いちいちセクシー祭開催!

昨夜のサンデースポーツ思いのほか面白かったですね。
あんまり期待していなかっただけにより面白さ満点。
何よりも三十路のおっさん二人が大ちゃんの演技を萌え語るのでる。
なんて書くと失礼だけど、須藤さんは皆様もご存じのとおり元格闘家で、現役時代もリンクインの前にちょっと踊ったりとかでパフォーマンスもおもしろかった選手でしたが、その後World order というダンスユニットで海外でも評価されているダンサーでもあります。
俳優もしてましたね。
以前アメブロか、もしくは忍者か、それともmixiの頃だったか、須藤さんの事を書いたことがありました。
それは仮面ライダーエターナルに出演していた泉京水というガチムチおねえキャラでぶっとばしてました。
ちなみに仮面ライダーエターナルはVシネ作品なので、お子様と一緒に平成ライダーを見ていたお母様たちは知らないかもしれません。
でも私は仮面ライダーオタクではありません。たまたま知ってただけですから、たまたま。



この動画で須藤さんを紹介していいのかわかりませんが、でもこの方も格闘家時代から表現するってことを意識されていた人です。

Genki Sudo Dynamite!! 2006 full entrance


当時見てて、試合前にこんなに動きまわって体力消耗しないのかなって思ってました。
まだダンサーという感じはないですけど、何か自分の肉体を使ってパフォーマンスがしたいという気持ちは伝わってきてました。ショーを盛り上げるためっていうだけでなく自らの湧き上がる欲求がそうさせてるのかなって。
なので、その後パフォーマンスグループWorld order として出てきた時もそれほど驚きはなかったんですが。

そんなパフォーマーの須藤元気氏と宮本先生のテレビ画面越しでも濃いぃ対談はなかなか今までにない視点での話しでおもしろかったです。
多分須藤氏のパフォーマーとしての視点から見る疑問に宮本先生が答えるという感じで後半番組組が進んでいったのも新鮮でした。
ありそうでなかったですよね。
けれど須藤元気氏と宮本先生が画面におさまってる図は何というか、濃いと一言ではすまない何かがありました。
そんな濃いと一言ではすまない二人が、高橋大輔の演技に萌え語りをしているのです。
妙におかしいです。
真面目にやってるだけによりおかしく。
皆さん昨夜TLでも盛り上がってましたが、大ちゃんのただターンするだけの場面で
「いちいちセクシー」
という宮本先生に、同意し、更に演技中ブレークする場面を須藤氏はドキッとするとおっしゃった。
がちむちな三十路のおっさん二人が高橋大輔の萌え解説をするこの妙な感じ。
またやって欲しいです。できれば刈谷さんもそこに入っていただいて。
あまりに面白かったので何度もリピして見てましたけど。
面白いだけでなく、まさかのバンクーバー大ちゃんのeyeの映像を見ての解説ですからねたまりません。
その後高橋大輔Anthologyでバンクーバーの演技見直しましたけど。

ほんといちいちセクシーです。

ichiichisexy1.jpg

素の状態でもいちいちセクシー

ichiichisexy2.jpg

今時毛皮もふもふ首に巻いてもいちいちセクシー

ichiichisexy4.jpg

リーマン風でもいちいちセクシー

ichiichisexy5.jpg

足を広げてもいちいちセクシー

ichiichisexy3.jpg

メガネはずすだけでもいちいちセクシー

ichiichisexy6.jpg

バックショットもいちいちセクシー

大輔砂漠のなか、いちいちセクシーありがとうございます。

ののまめ大ちゃん終身名誉店長の名誉を守るのミッションに挑戦する

リステリン 大ちゃん始動編
来ましたね。

https://listerine21day.jp/
いい顏してます。
もち輔でもなく。もち輔も期待は少ししてたんだけど頬がまだこけてるから動いているんでしょうかね。
今週はまさかの大ちゃん祭連続でよかった。不意打ちだっただけに。
砂漠こわい砂漠こわい状態でTLの大ちゃんファンの皆様も変なテンションになってて、空元気っていうんですかね。
盛り上がろう盛り上がろうとしているのを見るとまた、砂漠を実感とかしちゃってた私。
今週の大ちゃん祭うれしかったわ。
次の祭はいつかしら、早く早くー人参人参。
でもひとまずは、始動編があるとしたら、実践編とかあると期待してますけどね。
ダンスしてコミュニケーションとってるとかの映像があったらうれしいな。

でも、ここ二日ばかりちょっと考えてたんだけど、今は大ちゃんはただの一青年高橋大輔としてNYに渡ったわけで、今の状況を知れることは凄くうれしいけれど、でもやっぱり一番見たいのは表現者としての高橋大輔かなって。
無性に大ちゃんの演技、特にスケーティングスキルがよくわかるプログラムや映像を選んで見てました。
テクニカルの部分を集中的に見るときと、感性の部分で演じている部分を見たりとか。
大ちゃん祭はうれしいけど、うれしい反面より表現者高橋大輔が見たくて、転げまわりたくなるほど渇望しておりました。
そう、大ちゃん恋しさに私のTLで妙にテンション高く盛り上がっていた大ちゃんファンの皆様と同じような感じです。
うれしいのにより渇望。

渇望を少しでも癒すため、そして終身名誉店長の名誉を守るためののまめ立ち上がりました!
なんてね、単に仕事を午後休にしたもので、ちょっくら銀座三越まで行ってきました。
もちろん目的は、終身名誉店長の名誉を守るため、売上に貢献するためであります!!
パチパチパチ
三越9Fのテラスの臨時スペースにお店がありました。
エレベーター上がって横を見たらお店。
店員さんがいきなり声をかけてきたものでちょっとののまめもじもじしてしまいまして、他のカフェのほうに一旦逃げました。
ほら私ネット番長なもので。
で、こっそり物陰から様子をうかがっていたところ、ひとり飲みの女性が多かったです。
路面店ではなく、銀座三越っていう場所柄もあるかもしれないですね。
雰囲気からすると大ちゃんファンじゃないかしら?と感じる方も何人かいらしたんだけど、ふらっと女性一人でも飲めるオープンな雰囲気があるので、三越にお買いものに来てちょっと休憩がてら一杯みたいなマダムかもしれないしとかなんとか・・・でも、におうのようね、大ちゃんファン臭が。
でも、大ちゃんのファンですか?とももちろん声かけらえないしさ。
でもそんなことは置いといて、太陽が出ている昼間からビールっていいわー。
私が行ったときは、二人連れの方が2組、あとはおひとりの方が数名という感じで、一人でも気兼ねなく行けます。
お店自体のスペースは広くはないんだけど、広いオープンスペースの上に外が見える場所なので、気持的にもゆったり楽しめます。
店長大ちゃんが動画で今年もおいしそうにビール飲んでましたけど、自分もビールをうっまーと思いながら飲んだので、きっと大ちゃんもこんな感じだったのねと楽しみながら飲みました。
今日はまだ気温的にはそれほど高くはなかったんですけど、職場から徒歩で銀座まで行ったのでそれが功を奏したっていうか、ちょっと汗がにじむ程度ですけど歩いて行った分よりおいしくエクストラゴールドいただけたかも。

エクストラゴールドBAR
行きたいけれど一人ではと躊躇しているあなた。
店員さんに声をかけられてもじもじしちゃうチキンなののまめでも一人で行けました。
高橋大輔終身名誉店長の名誉を守るためという名目で、昼間っからビールをかっくらいに行ってみてください。
「しかたがないわ、大ちゃんの名誉を守らなくちゃならないから、昼間からビールなんて本当はいけないのに、でも大ちゃんファンとしては名誉をまもらなくちゃいけないから」
と言い訳してでも行ってみてね。
今度行けたら、私はフリージングハイボールに挑戦したいです。
でも実は現在事情がありまして禁酒しなくちゃならないんですけどね・・・トホホ

大輔砂漠に店長大ちゃんとマーニー輔記事の2連発

大輔砂漠にまたしてもオアシス。
アサヒスーパードライ終身名誉店長の座は失ってはいなかった模様。
去年の今頃は店長大ちゃんにメロメロしてたなと思ってた矢先にこんな記事が

【動画】高橋大輔がビールサーブ披露!「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」特別映像
http://maidigitv.jp/movie/w3tfxmcHem8.html

プロフィギュアスケーターの高橋大輔さんが出演する「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」の特別映像が5月20日、公開された。映像には高橋さんが、「アサヒスーパードライ エクストラコールド」をグラスにつぐ姿が収録されている。

 高橋さんは、東京・大阪・仙台の主要百貨店約10 店で期間限定オープンする「アサヒスーパードライ エクストラコールドBAR」の終身名誉店長を務めている。銀座三越は、5 月20 日から6 月9 日まで、9 階テラスコートでオープン。




なんか大ちゃんが台本どおりに話しているのはわかってはいるものの、いつ噛むかいつ噛むかとハラハラします。
初見でなくて2度3度と見るたびにハラハラするのはなぜかしら?
いえ、心の中ではかみかみ輔を見たいと思ってるのかもしれないですけどね。
今回は噛まなかったけど、最後の締めのタイミングで笑いを持っていきました。
「え?」って何が」「え?」と見ているほうも思いましたが、笑いがとれてよかったです。さすが表現力の高橋大輔きっちりと店長でも魅せました。

そして更にはもう一つ話題

ジブリ『思い出のマーニー』全米公開! 3年連続のアカデミー賞ノミネートに期待
http://www.cinemacafe.net/article/2015/05/20/31346.html
2014年に大ヒットを記録した米林宏昌監督最新作『思い出のマーニー』。ブルーレイ&DVD発売の際に、フィギュアスケーター・高橋大輔とコラボレーションを果たしたCMも大きな話題を呼んだが、このたび、5月22日(現地時間)よりニューヨーク、ロサンゼルスを皮切りに、英題『When Marnie Was There』として全米公開が決定した。

本作では、イギリスの作家ジョーン・ロビンソンによる同名児童文学を原作に、海辺に暮らす親せきに預けられることになった少女・杏奈と、海辺に佇む“湿っ地屋敷”に暮らす金髪の少女・マーニーがひと夏を過ごし、ある秘密を分かち合う姿を描く。

全米配給するのは、今年のアカデミー賞にノミネートされ世界的にも注目を浴びた高畑勲監督作『かぐや姫の物語』の配給や、『となりのトトロ』『千と千尋の神隠し』『もののけ姫』といったジブリの旧作品のレトロスペクティブ上映を北米各地で行っている「GKIDS」。日本版で高月彩良が担当した主人公・杏奈を『トゥルー・グリッド』でアカデミー賞にノミネートされたヘイリー・スタンフェルド、有村架純が演じたマーニーをドラマ「マッドメン」で人気のキーナン・シプカが演じる。さらに、杏奈を暖かく見守る大人たち役で『テルマ&ルイーズ』のジーナ・デイビス、『シュガー・ラッシュ』のジョン・C・ライリー、「デスパレートな妻たち」のヴァネッサ・ウィリアムズら演技派俳優陣が脇を固めることも明かされた。


大ちゃんの名前が最初に出てきますが、マーニー発売の公式動画の公開期間が終了したのが残念です。
契約の問題とかもあるのかもしれないけど、できることなら海外向けにも英語タイトルで再びアップしてほしいものです。
ファンの方がアップしているのもあるんですけどね。
海外でも大ちゃんのマーニーコラボを見つけて感嘆している人達もいることだし。
ひょっとしたら、あのCM見てマーニー見ようっていう海外の人達もいるかもしれないし。
マーニーが気になって検索したら動画にたどりついたっていう人もいるかもしれないし。
今一度公式でアップしていただきたいわ。メイキングも含めて。

大輔砂漠でまさかの2連発オアシスはありがたいものです・・・しかし私、無性に大ちゃんのスケートが見たくて、特にエッジワークが見たくて、ステップ中心に映像見まくってました。
超渇望。大ちゃんの大ちゃんのスケートが生で見たい。見たいのよー!!と転げまわる勢いで渇望した本日でした。

真央ちゃん復帰

真央ちゃん復帰宣言きましたね。
その姿の美しいこと。
「真央ちゃんきれいになったなぁ」
と会見映像を見て惚れ惚れしてた私です。
決して楽な道ではないけれど、真央ちゃん自身がやってみようと踏み出した一歩なので全力応援です。
GPシリーズはスキップみたいだすけど、いいのではないでしょうか。
元々真央ちゃんスロースターターだし、ましてや休養明けからGPシリーズではなく、信夫先生がおっしゃるとおり全日本をめざして頑張ってくれるみたいなので、その道程も楽しみです。
しかしながら、真央ちゃんの目標は高いですね。昨年のワールドの時まで体を戻すって・・・おいおいですよ。
中部ブロックから出るかもということなので、今年は国内戦が楽しみです。

真央ちゃん腹筋でよろこばしい反面、コメント欄でも語られている方もいらっしゃいますが、ちょっと大ちゃんファンはうずうずしちゃいますね。
やっぱり大ちゃんのスケートが恋しいわけで。
International Figure Skatingのサイトでもジブリコラボ大ちゃんの映像が紹介されておりましたが、コメント読んでると日本だけでなく海外の大ちゃんファンも大ちゃんの滑りを恋しがっています。
この才能を過去のものにしちゃっていいんでしょうかね。
そして、本日も大ちゃんはインスタ更新です。
ナイスタイミングです。
そんな大ちゃんのインスタだけど、私たちのような一般人大ちゃんファンだけでなく、スケーター達も大ちゃんのインスタにいいねしている人達がいます。
どんな思いでしているのか気になるところだけど、いいねしていないと大ちゃんがスケートの世界からいなくなってしまうんじゃないかと心配しているようにも思えたり。
真央ちゃん復帰はうれしいけれど、やっぱり大ちゃんの行く末がやっぱり気になる今日です。

真央ちゃんの復帰うれしいって書いたけど若干違うかも。
真央ちゃんが笑顔でいて欲しいっていうのが一番近いかな。
復帰すればしたで心配もあるし。
真央ちゃんファンはどんな気持ちだろう。多分大ちゃんと同じかもね。
真央ちゃんが選択したことだから、真央ちゃんを尊重し応援するというスタンスかもね。
どうかどうか真央ちゃんがたくさん笑顔でいられますように。

大輔砂漠にちいさなオアシス。大まお2ショットを見る

すてきな週末を過ごせた人が多かったのではないでしょうか?
朝から大ちゃんインスタ更新ですしね。
それもお顔出し。

DaisukeTakahashi instagram
https://instagram.com/p/2wv7GHrJ7B/

やっぱりヒゲ面もいいわー。
いや、もう何でもいいんです元気な姿が見られれば。

しかし、ここしばらくののまめのTLは先日大ちゃんが食べたapplebeeのバッファローステーキとか、ニューヨークフェア情報とかNY観光案内とかNY情報満載です。
そして上の大ちゃんのアメリカ自然史博物館でのショットでトリケラトプスが好きなんて大ちゃんが言うもんだから、恐竜情報も流れてきました。いろいろ詳しくなりそうです。
ところで、大ちゃん博物館にいる時間と同じくボロトラカポーも同博物館にいたようですが、大ちゃんと一緒だったのでしょうか?それとも偶然?大ちゃんが画像アップして早々にトランコフさんがいいねしてたし。
気になります。そして気になるのはニコライですが、ニコライどんどん遅れをとっています。今までは誰よりも早くいいねだったのに。

Tati VLSZHR instagram
https://instagram.com/p/2w2omhD_v1/?taken-by=fire_bird

なんだかNY楽しそうだなぁ。出張とかないかな。。。ないな。

ここ数日の大ちゃんのインスタ毎日更新ですけど、見ているとどうやらマンハッタン周辺が平日もそして休日も行動範囲になっているようなので、マンハッタンあたりでホームステイしてるんでしょうか。
そんなところ住める人なんて限られてるんでかなりいいところでホームステイしてるかもしれないですね。
リステリン21DAYチャレンジで実は毎日インスタ更新っていうのをしてるんだったらうれしいけどな。
ちなみに私もやってるんですけど今日で21日目終わりました。
目標はちょっと達成。明日からもやります。
ひとまず大ちゃんの姿が見れますからねリステリン停止画像だけど。
それでもうれしい大ちゃん砂漠。
昨夜も砂漠にちいさなオアシス発見です。
テレビ見てたんだけど何もみるものないなと思いつつ、BSの皇室日記20年スペシャルをつけたままにしてちょこちょこ見てたんです。
途中で昨年のオリンピックメダリストがおよばれしているお茶会の映像とかもあって、いろいろ考えてたんです。
大ちゃんも真央ちゃんも本当に子どもの頃から日の丸を背負って試合にもそしてショーにも出て、更にはマスコミの対応もエースとしてどんなつらい状況であっても対応してきて、世界に誇れる日本人の二人だと思うのに彼らにふさわしい評価がきちんとされていないんじゃないかなと。
二人が歩んできた道はそれぞれ違うけれど、二人に共通するのは誰も到達していない場所に至る道を作ったこと。
出来た道を歩むことよりも、道なき道を作ることの大変さに対しての評価をもっとしてあげて欲しいと思って見ていました。
それからしばらくしてかな、皇室日記園遊会の場面でバンクーバーオリンピック後に招待され、天皇陛下から言葉を交わしている二人の姿が映されていて、少しだけもやっとした気持ちが晴れました。
皇室日記がはじまってから20年なわけで、園遊会も春と秋にあるのでそうなると40回放送されているわけです。
そして数々の時の人が映像に残されているわけだけど、その中で大ちゃんと真央ちゃんの映像をピックアップして放送してくれたことはちょっと思うところがあった私の心を癒してくれました。
偶然見ていた番組だけど見ていてよかったです。
やっぱり大ちゃんと真央ちゃんの2ショットは見ていて安心感があります。なんかね見慣れてる感というか、二人とも可愛いです。人としても可愛い。天皇陛下を前にしてちょっと緊張しているところも可愛かった。
やっぱり大まお2ショットは癒し効果抜群です。
今年は見られるでしょうか、大ちゃんと真央ちゃんの2ショット。

大ちゃん撮影の画像から谷崎潤一郎を連想する『耽美派』

ちょっとぶり。私にしてはブログ更新の間があきました。
何をしてたかっていうと、GWがながかったのでその反動がきまして仕事が溜まりにたまっております。
まだ現在進行形。自宅に帰っても疲れ切ってしまって唯一のオアシス、みんなの大ちゃん愛をツイとかで見ているのですが、大ちゃん砂漠をこじらせているのがよくわかる、空元気っていうか変なテンションでつぶやいてたりとか。
その気持ちわかるだけに、大ちゃん情報をくれくれくれーと砂漠のまっただなか、大ちゃんめっちゃいいタイミングでインスタ更新してくれました。

セントラルパークですかね
https://instagram.com/p/2ra9zvLJ1F/?taken-by=d1sk_t

「花道。」と一言コメントですが、その一言で妄想族はいろいろ妄想してしまいます。
大ちゃんこの花道を見て何を思ったのかなとか。
私は、大ちゃんの進む道はこういう花道なのよと心で叫びましたけど。
とても美しい写真ですが、その美しい風景を私たちにもおっそわけしてくれた大ちゃんですけれど、美しいものを美しいと感じられる健康的な心情でいられるってことではないでしょうかね。
スイスでの写真もそうだし今回のNYの写真もだけど、ただ明るく美しいだけでなくどこか侘びさび的なものを感じます。
どこか美しいけれどちょっと心象風景のような浮遊感もありながら、そしてほのかに淫靡さもあり。
文学に例えれば谷崎潤一郎の随筆「陰翳礼讃」みたいな世界観をちょっと感じました。
簡潔に言えば、耽美という言葉が似合う写真だと思います。ほのぼのしながらもどこか沈金が画像の下に隠れているような。昭和ですな大ちゃん。

なにはともわれ、大ちゃんいいメンタルで生活ができているようで、みんな大ちゃんのインスタを見てホッとしているんじゃないですかね。

それにしてもですね、ここ数日は皆様と同じく大ちゃん砂漠におちいり、なんかいてもたってもいられない焦燥感のようなものを感じたりもしてて疲れているのに落ち着かないみたいな。
しかたがないので去年を参考にと思って、去年なにしてたか自分のブログ読み直してたんですけど、この時期大ちゃん店長やったりカザフへ行ったりしてたんですね。
そしてお友達のイケオタPたんのママンが、ロシアにプルチンコっていう有名なスケーターがいると近所のおばはん連中に喋ってるといたとか。
のんきなものです。
店長大ちゃんの素敵さによろめいてたりとか、カザフ祭が思いのほか盛り上がったこととか。
日本では大まおでアハハ~となってたのに、現地組のみなさんはステファンと大ちゃんの仲よしぶりにドン引きとかなんとかで、お留守番組と現地組の盛り上がりのツボの差があったこととか。いろいろあった去年の今頃。
なつかしいわ。
そして6月にあるFaoIに大ちゃんINが決まってチケットなんとかせねばと思ってたりとか。
全てが懐かしい。

今年は夏どうやって超えましょうかね。
大ちゃん私たちファンが寂しさのあまり変なテンションになってる頃合いを見計らって、またインスタ落としていただきたいものです。
大ちゃんが撮ったインスタ画像でもおなか膨れる現在の状態なので。
でも、できればご尊顔を見せていただきたいわー。たこやきほっぺについててもいいから。


NY大ちゃんの情報が今日も流れてまいりました!

フィギュアスケートTV
大ちゃんのリクエストはノクターンからのロクサーヌ。
ののまめ一押しのバチェでなかったのは少し残念だけど、ノクターンは大ちゃん自身振付のプログラムだし、更にはアンコールのロクサーヌのまるっと通しで滑ってくれた貴重な映像なので大満足。
凄い体力ですな。
ノクターンのまるで繊細なガラス細工のようなプログラムから、濃厚なロクサーヌとふり幅が凄くて今更ながらこの時で二十歳ですからね。やっぱり表現力というのは並外れてすばらしいです。
このころは表現する自分をさらけ出すことが楽しくなってきた時期ではないかなと思うのだけど。
1時間ではたりませんね。
あっこちゃんのリベルタンゴが見れたのもよかったし、見た後テレビに向って拍手してブラボー言っちゃいました。
やっぱりリベルタンゴはあっこちゃんピンのほうがいいです。
大ちゃんでもリベルタンゴみたいんですけど、振付はカメレンゴさんでどうでしょうか。
それかローリーとか。
ビートルメドレーで見たタンゴの部分がやっぱりあまりにかっこよかったので。
私初見はジャパンオープン さいたまアリーナの天井席でしたけど、豆粒大ちゃんの演技でもあのタンゴのサーキュラステップのかっこよさにしびれたので。
やっぱり、まだまだフィギュアスケーター高橋大輔の演技が見たくてたまりません。

そんな今日ですけれどうれしいお知らせ。
大ちゃんの情報がまたNYから流れてきましたね。
リステリンのCM撮影をしたそうです。共演された方が大ちゃんとのツーショットをツイートしてくれました。

*troyさん画像おとされたようなので、こっちも隠しときますね。

大ちゃん元気そうです。
このツイッター主Toryさんのツイはご自身の日常をつぶやいているものが多いのですが、アーティストらしい日常風景もかいまみれて、大ちゃんもこういう生活をしていくのかなと思いをはせました。
リステリンの撮影があったということは、大ちゃん何かにチャレンジし始めたってことでしょうね。
チーズマン氏ともコンタクトをとったようだし、このリステリンチャレンジシリーズの動画、大ちゃん砂漠に耐える私たちには本当にオアシスになりそうです。
大ちゃん何にチャレンジでしょうかね。
私もリステリンチャレンジしてるんですけど、大ちゃんもやってると思うと頑張るわってなものです。
まだ10日目ですけどね。
大ちゃんがNYに行ってる間リステリンチェレンジのキャンペーンボーイやっててほしいです。

ちっさな大ちゃんネタですら喜びに変わる今日この頃

5月5日にタンゴの節句祭
そしてウエスト60センチ祭がTLを賑わせていたここ数日
楽しく見ていたもののどこかみんな寂しさを空元気で盛り上げているようにも見えて大ちゃん砂漠の現実を逆に目の当りにした気分でおりました。
大ちゃんの生情報なんて当分ないだろうなと思ってた矢先、本日はチーズマン祭ですよ。
チーズマンさんが昨年のThe Iceでのピンクのショーパン姿大ちゃんをリツイートし、更にFacebookのほうでも紹介していて、それ以外には、リステリンの大ちゃんスタンプにも、そして練習着で何気ないしぐさをしている通好みの大ちゃん画像,
そしてturn off大ちゃんにもリツイート更に更に。。。
どうやらチーズマン氏は日本語の「高橋大輔」でツイの画像検索をし、更に大ちゃんファンのツイも見ているようです。
大ちゃんとチーズマン氏、今後何かあるかもしれないですね。お話ししたとかなんとかっていうツイも見かけたんですけど、ちょっとTLさかのぼったけどチーズマン氏のその発言見つけられませんでした。
ホントだったらうれしいわ。大ちゃん引きこもりにもならずやる気満々で動いているってことがわかるので。
ジャーメイン・ブラウンさんも大ちゃん待ってますから、そっちにも行くかもね。

sean cheesman twitter
https://twitter.com/cheesmansean

sean Cheeseman Facebook
https://www.facebook.com/pages/Sean-Cheesman/145566260996

チーズマン氏の大ちゃん祭も凄いですけど、ニコライも大ちゃんファンのファンアートにまでいいねしているとか。
多分大ちゃんのことなのでニコライには多分まだ連絡していないでしょう。ニコライにはドSになる大ちゃんなので。
でも今年にはいってようやくニコライのインスタにもフォローをしたし、そのうちまたこっちもあるかもね。
わかんないけどスケート靴持って言ってないから・・といってもですね、自分で何でもするってことなのでもし靴が必要になったら自分でメーカーに連絡して取り寄せるってこともするかもしれないしわかんないよ。

更に祭はつづき、先日ご紹介したコーチのタグ・マティスさんインスタでロックンロール大ちゃん画像をあげて恋しがっています。
@sk8rmattis instagram
https://instagram.com/p/2dJyNgm1B2/

大ちゃんオヤジ殺し健在です。
アメリカでもオヤジを転がして道を切り開いて行っていただきたい・・・それにしても見事にオヤジばっかではないか大丈夫か?大ちゃん。
日本のオヤジも結構大ちゃん好きだと思いますよ。
ホントホント。

そういえば更にはAOIのfacebookのほうには、maneater動画があがっておりましたけど、あれ見ると大ちゃんファンの皆様が撮影された動画を見たくなり、で、動画見直したりとか。

今日は次々祭がもりあがったのでちょっと気持ち浮上です。
大ちゃんファンはワールドワイドで大ちゃんを恋しがっていることがわかったので。

そんな勢いから、今日は私自宅で大ちゃん祭になってしまい、ほとんど大ちゃん映像みまくりです。
特に、宮本先生とかローリー、そしてニコライに振付されている映像を見て、エッジワークの緻密さに惚れ惚れしました。
完成していないので試行錯誤しつつステップを作っていくその足元の運びがあまりに美しくて。
大ちゃんがより自分の人生を行かせる道がスケート以外に出来てもいいんじゃない?とは思いつつも、これだけの才能が見れなくなるとやっぱりもったいなくも思いました。
その後、ソナチネにビートルズメドレーに月光の映像を見てあれやこれや妄想して。
やっぱりローリープロで滑る大ちゃんをもっと見たいと思ったし、ニコライにはニコライの好き放題やってるショープロも見てみたいと思ったし。
月光も大ちゃんファンのなかでは評価の別れるプログラムかもしれないんですけれど、あの時はあれが一番大ちゃんにはベストな選択だったのではないかなと思うのです。そしてニコライがえげつないくらいにこれでもかこれでもかという超絶ステップを作ったのも、ある意味ジャッジへの批判と、高橋大輔をもっとよく見ろというアピールもあったのではないかと思うので。
ニコライの中では多分月光は今一度高橋大輔というスケーターの存在価値を上げるためのプログラムを意識的に作ったと思うので。
だからこそ、今度はニコライが大ちゃんに滑らせたいというショープロを好き放題につくったらどうなるのかなと思ったりするわけです。
明日はそういえば、フィギュアスケートTVですけど、リクエスト特集大ちゃんは何が放送されるでしょうかね。
ロクサーヌかバチェのどっちかが見たいんだけどなぁ。
みなさん何をリクエストされました?

GW3日目にしてようやくフィギュアを見る

GW中皆様どうお過ごしでしょうか?
私は初日は衣替えで洗濯にアイロンがけで一日が過ぎ、二日目はおそろしい睡魔にみまわれ起きている時間はごはんの時間とトイレの時間のみという近来稀に見る爆睡。そして昨日はこれではいけないと思って部屋の掃除とか片付けとかその隙間にHDの中を整理して円盤に焼いて・・・大ちゃんの演技をちょろっと見て・・・でも落ち着かなくて、ついついNY情報とか見ちゃったりとか、ついでに旅費計算したりとか。
私と同じことをしてる人いると思うな。大ちゃんに会いたいっていうよりも「NY行ってみようかな」とか。
舞台も見れるし芸術系も堪能できるし。エア旅行計画をついつい考える人いると思うんです、ここ数年海外旅行なんて行きたいなんて思ったことすらない私が思うくらいなので。
貧乏をこじらす前は、結構ひとりで海外へも行っていた口なので久々行きたくなりました。
あとはスイスも。大ちゃん観光大使いけると思います。
歌子先生の講演会では大ちゃんスケート靴を持っていかなかったということで、そこからすると今年はフレンズINもひょっとしたらないかもしれないし、私がワクテカしていたイタリアのヴェローナもない可能性があります。
XOIもどうなるかわかんないし、真央ちゃんが現役復帰だったらXOIにINはなくなるので去年のような多幸感漂うXOIとは違うものになりそうだし。となると次はAOIかなと思ったり。
いやねAOIさんインスタ始めたんですけど、あいかわらず大ちゃん押し凄いの。

Art on Ice Instagram
https://instagram.com/p/2DbsiaDZtL/
Daisuke Takahashi masters the art of ice skating! For all the amazing Daisuke Takahashi fans out there, we appreciate your support! #ArtonIce #ArtonIce2015 #ArtonIceMagic #Zurich #figureskating #ice #skating #iceskating #show #music #dance #dancing #art #Japanese #figureskater #World #GrandPrixFinal #Champion #Olympic #Medalist #DaisukeTakahashi

大ちゃん画像についたこのタグの多さ。
AOIの大ちゃんへの期待度高いですよね。
もちろん大ちゃんファンがこぞってAOIに出かけたこともあるけど、公式のインタビューでは、日本だけでなく世界各国から今年のAOIはチケットの申し込みがあったと書いてあったので、全て大ちゃんファンとは言わないけれど、今年に限ってということであればやっぱり世界中の大ちゃんファンがAOIに大ちゃんを見るためにチケットを購入したのではないかなと思うわけです。ニューフェースは大ちゃんだけだしね。
カザフでも100人以上行ったわけだし。そういう噂は狭い業界だから広がると思うんですよね。
なおさらAOIであれば、フィギュアの世界では最高峰のショーの一つでもあるし。
AOI場合はもともとAOIのCEOが大ちゃんのファンだったということも大きいかもしれないけれど、その期待にはっきり応えたのもまた大ちゃんだと思う。
AOIを見ていて思ったのは、AOI側は大ちゃんをチケット販売時よりもかなり押してくれていたけれど、実際興行が始まって見なければ大ちゃんのショースケーターとしての価値はわからないところがあっただろうなと感じた。
大ちゃんが滑るプログラムの順番だとか構成だとか。もちろん大ちゃんに対してのリスペクトがあることはわかるけれど、手探りでいる部分もあって大ちゃんのプロとしての実力を試しているところはあったと思う。
例えばturn offのあとのグループナンバーの流れとか。
その前にピアソラを滑っていて、後半にダンサブルナンバーのturn offそこからのグループナンバー。
他のスケーターよりも大ちゃんの体力的消耗は激しいのではないかと思う。
一日2公演あり中休み1日、夜はパーティにも出る。最後は高地のダボス。終わりに近づくにつれて演技に深みと艶が増し盛り上がって行く様を見るとこれぞツアーを見続ける醍醐味ではないかと感じた。

AOIの出演者の演技を見て、ただスケーティングが上手いというだけでは一流のプロスケーターではないという事。
どのスケーターもやっぱり持ちネタというか、幅広いジャンルの音楽で滑れる才能があること。
ただ振付師の振付をうまく振付けるのではなくそこに華を魅せる才能があること。

表現力という言葉は凄くお手軽な言葉になってしまっている昨今だけど、今表現力が凄いと言われる表現力は、例えていえば学生の発表会やコンペなんかを見る時に感じるものと同じような気がする。
一見テクニックは凄いし、難しい作品にも挑戦する。けれど見たり聴いていても表現が浅い。
担当教授や先生が教えた通りに審査員受けする表現を忠実にする。綺麗だけど心にひっかかるものがなく時間が長く感じるか、もしくは表現力という言葉を意識しすぎて押しつけがましい個性を表現力だと勘違いしている人もいたりする。
そういう若い演技や演奏が好きという人はいいかもしれないけれど、私はそこまでパトロン気質はないので、どうだどうだと言わんばかりの表現力を見せつけられるのはうんざりすることもある。
なんというか、若さゆえでは表現できない気持ち悪さを感じることもフィギュアの世界以外でも多々ある。
下手でも表現することに清廉さというか純粋さ、そういうものを感じる人はどのジャンルの人の作品でも好きだったりする。
私は好みとしてその人の性格や思考の仕方に共感しやすいのかもしれない。
なんてことをGWの最中考えていたのである。

話は突然変わりますが、あきおの最後の演技がyoutubeにあがっております。
あきおもある意味純粋で好きです。おばかで純粋にフィギュアを愛しているところが。

フィギュアスケート佐々木彰生選手ラストダンス


あきおの引退ももったいないです。これからスケーティングも表現力も磨かれ洗練してくだろうことがわかるだけに、現役引退は本当にもったいない。健人くんとかもだし、あと村元姉妹も。妹さんはダンスに転向だけど、おねえちゃんもダンス向きだったのでは?と思うんだけど。これからの成長をもっと見たいと思う選手が若くして引退してしまうのは本当にもったいないと思う。なんとかならないものか。
国内でのショーも今は乱立しているけれど、ショーは違っても同じメンバーで同じプログラムで滑るショーなので正直ファンでなくては飽きるだろうなと思う。あきおクラスのスケーターこそその才能をプロの世界で生かせるようになったらいいのにと思う。例えばコメディ担当とか、アクロバットとかジャブリングとか海外のショーにはそういうスケーターもいるし、日本人からも出ていいと思うんだけど。そういうスケーターが育つことも日本のショービジネス界が変わるきっかけになるのではないかなと思う。

日本国内で見ることができるSOIは正直コストパフォーマンス的にはいいショーではないんだけど、いいところを上げるとすれば、スケーターがプロを複数用意しているところ。
あので、贔屓スケーターがいれば複数回みれば複数プロが見れるところがよかったりはする。
日本のショーの場合、固定プロでショーを複数回見るのはほど懐事情がいいか、ご贔屓スケーターでないと厳しいですから。
今はショーバブルなのでまだまだやれてるけど。
ショーにお客が呼べるスケーターがどれだけ育つか、そしてショーを作る側も観客をどれだけ楽しめさせるのか、今のショーとしては一貫性のないお披露目会的なショー構成では、文化としては根付かないと思う。
美姫ちゃんが、今はアイスショーを見に来ているのではなく、スケーター目当てできていると愚痴ってたことがあったけど、半分くらいはその通りだと思うし、半分はあなた達もショースケーターとして魅せる演技をしなくちゃだめだよねとも思う。同じようなスローバラードばっかりの演目が続いくことも多いので正直ショーの中盤、中だるみすることもある。
またかって。衣装もここ数年はシンプルで衣装を見る楽しみも少なくなってるし。衣装替えとかこの頃しないもんね。
日本もプロのスケーターが多くなってきたので、プロスケーターの皆さんは観客がスケーターにどんな演技を望んでいるのかという視点でもプログラムを考えて欲しいなと思う。
美姫ちゃんとか、もっと可愛い系のプロでもいいと思うんだけど。ダンサブルなのとか。妖艶系はもうお腹いっぱいっていうか。
去年のFaoIの郷さんの持ち歌で滑ったハリウッドスキャンダルは私のまわりではかなり評判がいいんだけどな。
美姫ちゃんの新しい一面を見たというか。決して素の美姫ちゃんて妖艶ではないじゃないですか。
どっちかっていうとお世話やきのちょっと強引なおかん気質っていうか。妖艶系はなんか違うんだな。
一部の男性ファンは妖艶系見たいかもしれないけど。
私は小悪魔的な可愛さのある美姫ちゃんの演技のほうが見たいわ。妖艶系は30代半ばになっても滑れるから今滑れるプロっていうのを滑って欲しいものです。

それからあっこちゃんもプロになってから気になってます。
正直あっこちゃんジャンプ抜きでいいんじゃないかなって。ステップで十分魅せられるし。
ジャンプを入れるなら3回転とばなくっても2回転でいいんじゃないかなと。
私が見に行ったショーではジャンプが不安定で見ているほうの意識が一旦とぎれてしまってその後の演技に集中して見れないということが何度かあってあっこちゃんの演技がどうだったか記憶にあまり残ってない。
以前体育会TVでプルシェンコがショーで3Sにこだわる望結ちゃんに、ショーはお客さんに楽しんでもらわなくてはいけないから、不安定なジャンプでショーの流をとめるよりはできるジャンプでプログラムとして完成させなくてはならないという事を言い聞かせてたことがあるけど、さすがプルシェンコと思いました。プロの世界はそうなのだ。観客視点でも考えないと。
まだ日本は現役スケーターがショーの中心を担ってた時代からやっとプロスケーターが中心のショーになってきたところなので、プロのショーとはということに関して手探りなのかもしれないし、現役時代は選手が選んだプロを観客が受け身で見るということが当たり前だったけれど、プロスケーターになったら観客視点のプログラムも考えてもらわないと、それをスケーター側やショーの主催者が自分たちから与えるというような思考でショーを作っていては、いつまでたっても美姫ちゃんが言うように、ショーを見にくるのではなくスケーターを見に来るという感じは変わらないと思う。
ショーを見に来るお客さんがスケオタ以外に増やそうとするならば、ショーとしてのプログラムを滑らないといけないんじゃないかと思う。
あとアッコちゃんに対しては、私はいつもあっこちゃん泣かせてという泣きプロを期待しているところがあるもので
プロになってからあっこちゃんの演技では泣けないのが寂しいです。
泣かせてあっこちゃん。
大ちゃんや真央ちゃんの演技でも早々泣けないけど、あっこちゃんの演技では鼻水でるくらい何度か泣いてるんで。

そうそう、今週にあるフィギュアスケートTV大ちゃんの演技のリクエストはしてきたけど、あっこちゃんだったら2008年のMOIだったかの、りベルタンゴがやっぱり見たいですな。髪の毛がちょっと乱れて滑るところがまたよかったんだけど。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR