奥様とうとう大ちゃん切手発売ですってよ

まだまだ大ちゃんアオシスは続いており、砂漠は見えてきません。
情報を追うのが大変です。

今朝一発目は、4月に日テレプラスでAOIの放送決定!!

アートオンアイス2015
http://www.nitteleplus.com/program/sport/aoi_2015.html

2015年2月にスイス・チューリヒで開催されたヨーロッパ最大のアイスショー。
20周年となる今回の公演では、五輪や世界選手権のメダリストなど世界のトップスケーターが集結する中、日本からは高橋大輔が出演。現地でのコメントとともに音楽の華麗なるショーをお届けします。


実はCSだったらフジとTBSあたりが買い付けに行くかと思ってたんですけどね、特にTBSとか取材もしてたというし。
まさかのCS日テレでした。

リクエストをするのであれば、解説抜きでお願いしたいものです。

そして、ここのところプレスリリースは同じ日に複数あります。
大ちゃん切手発売!!
最低でも2セットは買わないとと瞬間思った私・・・そしてそんな自分を、グッズに手を出すまではならないと思っていたのに手を出す出さないという前に、最低2セットととっさに考えてしまうようになってしまいました。
D1SKバナータオルもソチシーズン前までは、さすがにバナータオルとかまでは買わないと思っていたのに、何枚買ったかちょっと指折り数えて考えないといけないくらい買ってしまいました。
切手シート2セットなんてきっと甘いでしょう。サンプルみたらなんだかステキなおまけいっぱいです。
特に縦長スワン。まさかのスワンですよ、スワン輔。
1セットは観賞用、もう1セットは大ちゃんファンと交流お手紙封筒にはっつける実用に、はがきも私は何気に使うので・・・2セットでは足りないかもしれません。悩むわー。

そして更なるオアシス。今週は渡部トレーナーの本が発売です。
Shall We食べて脂肪を蓄えているところかと思いますけど、クッキー食べたらトレーニングが待ってます。
これは狙っているかのような発売日程。
クッキー食べてやばいわと思っているところに、トレーニング本ですからね。
今週末からトレーニングがんばります。

来週 3月4日(水)関東ローカルTBSで 10時5分~11時
熊川哲也15年目の独白~6人の目撃者が語る天才の真実
松岡修造・米倉涼子・髙橋大輔ら6名が目撃した熊川哲也とは?
15年経った今、語られる熊川自身の思いとは?
豊富なインタビューと貴重なライブラリ映像で熊川哲也の魅力とKバレエの15年を解き明かすドキュメンタリー


月8日(日)キリトルTV 20時58分~
http://www.tv-asahi.co.jp/kiritorutv/

ゴン中山とザキヤマ!2大“熱い男”の最強タッグが実現!!
サッカー界とお笑い界からキリトった2人でお送りする、スポーツ&エンターテイメントショー!
世の中のある一部分だけに注目して見ることで今まで知らなかった発見と感動が浮かび上がる!!

■番組オリジナル企画「読唇術」を使ってキリトルと・・・
*フィギュアスケート 橋大輔の五輪最後のつぶやきとは!?
*プロ野球日本ハム 大谷翔平が試合中に驚きのつぶやきを!?
*ロンドン五輪メダリスト卓球 平野早矢香&石川佳純組の大逆転に隠された会話とは!?


この番組の収録に参加したスグリさんがブログで、大号泣して大変と書いてらしたけど、大ちゃんのところかしら?と気になります。
ソチの演技は何度見てもちょっと目頭熱くなりますからね。

そして先ほど放送していたFriends+α
 SOIのプロデューサー バイロン・アレン氏がゲストでした。
ショーをプロデュースする立場からいろんなスケーターの話も出てきましたが、懐かしい名前がつぎつぎと。
ごりごりのスケオタではない私ですけど、それでも出てくるスケーター達の名前を見ると、リンクの上に立った姿や、演技を思い出します。
そんな数々の名スケーターを見てきたアレン氏が大ちゃんを評して
「大輔は競技に出続けながらも世界中のだれにも劣らない驚くべきショースケーター、彼を見るためならばどこへでも行きたいくらい」
とおっしゃっていました。
彼はAOIでの大ちゃんをどう見るでしょうか?気になりますね。
そして、アレン氏インタビューの最後に、荒川さんが昌磨を押していました。
荒川さんの昌磨押しですよ。
ということは今年のフレンズにしょーまINあるかも。

サプライズパーティおっそわけありがとう

大ちゃんサプライズパーティ
TLにも様子が流れてきましたが、ほんわかした雰囲気が漂っている画像ばかりで、みんなが大ちゃんを慈しみ尊敬し、そして愛していることが伝わってきて、幸せのおっそわけをいただいたような気分です。
大ちゃんの表情もしあわせそうで・・・いや、周りに思いっきり甘えてるなと思って見てたんですけど、アヒル口とかして抱きついてるんで。
酔っ払ってんのかと思ってはいたんだけど、なんか目元がむくんでいるようなと思ってたら、やっぱり嬉し泣きしてたようです。

https://instagram.com/p/zelvE8LJ7s/

よかったよかった。

思うに、こういう身近な人ばかりの場でいても、そして公の場にいても大ちゃんという人は自然体でいつもいるなと感じます。
自然体というとどんな場でも素の自分を貫き通すという感じだけど、大ちゃんの場合はその場の雰囲気を素直に受け入れられるタイプの自然体っていうんでしょうかね。
バンケットの写真なんかも過去あがってたりするけれど、都度表情は違えどその場になじんでいる風情があって。
そんなところが、どんな場に居ても人に囲まれることになる要因かなと思ったりもします。
今年は海外に住む時間も長くなるとは思うけど、AOIのことを思うと、人付き合いに関しては問題なさそうです。
大ちゃんが人見知りしてても、全世界共通のおかん体質の老若男女がかまいたくなってしまうと思うので。

そんなおかん候補の一人、振付氏のチーズマン氏、まだまだ大ちゃん絡めてつぶやいています。
大ちゃんに振付するとしたら、どんなジャンルがいいか?って先日聞いていらしたけど、大ちゃんファンはジャンルではなく感覚的な部分でのリクエストがありまして。
私も、官能的でー、エレガントでー、ダークなやつよろしくーって書いて送ったわけですけど、どんなジャンルでもいいです、ぶっちゃけ。感覚的なところで感じることができる振付で滑り踊る大ちゃんを見たいと。

ダークっていう部分は、思うのですけど、どこか大ちゃんに嗜虐的な部分を求めてしまうドSな自分がいるっていうんですかね。
実は、結構試合でいい演技ができずにいる時の大ちゃんの風情も好きだったりします。
もちろん、そういう時の演技を見返すのはつらいんですけど、でも負けっぷりも絵になるというか。
苦笑する時もあれば、茫然とする時もあり、でもいい演技の時とは違う、ちょっと憂いのある表情がなんとも艶っぽくも見えてしまい・・・だめだめ大ちゃんが苦しんでるのに、そんなところで萌えてしまう自分に、私ってやつはばかばかばかと思うこともしばしばでしたけど。
でもそういうところが実に色っぽいのは事実なわけで。
バチェとかはダークだけど、俺様ダークだったので、新ジャンルどM様ダークなプログラムを見たいものです。
醜悪ぎりぎりなところをぜひ。
例えて言うならば、映像は見たことないですけど、ニジンスキーの牧神の午後とか。
今はコンテンポラリーダンスがあるので、今見たらそんなインパクトはないはずなのに、残っている写真を見てもぐっとくるものがあります。
美しさと醜悪がまざり、そこに官能が生まれている。
私の思うダークネスな部分のリクエストはそんな感じですね。

でも、どんなプログラムでも大ちゃんのなら見たいので、体が動くうちはいろいろ演じて欲しいです。


辛いの食べたら甘いの食べたい

四大陸の再放送を見ておりまして思ったこと。
昌磨くんのバッククロスは上半身がぶれずに見ていて気持ちのいいバッククロスです。
大ちゃん同様、昌磨くんバッククロス耐久動画があっても見続けられると思います。
それから、まだ今シーズンはじめは昌磨君フリップやルッツの時に若干巻き足になるのが気になっていたんだけど、矯正してきているし。
よくぞここまでシニア仕様にしてきたなと思いました。
あと、やっぱり大ちゃんに憧れているだけに似ていると思うところはあるんだけど、実は今日見ていて真央ちゃんにも似ていると思ったところがあります。
それは膝の使い方。
昌磨くんも膝がやわらかいのもあるせいかもしれないんだけど、真央ちゃんのように膝のクッションをつかってふわふわっと滑って行く感じと似ているようと思いました。男の子ではちょっと珍しいかなと思って。いや女の子でも真央ちゃんのようなスケートができる子はあまり見かけないので、一瞬ですけど昌磨くんの滑りを見て真央ちゃんの影を見ました。

真央ちゃんの滑りといえば、XOIの時よく大ちゃん真央ちゃんの滑りに合わせたなと今更ながら思います。
ここのところ相変わらずAOIの動画を見まくっているので、大ちゃん独自の粘りがありつつも滑らかな滑りと、それからエッジのきいたキレのいいスパイシーな滑りばかり見ていたもので、甘いものも欲しくなるっていうんですかね、XOIをちょいちょいはさみながらAOIと行ったり来たりしていたんです。
正直なところ、AOIを見ていると、実は大ちゃんは正統派スケーターでもあるのでエレガントプロを滑る大ちゃんをぜひヨーロッパのみなさんにも見てもらえたらいいのにと思ったりもしておりました。
しかしながら、このAOIは大ちゃんがプロになって初の世界デビューの場なので、エレガントプロよりも、やはりインパクト勝負。
多分AOI側も大ちゃんデビューに向けて、高橋大輔というスケーターを一番印象づけやすいプロを依頼してきたのではないかなと思う次第です。
それ以外にはやはりビジネスとして、大ちゃんがどれだけプロとして観客を楽しませることができるか試した部分もあると思う、AOIの観客はコンペからフィギュアを見ている層ではなく、アイスショーをエンターテイメントとして楽しみにしている人が多いように見受けるので、やはりプロデビュー一年生はインパクト勝負なんだと思います。
果たして来年はどんなプログラムを大ちゃんに依頼してくるのか、今からちょっと楽しみですけど。
大ちゃんは正統派クラッシックから、ヒップホップまで、キュートだったりチャーミングだったり、時にはダークだったりと表現の幅もまた広いので、興行主からするとショーの構成を考える上でも貴重な存在ではないかなと思ったりもします。
王道の正統派プロも見たいところではあるんですけどね。
大ちゃんが演技の幅が狭くて、クラッシックやスタンダードは映画音楽しか演じられないのであれば、1プロはエレガントプロになったかもしれないけど、演じられるジャンルの幅が広いどころか未知数なので、今後は更に未知の領域のプログラムの依頼がくるかもしれないです。

Cheesman氏もダイスキタカハシすごい展開になりそうな予感

ののまめの住んでいる小さな街のスーパーでは潜伏大ちゃんファンとともにShall We争奪戦が繰り広げられています。
イベント棚1台分あったShall Weは在庫がなくなっているようで、棚1台から棚半分になり、そのなかでもマカダミアナッツエクセレントがあと数箱残るのみで棚に空きができていました。
潜伏大ちゃんファンおそるべし。
大ちゃんスケート教室はすごい競争率になりそうです。
私はもうはなからあきらめてますけどね、教室に参加できなくても、柱の影から鑑賞券とかそんな追加があったらいいんだけど。

ここ数日はブログの更新もできないほど忙しくしていた私ですが、未だAOI祭は終わっていません。
もう何が何だかです。肩こりはしてるし、腕は腱鞘炎っぽいしでもやめられぬ!
スイスに行かれた皆様がまだまだ追加で動画をアップしてくださるものだから、見る視点によってこんなところで大ちゃん小技を!とか、こんな仕草を!とか発見があって、リピとまらずです。
本当にお土産たくさんありがとうございます。

そしてAOI続行中の私ですがブログが更新できない日々、ツイを見てはあれこれ妄想です。
皆様なにげに気になっているかと思いますけど、AOIの振付をされたcheesmanさんが、大ちゃんについてかなりつぶやいています。

20150208(evening)AOI_DT "Maneater"(GN)


彼のツイを見ていると、当たり前ですが、ご自分で振付されたナンバーの動画を貼られているわけですが、唯一例外が大ちゃんのTurn Off the Light の動画のアドレスを張り付けておりました。
そんなcheesmanさんの大ちゃん絡みと気になるツイの画像をちょっくらはっつけてみます。

https://twitter.com/cheesmansean

cheeseman1.jpg
大ちゃんとお友達になった記念ツイ

cheeseman2.jpg
お友達からファンになりました。タグに注目 #DAISUKI #imfan DAISUKIの意味を分かって使ってらっしゃるようです。
上のお友達記念ツイでもDASUKIになってるし。

cheeseman2.jpg
ネリーとのコラボ動画をおすすめしてます。
さすがお友達れありファンの鑑!!

cheesman3.jpg

大ちゃんファンに、大ちゃんに振付するとしたらどんなのがいいって聞いていらっしゃいますが、私悩みました。
どんなんでもええわ、思うがままに料理してやってくれと。
でもツイでちょっと気持ちを伝えましたけど。
官能的で、エレガントで、そしてちょっとダークサイドなやつおねがいしまーすって。
セクシーって言ってもいろいろあるしね。セクシーを演じられる人は結構いると思うんだけど、その先の官能まで演じられる人っていないし、振付師もなかなかその部分を振付けできる人って意外に少ないような気がするので、あえて微妙なところをお願いしたみました。


daisuke3.jpg
これも大ちゃん絡みかどうかはわかんないんだけど『So You Think You Can Dance 』というFOXテレビで放送されているアメリカンアイドル(アイドルオーデション番組)のダンサー版。これのアイス版みたいんだけどとSo You Think You Can Danceの関係者の人につぶやいています。
大ちゃんを見て刺激されたに違いありません。
上で、大ちゃんに振付するとしたら?と聞いているので何気にプロデュース的なことをイメージしているのかもしれません。
いいぞいいぞ!

cheesman4.jpg
cheesman5.jpg

大ちゃんは芸術家です、まちがいない。
いろんな人とコラボしてどんどん高橋大輔という芸術を磨き上げて欲しいです。
ああ、楽しみ。
どなたかが、大ちゃんをジャーメイン・ブラウン氏とチーズマン氏がとりあっちゃうんじゃない?みたいなことをつぶやいていらっしゃったところ、チーズマン氏が「シェアするからいいよっ」て返事してたのを見た記憶があるんですけど。
本当だったら超楽しみ。
hip hop Swan Lake も今の大ちゃんだったらどうなるのか。滑りたくないとは言ってはいるけど、今の体でまたダンスをブラッシュアップして、またSwan Lakeを見せて欲しいですよね。

Daisuke Takahashi 2008 4CC SP(ESPN).avi HIP HOP SWAN LAKE







先生っ!グリコ大ちゃんキャンペーンを株式相場でやってる人がいると思います

スイスのSRFでAOIの放送についてアナウンスされています。

«Art on Ice» 2015: Jubiläumsshow zum 20. Geburtstag
http://www.srf.ch/unterhaltung/unterhaltung/art-on-ice-2015-jubilaeumsshow-zum-20-geburtstag?ns_source=web

大ちゃんの部分

Der japanische Weltmeister Daisuke Takahashi feiert ebenfalls seine Premiere beim Schweizer Publikum

「日本の世界チャンピオン高橋大輔をスイスの観客とともに初日をお祝いします」・・・と訳せばいいのかな
それとも
「日本の世界チャンピオン高橋大輔のデビューをスイスの観客とともにお祝いします」
のほうがしっくりくるけど。
とにかく、スイスで大ちゃんが出演することは喜ばれてるってことですな。
そして、SRFでのAOIのライブストリーミングは
3月1日 20:00(日本時間3月2日 早朝4:00~)
http://www.olweb.me/srf-2

ちょっと重いので、果たして無事見られるかどうか。

ここ数日もいろいろ大ちゃん情報はあちこちからあがり、ブログ書くのも大変な情報量です。
なのに書いてないやろと突っ込みもはいりそうですけど、私も普通に仕事してますからね、ブログ更新したいけど疲れ果てすぎて更新できずでした。

まずはどうでもいいけど、どうでもよくない、何気にみんながお祝いしていた・・・いや本音は「大ちゃんもっとじらしいてもいいとちがう?」と思ってんじゃないの?とツイを見つつ思いましたけどね。
ニコライがやっと大ちゃんにフォローされたお祝いしているようで、していないような、なんだか微妙に笑える喜びかたをみんなしていました。
笑いのネタがこれで一つなくなってしまったのが残念でなりません。
次はいつ大ちゃんがニコライのインスタに「いいね」をするかどうかです。

さて、次の小ネタ。
ののまめの住んでいる小さな街には、かなりの大ちゃんファンが潜伏しているかもと以前から書いていますが、本当に潜伏しているようです。
だって、ののまめの住んでる街のちょっとお高めのスーパーに、お菓子棚1台まるごと大ちゃん付きShall we全種類並んでいました。
初めにお菓子売り場に行ったら、大ちゃん付きは1列シンプルなやつと、旧パッケージのチョコが在庫ひと箱しかなくて、イマイチもりあがってないわと思ってたら、レジ横イベントスペースの棚にどーんですよ。目の高さから足元まで全部大ちゃんShall we。
ののまめの街のちょっとお高級なスーパーはんぱねーです。
写真撮りたかったくらい笑えるような壮観な眺め。
すでに在庫は結構減ってたので、ののまめの街の潜伏大ちゃんファンは、ののまめよりも早く行動を起こしていようです。

さてさて更に次の小ネタ・・っていうか、大ネタかも。
実はグリコがらみで、月曜日にののまめ江崎グリコに、大ちゃんありがとうキャンペーンを一人でしておりました。
何をしたかっていうと、グリコ株買ったんですよ。
指値して買ったのはいいんだけど、その日の終値よりも高く買っちゃってとほほーって思ってたところ、本日前場で高値つけてて、思い切って売りました。
明日あさっては週末になるので利益確定売りが出てくると思って。
多分このグリコ株の動きですけど、大ちゃんファン買ってんじゃないの?とにらんでいます。
だって小市民のののまめですら、グリコ様ありがとうキャンペーンをしてしまうくらいなので、富裕層マダムは絶対買っているはずです。
ここしばらく投資をする株の銘柄選定で悩んでいたのもあったので、先週大ちゃんがグリコのキャンペーンボーイになるというリリースがあったので、初めてグリコのチャートを見ました。癖のあまりない動きをしているので、市場の状況を見ておけば怖い銘柄でもないかなと思って月曜日思い切って買ってみました。

glico.jpg

ちなみに、本日同じジャンルの銘柄としては、亀田が同じくあげているけれど、あとは変わらずか下げで終わってました。

ちなみに、グリコ株ですけど、長期でもつ分にはチャートを見てもおわかりのようにいい感じで右上がりですけど、スイングとか、またはデイトレでこれから買うかなという方は気を付けてね。月末にはいってくるから、動向をよく見ておかないといけないので。というかそもそもデイとかスイングやってるような人はそんなことわかってるか。
今回私の場合は、大ちゃんがグリコShall weのキャンペーンボーイをやっているうちは、そのままに持っていようかなと思っていたんですけど、潤沢な資金のある富裕層マダムではなく、ぎりぎりなところをぶっこんでる小市民なので、ちんまり利益確定させていただきました。
大ちゃんがグリコのキャンペーンボーイになったおかげで、はじめてグリコの株式チャートを見ました。
株を持っている人がどうやって銘柄選定をしているかわからないけど、私の場合、江崎グリコは今まで手を出したことのない業界銘柄なので、こういう機会でもないとチャートを見たり企業情報を見たりすることもなかったので。
おかげさまで、久々いい勉強をさせてもらいました。あとお菓子業界の動向も。

ちなみにグリコ上げは、グリコとキリンのコラボの発表も好感材料になったと思われますが、タイミング的に大ちゃんファン買ってるんじゃないのとやっぱり思います。

glico2.jpg








AOIを見ていろいろ思う

スイスAOIも無事終わりました。
行かれたみなさんのレポや、たくさん上げてくださった動画のおかげで、お留守番組も本当に楽しめました。
何よりも大ちゃん自身とても楽しそうに滑っているのを見れたし。
そして、本場のショーって違うんだなと実感。
今は正直なところ、スケーターの人気だよりでショーが出来ている状態で、まだ文化としては定着はしていないんだと実感しました。

そんな時に、今日はツイのほうで太田由希奈さんの日経の記事をとりあげてくださっている方がいて、なるほどと思いました。

華やかな芸術 アイスショーも奥深い プロスケーター 太田由希奈
2015/1/28
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82382120W5A120C1000000/

■アイデア次第で様々な見せ方

 だから、一般的なショーはお客さんが座る観客席はリンクを360度ぐるりと取り囲んで見下ろせるようになっているが、この「Rock the Ice!」は前方にしか観客を入れない。本当に小劇場の舞台といった感じだ。こう考えてみると、アイスショーはアイデア次第で様々な見せ方ができ、本当に奥深い。

 欧米では規模の大小を含めてこうしたショーが各地で頻繁に開かれていて、演劇やバレエのように文化としてしっかりと根付いている。ショースケーターも憧れの的で、「このショーに出演している」と話すと、称賛されたり尊敬されたりする。

 日本でも最近、こうしたショーが増えつつある。しかし、欧米に比べると、まだまだ。日本にはリンクが少ないということもあるのかもしれない。現役を引退したら、もう滑る場がなくなってしまうのは本当に残念。また、選手としては大成できなかったが、滑りは非常に美しいので、ショーでは一段と映えるスケーターもいる。そうした人たちに活躍の場を与える意味でも、日本でもっとショーが頻繁に開かれるようになれば……


昨年大ちゃんが引退し様々な番組でその事を取り上げられていたんだけど、その一つにダウンタウンの松ちゃんや東野さん司会のワイドナショーという番組があって、ゲストはあっこちゃんと、小倉智明さんが出演されてて、大ちゃんの今後について話題になってたんだけど、その時に小倉さんが、ショースケーターでやってもショーもそれほど数はないし、ショーは四回転跳ばないからおもしろくないみたいな事を話していたんですよ。多分あっこちゃんがいたからまだ言葉は柔らかかったかと思うんだけど。
ショーで高難度ジャンプばかりして、ジャンプ大会されてもと思うんだけど。
何年も、ご自分の番組でもフィギュアのことを取り上げてかなり事情通な発言もたびたびされているし、オリンピックなんかも取材に行っていたこともあったかと思うんだけど、そんな人ですらフィギュアはジャンプという認識しかないんだと言うことにちょっとびっくりした記憶がありました。
ただ、小倉さんの場合は、どういうわけか真央ちゃんと大ちゃんにはいつも辛口なので、ちょっと嫌味を聞かせた物言いをあえてしたのかもしれないけど。
ショーでなんて食べていけないんだからと案に大ちゃんの将来に対しても批判的な視点で見ている感じがあったんですが、その時も、そもそも日本という場だけでしか高橋大輔が活躍できないという認識しかないんだなとも思いました。
 
今回のAOIで大ちゃんの活躍は、日本のマスコミや芸能界にどう伝わり、どうとられるのか気にはなっています。
ただ、まちがいなく大ちゃんを応援してくれているマスコミ人もたくさんいるのも事実なので、大ちゃんはただやりたいことをして、自分を信じて前に進んでいってくれたらいいなと思っています。
一日遅れてしまったし、みなさんももう目にしているかと思うけど昨日のヤフーの記事

【フィギュアスケート】高橋大輔に花束を
矢内由美子 2015年2月14日 18時36分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/yanaiyumiko/20150214-00043035/

戦況を頭に入れながら細長い通路を奥へ進むと、1人の選手に対して大勢の記者が同時にコメントを聞くことができる、コの字型になっているエリアに、高橋の姿はあった。“大ちゃん担当”の記者やミックスゾーンに張り付いている記者たちがすでに1つ2つ質問をしているようだった。

話の流れを追いながら、10数人ほどの記者陣の間から高橋の表情が分かるポジションを取った。すると、切なくほろ苦い顔が見えてきた。

声はしんみりとしていた。記者陣は高橋の気持ちを慮るかのように、誰もが静かな口調で質問していた。ファンはもちろんのこと、取材陣からも好かれている彼だからこその光景に見えた。気がつけば私の後ろにも大勢の取材陣が詰め掛け、コメントに耳を傾けていた。

高橋は、冒頭の4回転を構成から外す安全策を採ることは考えなかったのかという質問に、「そこは外せない。最後まで希望を捨てずにいきたかった。どうしても1本は決めたいと思っていた」と、バンクーバー五輪後から全力で取り組んできたジャンプへの強い思いをあらためて口にした。負けず嫌いな高橋らしい選択だった。そして、「それ以外はできたかなと思う。最後まで諦めずに精いっぱいやることはできた」と潔く言った。

そうこうするうちに、取材エリアのやや高い位置に設置されているモニターテレビがチャンの演技を映し始めた。金メダルのゆくえが決まる4分半だ。

果たしてチャンは、冒頭のコンビネーションジャンプを美しく成功させ、映像を見守る各国記者たちを感嘆させた直後に、まさかの崩れを見せた。4回転トゥーループと3回転アクセルで相次いでミス。取材エリアでは小さく「アッ」という声も聞こえた。

高橋の取材はなお続いていた。ソチ五輪に向かう道のりを振り返りながら、笑みを少しゆがめるようにして話しているときだった。チャンの得点が出た。羽生には及ばず、2位。この時点で羽生の金メダルが事実上ほぼ確実になった。

羽生がチャンに“勝った”ことは、高橋の背後に立っていたアテンド役のJOC広報スタッフにも知らされた。取材エリアの日本メディアの間には、静かなアイコンタクトを媒介とした「祝・金メダル」のムードと同時に、たとえ志及ばすとも、普段と変わらない外連味のない受け答えをする高橋へのリスペクトが溢れているようだった。

それからほどなく、高橋は取材エリアから控え室へと引き揚げて行った。悲喜こもごものミックスゾーンで、彼は最後まで柔和な態度を変えることはなかった。


~~略~~

寂しさも喜びもすべて穏やかな笑みで受け止めていた高橋

現役選手としての高橋の最後の試合はこのソチ五輪だった。あのときはそれが最後になるとは誰も知らなかった。1年たっても色褪せない記憶。


以前他の記者の方も、大ちゃんの取材陣に対する誠実さについて記事にしていらしたけれど、ああいう取材の裏側をわざわざ文字にして残すということは珍しいと思う。

高橋大輔という人物を過去活躍したアスリートという扱いや、辱めるような報道の取り上げ方をするメディアに対しても、一番ちかくで生のアスリート高橋、人間高橋を見てきたからこそ、そして常にどんな状況であっても取材者側の立場をおもんぱかってインタビューに答え続ける誠実は姿勢を知っているからこそ、文字として残してくれているのかなと思ったりもしています。

話はかわりまして、大ちゃんのインスタの画像はとても雰囲気があってステキです。
現地に行かれた方が同じようなところでとっても同じように撮れないとおっしゃってるツイを見かけまして、ふと思いつきました。
大ちゃんiphoneなので、このアプリを使っているのではないかなと
このアプリを使って写真を撮ると、まるでミニチュアのジオラマのように撮れます。
多分これと、インスタの修正機能も使ってるかと思います。
でも更に大ちゃんのセンスもプラス。
構図の撮り方がすごくうまいです。
大ちゃんになったつもりで撮ったらとれるかも。

TiltShift Generator - Fake Miniature
https://itunes.apple.com/WebObjects/MZStore.woa/wa/viewSoftware?id=327716311&mt=8

http://instagram.com/d1sk_t/
dins.jpg

d2.jpg


そして、最後に少しだけ。
大ちゃんファンの皆様ならご存知かと思うのですが、ウクライナのiraさんのツイがとまっています。
AOI初日はうきうきなツイをしてらしたけど、ちょうどその頃からウクライナ政府と親ロシア派の間で戦闘がはじまり、市民も被害にあっているそうです。昨日停戦に合意されたということなので少しは落ち着いたかと思いますが、自国が不安定な状態なので、胸を痛められていることではないかと想像しています。
もしネットにつながり大ちゃんの映像が見れて、少しでもiraさんの心の慰めにでもなっていればいいなと思っています。

私たちは、当たり前のようにお気楽極楽で大ちゃんの活躍を楽しめているけれど、思えばとても幸せな事でありがたいなと思います。

大ちゃんは進化しつづける。そして昌磨は何をしても可愛かった

毎日毎日スイス大ちゃんを追いかけるのも精一杯どころか、追いついていきません。
現地に行かれた方もだけど、AOIに仕事で関わっている方たちも大輔愛に溢れすぎて、わたくし受け止めきれていません。
そして朝起きた時には、ダボス楽公演も終わり、新しい大ちゃん情報が追加されるかと思います。

Art on Ice 2015 Lausanne – Daisuke Takahashi, Nelly Furtado singing "Turn off the light" live


ダボス動画もあがっていますけど、チューリッヒから更に進化しています。
ライブの醍醐味ってこれよねという典型的な理想の型がここにありました。
歌い手側かそれとも踊る側がどちらかに合わせるというのではなく、お互い次にどうくるのかわかっているかのように音楽と踊りがマッチしていて、このローザンヌ公演では、ネリーもフェイク入れたりとにかく気持ちよくて楽しそうに歌っているし、大ちゃんもまた音楽と一体になっていて大ちゃんの肉体そのものが楽器のようです。
うしろにいるバンドの人達もまたこのコラボレーションの中で一体になっているのが、大ちゃんの動きからわかります。
音を目で見せてくれる。
こんなダンサー早々にいないと思います。
ネリーの歌声に、時にはギターに響きに、そしてドラムの音にぴったりシンクロして、目から快感を与えてくれます。
とにかくこの動画を見て、快感を感じました。
最後のスピンからフィニッシュまで、その神髄を見せてくれています。
動画を取られている方の傍にいらっしゃる方が、フィニッシュと同時に「bravo!」とつぶやいていますけど、私も同じく何度見てもbravoですわ。
最後のドラムの一音に、大ちゃんの腕がしなやかにそして力強く音楽を締める動きをするけれど、大ちゃんの腕がドラムを奏でているかのようです。
こんなのを見たらbravoしか言いようがありません。

Art on Ice 2015 Lausanne – Daisuke Takahashi skates to “Primavera Porteña” tango being played live


タンゴも色っぽいです。弱冠足に疲れは見えているけど、その疲れ具合が妙に色っぽさが増しています。
あの場であのタンゴを見ていたら、どんな気分になってただろうと思ってしまいます。
キレッキレのタンゴもいいんだけど、疲れが出てきて少し音とずれる感が、たまらん刺激です。

そしてダボス動画もあがっていましたけど、凄いの一言。
誰もが疲れているとは思うんだけど、ひとまずAOI出演者の動画も見てみたんだけど、大ちゃんが一番激しいナンバーで、且つ踊り狂うプログラムを滑っているようです。全部見れてるわけじゃないから違うかもしれないけど。
テクニックだけでなく、スタミナも半端ないと思いました。
現役選手でも、このショーに出て、大ちゃんが滑ったようなプログラムで滑りとおせるスケーターがどれほどいるか。
ルールという枷がはずれた大ちゃんはバケモノです。
大ちゃん留学が今から楽しみです。
伸び代が無限なので、どんな形をまた見せてくれるか楽しみでしかたがありません。

四大陸も男子は終わりましたが、とてもいい試合でした。
ヨーロッパ選手権よりもおもしろかったかも。

ダイスは本当に残念だったけど、まだまだ来シーズンいっちゃってください。
名前を売ったのは間違いないので、PCSも上がってくると思います。
そして、昌磨くん。
あのデニスの演技の後に、ジュニアでまとめてきたのは凄いです。
6分間練習の時から、緊張していて体の動きが固くみえたけど、それでも大きなくずれもなく演技を終えたのは素晴らしかったし、何よりも、今回デニスも、そしてダイスも演技後寝ころんじゃいましたけど、あまりよろしくないですね。
しょうまは耐えました。
偉いと思ったな。
今後4回転を跳ぶ回数を増やす必要があるとダイスも言っていたけれど、正直体力的にどうなのかと思います。
トップ選手ですら演技後立って挨拶ができないというのは。
怪我も多発して、引退せざる負えなくなる選手も出てくるかもしれないし。
シーズンが終わったら、もう少しルールの見直しをしてもらわないと、選手生命が短命で終わってしまうようになって、顏が知れ渡る前に引退なんてことになったらそれこそ、フィギュアスケートの人気って維持できなくなるのではないかなと思います。
それと、やはりジャンプが若手のように跳べなくてもスケーティングで魅せる大人の選手の演技を見ると、あらためてフィギュアスケートの楽しさを思い起こさせてくれるし。
ISUは早いところルール変えて欲しいものです。

ところで、昨日の男子ショートのあと、ツイでは、宇野君可愛いという文字が踊り狂い、ところどころに「宇野きゅん宇野きゅん」という言葉が飛び跳ねていました。
宇野きゅんだとぉ?
と思ったのですが、やっぱね、あの演技後の笑顔とか見ちゃうと、宇野きゅんと言いたくなるのもわかります。
宇野きゅんなんだとぉ?と思ったくせに、しょうまの演技のリプレイがはじまると
「あ、宇野きゅん見なくちゃ」
と言っている私がいました。おそるべしです、宇野きゅん効果。
でも宇野きゅん言ってられるのそんなに長くはないかもしれません。
来シーズン、「宇野きゅん」から「宇野さま」に確変する可能性があるからです。
それにしても今日のフリーは、頑張ったけれど残念でしたが、見ている側からすると期待するしかないポテンシャルを持っているのはあきらかなので、次がんばれというしかありません。
本人は悔しくてしかたがないだろうけど。
でも、ジュニアからシニアにあがって一度はみんな壁にぶつかりますからね。そこからすると上出来です。

正直、あまりにフジが煽るので、台のりでもできなかったらツイなんかでも酷い反応する人とか出てくるかと思ったら、ほとんどいませんでした。
それどころか、演技後のしょうまの涙に、宇野くん可愛いと世間のハートをつかんでしまったようです。
男子最終グループの選手がみんないい演技をしただけに、ジュニアながらにあそこでくらいついて行ったのは、スケオタでなくても凄いと思ってくれたようで、そこに男の子らしいくやし泣きは、世間のハートを貫いたもようです。
次はジュニアワールド頑張っていただきたい。

大輔砂漠どころかまだまだオアシスの中のようです

昨夜大ちゃん砂漠を迎えるにあたりどう対処するのかオタク懇親会をしておりました。
砂漠が怖い、砂漠が怖いといいつつアサヒビールを飲んでいたのに、一夜明けたら目の前は大ちゃんオアシスではないですか。
まずは、まさかのジブリ公式からのご依頼です。

高橋大輔、ジブリCM出演決定に「驚き」!主題歌に合わせて演技を披露
http://www.cinematoday.jp/page/N0070624

daigv.jpg

画像もなんて美しいのかしら。やっぱジブリだけに、それにご依頼は「思い出のマーニー」の主題歌だから、ひげ面ではということなのかしら?

When Marnie Was There | Fine On The Outside Lyrics


今度はこの曲が脳裡を駆け巡ることになるのですね。
私ここ数日 Turn Off The Light が脳内勝手リピ状態なんです。もちろん大ちゃんの映像つきで
この濃厚なTurn Off The Lightからマーニーですけど、いけるいけるは大ちゃんだし。
AOIは濃いぃ大ちゃんを堪能できたのですが、途中途中XOIのだいまおの滑りを見て、よくぞこれだけ滑り方も変えられるものだと行ったり来たりしては楽しんでたんですよ。
辛いもの食べたら甘いもの食べたくなるようなもので、いったりきたり。
それにしてもジブリ公式とは、朝からビックリ。
たしかに大ちゃんを選んだ理由が書いてありましたが読んで納得です。

米林監督は制作当時のインタビューで「変わろうと願う人だけが、変われると、僕は思っているんです」と語っているが、その言葉からもわかるとおり、本作は“一歩を踏み出す勇気”の物語でもある。『思い出のマーニー』のブルーレイとDVDの発売CMは、この監督の言葉をコンセプトに作られることとなり、それにふさわしい出演者として、昨秋に現役を引退し、新たな“一歩を踏み出した”フィギュアスケーターの高橋選手に白羽の矢が立った。

高橋選手は「昔からジブリの世界観が大好き」だったそうで、「オファーを頂いた時は、ジブリのCMに出られる!? とただただ驚きました。スケートとのコラボレーションということで、今からワクワクしています」とCM出演への意気込みを語っている。


そうそう、前からジブリが好きで、滑ってみたいけど自分には合わないかもと言っていたんですけど、来ましたよジブリが。
マーニーの曲あってると思うな。カントリー的な感じというか、ちょっと北欧ミュージックな雰囲気もありで。
また新しい雰囲気の大ちゃんの演技が見れることでしょう。
CM用に滑るプロということだけど、DVDやブルーレイに特典映像でフル映像のっけてくれないでしょうかね。
CMだとフルはないだろうし、もったいないわ。
ジブリといえば、私大ちゃんには、ハウルの動く城の「人生はメリーゴーランド」でぜひ滑っていただきたい。
大ちゃんが苦手とするワルツだけど。いいと思うんだけどなー、真央ちゃんとどうでしょうか?ジブリつながりで。

昨日あれだけ大ちゃん砂漠だとくだを巻いてアサヒビール飲んでたというのに、砂漠どころかオアシスのまんまんなかです。
更にグリコまで。
そういえば、ここしばらくクッキーが食べたいと思いスーパーに行くたびにShall We のプレーンか、マカダミアを探してたんですけど、売り切れで棚があいてたんですよ。それも毎回。チョコだけはあったけど。
なんでないのと思ってたらまさかの大ちゃんIN。
もう店頭に大ちゃんのパッケージShall Weが出てるというではないですか?明日行ってくる。そして当たらないとは思うけど申し込みますよ。大ちゃんが手取り足取り教えてくれるという(ということは一言も書いてないけど)スケート教室ですよ。
手取り足取りでなくても、大ちゃんのそばで転がっていられるだけでも幸せ。
スイスに行くことを思えば、クッキーなど安い買い物です。買う買う買います。

グリコビスケット .Shall We?
!http://www.ezaki-glico.net/biscuit/shallwe/2015cp/

来月あたり、道頓堀のグリコ男が大ちゃんになってるかもしれません。
おもしろいのでやっていただきたい。

更には、
TBS S☆1 15日 深夜0時~
独占!超豪華スイスでの世界最高峰高橋大輔アイスショー


まさかのTBS なんだかTBSやたらとフィギュアに力入ってます。
フジあたりが行ってるかなと思ってたんですけどね。まさかのTBS
ひょっとしたら春の番組改編期に、TBSの体育会TVで大ちゃん出演あるかも、と勝手に妄想する。
そもそもあの番組に出ている あき竹城さんは大ちゃんファンですからね。
元々は大ちゃんファンっていうよりも竹野内豊ファンで、大ちゃんが竹野内豊に似ているというので好きという感じだったのが、いつしか大ちゃんファンになってたと思うんですけど。
体育会TVなら、フィギュアスケート絡めてはあたりまえだし、スイスのAOIに取材に行ってるってことは、ちょろっと取材という程度ではないと思うんですけどね。

でもまだまだ砂漠には至っておらずうれしいかぎりです。
そして、AOIも週末ダボスで終わりです。
情報がまだまだ出てきていて追っていくのも大変です。
でも、AOI側も、日本からの観客の多さにも驚いたとは思うけど、TBSが取材に来ていて、更にはCSテレビが映像の買い付けに走ったということからしても、大ちゃん効果に驚いたことでしょう。でも話はまとまらなかったみたいなのは残念だけど、ここはTBSに頑張っていただきたいわ。
でも、引退後まってましたとばかりのオファーづくしに私も驚きです。
でも大ちゃんファンだけでなく、AOIの中の皆様はスイスのマスコミもたくさんたくさん大ちゃん情報を流してくれたので、スイス行きたいと思ってしまうじゃないですか。
大ちゃん目的だけでなく、ほんとうにショー全てがエンターティメントとして楽しめそうで行きたい、行けばよかったと思うばかりです。
ついつい、AOIの動画あさりつつ、スイス観光のサイトを見たりもしちゃったりしてて。
あと大ちゃんのインスタのスイスの画像もね、行きたくなります 大ちゃん何気にスイス観光大使やってるようなものです。

奥様、大ちゃんスイスでとんでもない人ひっかけてきたらしいわよ

肩こりと右腕が腱鞘炎のような状態に・・・・多分わかるわかるとモニター越しにうなずいている方もいらっしゃるでしょう。
そう、チューリッヒ大ちゃん動画やら関連動画見まくってマウスでぽちぽちやってるもので、肩が・・腕が・・・でもやめらえません。
ブログも書こうと思うんですよ、でもちょっとだけと思うと、何度もリピしちゃったりとか・・・また新しい動画をあげてくださる方がいらしたりとか、もうやばい。
多分明日のお休みもパソコンの前でリピ地獄でしょう。
大ちゃんローザンヌ公演始まりますしね。

ところで、大ちゃん早々に大物ひっかけてきたようです。
sean.jpg
https://twitter.com/cheesmansean/status/564888733015883776/photo/1

ご覧のとおり、大ちゃんに何かインスピレーションのようなものを感じているようです。
このSean Cheesmanさん、凄い人でした。
ジャネット・ジャクソン プリンス ティナ・ターナー ホイットニー・ヒューストン 今はブリトニーとかの振付もしている方とか。
マイケル・ジャクソンのSCREAMでジャネットのほうの振付をしています。

Michael Jackson - Scream


こっちの動画が、上のPVのメイキングで4:12過ぎくらいにSean Cheesman氏が出てきます。

MICHAEL & JANET IN THE MAKING OF SCREAM


ツイッターでは同じカナダ人のテサモエにもつぶやいてますけど、大ちゃんには!!!!ついてウキウキです。
アメリカへ行くまえに大きな収穫です。えらいこっちゃです。
あとyoutubeをあさってたら彼のお仕事の動画があったのでそちらも

Sean Cheesman Musicals Showreel


これぞエンターテイメント。こてこてエンタです。
キャラバンのような香りもありつつ。
大ちゃんこんな振付で踊ってくれたらとか妄想してしまいます。
それと、私やっぱりロックンロールメドレーが心残りで。
可愛くて粋でステキだったんだけど、やっぱり何かたりないんですよね。
ナナミバーションもそれから競技会バーションも。音楽とダンスの年代が合わないというのは何度もかいてきたんだけど、アメリカのショーナンバー的なねばっこさというや、やりすぎ感がちょっとたりないというか。
あと一味何かがたりないっていうあれなんですよね。
やっぱりアメリカのショービスの世界の人が振付けてもらったら、もっと違ったものになるのではないかなとこの動画を見て思いまして、50年代60年代のR&Bで大ちゃんにはロックンロールメドレーのリベンジしてほしいんですよね。
ちなみに、大ちゃんに滑って欲しいと日頃妄想しているのが

日本語タイトルだと「ダンス天国」
Land Of 1000 Dances by Wilson Pickett with Lyrics


SMOKEY ROBINSON & THE MIRACLES - GOING TO A GO-GO


そして、バラード系はやっぱりこれ
邦題は「男が女を愛す時」
Percy Sledge - When a Man Loves a Woman


みなさまも大ちゃんにこの曲で滑って欲しいという妄想は日々されていることだと思うけど、本当にどんなジャンルでも滑って踊ってみせてくれちゃうので、妄想に際限がありません。
大ちゃん妄想文芸部なので誇大妄想をしているかもと思うこともなきにしもあらずなんだけど、現実は思ってる以上に凄いことになってるので妄想族も追いついていくのが大変です。
そういえばアメリカの大ちゃんファンサイドでは、大ちゃん次はオスカーとか書いてる人がいて私と同じ妄想してる人がいるとほくそ笑んでたんですけど、妄想でなくなる日もきちゃたりなんかして。

ということで、本日は大ちゃんが新しい人ひっかけてきた記念に、妄想爆走してみました。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR