ビックスポーツ賞授賞式と大ちゃん新公式HP開設

CS朝日で ビックスポーツ賞表彰式を放送しておりました。
大ちゃん美しいですな。
他のアスリートとは一線を画す美しさ。入江くんも美しいけど。
修造はなかなかいい仕事をします、というか人柄もあるし、彼には他の人にはないバックボーンもあるので正直にいろいろ語れる部分があるのもいいところかもしれません。

修「引退したばっかりだから、おめでとうとも言いたいし、まだなんか戻ってくるような感じもしてますし、ただ今まだやめたばっかだから、今どんな心境ですか?」
大「試合を滑っていない自分に全く違和感がないですし」
「違和感がない?僕はある」
「僕も思った以上に、いつもはあー試合がはじまるなって思ってたんですけど、全くそういう気持ちにもならず、テレビで見てても本当に素直にみんなの事を応援しているという感じで、自分で出てないことに本当に違和感のないことに正直びっくりしているんですけど」
「やりきった感があるっていうことですか?」
「やりきったのか、もう疲れきったのかはわからないですけど、多分全部出し切ったのかなと思います」

「なんであれ町田さんやめたんですか、どういうふうですかね?」
「あれは僕もびっくりしましたけど、彼自身も次のオリンピックまでやるとはひとこともずっとゆってなかったので、ただ自分が辞めたいと思った時に辞める、そんななかで彼の次の目標が見つかったから、そこになったのかなと思いますけど、正直びっくりしました」
「でも今後高橋さんがどういう方向性へ行くのか、もちろん解説も含めていろいろあるような気がしますが織田さんはどうやって見ていますか?」
「彼は彼の生きがいというか見せ場というか自分の抱えている場所を見つけたのかなっていうふうに見てますね。僕はしゃべったりというのは得意ではないので、そういう方向には行かないと思うんですけど」
「いかない、もちろん今からしっかり考えていくと思いますが、ひとつ区切りが終えてこれからどういう方向性、こういう方向へ行けたらいいなっていうのを最後にお願いします」
「僕もやっぱりライブっていうのですかね生の場所が好きなのでそういった所で、今までとは違う形でできたらいいなぁだったりとか、また違う形でスケート界っていうものをサポートしていけたらなと考えているのをゆっくり、どういう形でっていうのを探していきたいなと思っています」
「高橋さんの進むべき道、僕自身も応援していきますが、はっきり言います。高橋さんは戻ってくると思っている!ありがとうございましたっ」
「へへへ」

授賞式後にWEBニュースなどに一部インタビューの内容などがアップされていたけれど、やはり大ちゃん自身が話している映像を見るとまた感じが違いますね。
やはり言葉と間には大ちゃんの思いが隠れているようです。
でも、ライブの場が好きというのは、ちょっと気になりますね。
アイスショーと限定して言ってないところを見ると、ライブで表現できる場を探しているというか、自分自身を表現できる場を他にも探している状況なのでは・・というかもうある程度青写真ができていて、そこにも挑戦したいというのはあるのではないかなと見ているんだけど。
ひとまずその舞台に自分が立てるだけの技量を身に着けたいし、舞台もいろいろあるだろうからどこが自分の居場所としてどこが最適なのかその部分を模索するところあたりまで来ているんじゃないかな。
絶対自分の中にあるものを表現した経験がある人ほど勉強し身に着けたものはアウトプットしたくなるのは当たり前のことなので。
少しづつの歩みのようにも思えるけれど、大ちゃんの場合中途半端なものを見せることはプライドにも関わることなので、きっと見せられるだけではなく、魅せるものができるレベルまではお披露目封印だとは思うけど、きっとまた楽しませてくれると思うので少しだけ我慢我慢。

しかしながら、ここに来て新公式HPオープンです。

http://d1sk.com/index.html#top

dainewhp.jpg

まだ中身は何もないんですけど、この作りからすると関大HPよりは更新は頻度が高くなるかもしれません。
それとアドレスが D1SK.COMというのが何気にうれしいです。
ほら、もうチームD1SKは解散で使わないようなニュアンスのことも言っていたので。
今までのフィギュアスケーター達が歩んだことのない道をまた大ちゃんが作ってくれるのではないかという期待と、大ちゃんのアスリート人生を「見えないものとつねに戦ってきた」と語っていた渡部トレーナーの言葉ですが、現役を引退後もまた見えないものとの戦いを続ける大ちゃんの姿を新しいHPのTOP画面から感じられます。

渡部トレーナーの
2015年2月新刊『高橋大輔 実演DVD付 シンプルエクササイズ
チラシがダウンロードできます。
http://www.shin-sei.co.jp/np/download-details.html?contents_id=4381802417

daist.jpg

今日はツイのほうで、大ちゃん練習着祭が開催されていて、どんだけみんな大ちゃんの練習着姿好きなのというくらい、練習着画像があふれていますが、このチラシを見る限り、大ちゃん練習着マニアにはたまらんお宝DVDになることでしょう。
赤ウェアの大ちゃんのポーズをやってみましたが、ふらふらしちゃいます。
体幹ありません。
でも頑張りますっ!
そうそうアミノプロテインチョコレート味も飲みますよ。
プロテインダイエットのつもりで

http://www.atpress.ne.jp/view/55800

【「アミノバイタル(R) アミノプロテイン」を買って
高橋大輔オリジナルポストカードをもらおう!キャンペーン】

■概要
「アミノバイタル(R) アミノプロテイン」チョコレート味をご購入いただきご応募いただくとフィギュアスケーター高橋大輔さんのオリジナルポストカードが抽選で合計2,000名様に当たります。
■対象商品
「アミノバイタル(R) アミノプロテイン」チョコレート味
10本入パウチ、30本入パウチ、100本入箱
■期間
2015年1月16日(金)から全国で順次開始、2月20日(金)まで(当日消印有効)
■賞品
高橋大輔オリジナルポストカード(2枚1組)Aセット・Bセットの2タイプ
(各セット1,000名様、合計2,000名様)

うちの近所にはアミノプロテインチョコレート味まだ売ってなかった。
早く売って欲しいものです・・それともののまめの小さな街に思いのほか大勢潜伏していると思われる大ちゃんファンが既に購入済なのでしょうか。

話はビックスポーツ大賞ですが、私何気に、東京オリンピックを目指している少年ボクサー15歳の松本圭佑くんが気になります。
私あまりドラマとか見ないんですけど、リピして見たドラマの一つで深夜にやってたものですけど
いじめられっ子が路上格闘にめざめそこに生きがいを見つけるという「ホーリーランド」というドラマがあります。
マッチョな印象のある石垣佑磨が主人公で、役柄のために体重を落とし筋肉もおとして草食少年のような風貌にまでして主演した格闘ドラマですけど、あのドラマの主人公とかぶりましてドキュメンタリーなんかも見て今後を楽しみにしています。
どう見ても松本くんは格闘技よりも、アニメとか見て家にこもってそうな風貌なんですけど、表彰式でシャドーボクシングしていましたが、とてもリズム感がいいというかダンスをしているような美しい動きをしていました。
スポンサーサイト

大ちゃんの応援に無理はしてない楽しんでるだけ

プチ大ちゃん砂漠に突入の1週間かと思ったら、まだまだ砂漠ではありませんでした。
本日はSANKEI EXPRESSと2000days Facebookのほうでトークショーでの追加映像も出てまいりました。

まずはSANKEI EXPRESS
冷静と情熱のあいだ】スケート離れ修行へ 「自分が変わりたい」 高橋大輔
http://www.sankeibiz.jp/express/news/150127/exe1501271145001-n1.htm

やっぱり行間にたくさんの言葉が隠れているような気がします。

読んでいてせつなく思ったのは
「実は、現役生活の最後の2年ほどは、自分が本当にスケートが好きなのか疑問に思うことがあった。僕自身は「スケートそのものが好き」というよりも、期待されて応えることに喜びを感じて競技をしていた部分が大きかったのだと思う。そのせいか、その期待や時代の変化を気にしすぎて自分に自信を持てなくなって、モチベーションが上がらなくなった。それが引退を加速させた部分もあったと思う。ソチ五輪後は心が疲れきってしまい、スケートに対して気持ちが戻ってこなかった。失った自信を取り戻すためにも一度スケートから離れるほうがいいと思った。」

2000daysのほうでも書いてあるけれど、期待されていないのではという気持ちの揺れ。
期待されそれに応え、誠心誠意日本のフィギュアのために日の丸を背負って尽くしてきたのに、マスコミの過剰な世代交代のあおりや、それに対して全くフォローどころか捨て石にしようとするスケ連の態度や、競技以外のところでの意図的とも思えるスキャンダルのリーク。
疲れきってあたりまえだと思う。
2000daysも今回のsankei ex も高橋大輔というスケーターがどうして生まれたのかという原点を知らないと、大ちゃんの語る言葉の意味が今一つぼやけてしまうのではないかと感じた。
小さい頃からエリート教育を受けていたわけでもなく、始めたのも8歳と遅い。
更には手本となるような試合で結果を出している選手がいる名門リンクでもなく専門の先生がついていたわけでもない。
楽しいお遊びのひとつとしてフィギュアスケートがあっただけで、選手になってオリンピックへ行きたいとかそういうところとは無縁のところにいた子が、コーチの目にとまって初めての国際試合に出たら優勝してしまい、当たり前のように世界をめざす強化選手にさせられてしまったという異色の選手なのだ。
多分今世界中で試合に出ている選手の中でも大ちゃんの経歴は異色中の異色かもしれない。
才能のある子は早いうちから専門のコーチについて、試合で結果を出すことをめざすことがあたりまえなで、子供ながらにそのことも理解している子がほとんどだと思う。
過去大ちゃんをインタビューした本にも、大ちゃんは野生のフィギュアスケーターと例えられていた。
田舎のスケートリンクで好き放題していた野生児がいきなりエリート選手になるべくフィギュアスケートという都会に連れてこられてしまい、気が付けばフィギュアの王道を歩かされてたという。
決して裕福な育ちではないからこそ、たくさんの人の支援のありがたみも感じそれに答えようとしてフィギュアが続けられたとも言っている。
異色の経歴があるからこそ、普通に子供のころから英才教育を受けた子たちとは考え方がおのずと違ってきてしまっているのかもしれない。
自分で自分の人生の選択をしたことがなかったとも言っているのは、この経歴もあると思う。

けれど、期待に答えたいというだけであの演技は出来上がりはしないと思う。
上手くなりたいという気持ちだけでも、あんな演技はできはしない。
好きでなかったらあそこまで追求することはできないとも思う。けれど少し期待に応えることに疲れたと言う気持ちもわからないでもない。
私も今はお気楽OL稼業をしているけれど、もう一つ別の仕事を持っていて実はそちらが本業だとは思っているけれど、正直なところそっちの仕事は大ちゃんと同じく期待に答えることに疲れてしまって、何を目標にしたらいいのか自分でもわからずにいて今に至ってしまっている。
決してその仕事を忘れたわけではなく、毎日何かしらふとそのことを考えていることもあるし、無意識に手がその仕事をしている仕草をしていることに自分で気が付くことすらあったりする。
常に脳内にあるイメージを早く外に出したいとは思うけれど、その先になかなか進まないのが今の自分だったりする。
そろそろ今のスタンスを変えなくちゃならないかなと思っているので、そういう自分と大ちゃんを勝手に重ね合わすと、大ちゃんが生活環境ごと変えたいという気持ちは凄くわかる。
それが一番てっとり早いので。飢えを作りたいのだとも思う。

なんかとりとめのない感じになっちゃったけど、大ちゃんはなんだかんだ言いつつも転んでも石ころ一つでも掴んで起き上がってくるような人なので、やってみたいと思った事を思いっきりやってきて楽しんでくればいいと思う。
そしたらまた見せてくれるはずだしね、その成果を。

それと、ファンも無理して応援しているのではないかと本には書いてたけど、無理はしていないと思う。
フリーフォールもそれはそれで楽しんでるドMファンなので、大ちゃんがへこたれそうなので応援せねばとは思ってはいたけれど、それもまた楽しんでやっているので。
とにかくあんたを応援するのは楽しんだよっ。
変な気をつかうんじゃないよっ
大ちゃんがへこたれれば、私たちもへこたれますけど、へこたれながらも

何へこたれてんだよっ 
   _, ,_  パーン 
 ( ‘д‘)
  ⊂彡☆))Д´) 

とか

まだぐずりやがるのか!おまいのプリケツだしやがれっ
  ∩)) ∩))      パ
 _, ,_ ∩)) ∩)) ☆   パ
(#゚A゚)彡((⊂彡☆(⊂彡  パ
  ((⊂彡☆((⊂彡⊂彡☆パ
  ((⊂彡☆∩☆_, ,_ ☆   パ
  ☆⊂(⌒⌒(;`Д´)     パ
      `ヽ_つ ⊂ノ      パーン!!!

とか、やりながら、楽しんでんですよ。
正直なところ、大ちゃん自身浮き沈みがあるからこそ、応援してても面白いんですよねー、ねー、ねー。

TBSも何気にだいまお(*´▽`)ノ

昨日も書こうとは思ってたんだけど、ついついブラウンのキスクラで久々に見たローヒンが気になって気になって、つい書けなかったSOI放送分の後回しになりました。

スターズオントークもう何度見直しているか。
やっぱり大ちゃんとまおちゃんの並びは安心感あり。なんかしっくりしすぎです。
二人並んでいる姿を見るだけで癒し効果が

トーク最初から織田君だからこそつっこめる大ちゃん熱愛報道の真相とか
大ちゃん真央ちゃんの熱愛報道の真相とか
可愛くて可愛くて
なんでしょうかね、
「確認したよねメールで」
「俺たちつきあってんの?」
「付き合ってるのかな?」
「多分つきあってないよね」

そして織田君が「多分なんや」とぼそっと言って、大ちゃんも「多分つきあってない」とまた言ってるんだけど、これまた多分という言葉があるところが萌えるわ。
でもこの時の真央ちゃんの表情が目がキラキラしていたずらっ子みたいな表情が本当に可愛くて。
それにしてもトーク以外でも気になったことが、料理何品出てきたかわからないんですが場面が変わるたびにお皿が空になってたら違う料理が並んでたりで、どんだけこの人達食べたのか、そしてこのトークの時間はどれくらいあったのか気になります。CS版ではこのスターズオントークをもっとてんこもりでお願いしたいけれど、ふとこの場面にパトリックとかいたらまた面白い絵になっていただろうにと思わざる負えません。
でも話はもどるけど、こあら食堂の料理おいしそうですね野菜いっぱいで。
行ってみたいです。多分もう行かれた大ちゃんファンの方もいらっしゃるかもしれないですけど。
大ちゃんと真央ちゃんってたべっぷりも見ていて気持ちがよくて。
多分私、大ちゃんと真央ちゃんが延々食べてるシーンが続いても見続けられる自信があります。
二人ともけっこうがつがついくんだけど、品のよさもありで見ていて私も同じもの食べたいなといつも思っちゃうので。
以前真央ちゃんが世界ふしぎ発見で現地の料理を食べてたんだけど、食べたことのない料理だけど真央ちゃんがおいしいおいしいと言って食べてるとなんだか食べたくてしかたがなくなるんですよね。ニュージーランドへ行った時に食べてたサラダも気になったし。
The Iceでのホテルのブュッフェでちょっとつまみ食いしてたりも真央ちゃんしてたんだけど、お行儀はよろしくはないんだけど、でもチャーミングに見えるんですよね真央ちゃんがやってると。
大ちゃんもがっついてるのに、がっつきぶりがいい塩梅で。おいしそうに見えるし。
二人とごはん食べたら楽しいだろうなとつくづく思います。

あとはやっぱり大ちゃんですよ。
飲み会とかにいたらいい場の雰囲気を作ってくれそうです。
「メンタルくそ弱いぞ」
と言ってる姿もかっこいいし。なんだこれって思ってみてましたよ。カッコ良すぎですわ。
学生時代の飲み会ちょっと思い出してたけど、大ちゃんみたいな雰囲気の子がいたら間違いなくモテるの当たり前。
ルックスがよろしくなくても雰囲気ハンサムっていう子がいて、その子のことを思い出しますが、大ちゃん見た目もあれなのに雰囲気ハンサムでもあるので、学生時代普通の学生でコンパやってたらまじモテたに違いありません。
それにしても、本当にいちいちかっこいい。
そして大ちゃん真央ちゃんの並びは本当に可愛い。
大ちゃんの横にいる真央ちゃんはかわいさ倍増しになるように気がするし。多分真央ちゃんも自然体でいられるせいかもしれないけど、大ちゃんが話しているとキラキラした目で見ているし、二人一緒に画面にはおさまってないけど、真央ちゃんの視線の先には大ちゃんも真央ちゃん見てるんだろうなと思える表情してたりもするしで、なんだよこれはとテレビ前で照れながら見てしまっています。
正直TBSでは、だいまおは、多分ないなと思ってたんですけど。
結構TBSもだいまお(*´▽`)ノ アハハでした。
トークの最後の画像に、大ちゃんと真央ちゃんがお互いの顔を見合わせて歯をイーとして歯に野菜でも挟まってないか確認しているような場面あったけど、あれって友達同士でもかなり親密でないとやれないけど、あえてあんな場面をきりとって見せてくれたTBSも、テレ東に続いてのだいまおだと思いました。
多分 日テレは絶対やらないだろうと思うな。
なんか日テレは大ちゃんと真央ちゃん一緒に扱いたくないような感じなので。
しかしそんな日テレ、地上波ではちょっとと思う大ちゃんへの扱いですが、CSは違いますからね。
何故か、テレ東のXOIをCS日テレで完全版が放送されるそうです。

クリスマスオンアイス2015 完全版
http://www.nitteleplus.com/program/sport/christmasonice_2014.html
まだ日程は未定らしいですけど、3月放送とか

テレ東はカメラワークいいので、テレ東が撮った映像を日テレが買い取ったのであればいいんだけど。
できればテレ東地上波のような、だいまお全開な部分も追加でお願いしたいけど、さすがにそっちは増えないでしょうかね。ネオスポでは大ちゃんが車を運転してインタビューに答えているシーンもあったけど、本編では放送されなかったから、あのシーンとかも見たいんだけど。
こう書いている途中でも、だいまおに萌え散らかしたくなって、スターズオンアイスとXOIを交互に見ている私です。
特に地上波XOIは神番組でしたね。
大ちゃんと真央ちゃん今年もダンスやって欲しい。
二人がペアを組んでただ揃って滑ってるところだけでも、美しくて何度もリピしちゃってるんだけど、やっぱり技術があるからこそ、ダンスの基本のスケーティングであっても魅せられちゃうんだと思います。
見れば見るほど欲しくなる、いまお癒し映像もっとくれくれくれーと思うののまめでした。

ブラウンのキスクラの濃さを見て大ちゃんローヒンさんいけるでと思いました

この2週間風邪のフルコースをいただいているののまめです。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?
今日唯一起きて見たのはもちろんSOI・・・あ、その前に病院へも行ってきて本屋さんにもよってきました。
そうそう、大ちゃん本50冊は軽くあるであろう特別コーナーを設け、大ちゃんの写真に吹き出しつけた手書きポップまでついているという気合の入った売り方をしていたののまめの住んでいる小さな街の本屋さんに行ったわけです。
みなさんが、フィギュアスケートファンブックの西岡さんのページが胸あつとかいう情報があってちょっくら立ち読みでもと思って、ついでの気合のはいった大ちゃん本の在庫も見てきたんですけど、本屋の店員さんが強気でいたのもわかりました。
山積み大ちゃん本半分以下になっておりました。
びっくり。大ちゃん本のイベントのことや、ジュエリーの賞をもらったというのでテレビの露出も多かったせいもあるかもしれないけど、それでもこんなに早く動いているとは思いませんでした。
ツイではいろんな本屋さんが大ちゃんサイン本入荷しましたとつぶやいってて、数時間後には売り切れましたとまたつぶやいてるのを見ると、かなりの売れ行きです。それと大ちゃんかなり気合を入れてサインをしたようにも思います。
いいなぁ、サイン本。
ちなみに胸あつファンブックは西岡さんの愛情にほだされて購入。

ここしばらくはエンターテイメント枠でのニュースが多い大ちゃんですが、昨日ちらっと日刊スポーツに大ちゃんの記事があったようで、それによると、大ちゃん行先はまだ絞りきれてないようですが、ホームスティを選択するようです。
それから靴もちゃんと持っていくそうです。
多分なんだけど行先はNYあたりが一番可能性が高いのではないかと思うんだけど、NYといえば家賃高いですからね。
おかんの気持ちでいろいろ心配していました。
ホームステイはいい感じです。
ダンスレッスンだけなら一人で部屋をかりてか、ルームメイト探してシェアするっていう手もあるけど、大ちゃん語学はペラペラをめざしているというし、多分ぺらぺらというのも大ちゃんのことなので友人知人としゃべれるレベルではなく、多分海外メディアのインタビューに答えたり、仕事のレベルで使える英語をと思っているはずなので、となると周りの環境というのもかなり吟味が必要ではないかなと。
どちらにしろ最初から一人暮らしよりも、ホームスティをしつつ生活になれてというのが一番いいように思います。
あとはホームスティ先の人達つながりから自分だけでは絶対つながらない人脈につながることもあるし。
大ちゃんはすでに世界を股にかけた人たらしの才能があるので、きっとまた新たな人脈をどーんと作って戻ってくるとは思いますけど、最初の出だし肝心。
今日は全米選手権男子SPが放送されてたんだけど、あれを見て思いました。
大ちゃんが蒔いた種はアメリカ男子の中でも華ひらいてるなって。
みんな踊る踊る。全米本当に楽しい。点数もみんなもりもりだし。
でももうちょっとジェレミーの点数あげてもいいのにと思ったんだけど、どうやらアメリカ男子はブラウンアゲのようです。

みんなあちこちで別れて練習はしているけれど、大ちゃんがアメリカへ行ったら会いたいと言ってくれる人たくさんいるだろうなって。
ひょっとしたら突発的に現地のショーに出ることもあるかもしれないし。
全米見てて、おひさーと思ったのがブラウンのキスクラにいたローヒンさん
濃いわー、現役時代も濃かったけど、今も健在に濃い。ブラウンのキスクラ最高です。
つなぎてんこ盛りのブラウンのプログラムだけど、ローヒンさんを見たらローヒンさん振付でマーティの曲を滑るっていの大ちゃんを見たいなと思ってしまいました。

ROHENE WARD Gone Magdeburg


マーティのギターで大ちゃんどう滑るかなと妄想はしたんだけど、誰が振付したらいいかしら?みたいな妄想のネタを探してたので、ローヒンさんを見てこれだと思いました。

Marty Friedman - "UNDERTOW" Official Track Stream


私の脳内ではマーティの曲を、ローヒン振付で大ちゃんが滑りはじめてくれました。
実はマーティが大ちゃんに自分の曲を滑って欲しいとリクエストしたという話から、やはり妄想族としては、じゃあ振付は誰がいいんだろうと言うところから悩むわけです。
ニコライもできそうだけど、マーティの曲とニコライの振付ってあわなさそうな感じだし、カメレンゴさんの濃さも違う種類だし、女性振付師ではなんか違うような気がして、KENJI先生もなんか妄想では違う気がしたしで、ピンとこなかったんですけど。
今日のブラウンのSPとキスクラに座ったローヒンさんを見てこれだと思いました。
大ちゃん砂漠に入った時には、勝手にローヒンさんがもし大ちゃんに振付したらという妄想で楽しもうかと思います。

ローヒンさんのアダージョはモダンバレエを見てる感じですね。
Rohene Ward: "A Journey to Solace" - Adagio for Strings

大ちゃんにジュエリーを勧められたら超やばいと思った

昨日帰宅の電車内で大ちゃんのジュエリーベストドレッサー賞に行かれた方とか、ライストもやってたのかなTLに試合の時のようなツイが上がってました。
大ちゃんスピーチ前は試合の時のように大ちゃんファンの皆様も緊張してたとか。
スピーチ中には各エレメンツでGOEがプラス3とか、観客から声援とか・・・なバカなと思いつつ、あとキスクラ実況っぽいのとかも。。なんでキスクラあるねんと思いつつ、ちょっと試合に出る大ちゃんを懐かしく思っていました。
そして昨日のネオスポや朝のめざましは大ちゃん一番取り上げられてて、多分今回のショーのマスコミの取り上げられ方は大ちゃんが一番尺が多く放送されたんじゃないでしょうか?
ちょっと今人質事件でワイドショーとかそれ一色なので放送は少なかったけど。

http://mdpr.jp/news/detail/1462381

j201522.jpg

スピーチ前にもおっさんの「大ちゃーん」という声援が送られ、それに続いて大ちゃんファンとみられる人達も大ちゃんに声援を送られたとか。
スピーチ後は次々おっさんにつかまりおっさん達と歓談、大ちゃんおっさん転がしの現場がリアルで見られたともありました。
転がされたおっさん達が今後どう動きだすのか楽しみですが、ジュエリー業界も魑魅魍魎な世界なので、ここはマネージャー氏の腕の見せ所かもしれません。
ふと大ちゃんがジュエリーショーとかに出てしまい、大ちゃんのおすすめされてしまったら、らどうしようとちょっと悩みました。
以前PIWで大ちゃんと南里君のセットを見て
「奥さんこのツボを今買うと幸せになれますよ」
とか二人に囲まれて言われたら、幸せになれなくても今幸せなので買わせていただくわとかうっかり言いそうと思ったこともあったので、大ちゃんがジュエリーをおすすめしてきたら大変だと思いました。
そんなお話もひょっとしたらあるかもしれませんが、ジュエリーお見立て会だけは大ちゃんあかんで、あかんで。
まだまだ演技でお金使わせてね。
けど、ジュエリーはふと心が揺らぐ。
多分大ちゃんファンはそこそこお金を持っている世代でもあるし、そこそこ自由に使えるところを見ると働いている人も結構いるので、もし大ちゃんがジュエリー販売したら買うかも?と脳裡をよぎった人もいるでしょう。
この頃私もジュエリーをよく普段からつけるようになりました。
若い事は何もしてなくても存在そのものが宝石のようなものですが、年を取ってくると宝石を身に着けないと映えなくなるち言われていましたが、それをこの頃実感いたしております。
ジュエリーといっても、私の場合はアンティークジュエリーなので今時のものとはちょっと違うんですけど、今時のもので心動くデザインがないものでアンティークの個性的なものを愛用しているのですが、大ちゃんがデザインしたら個性的なものができそうなので、そしたら買っちゃうかもー・・と、お金がないのに脳内では買う気まんまんのののまめですが・・・でもジュエリーの前にジュエリーのような大ちゃんの演技を見せてくれればそっちほうに、まずお金をぶっこみますから滑れるうちはジュエリーのような演技をよろしくお願いします。

本日大ちゃんスピーチの全容がyoutubeにあがっていたのでみたところ
現地観戦組のみなさんや、ライスト観戦と思われし方々が言っていたことがよくわかりました。
動画なのに大ちゃんのスピーチを見ていると超緊張。
確かに一切噛まずにノーミスの演技、そして各エレメンツGOE加点もらえる出来です。
さらにPCSもSS(しゃべりスキル)も9点台をマーク めざましでは話もうまいとアナウンサーに高評価
TR・・・ 要素のつなぎもちょいちょい観客の空気を読んで笑いを誘うなどしこちらも9点台をマーク
PE・・・パフォーマンスはやはり世界の高橋 畑違いの舞台の上でも見事な間合いで客席を見わたし観客をメロメロにしてこちらも9点台をマーク
CH・・・ 振付構成・・・今回は緊張のあまり事前用意のプログラムがふっとんでしまったとはいえ、フリースタイルでの話の構成は一貫性もあり演技後囲み取材までひっぱる技術にやはり9点台
IN・・・ 場の解釈 主催者と来賓観客またお茶の間ファンにも大ちゃんのジュエリーへの思いが素直に伝わり、やはり場の空気を読み取る感性は抜群とこちらも9点台
PCSも全項目手9点台を取る名演技に、演技中にも声援がおくられ演技後もおしみない拍手が送られ。
お茶の間ではD1SKバナーが思いっきりあがっていたという。
そして演技後のインスタキスクラ。
やはりここはニコライが・・・と思ったらなんとパトリックが!!並み居る大ちゃんファンよりも早くいいね!とインスタキスクラに登場。
ニコライこんな晴れの舞台でパトリックに遅れをとるなんて不覚よと・・・それにパトリックに遅れをとったあとに、いいね!をしても・・・と思ったら、なんとインスタキスクラやっぱり新参者のパトリックには負けてはいません、コメントもあげました。goodアイコンだけだけど。遅れをとった分インスタキスクラでも存在感をアピール。果たしていつになったら大ちゃんはニコライをフォローするのか気になります。パトリックもしてあげて欲しいです。結構パトリックのインスタとか和み系で癒されるし。
とそんな大ちゃんジュエリーベストドレッサー賞受賞の演技を解説してみました。
見れていない人はぜひ見てください。
緊張します。

ジュエリーが似合う男に哀川翔&高橋大輔


この緊張感ひさびさと思いました・・・しかし、やっぱりもっとおながが痛くなっていてもたってもいられない緊張感がなつかしいです。
あの懐かしさを今一度と思い、昨日から過去の試合の映像を何度か繰り返してみています。
大ちゃんが前の選手の点数が出る前に軽くならしをしていて歌子先生とニコライとやりとりして、そしてコールを受け観客を声援を背にリンクの中央へ行くっていうところから見ます。
ショーとやっぱり顔つきが違いますよね。懐かしい。でもせつない。もう見れないかと思うとやっぱりさみしいです。


奥様、大ちゃんの元気の源って「野望」らしいですわよ。野望ですって野望

明日は大ちゃん「日本ジュエリーベストドレッサー賞」授賞式におよばれです。
どんなお衣装で登場か。
毎年各年代の女優さんたちが登場してジュエリーを身に着け登場というシーンは見ます。
やはりジュエリーがはえる衣装で登場しているわけですけれど、男性はどうでしょうかね。
私VOGUEでのタキシード大ちゃんが好きなんですけど。
香港俳優みたいで。

髙橋大輔、VOGUEに登場。本編ムービーを公開!_Vogue Japan


最初のに出てくるラフに着ているタキシード。
あんな感じの大ちゃんみたいなぁ。リンクでも一度でいいから燕尾服大ちゃんを見たくてしかたがないのですが。
さすがに燕尾服はないでしょうけど。
ジュエリーベストドレッサーの賞をもらえたのは、多分VOUGEの推薦もあったからかもしれないですね。
明日はきっとスタイリストさんとかメイクさんとかもしっかりついておめかし大ちゃんが見れるかもしれないので、それを思うと明日も一日お仕事がんばれると言い切れるお手軽ののまめです。

昨日の2000days本の宣伝などのテレビの取り上げ方を見ていると、大ちゃんもうエンタメ枠になったんだなとある意味感慨深いです。
もちろんスポーツ枠での扱いもあるものの、引退するとバラエティ番組に出ていなくてもスポーツ枠からエンターティメント枠に移行するというのがやっぱりフィギュアというスポーツの特異性だなと思いました。

あとは、やたらと女性の好みを聞くインタビューばっかりでもうちょっと切り口はないものかと思うのですが、お茶の間大ちゃんファンの奥様たちは大ちゃんの女性の好みお知りになりたいかしら?
海外へ留学するなら、どのレベルの語学力を身に着けたいのかもっとじっくり切り込んで欲しいし、ダンスも勉強したいと言ってるんだから、どんなダンスを勉強したいのかとかさ、せめてそれくらいは聞いてくれないと。
それと、SOIのパンフレットを読んだんですけど、大ちゃん元気の源は?という質問に「野望」って答えてるんですけど。
野望ですってよ奥様。おセンチになんってなってられないです。
2000days執筆中はぐだぐだ君でしたけど、SOIのアンケートに答えている頃には「野望」と答えている人ですから、やはり一筋縄ではありません。
ちなみに他のスケーターの元気の源は寝るとか食べるとか、音楽を楽しむとかそんな感じなんですけどね。エヴァンが若干大ちゃんに近くて野心と好奇心って書いてましたけど。ふたりとも他のスケーターとくらべとおっとり系なのに、そのふたりがなかなか攻めている元気の源の答えを言っていることが意外でした。
それにしても、大ちゃん「野望」ですからね、何かすでに企んでいるに違いありません。
それをおおっぴらに言っちゃう段階ではないのだろうけど、これはたくらんでますよ奥さん。
ぐずぐず言ってるくせに、野望が元気の源と言っているこのギャップ。
ひょっとしたら世界征服でもねらっているかもしれません。いいぞいいぞ
明日もきっと囲み取材はあるとは思うので、ぜひ各マスコミのみなさまは高橋大輔の元気の源である「野望」について切り込んでいただきたいものです。




奥様プリケツでなくてケツプリですってよ

朝から衝撃
これで大ちゃんのスケートとも少しのお別れ・・・みたいなおセンチな気持ちになってた皆様。
朝から大変。
徹子に大ちゃんプリケツさわられてて、更にはケツプリって大ちゃんゆうてはりましてん
私悩みました。
またケツプリって書いたら
「大ちゃん ケツプリ」
「高橋大輔 ケツプリ」
ってみんなが検索して私のところにきちゃうのではないかと・・でも、こう書いてしまったら着ちゃうと思いますけど。
以前も大ちゃんプリケツで私のブログにたどりついてしまった人がたくさんいらっしゃいましたが、私それほど大ちゃんのプリケツに関して論評はしてなかったんです、それに画像をアップすることもないのに。。。なのになのに・・
大ちゃんプリケツと一番検索されていたのはいつかというと、一昨年の四大陸、大ちゃん大遭難でボロボロの試合の後ですわ。
流石の私もブログの更新なんてできそうもないってほどに落ち込んでたところ、強者の大ちゃんファンの方々が、ひたすら大ちゃんぷりけつと検索してて、なぜ今この時に大ちゃんぷりけつやねんと突っ込みを入れたくなるほどの衝撃でした。
それも一人や二人ではないんです。。。たしか当時のブログには検索ワード画面も載せて証拠としてお見せしてたかと思います。
しかしその後、大ちゃんプリケツと検索する人の動向を探っていた所、どうやらストレスが溜まってる時につい衝動的に検索していることが判明してきました。
そうです一部の大ちゃんファンの方は、ストレスを大ちゃんのプリケツで癒していらしたのでした。
今年だったら、中国杯の後でしたかね。胸の痛む事故でしたし、それを見世物にしようととするテレビ局やマスコミの動きが私たちの好きなフィギュアを違うフィギュアにしていっているようで私もかなりストレスを溜めまして、その後リアルタイムで試合を見ることができなくなってしまったくらいですが、そんな時も大ちゃんプリケツとしっかり検索していらした方たちが。
でも残念ながらののまめブログ、プリケツと言っても「うさけつ」とか「くまけつ」とか、あとゴーちゃんのノーパン姿とかの画像ばっかですからね。すまんかった。みんなの期待を裏切って。
特にエロい気持ちで「フィギュアノーパン」と検索してきちゃった人には大変申し訳ない。

そんなあなたに、ゴーちゃんのパンチラと、ゴーちゃんに無理難題を言うアナウンサーのおねえさんの動画を久々にはっつけてみた。たまに見たくなるのよね私この動画を



・・・ああ、これだけプリケツ ケツプリ ぷりけつ うさけつ くまけつ くまてつ・・は書いてないけど、書いたら検索1番になってしまうかもしれない。もういいの。みんなの心が癒されるなら。
ところで、多分私「大ちゃん ハゲ散らかす」でも検索1番になるかもしれない。
今日の大ちゃんトークショーで、大ちゃん「ハゲ散らかす ハゲ散らかす」って言ってたそうだけど、何をかくそう、先週私「大ちゃん ハゲ散らかす」って書いてたんです・・・ひょっとしたら大ちゃんに読まれてる?やばーいと一瞬思いましたけど。
もし読んでても大ちゃん、そんなハゲ散らかすとかのところ読まなくてもよろしくってよ。
大ちゃんといってもフィギュアの大ちゃんではなく、babymatalのバックハンドのハゲ散らかってぬるぬる動きながら6弦ベース奏でる、kamibandの棒手大ちゃんのことですから。
多分今日以前で大ちゃんブロガーの中で、「大ちゃんハゲ散らかす」とか書いてたのは私ぐらいしかいないので、こちらもまちがいなく検索一番になるに違いありません。
一番になりたいなんて思ってないのに・・・ランキングにだってエントリーしてないし、リンクだって自分から貼ってとお願いしたこともございません。
最初からまっとうな大ちゃんファンには頭をゴチンされてもしかたがないと思いつつ書き連ねてきたブログなので。
しかしそんなことで検索一番になっても・・・と少し反省もしているののまめですが、書いてしまったのでもうしかたがありません。

ところで、紀伊国屋書店トークショー。
楽しかったようですね。行かれたかたのツイを見てなんか漫談のようなトークショーになってたようです。
元気に朗らかに笑っている大ちゃんの姿を見れて何よりです。テレビも入ってたそうなので明日は録画しないと。
結構みなさまのコメントを読むと2000daysを読み、そしてSOIでもかなりセンチメンタルな気持ちで見ていた人が多かったようだけど、私は風邪をひいていてしっかり本の内容が頭に入ってない可能性もあったかもしれないんだけど2000daysは私的にはファンとしても気持ちの一区切りがついたかなと。どこか気持ちのやりどころがない部分というのがあったので。
あとは、やはり昨年のXOIがあったおかげもあって、本はもう出来上がってる時期なので、あれから大ちゃんの気持ちにも多少の変化はあったのも見て取れたしね。
XOIの大ちゃんの姿と、あとはショーが終わってすぐのインタビューで、よほど真央ちゃんとのコラボが楽しかったのか思わずまた二人でやれたらというような事を言っていたので、二人で作りりあげるダンスの世界へちょっと足を踏み入れて挑戦する楽しみも見出したようにも思えたし。あれがなかったら、大ちゃんフィギュアとこのまま距離をおくんじゃないかと思ったままだったと思うので。
やっぱり大ちゃんと真央ちゃん二人ともがショーで再び滑って、満面の笑顔でもっとやりたいという言葉を発してくれたことがあったので本を読んで思ったほどの衝撃がなかったのかもしれない。
二人がスケートにに対してネガティブにとらえていた時期があることを知っていただけに、その二人が二人そろって滑って楽しかったと言ってくれたので。
あのXOIがあったので、大ちゃんの2000daysも受け入れられたかなと思う。
少しでも前に進んでいることが見えたしね。
それから、実はもうSOIのショーのあとは露出はもっと減るかなと思ってたので、いきなり徹子におさわりされてるのを見てびっくりですよ。朝から衝撃。
あと今日のトークショーにもテレビ局たくさんきてたようでし。
今までのトークショーではそれほど取材ははいってなかったと思うけど、スキャンダル絡みであっても大ちゃんが誠実にマスコミの対応をしているからこそ取材もしてもらえるんだと思うな。
やっぱりドロドロばっかの映像よりも、見て微笑ましく見える映像も一般庶民としては見たいですから。



2015SOI楽公演に行ってきた

TLにも流れているけれど、楽の大ちゃんはkissing you
昨夜S☆1で流れたcaravanがあまりにも強烈だったし、楽だから華やかにcaravanで締めるのかなと思ってたら、kissing
助走なしなのに軸がしっかりしまったフリップ。空中姿勢ですら美しくその瞬間の姿勢は今でも覚えている。
ふんわりあがったディレイドルッツ。雲の上をすべっているようなやわらかなスケーティング。
激しいkissingでもなく、せつないkissingでもない。
音楽が流れ大ちゃんがkissingの世界に入ると同時に
観客もみんなが息をつめ大ちゃんの演技をみつめているのがわかる。
そんな空気にしたのは大ちゃんだけだった。
多分高橋大輔以外に一瞬で観客を集中させてしまうスケーターは二度とでてこないのではないかと思った。
キャラバンのような華やかのプロで観客がアイドルに声援を送るように熱狂させることもできれば、たった一つの動きで観客を自分一人に集中させてしまうくらいの求心力があるのも大ちゃんのみ。

見終わったあとは演技をどう例えていいかわからない。わからないんだけど見ている途中から涙が出てきていた。
caravanのような強烈さはないし、見た後この演技はいい演技だったのだろうか?と自問自答して他の人はどう感じたのか気になった。

大ちゃんが演技を終えるとほとんどの人がスタンディングオベーション。
会場は多分昨日のcaravanのような熱狂という感じではなかったと思う。その後のざわめきも過去FaOI幕張でも経験したけれど、あの時のざわめきともちょっと質が違う。あの時のkissingは強烈だったから。
今日のkissingは例えようがないんだけど、ツイを見たら泣いたという人が結構いるし、やっぱりみんなはっきりとした感想が書けないくらいの初めての感覚を味わったかもしれない。
決して強烈ではないんだけど、心の深いところを掴み捉えてというか。
大ちゃんのあとベルアゴがポップナンバーで滑っていたんだけど見てはいるんだけど演技が頭にはいってこなくて心だけが上滑りしてしまって、その次のパトリックの演技でもまだまだひきずり、メリチャリのディズニーな世界にも心はときめかず、真央ちゃんのかわいいティンカーベルの魔法の粉をふりまいているような演技にもどこか心非ずで、ずっと大ちゃんの演技に囚われたままになっていた。
公演後会場をあとにする人達の声をきくと、口々にやっぱり大ちゃんは違うとか、大ちゃんの演技が一番よかったと言っている声を耳にしたので、やっぱり大ちゃんの演技は凄かったんだとあらためて感じたんだけど。ただ凄かったという感想一言で言うことがむずかしい本日のkissingだった。
兎に角あれこれ考えるのではなく気が付いたら涙腺がゆるんでいたという感じ。

昨日は職場のおねえたま上司が観戦に行き初生大ちゃんの印象を大興奮して見た後すぐ連絡をくれた。
本当はお母様とご一緒されるはずだったのが風邪をひかれたらしく、しかたがないので嫌がる旦那を代わりに連れていったらしいのだけど、その旦那さんが生大ちゃんの演技を見て感激し
「大ちゃんすごいな」
と一気に大ちゃんファンに。そして初観戦のおねえたま夫婦は初観戦にもかかわらず、夫婦そろって演技中も演技後も大ちゃんにヒューヒューキャーキャー言ったらしい。私は未だに言えないのに。
次もフィギュアのショーへ行く?と旦那さんに聞いたら
「大ちゃんが出るショーなら行く」
ということなので、チケット取りがんばると言っていていつまでも話がとまらなそうだったので、月曜日のランチの時に大ちゃん話に花を開かせる約束をして電話を切った。
チケットはみんなXOIがどれくらい取れるかわからないからSOIは様子見をしてたと思うんだけど、そのおかげでおねえたま上司のチケットはアリーナのいいお席で氷上席のすぐ後ろ。大ちゃんがしーってやる表情がよく見える席だったそうで、色悪な色気を漂わせながらしーってやって、その後、てへへっといたずらっ子のような表情でその場を離れていったのが脳裡に焼き付いて思い出してもニヤニヤしてしまうくらいカッコ可愛かったとかで。
それを聞いてケチらずいい席とればよかったと後悔。
実は私の席は正直なところ、普段だとA席扱いだろうと思われる席だったんですよ。
だからおねえたま上司の話をきいて5000円ケチらなければよかったなとつくづく思ったものだけど、そんな不満ある席ですら大ちゃんの楽kissingの会場を支配する力は素晴らしいと実感。

そして帰りなんとなく直帰したくなくて、ちょっと本屋さんへ寄り道をしたところが、
本屋さんに50冊くらい2000daysがどーんと。それも店員さんの手書きポップ付き。
正直なところこんなに置いてあって売れるのであろうかと心配してたところ、ちょうど店員さんが書棚近くで本の整理をしはじめたので
「高橋さんの本こんなにたくさん売れるんですか?」
とつい聞いてしまったところ
「高橋選手の本は売れるので大丈夫ですよ。長い期間売れ続けるしうちは男性のお客様も買ってかれる方が多いのでファン層が広いみたいですね」
と店員さんが言っていて、フィギュア雑誌も書籍も大ちゃん表紙のやつは売れ残ったことがないと言っておりました。
そういえば「ありがとう高橋大輔」も20冊くらいは平積みされてたけど書棚にもみかけないところを見ると、ありがとう高橋大輔も売れようです。売れてるから2000days50冊どーんなんだろうけど。
そんなことで今日ショーに行ってきたこととかもつい調子に乗って話しちゃって、2000daysは買っちゃったんだけど来月に渡部さんのトレーニング本が出るのでそれも買おうと思うという話をしてしまったら、流れで予約するはめに。
大手チェーン店の本屋さんではあるけれど、50冊くらいの山積みにはちょっとおののいた。
ただ思い起こせば、昨年P&Gプレゼンツ大ちゃんに会えるキャンペーンで某ドラッグストアに行ったところ、応募はがきがあっと言う間になくなっており、大ちゃんファンが同じ街にけっこういるということは把握はしてたんですけど。
それでも小さな街ですからね、あのどーんと山積み2000daysがちょっと心配です。

2000days 感想文

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

SOI大阪 いってないけど感想

ツイを見ていると大阪スターズオンアイス、会場も冷えてるけどお客さんも冷えてるとか
多分客層もあるのかなと思う。
昨年一とSOIに行ってるけど、スポンサー関係の会社の社員だったり、ツアーを募ったりのお客さんが結構いたと思うので、ショー観戦初心者が多いのがSOIかなと思う。
それと、SOIはたんたんとプログラムが進んでいくという感じだし、特にここ何年間かバラード系の曲を使うスケーターが多いので、ちょっとプログラムとしてのメリハリが少ないと感じることが多いし、盛り上がり方がわからないというのもそのせいもあるかも。
あとは、カップルプロが多いのがSOIの特徴だけど、悲しい事にカップル競技はあまり放送されないのでなじみがないという現実もある。もったいないことだけど

今日の大阪公演はどんな感じだったかしらね。

ところで、ののまめの職場のソチで大ちゃんにおちたおねえたまOLが来週の東京公演に行くんだけど、彼女大ちゃんと真央ちゃんのコラボが見れると楽しみにしていたんですよ。
彼女のように思ってSOIに行かれる人とかは沢山いるのではと思うのだけど、ちょっと肩すかしかもしれないですよね。
あっこちゃんが悪いっていうわけではないんだけど、スケオタではない初めてショーを見に行く人は年末の報道が記憶に残っているので大ちゃんと真央ちゃんが一緒にすべると刷り込まれてしまっているので、真央ちゃんがいるのにあっこちゃんとなるとちょっとがっくり感があるかもしれません。
あっこちゃんとペアみたいだよと、おねえたまに言ったらがっくりきてて。
私もちょっと残念だったんですけどね。
でも初フィギュアのショーに初生大ちゃんなので楽しんでくれたらいいなと思います。
多分大ちゃんの演技ははずれを引く確率のほうが低いくらいなので。
はずれがないとは絶対いいません。
だって、一昨年のFOIの初日のソナチネは正直なところ、これがオリンピックプロなのかなとか、モロゾフがよくこのプログラムでOK出したなくらいに思いながら見ていて、更に衣装がもこもこしていて体の動きがよくみえないしバランスがあまりよくなくてその事ばかりが気になってしまって集中して演技を見ることができなかった。
演技事体もディテールがぼやけていて大ちゃんからいつもなら伝わってくるものが伝わってこなくて何を表現したいのかが全くわからなくて当時ちょっと心配したし、お義理であってもスタンディングオベーションはできなかった。
多分一昨年のFOIの初日はオールスタンディングオベーションではなかったと記憶している。

楽は初めてショーを見る友人を連れてなのでがっくりきちゃったらどうしようとまで考えたりするくらいだったし。
結果は回を重ねるほどプログラムが充実していって楽はとてもいい演技だったので一緒に見た友人も大満足だったからよかった。
でも過去ちょっとと思ったのはその時くらいで、あとは毎回スタンディングオベーションをしてしまう演技ばかりなのではずれの確率が低いというのは高いチケットを買って見に行くだけの価値はやっぱり高橋大輔にはあると思う。
もし無限の体力が大ちゃんにあったのならば、ワンマンショーをやってほしいくらい。
それだったら10万くらい余裕でだすね。
そういえば、先日織田君にスケートを30分教えてもって3万円、売れるかどうかという番組があったけど。
私大ちゃんが30分個人レッスンしてくれるなら10万くらいでも出すと思った。
たぶん大ちゃんファンは同じことを考えたにちがいない。
でもその場で現金10万はすぐ支払えないのでカードでお願いしますとまで脳内でシュミレーションもした。

その番組でひとつイラっとしたのは、最初に出てきて織田君のレッスン表示をしている看板を見ていた親子のうち中学生か高校生くらいの男の子が「(織田君ではなく)大ちゃんなら」とはっきり言っているのに、なぜか字幕は違うスケーターの名前と画像がでてきたので、なんだよと思った。チャンネルを確認したら日テレだったのでさもあらんと思ったけど。
ただいくら制作側が工作しても、現実はあのくらいの年齢の男子が、高橋大輔を認識していうる上に「大ちゃん」と呼んでいるのを見ると、大ちゃんの世間での認識率と愛され率はかなり高いと思った。

認識率というと、昨日赤羽の駅構内にある本屋さんに2000daysが通路を歩いているだけで目に入る絶好の位置に陳列してありました。ちょっとそれが目に留まったので店内にはいったら、クリアケースが二つ並んでいたんだけどひとつは空でもう一つは3冊のみ残っていただけ。
多分クリアケースに並べることができるのはせいぜい10冊という感じだったので結構大ちゃんの本は売れているのではないかと思っちゃいました。赤羽駅の本屋さんには何冊配本になったかわからないけど2700円というのはファンでないと考える値段だと思うけど、動いているのを見ると店員さんのおすすめ具合もわかるってものです。

話は戻りまして、本日のツイを見ると昨日よりはポジティブな感想文が多いのでちょっと安心しました。
昨日の時点でも大ちゃんの演技には素敵感想文がならんでいたので、SOIの雰囲気と開場内の極寒が寒さを増長して盛り上がりにかけたのかもしれません。
新横でのFOIやXOIでの会場全体で盛り上がるのを経験してしまうとつい比較してしまうんですよね。
一度FOIも大箱でやってみるとどうなるかちょっと興味はあったりするんだけど。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR