メガネ大賞をねらっている高橋大輔氏

切手セット届きましたね。
配達の人から手渡された時、思ってた以上にずっしり感があり何がどうなってんだ切手セットなのにと思ったのですが、
あけて更にびっくり、超豪華版でしたね。
やっぱり切手使えません。絶対使えません。使うもんかとひと目見て思いました。
それにしても今回の切手セット大ちゃんお色気セットと命名。
大ちゃんが「あは~ん」ってなってるのが多いもので。
後ほどじっくり見ようと思いますが、今見てはもったいないような。。。砂漠にはいった時にじっくり見ようかなとか、いいつつすぐ見ちゃうかもー、いや我慢したほうが・・いやみたほうが・・ああ、どっちにしようか迷う~

そしてブルーレイセットも、通しで全部見るべきか・・内容はわかってるけど、DVD見てた時には綺麗な映像でみたいと何度も思ったので楽しみなのですが、見たいけど全部見るのがおしい。そんな気分です。
私ブルーレイになって一番見たかったのはフィンランディア杯のeyeでした。
なんでかわかんないけど、届いてから一番最初に特典見て次はって思った時に、フィン杯eyeみようって。
あの見事なレベル4のorzフィニッシュ。
きれいな画像で見て笑いたい。
やっぱり画質がいいと観客の表情もよくわかるし。みんな笑ってますね。いい表情で。
演技中は観客も大ちゃんに集中して見ているのがよくわかったし。
それから、幻のオーシャンウェーブ。
今の大ちゃんで見たいですね。ボーカル入りや、音楽の盛り上がりで派手に見せるプログラムが多いなか、ピアノのシンプルな旋律だけで滑ったらどんな感じになるのか。音楽でドラマティックに見せるのではなく、音楽と一体になって音の世界を表現する。波の音ははいっていないけど波の音が聴こえるような演技でした。
ただ、今の大ちゃんの動きを知っているので、今だったら腕はこう動かすだろうなとか、もっとここで抑揚をつけるだろうなと想像しながら見ていましたが、もしあの年齢の時にオーシャンウェーブを滑りこんでいたらどうだっただろうとも思います。
オーシャンウェーブもまた見たいプログラムですよね。ロン毛で。

それから特典のジュエリー大賞授賞式のスピーチ。
過去の映像なのに、何でしょう見ていて超緊張。
現地に行かれた人や、ご家庭でエア観戦した人達が試合の時のようにドキドキした気持ちが超わかりました。
そして近況を語る大ちゃん。
ジュエリー大賞の次にねらっているのがメガネ大賞とか、いいよいいよ頑張って。
経済やくざからアンニュイなお兄ちゃん、そしてチャラ男といろんなメガネ男子な姿を今まで見せてくれていますから、NYからもぜひメガネ男子な姿をご披露いただきたいわ。
でも何気にバルデくんのインスタにあがっている、カザフで真央ちゃんをおんぶするメガネ大ちゃんも好きです。

meganedai.jpg

超ステキなメガネ男子 高橋大輔氏 スケアメから帰国の時でしたっけ?カメラ意識してない無防備なメガネ男子ぶりが色っぽくてたまりません。

meganedai2.jpg

表彰式でメガネをはずす高橋大輔氏。
これまたセクスィー。何やっても色っぽいです。
ところで先日、ちょいちょい大ちゃんのことをつぶやくラスベガスでコーチをしているダグ・マティス氏もこのメガネ大ちゃんの画像をインスタでアップしておりましたね。
いやメガネ大ちゃんでアップだけど、タグさんホント大ちゃん好きね。
ツイでもちょくちょく大ちゃん関連をツイートしたりリツイートしたりで。
というこことで、ダグさんのインスタにもメガネ大ちゃんの画像があがってます。
ホント私たちとツボ一緒。大ちゃんファンですなやっぱ。

sk8mattis-Instagram
https://instagram.com/p/1ucNSSG1NJ/

そしてメガネ大賞に野望を抱いている大ちゃんですけど、やっぱり表現者としての武者修行もすることを特典でも言っているので成果がどうなるかお楽しみです。


スポンサーサイト

業務連絡 メールをくださったr様 そして限定記事を読むために

業務連絡です。

メールをいただきました、すてきなブログをお書きのr様
メールのお返事をしたところ、なんと数日遅れでメールが届けられなかったという連絡がまいりました。
ということで、お返事がお送りできず不義理をしておりまして大変失礼しました。

限定のパスワードの件ですが、他社ブログのアカウントでは承認ができないもので、お手数をおかけしますが、このFC2ブログにアカウントのを作っていただいてブロとも申請していただけると私のほうで承認いたしますので限定が読めるようになっております。

それからアメブロのほうにアメンバー申請してくださる方もいらっしゃいますが、限定をクリックしていただくとアナウンスがあるように、大ちゃんファンとわかる方でないと承認できませんので、大ちゃんファンだとわかるようなメールをいただくか、プロフィール欄に書いていただきたいと思います。

少しだけハードルをあげておりますが、結構アメブロにしろFC2のほうでの申請にしろですね、みんなアツいよ暑苦しすぎるよというくらいの大輔愛を語っている長文メールが多いです。
ハードルあげたつもりが大ちゃん愛の前ではハードル楽勝ということがわかりましたので、私のような稚拙ブログの限定を読みたいという方はぜひハードル超えてきてください。
私の限定記事よりも、多分大ちゃんファンの皆様の暑苦しい・・ちがった愛溢れすぎてるコメントの数々のほうが読み応えあると思います。
私も読んで笑ったり共感したりしてますから。
みんな長文コメントが多いので、文章を読むのが苦手な方や他の選手ファンの方はうんざりするかするほどだと思いますが、限定解除のあかつきには、大ちゃんファン同士大ちゃんへの暑苦しい思いの数々をわかちあいましょう!!

高橋大輔あんたはやっぱりカッコいいよ

昨日の歌子先生の講演会、行かれた方のツイを見まして大ちゃんの並々ならぬ思いというのを知りまして感動しました。
さぞ大ちゃんの大学院修了に尽力を筑つくしサポートしようとしてくださった大学の皆様も、大ちゃんの思ってた以上の男っぷりにさぞや惚れたことでしょう。
今まで積み上げてきた高橋大輔を全て捨てて、まっさらになって新しい道を探す。
一生困らないような申し出やサポートもあったというのに、それよりも自分の本能を選ぶあたりやはり野生児。
自分だったらどうかな、担当教授のサポートしてもらって一先ず大学院修了選びますね。まちがいなく。
そして一生困らない申し出なんかきたら、ホイホイのるのるー。
ないけどさそんなこと。でも目の前にそんなものぶら下げられたら楽な道選ぶと断言できる自分がいるので、そう思うと大ちゃんかっこいいとしか言いようがありません。
こんなおいしいものぶら下げられて断れる人います?
ホントかっこいい超かっこいい。
そして自分の口から言わないところもカッコいい。
歌子先生が言ってくれてよかったわ。
できることならこの講演会の模様を家庭画報さんには雑誌に掲載していただきたいものです。
全容知りたい知りたい。

歌子先生の講演会の話を聞くと過去の出来事がいろいろつながってきますね。
例えばleccaさんのlive agein の歌詞の意味を大ちゃんがどうとらえたかとか、ミュージックステーションでも垣間見ることはできたけど、思っていた以上に深い思いを持って大海へ漕ぎ出したこと。
まだまだ伏線と思われる出来事は過去たくさんあるので、高橋大輔物語は相変わらず続きが楽しみで楽しみでしかたがありません。
きちんと伏線回収していただきたいものです。

そんな大ちゃんの今後の動きが見れそうなのがリステリンの公式動画。
公式に大ちゃんの21DAYS CHALLENGE動画があがっておりますが「決意篇」とあるんですけど、最後に予告がありました。

https://listerine21day.jp/

薬用リステリン 髙橋大輔が変わる21日間チャレンジ「決意篇」


見ました?最後に
「21DAYS CHALLENGE IN NY」
って書いてあります。大ちゃんどうやらNYみたいですね。
で、次回はNY篇があるってことでよろしいってことですわね。大ちゃんの様子がちょっとわかるかもと思うと砂漠にも耐えられそうです。
ありがとうリステリンさん。初めて使った時あまりの刺激に盛大に吹き出し洗面台がえらいことになった記憶がありますが、まだその頃のトラウマがありますが買います。まだ買ってなかった私。
明日買ってきます。昔盛大に噴出したのはグリーンのだったような気が。ハワイかどっかで買ったんですよたしか。
さすが外人こんな刺激も平気なのかとか妙に感心しましたけど、あまりに凄まじい刺激に置いて帰った記憶が。
でも買います。明日買ってくる。動画のお礼に。

砂漠砂漠言ってますけど、まだまだ出てきますね。
今日もお昼にリステリン大ちゃんのラインスタンプ登場を知り、早速ダウンロードして使いましたけど、ちょっと大ちゃんに似ているけど微妙に違う感じがイラっとしつつも使ってしまいますが。このイラっとしつつもついつい見てしまう感じはハンヤンの自撮写真を見た時のような気持ちにちかいです。
企業の皆様、多分今の大ちゃんファンは、「高橋大輔」って表示されてれば多少???なものでも喰らいつく飢えたハイエナ状態なのでお得ですよ。
本当に飢えてます。

そして明日はブルーレイ大ちゃん3本立てを見ます。
パッケージに「See You」ってありましたけど、やっぱり大ちゃん今bebymetalにはまってんじゃないの?ってちょっと思いました。See Youはbebymetalのライブ最後のお約束なんですよね。
ま、それは考えすぎでしょうけど、See You まったねー、な感じは大ちゃんらしくてパッケージ見た時にんまりしてしまいました。

今日も爆走妄想族 マイケルにアステアだよ全員集合!!

今日本屋さんへ行ったところ、街の小さな本屋さんではフィギュアスケート雑誌の取り扱いがなくなっていた。
前は店頭に専門コーナーあり、そこから徐々にスポーツ雑誌コーナーに雑誌コーナーでも目立つところにあったのに、数か月前には雑誌コーナーの一番目が届きにくい後ろのほうに並べてあったけれど、とうとうフィギュア雑誌の取り扱いがなくなりました。立ち読みには最高の本屋さんだったのですが残念です。
しかがたないので大手チェーン店の本屋さんへ。
スポーツ雑誌コーナーにいる男性をかき分けWFS最新号手に取りました。
さすがWFS。海外の選手インタビューも充実しています。しかしワールドフィギュアを名乗っているのであれば、最新号の表紙はワールドチャンプではないでしょうかね。トゥクタミのマダム感あふれる表紙だったらスケオタ喜んで手に取ると思うのですが。
そんなことは置いといて、WFS最新号大ちゃんファンのみなさま。
買いですね、これ。
なぜかという理由は限定のほうに書きましたけど、同じ趣味の方は超おすすめです。
ここのところ胸がちょっともやっとすること起きてますしね。
癒しです。
もやっとすることが起きている昨今ですけど、こんな時にMarty Freidmanが朝早くからプーマイベントでの大ちゃんとのショットをアップしておりました。
なぜ今マーティ?と思うけど、異業種からの大ちゃん応援はファンとしてはうれしいものです。
マーティのアルゼンチンコラボをいじったかいがあるというものです。
madai2.jpg


「UNDERTOW」の初披露は大阪で高橋大輔さんとのプマストアーイベントでした。僕は光栄でした。

Marty Friedman - "UNDERTOW" Official Music Video


いつかマーティの生演奏で滑る大ちゃんを見たいものです。きっと見れるよね。

それから、忘れたころに大ちゃんのことをつぶやいたり、大ちゃんのことをつぶやいてる日本人ファンのついにリツイートしているSean Cheesman氏youtubeに新しい彼の作品動画をアップしていらっしゃいます。

https://www.youtube.com/channel/UC8xiywpiWX2Wj_v4GiV8Zzw

Marty Friedman のUNDERTOWを聴くとこの感じはKENJI先生振付で見れそうかなと思うのですが、Cheesman氏があえて振付けたらとちょっと妄想してみました。
以前チーズマン氏が、大ちゃんに振付するとしたらどんなジャンルがいい?ってきいてましたけど、その時はダークなやつとお願いしけれど、ダーク系はやっぱりKENJI先生がいるので、チーズマン氏にはダンサブルなやつお願いしたいです。
チーズマン氏といえば、以前マイケルのバックダンサーをしてたり振付もしたりしていた人ですけれど、先日BSでマイケルジャクソンのムーンウォークの誕生のいきさつだとか、スターダムにあがった当時のドキュメンタリー番組が放送されておりました。
限定のほうでも見てらした方がいたようで、趣味一緒とうれしく思いました。
マイケルの番組のなかでは、マイケルのムーンウォークを披露した番組を見て、フレッド・アステアがマイケルに電話をかけて彼の素晴らしさをほめたたえたそうです。元々アステアはマイケルのアイドルでもありPVでもアステアをオマージュした衣装や映像を作っていたくらいなのでマイケルはとても喜んでいたそうです。
動画あさってたらマイケルとアステアのコラボ動画を作ってる人を発見。

Fred Astaire & Michael Jackson + Jeffrey Daniel (マイケル・ジャクソン スムーズ・クリミナル ムーンウォーカー ダンス)


フレッド・アステアは、私も何度かブログ内で名前をあげているのですが、マイケルの番組でも紹介されていましたがアステアの人気が当時人種の垣根を超えて世界的になったことや、タップダンスにジャズやバレエ、様々なダンスの要素を入れて表現し新しいダンスの世界を作った人でもあります。
私はアステアを見るたびに、大ちゃんもフィギュアスケート界のアステアだなと思うのです。
なので今後も、新しいダンスを見に着けてみたこともないフィギュアスケートの世界を作ってくれると信じていますが、フィギュアにこだわることもないので大ちゃんの才能がより花開く場所があれば見せて欲しいものですが、大ちゃんにも一度フレッド・アステアのナンバーで滑って欲しいなと思ったりします。
大ちゃんのタップダンス見たい、見たい、見たいわー。

TOP HAT, WHITE TIE AND TAILS


This Heart of Mine Fred Astaire


競技ダンサーとは違う、決まりすぎないスタイルが決まっててステキ。
分かりづらい表現ですけど、ダンサーだけどダンサーらしからぬ佇まいっていうんでしょうかね。
ダンサーの体なんですよ、まちがいなく。でもダンサーくささがないところがアステアのいいところで、だからこそアステアはいろんなダンスを踊り彼だけの世界を作れたのかなと思ったりします。

私は誰が見ても妄想族なんですけど、自分の好きな人達が少しづつつながっていってる事がなんかうれしいですね。
まだまだほっそい糸のつながりですけど。いつか大ちゃんの元に次元をこえてつながって大輪の華を咲かせて欲しいものです。

D1SKバナータオル復刻ですってよ、カモられますわよ

国別の間どうお過ごしだったでしょうか?
大ちゃんまさかの愛犬披露に、同じ頃パトリックはアイスホッケー見てハンバーガー食べてるし、プルシェンコは復帰宣言してるしってな感じで国別以外の話題もあった昨今ですけど。
国別は正直なところ、過去のゆるオタ時代にもどったかのよう。
ドキドキもときめきもなく時間が過ぎ去っていきました。
結局国別行くっていってたんですけど、よんどころない事情が急遽できてしまい行けなかったんですけど個人的にはまあいいかという感じです。
ただキャシーとクリスの最後の演技はやっぱり生で見たかったと思いますけど。
でもなんというか、ゆるオタ時代にもどってます、いやそれよりもただの視聴者レベル。。いや視聴者レベルどころかザッピングしてちらっと見るくらいかな。
なんだか自分の気持ちと、テレビ朝日側の煽りのテンションが合わなくて気持的にしらけちゃうんで、結局ほとんど見ることはなかったけど、ちょうどチャンネル変えたら真央ちゃんのポピンズと大ちゃんのマンボになぜかXOIコラボ。これだけはお得でしたが。
それにしても、テレ朝もXOIを流すとは良コンテンツだったと思ってたんでしょうね。
大まおコラボは何度も見てるけど、やっぱり放送されるとにやける初々しさ。
やっぱり二人の醸し出す華は別格だなと思いました。

国別をザッピングして見てた時に思ったのは、テレビ局やマスコミの煽りと自分のテンションがあまりに格差があるもので見ててしんどいんですよね。
やたらと盛り上げよう盛り上げようというテンションについていけません。
なので脱落です。

ひとまずは、大ちゃんの帰還を待つことにします。
そりゃあ、真央ちゃんの事や、佳菜ちゃん、こづ、みんなの事も気になるけど、でももう以前のように大ちゃんが出ないショーにも行くっていうのはないなと思います。

で、今後迎える大ちゃん砂漠ですけど。
またしてもカモられます。ネギ背負うのも大変。
なんと、D1SKバナータオル復刻版4種類セット販売ですって。
7月に。
値段10000円らしいです。
買わせていただくことになるでしょう。
でも買うからには使う場を早めに告知していただきたい。
4色ぷらすクリスマスカラーバナータオルをみんなで掲げる場を早々に設けていただきたいものです。
砂漠中も、なんだかんだで来週はブルーレイ発売になりますし。
5月はなにかあったっけ?
6月は切手が届きますでしょ
で、7月がバナータオル復刻でしょ
こうやって毎月毎月目の前に人参ぶらさげられて前に進むわけですな。
もっと人参くれーって思います。
人参人参。カモだけど人参くれー
大ちゃんがせめてひと月に一回でもインスタでもアップしてくれれば、ニンジン替わりにもなると思うのですが。
大ちゃんにはぜひ砂漠をさまよってるネギを背負ったあわれなカモたちのために、ニンジンをぶら下げていただきたいものです。

ピナ・バウシュと北野武から強引に高橋大輔をつなげて妄想

プルシェンコ来シーズン復帰確定!!

プルシェンコが現役復帰宣言=フィギュア 時事通信4月18日(土)0時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150418-00000003-jij-spo


腰の具合が気になりが、MWOIを見た限りではまだまだやれる感ありありでしたけど。
でも記事を読むと、GPシリーズはスキップでナショナルとユーロの照準を合わせるよう。
彼が帰ってくるとまた雰囲気がらっと変わるだろうし、あとはパトリックも復帰。
ジャッジングも変わってくるんじゃないでしょうかね。
変わらなかったらフィギュア人気下降間違いないと思うんですけどね。あと選手が怪我のため若年引退とか多くなると思うな。
それに解説が点数の解説をしなくちゃどんな演技か一般視聴者がわからないような競技をオタ以外が見るでしょうか?
凄い演技というのは、見れば凄いってわかるんです。
点数だって凄い点数が出る理由もスケオタでなくてもわかるもんなんです。
それがわからないという現状はスポーツとしていかがなものかと思うんですけどね。
巷のOLがフィギュアってよくわからんって怒ってましたわ。

そうこうしている今日ですが、ちょっと本屋さんへ行きまして何冊か本を買いましてついでにフィギュア雑誌のおいてあるコーナーに行ったところ、読んでいる女性が・・・と読んでるページ見たら昌磨くんのページを読みふけってました。
昌磨きてるね。これ。エキシ楽しみです。
そうそうののまめ行きつけの本屋さんは、以前大ちゃんの2000DAYS山積みにしていて、山積みがなくなってきたと思ったら、おかわりというポップが付いていて再び山積みが出現してたのですが、そのおかわりも今はなくなり、書架に1冊在庫あるのみになっていました。
店員さんが強気で、高橋選手の本は売れるんですと言っていたのは本当でした。

そんな今日の本屋さん散歩ですが、CUTという雑誌をチラ身見しておりましたら、北野武監督の新作映画インタビューと今後撮りたいと思う作品の構想について語っている記事があったのですが、北野監督の脳内では、障碍者主役の座頭市みたいな世界を撮りたいそうです。
北野版座頭市は、タップダンスなんかも本編の中ではでてきたりして、エンターテイメント性の高い作品でしたが、その雰囲気を踏襲した障碍者が松葉杖でタップを踏んだりとか、ダンスをしたりっていうのをストーリーの中に中に入れたいようです。
以前ピナ・バウシュ振付の障碍者ダンサーの踊りを見てかっこいいと思ったとかで。
ピナ・バウシュというとフィギュアでも彼女を題材にした映画の曲で滑っている選手が何人かいるので記憶にある人もいるかと思いますが、男子だとジェレミーやメンショフさんが使ってましたね。

『Pina/ピナ・バウシュ 踊り続けるいのち』 予告編


動画最初にピナがどういう振付師でありダンサーであったかを語る場面があります。
「ピナとは何者なのか?魂の奥底まで見ていた。彼女には小手先の踊りなど全く通用しなかった」
と字幕がついてますが、映像を見るとその言葉の意味がわかります。
大ちゃんの演技に引き寄せられるのは、小手先だけの演技ではないから。
魂ごとゆさぶられる演技を見せてくれるので。でもまだまだ未完成のところがあるので、年齢とともに更に深い魂の熱を見せてくれるようになるのではないかと期待しています。
そうえば、店長さんの限定のほうなので書いていいものかとは思うけど、大ちゃん肉体改造をしているようで、神戸チャリティで見た大ちゃんの姿に筋肉がおちていてプリケツもちっさく太物も細くなってることにちょっと心配していた方もいたかと思うのですが、大ちゃん筋肉から造り変えているようです。
正直、フィギュアから離れてダンスを勉強しはじめたら、筋肉が陸ダンスの体になっちゃうのではと心配してたんですけど、そうなるかもしれないけどそれはそれで自分の体で試してみようとしているのかなとも思います。
肉体改造をした新生高橋大輔がどうなるかそこのところも、勝手に妄想ネタにしていますが、アメリカへ行って気の向くままダンスを習うことになるだろうけど、技術だけでなくそこに宿る舞踏の魂みたいなものも習得してくるんじゃないかなと今日も北野監督の記事を読んで大きく妄想したしました。
そして、大ちゃんキャラバンでもちょっとタップを踏むような振付があるけど、大ちゃんのタップダンスも見たいんですよね。
何度か妄想記事は書いてますけど、フレッド・アステアみたいな感じもありだし、今いろんな形のタップがあるので、タップなんかも本場で覚えてきたらどうかと思うのだけど。ひょっとしたらタップダンス厨の北野監督から北野映画にお誘いあるかもしれないしさ、とかも妄想した。
前からしてるんですよ、北野監督って正直なところ女性よりも男性を色っぽく撮る監督なんで、私的には見たいんですけどね。北野監督の映画に出る大ちゃんを。
悪い奴役で。

そしてもう一つ話題。
先日マーティ・フリードマン氏がつぶやいてらしたんですけど、アルゼンチンでピアソラのお孫さんのジャズバンドと共演して、凄くいいセッションが出来たそうで。
で、そのセッションはどんなもんだったのか気になってたんですけど記事と観客動画があがりました。

マーティ・フリードマンがアストル・ピアソラのトリビュート・コンサートに出演、アルゼンチン・タンゴ・ジャズ・グループと共演
http://amass.jp/54911/


Marty Friedman + Escalandrum - Usina del arte, Buenos Aires, Argentina 09/04/2015 (Fullshow)


01 - Primaveras Porteñas (03:18)
02 - Tangedia (12:33)
03 - Vayamos al diablo (19:59)
04 - Escualo (27:40)
05 - Devil Take Tomorrow (35:11)
06 - Buenos Aires Hora Cero (40:00)
07 - Oblivion (48:04)
08 - Adios nonnino (54:44)
09 - Undertow (1:11:37)
10 - Libertango (Cut) (1:17:03)

セットリストによると、1曲目は大ちゃん2010-2011シーズンのPrimaveras Porteñas 3分18秒あたりから始まります。
ジャズテイストのピアソラ。マーティまだ出てないけど、ジャズティストのピアソラもなかなかいいです。
そしてマーティが大ちゃんの捧げた曲 Undertow 1時間11分37秒から
しびれるマーティのリフ。大ちゃんぜひフィギュアの世界でヘビメタお願いします。
マーティはBABYMETELちゃんとも仲よし、マーティは大ちゃんとも仲よし。いつかヘビメタいけるなこれ大ちゃん。ののまめが好きなものが強引な妄想でつながるうれしさ。
うひゃひゃひゃひゃ。

てなことで、国別どころではなく今日も小さなことから大きく妄想を楽しんでおりました。
大ちゃん頑張ってダンス勉強してきてね。

ピカチュウはメガ進化できないんですってプラターヌ博士がそう言ってました

今日のポケモンはプラターヌ神回であった。
とにかくプラターヌ尽くし。
そしてプラターヌ博士がヒロイン扱いである。
国別録画せずポケモン録画すればよかった。やっぱりところどころ大ちゃんに面影が。。そして女の子キャラがいるにもかかわらず、プラターヌ博士がヒロイン扱いなのである。
プラターヌ博士に危険がせまるとバシャーモ仮面(おっさん)が突然あらわれてプラターヌ博士を抱きかかえて助けるのである。そしてプラターヌ博士はそのバシャーモ仮面の匂いでバシャーモ仮面の正体がわかり、バシャーモ仮面の素の姿になった時に、わざわざバシャーモ仮面の元に行きバシャーモ仮面もといリモーネおじさんを可愛くたらしこむのである。
ののまめの脳内ではこのシーンを実写で再現。
プラターヌ博士と大ちゃん中身も似ていると思うの。
それから、なんと衝撃の事実が
デデンネはメガ進化の可能性はあるけど、ピカチュウは今はまだ最終進化じゃないかあメガ進化できないそうです。
こんな情報を高橋大輔お茶の間ブログで書いても喜んでいただけるかは定かではないですが、プラターヌ博士が出てくるとポケモンファンの一部の方は大ちゃんを思い出すようなので、プラターヌ博士を見るたびに大ちゃんを思い出す高橋大輔ファンもいることでしょう。私がそうです!

しかし、高橋プラターヌ大輔博士は未だに人気です。
大ちゃん砂漠の合間にはプラターヌ博士を大ちゃんに見立て愛でようと思いますが、なかなかプラターヌ博士は登場しないのですが、今日はリモーネおじさんをたらし込んだところで終わり、テケシ・・ちがったサトシたちも別の街に行ってしまったので、プラターヌ博士がリモーネさんを今後どうするのかナゾが残りました。しかしこの終わり方だとまた近い内にプラターヌ回がないといけないと思います。ぜひ大ちゃん砂漠の間にプラターヌ博士の回を放送していただきたい。勝手に実写妄想するんで。

・・・などと今スケオタのなかでは国別に湧いていると言うのに、ついついリアルタイムでポケモンを見てしまいました。
もう私スケオタではないかもしれません。でも国別でちらっとがらがら声の大ちゃんの姿が見れたのはよかったけど。
しかし、国別なんか盛り上がってないですね画面越しですけど。
キスクラ映像が少ないせいかもしれないけど、歓声も爆発的というのがなくて。
ちょっと前に過去の国別みなおしてただけに、ケビンの時なんかも大ちゃんに負けず劣らずの凄い歓声とスタンディングおべーションあったしペアもダンスもそうだったけどね。選手たちも盛り上がってて各国キスクラに乱入とかもあったし。
初日から結構盛り上がってたと思うんですけどね。
今回注目したのは古賀亜美ちゃんの応援が可愛かったので、明日のペアは応援せねば。
とはいうものの、例年のほうな何があっても見なくてはという気もなく、今日もポケモン見て明日のお弁当の仕込みしてと他事してて、9時過ぎに録画をざーっと流し見という体たらく。
やっぱり大ちゃんが出ていないとつまんないわ。つまんないのよー!


大ちゃん砂漠対策を考える

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

フィギュアスケートTVがリクエストしてくれって

AOI これぞアイスショーという究極のアイスショーでしたね。
照明も美しいし、ダンサーたちもショーの構成も凄いし、大ちゃんturn offの時のライトがゼブラ柄だったのを初めてしったし。アアニマルづくしでした。
あのリンクの上でしなやかに舞い踊る野生の黒豹。けれど野生の中にある気品がこれぞ高橋大輔のスケートの世界という感じでした。
大ちゃんのミヤソラは、ひとりトーンが違うんだけど、あのタンゴはAOIのCEOが大ちゃんのリクエストして作ったプログラムだったということから、本場で演じなければいけないプロでしたよね。
そして一人アジア人であっても個性は全く消えることもなくより輝いて。
綺麗な映像でみれたAOIだけど、やっぱり現地に行かれた皆様の映像を見せていただいたので、会場やその時の大ちゃんのテンションで同じプログラムであっても違う雰囲気があって、さらにスケオタだけにおさえどころが公式よりもツボにはまるところを撮ってくれてたり、今更ながら現地に行かれた皆様動画をアップしてくださってありがとうございます。

SPORTIVAだったっけ?本屋さんでちらっと立ち読み。
歌子先生と渡部トレーナーのインタビューがありました。買おうかなと迷ったけれどレジを持っていく勇気がなく挫折。
だってだって・・・
ちらっと立ち読みだけなのでなんですけど、AOIではやぱりチーズマン氏大ちゃんの才能を絶賛してたようですね。歌子先生のインタビューにあったわ。そしてその中で大ちゃんが海外へ行って自分のやりたいことが見つかったら帰ってこないかもという事を言っていたけれど、その事を言っていたのは引退発表をする少し前に歌子先生を食事に誘って一緒に食事をとってた席でそんな事を言ったとか。
あれからXOIがあってSOI AOIに参加して、引退を決めた時とは違う心境になって海外へ旅立つ今だけど、どうなるか。
でも多分日本に戻ってはくると思うのよ。
ただなんというか、ののまめの職場は外国人が結構いるし、日本人でも海外での勤務や、いまでもしょっちゅう行く人がいるんだけど、海外といっても物理的な距離はあっても感覚的な距離感を感じない人も少なからずいたりなんかするので、大ちゃんもひょっとしたらそういうタイプの人になるかも。
ひとまずは、大ちゃんは手ぶらでは帰ってこないでしょうから、お土産楽しみにしていましょう。
そうそう、スポルティーバだっけ、渡部トレーナーのインタビューでは、大ちゃんの体だとまだまだ現役はできるみたいなことを言っていました。メンタルの問題みたいです渡部さんの見立てによると。
体力に関してはAOIのあのスケジュールと、疲れがたまった最終開催地、高地で空気も気圧も違う場所でもよりパワフルに滑りきれる体力があるのは正直驚きました。ダボスあたりは他のスケーターも転倒があったりしたということだったけど、映像を見る限り大ちゃんきれっきれでしたもんね。
渡部トレーナーが肉体的にはまだできるとおっしゃるのもなんかわかるような。
ルールが変わって、スケ連の内部も変わったら大ちゃんもどってきたりなんかして。てへへ

ところで、本日負イギュアスケートTVゲストこづでしたけど、もうこづの将来はブレード屋さんになりそうな勢いです。
日本のおっさん達の技術をなめんなよくらいの勢いでハイパーブレード作ってブランド立ち上げてしまえと思いました。
日本のおっさんの技術は伊達でなないので。
そんなフィギュアスケートTV来月の放送では、過去のMOIやDOIを放送してくれるようで、リクエストを募集しています。

『フィギュアスケートTV!』5月10日(日) 14:00~14:55
https://ssl.bsfuji.tv/form/jj/form/figureTV_form.html
みどころ
 5月のフィギュアスケートTV!は『ほぼ丸ごとリクエストアワー!』と題して、視聴者のみなさんからリクエストを募集!
 2004年以降の「全日本選手権」、「メダリストオンアイス」、「ドリームオンアイス」の演技の中から、“あの演技がもう一度見たい!”“当時見逃したあの人の演技を見てみたい”というリクエストにお応え!。ぜひ、リクエストの理由、またはエピソードを添えてご応募ください!(4月30日締め切り)
 他にも、プリンスアイスワールド公演の模様やスケーターインタビューなど盛りだくさん!


上のリンクからリクエストできます。
リストが欲しいものですが、
ひとまず私が見たいという動画をはっつけておこうと思います。
エキシのほうだけね。明日はコンペのほうもはっつけますわ。

こちらは、スワンの衣装で大ちゃんロミジュリのステップその後スワンフルという一粒で二度おいしい、若さゆえにできるエキシビです。
当時の記憶をたどると、この前年もだけどフルオーケストラバックに滑るという豪華演出が素晴らしかった。
あと、EXのオープニングで選手たちが登場するシーンが記憶に残っています。
とにかくフルオーケストラがバックにいるという凄さ。こういうショー見たいわ。

2007 MOI ◆ Daisuke Takahashi - Romeo Juliet & Swan Lake


こちらも一度で二度おいしい、ノクターンとロクサーヌ
DOIでは赤パンロクサーヌを滑ってた大ちゃんですが、あえてのMOI2006 のほうを
大ちゃん10代で振付けたNocturneとロクサーヌの対比がおもしろいなと思って。
Novturneを見る限り振付の才能本当にあると思うんだけど、10代でこれを振付けたんですよ。
やさぐれ時代に。やさぐれていたのにガラス細工のような繊細な振付と伸びやかで上品な滑りは秀逸。
多分大ちゃんが自分で振付けたプログラムがあることを、しらないスケートファンの人もいるかと思うので、高橋大輔は振付も実は天才なんやというところを見せつけたれと思ってこれもいいなと。あとノクターンと対照的に情熱的なロクサーヌ。
このふり幅に広さ。
10年前にこれをすでにやっていた凄さを思い知れっなんつってね

Daisuke Takahashi Nocturne & Roxanne 2006 MOI


赤パンロクサーヌ
Daisuke Takahashi DOI 2006
https://www.youtube.com/watch?v=QMJbmQYe_u4

そしてこれがやっぱり見たいバチェです。
今見ても古さを全く感じない演技。
こういう演技をできる選手は男女あわせてもいないんじゃないでしょうか?
女性の心情を歌った曲だけど、多分大ちゃん以前に男性が女性視点で女性の心情を歌った曲を滑った人っていないと思うんだけど。それが全く違和感なく演じたことと。
バチェを滑る大ちゃんはダンサーではなく舞踏家という呼称がしっくりくる感じ。
この才能をこのまま野にはなったままにしておいてよいものかとやっぱり思ってしまうけど、野生の動物を都会の檻の中に入れておくと本来の輝きが薄れてしまうかもしれないので、一度やっぱり野生に戻すのがいいのかもしれないですね・・などとバチェを見て思ってしまいました。あとこのバチェにはアンコールでオペラ座の怪人滑ってるし。
やっぱりこのふり幅も凄いわ

Daisuke Takahashi  DOI 2007   Bachelorette


さて、皆様は何をリクエストします?
近年のでもいいんだけど、見る機会はあるし録画できてるんで、できるなら古い奴を。2004年から全部・・・いっそフジよ高橋大輔特集やってくれ。NHK見たいにお正月特番ならぬ、夏の納涼特番とかさ。
あと隠し持ってるワールドの演技とかも。CSでもいいわ。有料でもかまわなくってよ!
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR