さよなら2015年来年も暑苦しく大ちゃん応援します

年齢を重ねると一年というのがあっという間にすぎますね。
XOIまで長く待ったような気もするけどショーが近づくに連れ、待ってた時間なんてあっという間という感じでもあったし。
今年も一年間楽しく大ちゃんを応援できました。
来年もみなさん暑苦しく大ちゃんを応援したしましょう!
なんて言われなくてもするのはわかってますけどね。

XOI以降全日本もあったけど、試合を見れば余計大ちゃんの滑りが恋しくなるし、全日本が終わってもやっぱり大ちゃんのスケートが見たくなり、今日もおせち作りながら合間合間に大ちゃんの映像見てました。
今日の気分はエキシやショープロ中心で、やっぱり見せ方がうまいなと。できれば世界中のショーで世界中の人に見てもらいたいなと思いました。来年は大ちゃん海外ショー増えるでしょうかね。
XOIでは来年は滑ると明言していたし、そうそう、今日もうなんかいてもたってもいられないというか大輔ロスに入っていて禁断症状でちゃったんですよ。
本屋では買いたくなかったけど禁断症状を乗り越えるには少しでも大ちゃん要素が、それも新鮮なのがほしくて買いました。
ツイとかフィギュアスケートマガジンの最新号の大ちゃん部分や、ところどころ大ちゃんの話が出てくるとかでなんかよさそうな感想文があがっていたもので。
でもまさかフィギュア雑誌を買うのにレジへもっていくことを躊躇するとは、いやそれは予想できていたのでわかってたんだけど、わかってたのでここのところめっきりフィギュア雑誌買ってなかったんですけどね。
今我が家では表をまーくんにしてあります。
まーくん可愛い。
東京西川なのにフィギュア雑誌にまーくんどーん。東京西川さんの意向がわかりません。
でもまーくんで正解。まーくん来シーズン頑張って!

まーくんはいいとして大ちゃんファンの皆様がフィギュアスケートマガジンの大ちゃんインタビューを見て、みなさん同じところにくいついていらっしゃいました。
それは大ちゃんがNYに行ってからもうフィギュアから離れてもいいかなと98%くらい思っていたということ
まおちゃんですらハーフハーフだったのに大ちゃんは98%戻らないかもと思っていたことの衝撃。
あれやね、大ちゃんぶっちゃけフィギュアの世界、大人の世界が嫌になったんじゃないっすか?
何のためにフィギュアスケートやろうかという目的意識がなくなったのもあるとは思うけど。
私自身も過去同じようなことにぶちあたったことがありました。
でもたぶんみんな多かれ少なかれ同じ経験はしてきていて、人生に迷うというのはいくつになってもあるのではないでしょうかね。
まよって立ち止まったりもするけど、立ち止まったままではいられないし。
立ち止まったままでいようと思った時期も私自身あったけど、気が付いたら一歩進んでるわっていうようなこともあるし。
そもそも毎日同じ日とういうのもないですしね。気が付かないくらいの変化も時間がたつと大きな変化になってたりするので、大ちゃんもNYに行った頃はフィギュアから離れる気持ではいても、毎日同じことの繰り返しをしていても小さな刺激は少しづつ方向転換させたのかもしれないし。
なぜ98%離れる気持があったのに戻ってきたのか、その過程を教えてもらいたいですね。
大ちゃん本また来年あたり出たりいて。いいのよ大ちゃん大ちゃんのためなら財布がぺったんこになっても、またふっくらさせてやらーと気合い入れているのがあなたのファンだから。
本でもなんでも出してちょうだい。そしてその変化の過程を語ってちょうだい。
大ちゃんのNY生活を何人もの人がインスタにあげてくれていたけれど、楽しそうにはしていても大ちゃんだけどこか異邦人のような感じにも見えていたのは、私たちファンからするとよかったことかもしれないかなと今は思う。
大ちゃんが現地に馴染んでいても大ちゃんと周りの人との空気感がちがうように見えたのは、たぶん腰を据えてNYに住み生活をしている人と、まだどう生活していくのか決まっていない人との差かもしれないけど、それでもその異質感が大ちゃんの中でフィギュアに戻ってくる決心をさせたのかもしれないなとも思う。
わかんないですけどね、本人の口から語られないと。
傍から見ていると、なじんでいるようでなじんでないような。親密だし心を許してもいるんだけど、なんか違うような画面の収まりがしっくりこないような。

まあ他人があれこれ言ってもわかんないですけどね。
私いつもNY初のインスタ大ちゃんを見て、なんか違うぞ感があったので。ネガティブな意味でなくですよ。

そんなことを考えつつ、フィギュアスケートマガジン最新号裏表紙はまーくんのやつを読んでおりました。
付録のポスター大ちゃん美しい、昌磨くんがめっちゃ可愛いのでお勧めです。

話は全く変わりまして猫たんですけど。
大変なことが
一か月前ににゃんこ連れて病院へ行ったんです。
病院へ行ってもあまり泣くこともあばれることもしないんですけど、他の子たちが泣いていると一瞬不安になるのか、ちびっとだけ「にゃっ」とか泣くんですけど、その声をきいた他のネコ患者の保護者さんが
「ねこちゃん長毛の子かしら?」
って言うんです。
私ねこちゃんをバッグタイプのケージに入れていたので外からは見えないんだけど、その人は声をきいただけで毛の長さがわかるみたいなんですよ。私はその人のことをネコマスターと今は呼んでいます。
ネコマスターが言うように、ののまめの猫ちゃんはたぶん長毛になりそう、いやすでに長毛の域に今は入ってきています。
一か月前はなりそうとあいまいに思っていたのは、私がネコ初心者なので産毛の長いのがぴこぴこ飛び出てたので長毛のような感じがするっていう程度くらいしかわかんなかったんです。
更にネコ初心者なので、野良だったののまめのネコがどんな種類のネコのミックスとかもわかんないし
でもそのネコマスターがうちのネコの姿を見てないのに
「この子の声からするとノルウェージャンじゃない?」
とか言っていて、ネコ初心者のののまめにノルウェージャンフォレストキャットと言われてもどんな姿形のネコなのかわかりません。
でもいくらネコマスターとはいえ、ののまめのネコの出自は野良なんでノルウェーもなにもないでしょくらいに思ってたんです。
ちなみにネコマスターが言うには、か細い鳴き声の子は大体長毛の子が多いとか。

ところがちょっと前にも書いたんですけど、2週間ほどまえから突然ネコのしっぽがたぬきのしっぽのようにもふもふを超えて、ぼっふぼふになってて、更にからだが毎日でかくなってるんです。もちろんもふもふに。
成長期だから大きくなるのはわかるんですけど、巨大化してるんです。太ってはいないですウエストくびれてるし。骨格がでかくなってる感じで。
そんなわけでネコマスターの言葉を思い出しネットでノルウェージャンフォレストキャットの子猫の画像とか成猫の画像急きょあさったら、もうまんまで。
ノルウェージャンの血が入っていることは間違いないでしょう。
でかくなりそうです。
ネコ初心者なのにいきなりデカネコ飼いになってしまいました。
スポンサーサイト

全日本終わりした女の子は強かった

全日本終わりました。
大ちゃんが「僕は僕だった」といったように真央ちゃんは真央ちゃんでした。
ソチ以来真央ちゃんの演技を見て涙が出ました。
若い選手たちが難しいジャンプをポンポンとび更にはスケーティングも本当にうまくて、でもやっぱり真央ちゃんの訴える力と経験を積んだ洗練されたスケーティングは秀逸でした。
知子ちゃんは今絶好調ですね、なんかいじらしくて彼女の演技って。
アイドル的にもてはやされることはないかもしれないけれど、彼女はフィギュアスケートを古くから見続けているスケオタには愛されるスケーターになるんじゃないでしょうか。
今シーズン何気に白岩さんが気になっていたんだけど、ここにきて一気にトップグループにIN
リカバリ後半で3LZ3T2Tを跳んでしまうというのが驚き。ただそれだけでなく伝える力があることも今後の演技が楽しみ。
そして可愛いしね。
女子は毎年思うけど肝が据わっているというか、男子みたいにぐだぐだになることないですよね。
女の子凄いわ。見ごたえあった。
男子はもうよくわからん採点なので、もやっとしますな。
もやっとしているのはそれだけではなくて、やっぱりXOIの大ちゃんの新プロ結局Lacrimosaなのかmothertongueと呼ぶべきなのか.

mothertongueも日本語読みにするとき、マザタンとするのかマザータングとべたっとよむのか悩みどころ
そんなことはおいといて、ラクリモーサがあまりにも衝撃的でリピリピの繰り返しに入ってしまっているもので、全日本男子はひとまずは見ているんだけど、隣の部屋からテレビを見ているようなというか、一枚ベールをかぶったその向こうで演技しているのを見ているような感じで大ちゃんがいたときのような高揚感がなく、つい他事やっちゃったりとか。
ざっと見た感じだと、これでもかというような特定の選手のみやたらと追いかけるばかしい煽りはなかったようには思うので、それはよかったかな。きちんと見てないので気が付いてないだけかもしれないけど、いぜんよりはましになったように思ったけど。
今はテレ朝のほうがひどいしね。ただカメラワークはフジのほうがひどかった。
でもところどころは見どころもあったのでお正月にでもじっくり見ようとは思っていますけど。
全日本は女子のほうがおもしろかった。

XOIの余韻は未だ続いていて、デニス・テンくんのインスタにも癒されていますけど、そこにアップされているジュベール氏を見て、やっぱり23日楽公演前にぺぺでお買い物してた時見かけたスウェット外人がジュベだったことを確認いたしました。
なんかぺぺの雑貨売り場にはそぐわぬ方が歩いているなとちらっと見たらジュベらしき人。
でもスタイリッシュだったんです。グレースウェットパンツにダウンベストを着たラフなのにおしゃれな感じが。
芋ジュベールではなかったのね。かっこよかった。ウエストポーチしてたら完璧だったのに。ただのかっこいいジュベはただのイケメンですからね。でもただのイケメンジュベールかっこいかったとテンくんのインスタのジュベを見て思い出しました。
そんな思い出もありながら、去年のXOIも再びみたりとか。
やっぱり大ちゃん解説の真央ちゃんとのコラボ見ちゃうと、きちんと見たくなりますから。
演技後の二人のインタビューとか、見てて照れるくらい甘い甘い。
ああいう二人を見ていると、真央ちゃんいつでもプロの世界にきていいんやでと思いつつ全日本も見てたんですよ。
更には、去年カザフツアーを企画した代理店さんのブログに2016年のデニスショーの打ち合わせと経過報告が載ってるし

ディスカバリーカザフスタンブログ

http://blog.livedoor.jp/kazakhstan55/archives/1918866.html


誰がINするのかはまだ未定ですけど、大ちゃん来年からはまた滑るって言ってるのであるかもしれないですね。
テンくんとも仲良しだし。
カザフの大まお写真もみんなのいい思い出。バルデくんいい仕事した
海外だと大ちゃんも真央ちゃんものびのびしている自然な姿を見せてくれるので、二人には海外のショーにも出てほしいものです。
真央ちゃんはどこまで現役続けるかわからないけどね。

XOI昼公演 大ちゃんの新プロの感想をまじめに書いてみた

今日のXOI大阪二日目昼公演、客席は天井席が空いているくらいで9割以上入っていたんじゃないかしら。
もっと歯抜けになってるかもと思ってたけど。
今日は昨日初回公演で早々に売り切れた新色青地に白抜きD1SKバナータオルを持っている人が結構いたので、二日連続参加という方も結構いたみたい。
最初から二日間チケットをとっていたかもしれないけど、大ちゃんの新プロを見てしまうともう一度見ないことにはと考えちゃってチケットゲットした人もいたかも。
ツイッターでは「凄いプロ」という表現が多く並んでいたけれど、凄いという言葉はちょっとピンとこない。
今もちょっと新プロについてはど表現したらいいのか悩むところなんだけど、この感覚は、フレンズでVASを見た時に感じたものに近いかもしれない。
何をこの人は今演じたんだろう?という。
大ちゃんが未知の世界にまた一歩足を踏み入れた演技をしているもので、見ているほうも未知の世界なので自分の感じたものを正しく表現する言葉がすぐ出てこない。

ひとまず思いつくまま言葉を羅列してみると
官能的でもあり退廃的でもありでも静謐でもあり
救済という宗教的な感じもあり、たぶん初見でいろいろ感じたので回を重ねてみるとまた見え方が変わるかもしれない。
ただショーを最初から最後通してこの大ちゃんの演技を見ると、高橋大輔のみやはり違う世界からきた表現者なんだと思った。
彼のやっていることは既存のフィギュアスケートの演技ではない。スケートテクニックがどうとかジャンプがどうとか、そういうのを超越してしまっている。
今、フィギュア界で大安売りされている表現力という言葉を使ってはいけない領域
アカデミックに解説され理解すべきものではなく、本能で感じるべき演技というか

今見てきたものを脳内で再生しようとしているんだけど、瞬間瞬間しか覚えてなくてプログラム全体もどうだったのか説明できない。
ブルースリーのセリフではないけど
「考えるな感じろ」
という世界。
理屈ではなく、自分の本能のまま感じたほうがいいプログラム

たぶん回を重ねるごとに表情を変えていって、最後は魂をわしづかみ系のプロになることは間違いないと思う。
クリスマスオンアイスのみで演じられるとしたらもったいない。
どこか近いうちにショーで滑らないことには熟成していかない、今日の時点ではまだ青みがあって若い。
ただ新横もあるから短期のうちに一気に熟成しちゃうかもしれないけど、それはそれでうれしいけど、楽しみは少しづつ楽しみたかったりもする。
しかし、このプロをどこかのショーでゲストで滑るには他のスケーターの演技を食ってしまいかねないのでよほどのショーマンで大人の演技ができるスケーターが揃っているショーでないとだめなような気がする。
正直なところ、今日は大ちゃんの後にすべった荒川さんが可哀そうだった。
こんなことを書くと荒川さんのファンの人に叱られちゃうかもしれないけど、大ちゃんの演技を見て魂がどっかいっちゃってるもので、一生懸命荒川さんの演技を見ようと集中するも視線は荒川さんに向いても意識が集中しきれない。
できることなら1部トリは大ちゃんの演技のほうがよかったと思う。
あの演技を見て休憩中余韻を楽しみたかった。
まだフィギュアのショーにはこういう余韻を楽しむという部分の演出が全くといってないように思う。
今日はできることなら、大ちゃんの演技のあとは他のプログラムは見たくなかった。
ショーの構成からして1部トリが荒川さんがとるというのはフィギュアのショーでは序列からしてそういうものなんだけど、あえて荒川さんには失礼にあたってしまうかもしれないけど、大ちゃんの演技を1部のトリにしたほうがよかったと思う。
今日ほど大ちゃんの演技をみた後余韻を楽しむ時間がほしいと思ったことはなかった。

明日からXOIよ、うふふ始まっちゃうのよ感想文大会開催のおしらせ

あっと言う間にクリスマスオンアイス始まりますね。
もう現地に前乗りしている人もいるかも、そして大ちゃん聖地巡りしちゃってたりとか
ウキウキですな。
そんなウキウキに油を注いでくれるのがデニス・テン君
テンくんがインスタに大ちゃんとの動画をアップしてくれています

Denis Ten Instagram
https://www.instagram.com/p/_bMsSDO4_v/

「この人がスポーツに戻ってくることみんな知ってる?来週のナショナルにでるんだよ。みんな彼を応援してね!」
みたいなことテンくんが言ってます。もちろん冗談だけど
それを聞いて大ちゃんがでへへって笑ってるのいいね。
テンくんも大ちゃんに冗談でも戻ってもしいって思ってるんだなって、胸あつ
まだまだ見たいよ大ちゃん
・・と言ってみた

やっぱりテンくんの動画ではないけど、こういう表情の大ちゃんが見たかったなと。
スケート仲間たちとスケートを楽しそうにしている大ちゃんの顔が見たかったんだなとつくづく思うのでありました。
そしてそんな姿も明日から思いっきり堪能できます。
ということで、行く方も自宅前アリーナ鑑賞組も、妄想文芸部の皆さまや妄想爆走族のみなさまも、ショーの感想文もそして久々の大輔愛を思いっきり語り合おうではありませんか。
ということで、この記事とそれから、限定のほうにも好き放題書けるコメント欄をこさえます。
ショーを己の目でみるまではネタばれは嫌という方はみちゃだめよ。

あと3日でXOI

待ってた滑る大ちゃん動画きましたね

【練習風景ダイジェスト動画】髙橋大輔が氷上に帰ってきた!
http://spice.eplus.jp/articles/28482?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=20151216twitter_xoi

滑る大ちゃんの姿を見ると「やっぱこうでなくちゃ」と思っちゃいますね。
NYでの楽し気な様子を見るのもいいんだけど、どうも私の心にしっくりこず何かこう、大ちゃんが見たいけどこれじゃないみたいな葛藤が常にありましたが、短いながらもこのえぷらさんがアップしてくれた動画を見たら気持すっきり、心わくわくですよ。
それにやっぱり大ちゃんのふんわり上がるジャンプがあいかわらず美しくて。
こんなジャンプ跳ぶ選手います?ディレイドで跳ぶ選手あんまりみかけないんだけど。
やっぱり高橋大輔はジャンパーでもありますな。
そしてヌメヌメステップ。
出し惜しみせずどーんと見たいんだけど、あと3回寝たら早めのクリスマスプレゼントが待ってますからね。
楽しみ。
そして動画のなかでは大ちゃんと一緒にリンクにいる歌子先生
歌子先生の教え子を介して一緒のリンクに立つ大ちゃんというのを見ることは今後あるだろうなとは思ってたけど、大ちゃんと歌子先生二人だけで氷の上にいる姿はひょっとしたら見れないかもと思ってたので、二人が一緒にリンクの上にいる姿を見れたことがやっぱりうれしい。
そんなエプラの動画ですけれど、この動画を撮ってるカメラマンの他にカメラマンが二人撮影していらっしゃいますが、何か後日の番組にでも映像が使われるかもしれないですね。
楽しみにしておこう。

そしてわくわく感が増すのは、デニス・テンくんがインスタやペリスコでライブ配信してくれていることです。

tenis_den Instagram
https://www.instagram.com/tenis_den/

ヨドバシを満喫しているテンくんを見て横山やすし師匠を思い浮かべました。
やすきよみたいな漫才なんて見れないんですよね。今思わずyoutubeでやすきよの漫才見てしまいました。

やすきよ話はよしとして、やすし師匠に一瞬見えてしまった今日のテンくんですが
今日は大阪でお買い物を楽しんだり、ジュベールさんとお茶したりしてペリスコ教えてるみたいです。
ひょっとしたらジュベも日本滞在中ペリスコでライブ配信やってくれたりして・・・いややらなさそう。いやできなさそう。
なんだかさくさく電子機器使いこなすジュベってやだと思いました。

バルデくんも元気だし、XOI終わったらカナダナショナルがんばって~
はあ楽しみ。
今年はニコライ親子は出ないのかしら?またシークレットとか?
ニコライのプログラムで滑るかなと思ってたら、ニコライではなくシェイリーンの振り付けとか。
それもそれで楽しみです。
もうみんな楽しみ。
あっこちゃんと荒川さんというのでちょっとぐずりましたけど、ごめんちゃい。
もうショーまじかになると期待しかありません。
何よりも大ちゃんの素晴らしい滑りが垣間見れたらそれだけで満足している自分がいるので、これだけ見ても大ちゃんはやっぱりやってくれるわって確信しちゃってるので、ああ楽しみ。

フィギュアは録画でみればいいと思うの

GPF
いい演技多かった。ただジャッジの出した得点を見て胸が痛かった。
シングルしかみてないけど、男子も女子もPCSの出し方おかしくないかなと
大判ぶるまいですな。
ゆるスケオタとしては、毎年少しづつあがり下がりするPCSを見て選手の成長を楽しんだものですが、といっても以前からジャッジ好みの選手はどんどんあがって、そうでない選手は抑えられという感じで、以前だってむかつくジャッジはたくさんあったけど、気持悪いと思うジャッジは今シーズンが初めてです。
もう演技みなくても誰が台乗りするかわかっちゃうから。
録画でいいかなって。

それとマスコミに踊らされてフィギュアをみるのはこりごりなので、せっかく距離をとってみるようになったので、この距離感で見ていようと思います。

ところで真央ちゃん胃腸炎でEX棄権とか。
真央ちゃんはどんな体調でも棄権ということは過去あったかな?と振り返ってみるくらいなので、今回はかなり体調が悪いのではないでしょうか?
なんかマスコミが変な報道をしないでほしいけど。
真央ちゃんにはほんと容赦ない報道ばかりで、なんどテレビに向かって鬼畜と叫んだことか。
真央ちゃんはもうね、どんな結果であろうと浅田真央でしかないので、心置きなく現役を楽しんでほしいです。

そして大ちゃん
プーマの大ちゃんにはデロンギの時にはあったたこ焼きほっぺがなくなり、絞ってたとか。
楽しみです演技が。
やっぱりいくら大ちゃんでも体が重いと演技にきれがなくなっちゃうしね。
もう今週末にはXOIですよ。
せまってくると、せっかく大阪もう1公演と思うけど仕事の関係とかもあって大阪滞在できないんですよね。
それにしても大阪はチケットだぶついてますね。
何度も書きますが、わたくし先行で申し込んだ分大阪全部はずれました。
どういうことなんだろうと未だに思います。
外れちゃったので気持がおちたっていうか、ひとまずお友達があててくれたので便乗できるし、新横は当たったのでまあいいかっていう感じで。
チケット代もたかくなっちゃったし。SOIなみの高さです。
プーマのイベント時大ちゃんが今のところショーが決まっているのはXOIのみと言っていたそうなので、少し一呼吸おくとします。
でも早いところ次の人参プリーズです。
ののまめ現在ネコたんにメロメロですけど、大ちゃん不足の隙間はまだ残ってますので、隙間に大ちゃんプリーズです。



まさかの着物コラボ そしてたこ焼きを食すののまめ

大ちゃん斜め上ですな。
七五三着物企画に登場ですってよ奥様
そこ来たかと情報を知ったときには大ちゃんファンはみんな思ったことでしょう。
私もそう思いましたよ。
でもお似合いだからいい

七五三着物企画『髙橋大輔×JAPAN STYLE』を発表 プレスリリース
髙橋大輔×JAPAN STYLE

2015年12月7日 京都丸紅株式会社

http://www.kyobeni.co.jp/topics/release/151207_takahashidaisuke/index.html

本シリーズは2016年4月初旬より全国の貸衣装店や写真館で展開を開始します。

なるほどー。写真とか今先撮りしたりするしね。

縞柄が端正でモダンな表情を見せる父親着物

大ちゃんお父やん設定なんですな。いや子供いてもおかしくない年齢ですけど。
これは親子で着物レンタルして写真撮ってくれやってことですな。
父親着物レンタルは大ちゃんファンも手が出せますな。ただ誰に着せるかが問題だけど
お父さん着物のバリエーションも見たいものです、全部大ちゃんモデルで。
あと真央ちゃんの着物も写真館にはあると思うので、これはスケオタ的には夫婦で大ちゃんモデル真央ちゃんモデルの着物を着るというチャレンジもできるわけです。
着物で大まおーって

それにしても着物姿お似合いね
着物にブーツに散切り頭
明治ですな。
以前幕末のイケメン侍の織田信福(おだ のぶよし)をご紹介したことがあるかと思いますけど、あの方に匹敵するモダンかっこよさ。
そういえばテレビで五郎丸さんも着物を着ていらしたけど、男の色気むんむんさに腰がくだけそうでした。
でも日本男児はやっぱり着物よね。

話はもどりまして、大ちゃんの着物ですけれど襟もとに赤が見えてますが、織田信長スタイルですな。
信長の肖像画の着こなしが黒に襟元赤と超イケテル着こなしでしたけど。
この着物企画。今後も何か展開がありそうですね。

ところ着物姿の大ちゃんですがすっきりしてますけど、夏に帰ってきた時撮ったものでしょうか?
デロンギの時に若干もちってて、ほっぺにたこ焼きできてましたけど。
数日で落とせるのはわかってますけど、おとしたんでしょうかね。
次回動いている大ちゃんが見れたときに確認です。

そんな私、もちっ子大ちゃんのたこ焼きほっぺが脳裏からどうしても離れなくて、デロンギ以来デロンギ購入ではなく、たこ焼き購入に意識が向かっておりました。
そして今日やっとたこ焼き食べれました。ばんじゃーい。VIVAたこ焼きほっぺ!!

大ちゃんはコーチに向いていると思う今日この頃

大ちゃん帰国後なんだかいろいろ動きありそうで楽しみですな。
まずは、大ちゃんが出演するかどうかはわかりませんが来年2016年4月22日にIce Legends が再び開催されるそうです。
キャストは今のところステファンとカロリーナだけ確定みたいですけど、記事の中には日本人やフランス人スケーターも招聘するとかなんとか書いてあるのでひょっとして、ひょっとしたらかもしれないですね。

Ice Legends revient à Genève !
http://www.onefm.ch/redaction/actualite/2015/12/02/ice-legends-revient-a-geneve/

Ice Legends といえばXOIに近い時期にやってたスイスのショーでしょうかね?
4月だったらショーのスケジュール次第では、大ちゃんと真央ちゃん二人INもあったり。
ステファンにカロだし。
AOIはもう告知がないということは来年の大ちゃん出演はないってことでしょうかね。
大ちゃんがいつまで日本にいるかはわからないけれど、ショーシーズンにはなるのでそろそろ次のスケジュールが知りたいものです。

知りたいだけで行けるとはかぎらないけど。。。ののまめここのところ、フィギュア熱が下がってると先日近況を書きましたが、大ちゃんがいなかったというのもあるんですけど、大ちゃんがいない心の隙間に入ってきたものが。
それは・・・それは・・・それは・・・・
ネコたんでーす。
運命の出会いをしていまい、保護猫ちゃんを飼うことになりました。
野良ちゃんの割には、人懐っこくて、お粗相も一度もなく、ご飯はなんでも食べるし、声をかければ返事もするし、呼べば来るし、病院へ行っても嫌がらず先生にもゴロゴロ言うし、爪切りもブラッシングもやってちょうだいくらいの勢いです。
そんな子猫ちゃんですが、大ちゃん不足の心の隙間にずっぽりはいってきたため、大ちゃん貯金がネコちゃん貯金に変わってしまいました。
すでに猫ちゃんにはかなり投資もしてしまっています。もう猫にあやつられています。
そのため大ちゃん出演のショーがあっても厳選しなくてなりません。
というわけで、ここしばらく猫ちゃんにあやつられていたのでブログ更新もままならず、巷で話題のNHK杯も見ている時間もありませんでした。

次なGPFか。

昌磨くんGPFに向けて大ちゃんが昌磨くんにコメントしていましたね。
グッモニだったかな。
「出るからには表彰台に登れたらではなく、優勝目指してという気持ちでやってほしい」
と言っておりました。あと表彰台くらいで満足していたら大ちゃんがニコライに言われたみたいに昌磨くんにも
「お前バカか」って言います・・言わないけどみたいなことも言ってましたけど、ちょっと視点が変わりましたね。
真央ちゃんのことでも。
コーチ視点だなと思って。
ふと妄想族は妄想しました。
真央ちゃんや昌磨くんのキスクラに座っている大ちゃんを
過去国別だったり、ソチオリンピックとかも大ちゃんが客席から真央ちゃんに声をかけてまして、その声をきいて真央ちゃんも応援してくれてうれしいと思っていたとインタビューに答えていましたけど、声をきけば元気になれる、声をきけば安心できるっていうのこコーチとしても向いているかもしれません。
向いているとは前から思ってはいたんですけどね。改めて思った次第です。
でもまだまだプロスケーターとして現役の姿も見ていたいので妄想だけで楽しもうと思います。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR