせて大ちゃんしかできない事に挑戦したほうがいいのではと思った。
今月はZEROでもエンターティメントのキャスターをするとのことだけど、今後のスケジュールを見ると撮影はもう済んでいるとは思うけど、めちゃくちゃハードワークをしていたのではないかなと思う。今週はSOIはじまるし。
やっぱり見たいのは、出来上がったものを解説する姿よりも、何かを作り上げていく大ちゃんの姿のほうが見たいとつくづく思った。
まだやっぱり大ちゃんが現役にもどったらみたいな妄想をついついしちゃうのね。
あんなことやこんなことが今回あって胸が痛い思いをしたけど、大ちゃんだったら?とか大ちゃんがいたら?とか思っちゃってたから。

そうだ、大ちゃん新情報
CSのTBSチャンネル 高橋大輔 6カ月連続特集
https://www.facebook.com/cstbs/posts/2006960099529610:0

大ちゃんファンがかなりTBSチャンネル契約したとみた
私もした。当たり前だが。
楽しみはつづく。表現者の高橋大輔の姿が見たいわ。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR