格闘技ファンブログでもなければポケモンファンブログでもない高橋大輔ファンブログなのです

皆様、ののまめの勝手に考えた大ちゃんファン感謝祭のプログラムを読んで笑っていただいたようでなによりです。
まだまだあるんですけどね、皆様の共感を得た人気の対戦ケンジミヤモト VS ニコライモロゾフ の一戦とか
二人のキャッチまで考えたくらいです。

「大胆に!そして繊細に!華麗にリンクに舞い踊る悪の華 ケンジミヤモト」
「ツンドラも解け出しブリザードも避けて通る!熱きロシアのツァーリボンバ ニコライモロゾフ」

どっちも強そうだ。
そしてこんな二人のレフリーをするのが、ダイスケタカハシ
リンクサイド実況はフジ西岡アナ。
二人のダイスキタカハシなマイクパフォーマンスと、そこに食い込む実況アナ西岡氏。どいつもこいつも恥ずかしげもなくダイスキタカハシを語るので、レフリーダイスケタカハシがもじもじしながら照れ笑いを浮かべるしかなく、どうしたらいいのか困惑するのであった。
そんなもじもじする大ちゃんを見れたことに手と叩いて喜ぶファン。
そして、更に激しくマイクパフォーマンスを繰り広げる悪の華ケンジミヤモトとツァーリボンバニコライに感謝の手をあわせるのであった。

実はこの上の行間に、二人のダイスキタカハシなマイクパフォーマンスの言葉を書いたが、書いてるうちに私のほうが恥ずかしくなったので消した。
よんでて照れた。妄想なのに
その上、すでに二人のリングコスチュームまで考えた。
悪の華ケンジミヤモトはやはり黒イメージ
そしてツァーリボンバニコライは赤のイメージ
いかし、黒パンツと赤パンツでは、猪木とジャイアント馬場になってしまうので、シンプルではなくゴージャズパンツである。
それはそれは華麗なコスチュームも考えた。
悪の華ケンジミヤモトにはマスクまでかぶせてみた。
もうリンクなのかリングなのか、そして誰が主人公なのかもわからなくなっているののまめの大ちゃんファン感謝祭の妄想である。
そうそう、二人を紹介するときにかかる曲も決めてあります。それはプライドのテーマ音楽




どこまで妄想するのか、ののまめ方向まちがってるぞと突っ込みもあるとは思いますが妄想なので。
そういえば、去年のNHK杯のEXで、グレーシー・ゴールドの名前をコールするアナがプライドのレニー・ハートの真似をして、巻き舌でグルゥゥウレイスィィィグゥルルルオールドォってゆってました。ちょっとNHK杯にはあってなかったけど。それをきいて、プライドかよと結構な人が突っ込んでたと思います。ヒクソン・グレーシーのまねっこですね。
でもこのプライドのテーマ音楽はののまめ、気合をいれないといけない時とか、イマイチ調子が出ない朝の通勤時に聞いています。名曲だと思います。
プライドカムバックです・・・といっても、ののまめ格闘技ファンでもなんでもないですけどね。ただあのオープニングの感じが好きで。オープニングだけ見たくて見てましたプライド。好きな選手はサモアの怪人マイク・ハント。あ、マークハントはK-1だった。でもPRIDEにも出てたからいいや。


ところで全く話はかわりまして、先日オトメンKたんがののまめの妄想画像を作ってくれたので、ツイートしたのですがオタク友達から、あのツィートの仕方では検索にかかりづらいのでと検索にひっかかりやすいツィートの極意を教えてくれましたが、あえて検索にひっかからなくてもと思ってつぶやいたんですけどね。下手すると大ちゃんファンからもプラターヌ博士ファンからもぼこぼこにされそうなので。
どんな画像かというと、こんなやつ

この画像をこさえてもらってから数日悩んだんですよ。もしこんな表情をしたプラターヌ博士にポケモンバトルしかけられたらどうしようかって。
ひれふして自分のポケモン全部捧げるしかないなとか・・けど、ひれふしたらこのステキなダイスケタカハシプラターヌ博士の姿を見ることはできない、イマイチしっくりこなくて悩みをツィートしたら、とってもしっくりする答えを頂きました。
急いで逃げて柱の陰から観察する。なんて素敵な答えでしょうか。
しかし、また悩みがでてきました。柱の陰から観察するのはいいのだけど、このダイスケタカハシプラターヌ博士は投げたモンスターボールをどうするのかと、そしてこんなにせつない顏をして一人残されたダイスケタカハシプラターヌ博士は、更にせつなくなってしまうのではないかと。柱の陰から観察するのはいいけれど、どんな行動にでるのか考えるとまたしても悩みがつきません。
ああ、こんな事を書いているとまたグーグル先生は大ちゃんをプラターヌ博士と勘違いして、グーグルの画像検索一覧にのせてしまいます。
すみません、プラターヌ博士ファンのみなさん。プラターヌ博士と検索して大ちゃんがでてきてしまうのは私のせいです。
けれど、しかたがないんですグーグル先生も勘違いするほどのそっくりさんなので・・・なんてね。

スポンサーサイト

大ちゃんファン感謝祭のプログラムを勝手に考える

大ちゃんのDVD届きました。そして見ました。
にやにや笑いながら見ている自分がいることにふと気が付いて照れました。

いろいろ感想文も書きたいところですが、これから見る方もいらっしゃるでしょうから詳細は書きませんが、にやにやしながら見たののまめがいたってことですよ。
ただ、楽しみにしていたステップ集だけど。できれば別角度から撮ったのもリプレイでみせていただきたかった。
あとはできればもうちょっと引きで。足元見えてないし・・・後半からは引き映像もありでカメラワークもちょっとはよくなったけど。
大ちゃんに密着しているとはいえ、フィギュアスケートの演技を撮影する機会はそうそうないので、神カメラワークを期待してはいけないんだけど、スケオタとしてはどうして足元うつさないのっ、ステップ集じゃんうつしてよー心でつっこみながら見てました。
幻のオーシャンウェーブはぜひショープログラムで見てみたいです。ステップ集見て思いました。
ステップ集で何がよかったかというと、大ちゃんが当時の衣装を着て滑ってくれるのですが、ラフマニあたりとかやはり顏と衣装があってないなと、けどヒラヒラまだいけるで大ちゃんと思いました。できればロミオの衣装を着ていただきたかった。それかタラソワ時代のピンクリボンだったり、孫悟空だったり、カーウォッシャーみたいな衣装とか。
あ、いいこと思いついた。
高橋大輔ファン感謝祭のなかで、過去の恥ずかしい衣装を再び着てステップをするコーナーを作ってもらってもいいと思う。
それか会場入り口に、おもしろ衣装を展示するとか、いやそれでは平凡だわ。
いっそ面白衣装を着たハリボテ大ちゃんの顏だけくりぬき、ファンはそのくりぬき部分から顏をだし写真撮影し、その後面白衣装を着た自分を見て大ちゃんと同じ気持ちになろうというコーナーを作ってもらうとか。いいわいいわ。
多分だけど、賛否両論あったフレンズHEARTを見て誰しもがくいついたのが、荒川さんの言った「高橋大輔ファン感謝祭」ではないかと思う。
多分あの言葉をきいたあと、賛否ありがながも、私だったら大ちゃんにこんな風に感謝をしていただきたいなどと、いろいろ妄想したに違いない。
私は結構している。
大ちゃんも一人ではきついと言っていたので
それならばゲストをお願いすればいいのだ。
ののまめの妄想では、まず最初に、
大ちゃんとノブナリの二人によるフィギュアスケーターあるある漫談
司会は、たどたどしい小塚崇彦。実況ツイッターはミーシャ・ジー。楽屋裏取材カメラマンはミーシャパパ。息子の仲よしのお友達を父親視点で撮ってくれるため日頃みれない大ちゃんの表情が見れる可能性があること。ただしやはりミーシャ中心になりそうなのでそこは注意。
アッコちゃんと大ちゃんの胸やけしそうなくらい暑苦しいアイスダンス。曲はりベルタンゴ。
昭和の男高橋大輔による 大ちゃん昭和歌謡ショー 
宮本先生のよる過去の大ちゃんの演技映像を見ながらの生解説。聞き手はプログラムごとに各局男子アナウンサー。
宮本先生による高橋大輔はオレに語らせろ無制限一本勝負。対戦相手は、カナダ代表カートブラウニング・イタリア代表パスクァーレ・カメレンゴ・アメリカ代表大ちゃんは僕のアイドル、大ちゃん初の弟弟子アダム・リッポン・一日中でも大ちゃんのことを語れると豪語している新生ジェイソン・ブラウン。地味ながらも実は史上最強の大ちゃんおっかけ町田樹。ブリティッシュユーロの二人も忘れてはいけない。
しかし、最後の統一王者戦で戦うのは、やはり宮本賢二VSニコライ・モロゾフ
どちらもヒール感を漂わせリングに登場する・・・あ、まちがったリンクだった。失敬失敬。二人とも体作ったらいいレスラーになりそうな風貌なもんだからついつい、プロレス対決をさせてしまいそうだった。いかんいかん。
・・・・みたいな妄想をした。
その他まだゲストは登場し様々な高橋大輔ファン感謝祭の演目が続くので一日では終わりそうもない。
ののまめだけでも、高橋大輔ファン感謝祭の事を語りだしたら次々語れるので、大ちゃんファンが妄想した高橋大輔ファン感謝祭の内容を一覧表にしたらえらいことになるに違いない。
おみやげには、大ちゃんひみつの写真集もお願いするのを忘れていた。
もう高橋大輔ファン感謝祭があるかのごとくに書いているが、いつでも感謝してもらってもいいので大ちゃんよろしくお願いします。





気持ち!!!!!↑↑! これ大ちゃんメガ進化ありですね

荒川さんと大ちゃんの全日本後の対談CS日テレでやってましたが、いい対談でしたね。
こころのところ大ちゃん不足だったし、年末はいろいろ情報も出てたのでそれほど目新しい対談をしているとは思ってなかったんですが、目新しいどころがすでに大ちゃん進化していました。
これは大ちゃんメガ進化ありですな。
ところで、メガ進化メガ進化とののまめ書いてるけど、それなんやの?と思っている大ちゃんファンの皆様。
このメガ進化はポケモンXY用語であります。
大ちゃんにそっくりと評判のプラターヌ博士がポケモンメガ進化研究をしているのですが
ポケモンは進化はするのですが、特定の条件が重なると普通以上の進化、すなわちメガ進化をする事がわかったのです。
ということで、荒川さんとのフレンズHEART#4 の対談を見て、大ちゃんオリンピックでメガ進化しそうです。
オリンピックまでにはそれでも時間があるので、気持ちの浮き沈みはあるだろうけど、でも明確な目標があるというのは気持ちの上でもいい状態でオリンピックに臨めるのではないでしょうかね。

2013年ワールドで惨敗後荒川さんとの対談で、荒川さんがトリノオリンピックの前年にやはり惨敗し落ちるところまで気持ちも落ちてしまったので、あとは上がるしかなかったと言っていた後、大ちゃんがロンドンワールドではそこまで落ち切ってないからと、ちょっともにょもにょ言っていましたが、今思えばあのもにょもにょがシーズン前半ひきづってしまったのだなと改めて思ったのだけど、それが大ちゃんを見守っているドSの神様のドS魂に火がついて、今シーズンは更にS度を増して、大ちゃんに試練を与えました。
しかたがありませんドMには普通のしうちでは、タイヘーンとか、もう無理とか言いながらも屁でもないのです、やはりドMにはドSのスペシャル調教が必要なのです。
しかしちょっとドS過ぎなので、ファンはドン引きした今シーズンでしたが、けれどやはりドSの神様の大ちゃん調教は功を奏したようです。
そんなドSの神様だけど、ツンデレ神様なのでドS調教をしようとも、大ちゃんには次々と大ちゃんが飛躍するための出会いを作っておいてくれました。
荒川さんとの対談の前に熊川さんと対談したのではないかと思うのだけど、熊川さんの「やれるんなら、やれよ」と「俺を見に来たんだろ」という超俺様オーラにビビりながらも、あの全日本から数日で金メダルを獲ると明確に目標を決めて、力強く言葉にしていることが凄くうれしかったので、大ちゃんはぜひ金メダルにふさわしい演技をしてやりきったと。
もちろん夏くらいにも金メダルとは言ってはいたんですけどね、その時は金メダルというのは自由なのでと、どこか言霊だよりみたいなところはあったかと思うけれど、今の大ちゃんの金メダルを獲るというのは、言霊に本当に魂にはいっているように思いました。

今、NHKで荒川さんのトリノシーズンのドキュメンタリーを再放送していましたが、改めて荒川さんの歩んだ金メダルへの道と、大ちゃんの歩んでいる金メダルの道はよく似た道を進んでいるなと思って見ていました。
昨日の荒川さんとの対談のなかで、ゆづの存在が大ちゃんにとってあせりにもなったし、逆にモチベーションにもなったと言っていたけれど、荒川さんもまたトリノシーズンに台頭してきた15歳の真央ちゃんの演技を見て、新採点法になかなか合わせられないあせりと、自分の演技というのを見落として苦しんでいた事は、まさに大ちゃんとゆづの関係と全く同じだなと改めて思いながら見ていました。
私もこのブログにはその事は過去数回書いているのではないかと思うけれど、当時マスコミの対応も真央ちゃん贔屓で正直なところメダル候補には荒川さんよりも、美姫ちゃんかもしくは村主さんあたりのほうが有力と考えていたのではないかなと言うくらい、荒川さんの評価は低かったと記憶しています。
オリンピック数か月前の荒川さんの表情を見ても女王の風格というのは全くなかったし。
なんとなくマスコミが真央ちゃん真央ちゃんともちあげるのを横目に、静香がんばってとエールを送っていたので、オリンピックで金メダルをとったことは本当にうれしくて金メダル決定の時は万歳しました。
正直なところ表彰台に乗れれば十分くらいに思ってたんですけどね、それが一番真ん中金メダル。
それも女子の金メダルにふさわしい、美しい演技での優勝だったのでなおさらです。
表情もオリンピック数か月前の垢抜けないところのある風貌だったのが、オリンピックの時には滑るまえから女王の風格漂う顔つきになっていたし。
大ちゃんも顔つきでどんな状態かは、ファンならほぼわかるので、オリンピックで登場した時、美しい顏をしていたらまず大丈夫だと思っていいのではないでしょうか。
全日本の時は、悲壮感ありの表情はそれはそれで美しかったんだけど、リンクに出てくる前に階段をあがっている姿をみて、肩に力がはいっていかり肩になっているので、状況はよくないだろうなとその時点でわかったくらいだけど。
美しい顏と美しい佇まいで大ちゃんがオリンピックのリンクに立つのを楽しみにています。それがイケる合図ではないかなと。

そして荒川さんの話にもどり。
今見ても、荒川さんがオリンピック直前にトゥーランドットに曲を変更したのは本当に正解でした。
オペラ定番中の定番ですが、トゥーランドットとは、中国の皇帝の娘で氷のように冷たい心をもつ絶世の美女の名前です。
荒川さんは長野の時に、無表情で情感が伝わらないと言われていて、そのイメージが多分世界中のジャッジにはあったかと思うのだけど、そのイメージをうまく利用して、冷たい心をもつトゥーランドット姫が愛を知り、愛を歌い上げるという物語を演じきったのは、まさにはまった選曲だったと今更ながらも思うのであります。
オリンピック開会式では、偶然にもパバロッティがトゥーランドットの「だれも寝てはならぬ」を歌い上げるし。
舞台は全て整って、更には荒川さ自身このオリンピックの全てを楽しもうと思って参加していたという心の余裕もあって。
全てのパーツがうまい具合にまったオリンピックでした。
番組の最後に刈屋さんが、ミッシャル・クワンの「夢に届くのがスポーツならば、夢に届かないのもスポーツ でも一番大切なのはその夢に向かって最大限に努力すること」という言葉を紹介し、最大限の努力をした人のみが集まってくるのがオリンピックとおっしゃってたけれど、そのどのぐらいの割合かはわからないけれど運もまたそこで左右されるんだなと思う。こればかりはもう神様の采配でしかないんだけど。
見ているほうとしては、全ての選手が最大限のすばらしい演技をした上で、勝敗がきまりみんなが喜びあってオリンピックが終わればいいなと今更ながら思う。やはり疑惑ありでのメダル獲得というのは、後年になってもその出来事はもちあがり、オリンピックの、そしてフィギュアスケートの汚点ともなるし、そこはもうジャッジの裁量なんだけど、ジャッジもオリンピックのジャッジをするだけの技量のある方々を採用し、匿名でなく実名でのジャッジをお願いしたいとつくづく思う。

そういえば、モロゾフは、荒川さんの滑る曲をオリンピック一か月前に変え、更にプログラム構成も点数がとれる攻めるプロに変更をしたんだけど、大ちゃんはどうするんでしょうかね。
ショートも、フリーも全日本までの構成でスピンステップがレベル4としての、技術点のBaseValueはショートは同じくらい。フリーで約5点差。

SP ゆづ   44.36、
    大ちゃん 43.71
LP ゆづ   89.72
   大ちゃん 85.95

完璧に滑れば基礎得点的には5点なのですごい差があるというわけではないんだけど、やはりいい波に乗れている時のゆづはジャンプのGEOがかなりつくので更に上乗せ5点で、差は10点あると見ていいと思うんだけど、この差をどうするか。
PCSでも大ちゃんと同じくらいゆづも点数が出るようになったので、技術点の上乗せは大ちゃんも考えないといけない課題かなとは思うけどここをどうモロゾフは判断するか。
全日本のフリーだとゆづはGEOを13.08点、大ちゃんは5.54点ということなので差が約8点。テクニカルの得点差とGEOの得点差を合わせると13点あるわけで・・・といっても怪我の状態でいどんだ全日本だからオリンピックで同じとはありえないんだけど。
同じ構成でいくか、それとも更に攻めていくか。
ファンとしては4Lzか4F入れて欲しいんですけどね、それらをいれるとジャンプ構成を変えないといけないけど、凄く変えなくてもいいのはどっちかといえば4Lzで、そうすると後半の3A-2Tを3A-3Tに出来るけど、後半の3F,3Lo,3Sのあとにコンボは曲的につけるところないし。。。ということはやはりこのままの構成なんだろうなとは思うけど、ローリーが来ていて手直ししているわけで、そこをどう手直ししているか。
最後のコリオグラフィックシークエンスの前のスピンが何気に気になるのであそこを音はめしやすいように変えそうな気はするんだけど。
どこがどう変わるんでしょうかね、いろいろ考えると楽しいんだけど、オリンピックまではあと少し、待ち遠しいけれど終わってしまう寂しさもありで。複雑さます。

四大陸男子女子とも1・2位

四大陸女子フリー
佳菜ちゃんと、知子ちゃんの演技で泣いた。
特に佳菜ちゃん。佳菜ちゃん貫禄。時期エースの貫録でてます。
ソチでオリンピックを経験して、もう1回オリンピックへと思ってエースの看板背負って欲しいと思う。
私佳菜ちゃんの演技では爆笑で涙出たということはあるけど・・・全日本の振分親方現役時代の仕切り前の気合の入れ方に似た仕草とか、顏をぐしゃぐしゃにしてマンガのように

・・・あ、佳菜ちゃんとジジュンが写真獲ってる。なんかいいわ可愛い子たちがきゃっきゃして仲良くしてるのは。
このまま次の平昌まで行ってくれれば。多分佳菜ちゃんとシジュンはリンクを降りたら仲よしでという感じで過ごしてくれるとは思うけど。

知子ちゃんも貫禄ある。この子はある。
NHK杯を生で見たんだけど、まだNHK杯はところどころジュニアの香りがあったのだけど、顏がしまってきて女性っぽくなってきたように、演技も大人っぽくなってきた。
彼女は妖艶系スケーターになると思うな。
このまま育つとエキゾチック系美女になりそうだし。
妖艶系のミステリアス感のある選手って今のところいないじゃないですか。
そんな感じで育ってくれるといいな。
ところで、問題は衣装ですよ。どうしても知子ちゃんの肌襦袢が気になって気になって。
衣装がよければもっと良く見えるのにもったいない。
その点遥ちゃんの衣装は毎回いい衣装である。見るのが本当に楽しみだけど。
遥ちゃんのおっとりした見た目とは違うスピードのある滑りから繰り出すたくましさあるジャンプ。
なのにランディングは優雅でそのギャップ萌えがたまらん。
特にループの跳び方って凄いなと思う。男子並みのスピードでジャンプ態勢にはいっていてそのまま跳んでしまうので。あんな跳び方する選手って男子でも少ないんじゃないかなと思う。
アッコちゃん真央ちゃんが引退したら日本女子はちょっと華が・・・などと思ったけれど、この四大陸を見て安心した。

シジュンの衣装は中国女子史上跳びぬけていい衣装ばかり来ていると思う。
中国選手って濃い色の衣装が多い印象があるんだけど、ジジュンのベビーピンクの似合いっぷりといったら。
NHK杯ではジジュンも楽しみにしていたけれど棄権で演技がみれず、その後コーチが変わったとか体調が悪いとかなんとかで、ジジュンどうなってんだろうと思ってたけど、元気な姿を見れてうれしい。
そういえば、ジジュンの衣装を見てて思ったんだけど、私アッコちゃんのショートは紫よりも淡いピンクのほうがいい。
フレンズの時の印象がよかったもので。
それと愛の賛歌って幸せに向っていくようなイメージがあって淡いピンクの衣装はそのイメージにあっているように

そして一日遅れの男子ですが、ムラ君優勝。こづ2位。
更にそして、こづ現役続行宣言。よく言った。
全日本後の「思うところがある」というこづの発言に、心にひっかかるものがあったんだけど。
現役続行を口にしてくれてよかったと思う。
そして、続行も大ちゃんの姿を見てということだし。大ちゃんの蒔いた種はきちんと芽吹いて次の世代につながっている。
資金や環境そういう物理的な問題もたくさんあるけれど、男子も女子も引退年齢がもうちょっと高くてもいいのではないかなと思うのだ。
やっと表現力が身についてきてこれから練られて良くなっていくなと思った矢先に、22・3あたりでやめてしまうのはファンとしてはもったいなくて。

奥様ちょっとお聞きになって。マツキヨで大ちゃんおむつに指さしててよ

今日地元のマツキヨに行ったらロッカー大ちゃんが指をさしていて、その指の先はおむつでした。
・・・ののまめです。
ナツい。

先日行ったときは応募はがきはなく、大ちゃんファンの素早い行動力に脱帽していたものの、今日は普通に買い物でマツキヨに行ったらロケンローラー大ちゃん祭になっていて(ゆづもちょっと横にいるけど大ちゃん真ん中どーんです)大ちゃんがあちこちで商品を指さしています。
応募はがきもぶらーんとたくさんぶら下がっておりました。
大ちゃんが勢いよくおすすめしてくれているので、大ちゃんおすすめのアリエールを買ってきました。
大ちゃんのおすすめしている商品は在庫が他のよりも減ってるものが多いので、なかなかやり手の販売員大ちゃんです。
1000円コースで応募しなくてはならないので、また買い物にいってレシートを集めなくてはなりません。
1000円コースはすでに皆様ご存じ、大ちゃんスペシャルイベントですよ。スペシャルですよ、どうスペシャルかわかんないだけに妄想は思いっきりふくらみます。
応募はがきには
「高橋大輔選手に合おう!スペシャルイベントへご招待 世界で活躍する高橋大輔選手に会える!大人も子供も一生の思い出に残る体験をプレゼント!」
一生の思い出に残る体験ですよ。大ちゃんの歌謡ショーとかあったりして。大ちゃん一人漫談とか・・・まさに一生の思い出に残りそうです、そんなことがあったら。
それにしても、もし当たったらイケオタPたんと行こうという話をしていたのですが、私たちってほらネット番長で実はチキンファンじゃないですか、なもので当たってしまって、もし大ちゃんに会えてしまったら、どうする?というどうでもいいような悩みも出てくるわけで・・・柱を・・柱の用意をお願いマツキヨさん。柱のかげから大ちゃんを見させて

|・`ω・) ・・・ダ、ダイチャン

などとまだ応募できるほど商品も買ってないくせに妄想が先走るののまめなのですが・・・・実はののまめと、イケオタPたん昨年二人とも別々の場所ながら偶然にも大ちゃんに遭遇してしまったのでありました。その時は柱の隠れることすらできませんでしたが、あったら柱のかげに隠れてもっとじっくり目を皿のようにして観察したかったです。

そんなののまめの日常などどうでもいいのですが、それでも自分のブログなので続けて書きますが
お正月あけから、ののまめっちマジで忙しくて毎日バリ残業です。とっ言っても、以前勤めていたIT企業にくらべれば屁みたいな残業時間ですが、日頃楽をしているばっかりに残業続きは疲れます。
やっとこさ一息ついた先週末、気が抜けたのか胃腸風邪をひきましてそんなこんなで体調がいまひとつすぐれず、まだ本日もちょっとばかし胃腸が疲れているような感じということで長引いております。そんなことでここのところ、いつものペースよりも若干ブログ更新が少なくなっております。
しかし、その間何をしていたかというと、ツイッターしてました。
実はののまめツイッターデビューしてたんです。
アカウントは持ってたけど持ってるだけで何もつぶやかず、昨年アメブロに接続できなかった時に業務連絡で一言ふたことつぶやいたんですけど、そのまま放置で。
そして、思い出したように今週ちょっとつぶやきました。
見つけた方、笑っていただきありがとうございます。
そうそう、ツイッターにはっつけた画像だけど、あれペイントでこさえました。
切って張って切って張ってと。
画像加工もしてないのによくぞくりそつ画像が並べられたものだと自画自賛です。

そして、おとといののまめの妄想画像をオトメンKたんが作ってくれました。
そのうち公開です。おたのしみにー。

今年も貢ぎます。ええ貢ぎますとも、もってけののまめの小銭~

大阪世界フィギュアエキシビションですってよ奥様。
これでもかこれでもかと財布の中をかっさらう勢いでショー開催です。
ワールド1週間後ですからね。余韻さまやらぬうちですわ。それにしても選手大変。
オリンピックおわってワールドおわってエキシ、それから4月12日、13日は代々木でスターズオンアイス。
府立でもスターズオンがあって・・・・さすがに全部はいけん。体力のないののまめには・・・お金もないが。
いや私もし、大ちゃんが現役引退するとしたら、スケジュールがジャパンオープンとかぶらなければ、イタリアヴェローナで行われるOpera on Ice出演あるんじゃないかと踏んでいて、もし大ちゃんINならイタリアまで行こうかなと本気でおもってんですよ。
もともと大ちゃんが出なくても海外のショーはいつか見に行きたいと昔から思ってたんだけど、特にOpera on Iceは一番行ってみたいショーで。
コロッセオに造られたリンクでオーケストラとオペラ歌手バックに滑るというオペラファンも涙するけど、フィギュアファンも涙出る、両方ファンならなおさらなショーなわけで行きたいんですよね。

Opera On Ice - Arena di Verona - 28/09/2013 - Shizuka Arakawa - HD
荒川さんのマダムバタフライはもうテッパンプロですね。
やっぱ日本人が蝶々さんやらないとね。大ちゃんだったら何滑るかな。ひとまず持ちネタは道化師だけど。もう一つ二つオペラプロあってもいいかもね。
それは現役引退後の話だけど。
でもこんな舞台で大ちゃんが滑ってくれたらと思ったら涙でるんだけど。
イタリアは大ちゃんファン多いですしね。
Opera onのことは海外のショーの話を書くとこれしか書いてないんだけど、やっぱりこの舞台は圧巻で、イタリアでしかできないショーだなと思うし。
日本じゃ体育館ですからね・・・無粋なスポンサー看板がこれでもかこれでもかってあって。せめてエリックボンパール杯みたいに同じ色調で統一とかできないのかなと思うんだけど。

話がそれたけど、本当に次から次へと今年はショーがあるわけで、演じるほうも大変だけど見るほうも大変です。
まちがいなく4月は毎週ショー行脚です。

ところで、現在四大陸男子ショートの真っ最中ですが、こづ頑張って欲しいわ。
できれば先シーズンちょっと出てきた色気みたいなものを見せていただきたい。
全日本ではいい滑りだったんだけど、以前のこづの滑りというか点数を積み上げるための演技だったので、できれば四大陸は枠獲りもないので、思いっきりやってほしい。
ちなみにののまめが気になってるのはフィリピン男子のカルザくんとマルティネスくんの二人だ。
去年四大陸見ててこの二人の演技が印象に残ってて。特にカルザくんが。
もうフィリピン男子はマルティネスくんがオリンピック代表なんでしょうかね。カルザくんのが好きだな。
そういえばカルザくんもダイスキタカハシの子なんですよね。
大ちゃんがアイドルってゆってたと思う確か。
大ちゃん男子にもモテモテである。

オタクも喜ぶフィギュアスケートオタクプロ列伝

笑ったユーロエキシのルシーヌ君の演技。
ネーベルだったかでも披露してたと思うけど・・おもえばあの時はトマシュのでかいカルメンにも笑ったけど、今回もトマシュ活躍
マリオのルシーヌ君 ゲストはピーチ姫のカロとゲーマーのトマシュ カロのピーチ姫がかわいすぎる
キム君と言えば、昨シーズンのワールド前の練習では大ちゃんと一緒に練習してたとかで、大ちゃんとのツーショットをアップしてましたね。
こんなことしなければ、モナコのイケメンとしてヒューヒュー言われてもいいのに、おバカである。
できれば3人ともさいたまワールドに来て、ぜひこのプロを日本で披露していただきたい。
2014 E Kim Lucine EX Duna

マリオといえば織田信成ははずせませんが・・・
作った人天才。私この動画みてノブナリは浪速のモーツアルトキダタロウの曲で滑るべきだと思いました。
そして、キダタロウの曲ってユーモラスでありながらも温かみがあって、ノブナリの演技にぴったりと思ったのもそこなんだけど
ちょっとオタク演技集とは違うけど、あえてここで紹介。

織田信成×吉本新喜劇のテーマ


オタク系でもマニアックオタクな選曲をしたイタリアのお祭り男サミュエル・コンテスティの演技。
まずは
曲は違うけど、衣装がカウボーイ・ビバップ 主人公スパイクの衣装・・・なぜこの衣装と思うけど、それくらいビバップ厨なんですね。
2008-09 Campionati Assoluti - Gala  al Palavela di Torino- Samuel Contesti

そして、ちょろっと曲の中に混ぜ込まれているビバップの挿入曲を使用

Samuel Contesti LP world champs 2009

ビバップつながりで、2011年あきおのモーモーフリー
全日本では、大ちゃんの後ですべったばかりに地上波での放送なし。
大ちゃんがインタビューを受けているその後ろで聞こえるモーモーの声。

Akio SASAKI - All Japan Championships 2011 FS

西岡さん、ショートは忍者でつかんだ10位ですってゆってる。。。笑った。たしかのあきお忍者はインパクト大であった。

そしてガチオタク カナダのケビン・レイノルズ
今シーズンのエキシプロの一つが 坂道のアポロンから 衣装も原作をリスペクトして日本の男子高校生の制服で。
違和感ないところがGJケビンである。
今シーズンは怪我で公式戦で見ることはできなかったけれど、カナダナショナルでは2位にはいりソチ代表に。
ぜひソチではオタク魂を見せていただきたい。。。てゆっても今年はオタクな選曲ではないけれどね。

Kevin Reynolds(But not for me) / ケビン・レイノルズ(But not for me)

クロノトリガーで滑るガチゲーマーでもあるケビンの演技
Nice 2012 ICE - MEN FP -14/26- Kevin REYNOLDS - 31/03/2012

ゲーム音楽ってあなどってはいけないのである。かなり壮大で聴きごたえがあるわけで、実は私ゲームはやらないんだけど、ゲームをやってるのを見るのが好きなので、偏ったオタク知識だけあるんだけど、ゲーム音楽は今後もフィギュアで使われる確率は高いんじゃないかと思う。
ちなみに、大ちゃんのヴァイオリンのためのソナチネを作曲した佐村河内さんもゲーム音楽のほうでは有名な方で、鬼武者とか作曲してます。
あ、そういえば今年のリード姉弟もゲーム音楽でしたね。

ゲームの将軍と、それからアニメの地獄少女・・・・すごい組み合わせだけど、どういう経緯でこの曲にしたんだろうか?気になるけど、お似合い。
Cathy REED / Chris REED FD Nebelhorn Trophy 2013

ネーベルでのクリスの頑張りに涙した私。膝の状態が悪いにもかかわらず渾身の演技。最後はちょっと気持ちが先走ってしまったけれど、この気魄でもって団体戦少しでも上位に食い込む滑りをしていただきたい。

大ちゃんもアニメっ子なのでアニメ音楽もありとは思いつつ、私的には大ちゃんはワルツはないと本人言ってますが、ハウルの動く城の「人生はメリーゴーランド」ならいいんじゃないかなと思うんだけど。
ちょっとせつなさもあり、華やかさもありで。
あとは、千と千尋の神隠しの「あの夏へ」とか
懐かしさとせつなさで胸にぐっとくるんだけど、こういう透明感ある音楽って意外に大ちゃんに似合うと思うんだけどね。

07/10/2011 久石讓 - あの夏へ(千と千尋の神隠し)


波乱のユーロ男子フリー

ユーロ男子いろいろ波乱のあったフリーでした。
ヨーロッパ選手権2014 男子フリーリザルト
http://www.isuresults.com/results/ec2014/ec2014_Men_FS_Scores.pdf

ハビは順当な優勝。今シーズンジャンプがはまらなかったけどオリンピックに向けて調整してきています。
それよりもですよ、ロシア男子。
ヴォロノフ君2位、メンショフさん3位ですよ。
私はうれしい。常に日陰ものの扱いをされてきた二人が意地を見せた。
ヴォロノフくんは前回バンクーバー代表でも涙を飲んだし、先シーズンのワールドも。メンショフさんもそう。
この二人に光を・・と思うのだけど。
実はヴォロノフ君が勝ってしまったら、ソチ代表のアドバンテージはプルにいくのでは?と思っているのだ。
これから非公式の試技でプルがいい演技をしたらだとは思うけど、メダルを獲る確率でいえばやはりプルはわけわかんない力を本番では出しそうだし、コフトンはまだ甘いとなると思うのだ。
ただプルもロシアナショナルでの出来を悲観してユーロに出ないと言ってしまったところに、問題はあったなと思う。
彼にも弱さがあった、多分あとで嫁にこっぴどくしかられたに違いない。
ナショナルで悲観せず、ユーロでリベンジすればよかったんだけど、今後試技をして代表になるか判断されるということだけどロシア国内ではどう思われているんだろうか?
仮に彼が選ばれたとして、果たして団体戦を戦い個人戦も戦える体力があるか?
ロシアスケ連も代表選出には悩むところだと思う。
コフトンの今シーズンの成長はめざましいものの、やはりクワドは博打だ。
ましてや母国開催のオリンピックでプレッシャーは半端ではない、このユーロでせめて台のりでもしとけば波風はたっても、コフトンが代表に選ばれたかもしれないけど・・・ロシアン男子どうなるか。

そして、波乱といえばアモディオですよ。
ジュベールは早々に代表に選ばれていたけれど、どうしてフランスナショナル1位のアモディオが選ばれなかったのか気になってたんだけど、今回の演技を見るとやはり持病の背中の痛みっていうのがひどいのではないかなと。
ジュベールは、クワドの回転不足と、鬼門のフリップのエッジエラーをとられてテクニカルの点数が伸びずだけど、でもプロを変えてもそれなりにまとめているのを見ると、はやりベテランだけにソチでは上位に絡んできそうだと思う。
いいぞいいぞ、
そしていいぞいいぞはベルネル。
いや内容はよろしくないんだけども、やっぱりジャンプがはまってきたらこの人も上位に絡んでくるダークホース選手だと思う。
集中力が途中でとぎれてしまうのが本当にもったいないんだけど、ベルネルもジャンプがなくても滑ってるのを見るだけで心地よさを感じるスケーティングの持ち主なので、ソチでは気合一発でお願いしたい。
大ちゃんも以前ベルネルが怖いってゆってましたからね。

MFS8 Tomas VERNER 2014 European


スケーティングが美しといえば、カロリーナです。
テレビで女子金メダルの行方を語られることが多いのだけど、ひたすら真央ちゃんとヨナで、それもヨナは今シーズンB級とナショナルしかでていないのに、韓国であげるならまだしも日本でなぜこうもバカ高い評価をしているのか全くもってわからず。
もしヨナもとりあげるのであれば、カロも取り上げていただきたい。それから母国開催のロシア女子たちとか
私としてはコストナーをなんで話に取り上げないのか全くわからないのである。
荒川さんもコメンテーターとして出演されるのであれば、海外のメダル候補はヨナのみだけでなく他にもいるということを言うべきではないかなと思うのだけど、まあ大人の事情もあるんでしょうが。あちらのジャッジに印象を悪く伝わると日本の選手たちに悪影響があるかもという配慮もあるんだとは思いますが、それならば違う切り口のコメントも用意しないととは思うんですけど。
なんか痒いところに手が届かないもどかしさを凄く感じるわけです。
もちろんテレビ局側の取り上げ方が、常に真央ちゃんとヨナというのを全面に出したがるからだとは思うんだけど、まだまだスポーツニュースや報道関係の方々には、フィギュアスケートというのは女子供の見るお遊びスポーツと思われているんでしょうね。
放送すれば視聴率が稼げるので、テレビ局側も勉強せず真央ちゃんとヨナをならべとけばいい、ジャンプが成功した失敗しただけでフィギュアの全てのように伝える。
フィギュアスケートという競技をたんなる見世物と軽く見ているのではないかなと思うわけです。
今シーズンで引退して、コメンテーターとしてテレビに出る選手たちもいるでしょうが、できればフィギュアスケートとはというところから、伝える努力をもっとしていただきたいなと思います。

最後にカロの美しいボレロを
まだ滑り込みがたりなくて前半ちょっとものたりないけど、多分ベテランですからオリンピックには仕上げてくるのではないかと思います。
それでも十分美しいボレロです。
カロはジャンプなくてもいいとは書いたけど、実はカロのジャンプが好きです。
流れるように長い手足を駆使し力みなく跳ぶ、いつまでも彼女はリンクの上に立っていて欲しい選手の一人です。
彼女が毎年出ている、ヴェローナで行われるOpera on Ice 一度生で見たいんですよ。私の夢の一つなんだけど
もし大ちゃんが今シーズンで引退したら多分出演するんじゃないかと思うショーのひとつだと思ってるんだけど
ソチへはののまめの財力では無理だったので、もし大ちゃんがカロモデルOpera on Iceに出演するのであれば、ののまめ今年はイタリアまで遠征しますよ・・・実はすでに職場には今年の秋ごろイタリアへ海外旅行へ行きたいんですよとゆっているのであります。

2014 E Carolina Kostner LP ESP

ビートルズメドレーに仕組まれた神様の采配

氷の神様に反感を買ったという大ちゃんの発言について、イケオタPたんが昨夜こんなことゆうてました。
「あれって、氷の神様は大ちゃんにお願いするような気弱じゃだめだ!実力に自信を持って氷の神様にいい演技しますって宣言するぐらいじゃないと!って言いたかったんじゃないかと思ったんだけど。
やっぱり感謝と練習してきた結果を精一杯演技するだけで大ちゃんの場合は十分勝てるってこと、神様は大ちゃんに教えたかったんじゃないかと思う。」

良い事言うなぁ。
お願いじゃないんだよね。お願いしている時点で気持ちが負けているんだと思うし。
そしてそもそも神様事はお願いしちゃいけないんだよっていうのが、私もそう思ってるんだけど、イケオタPたんもオトメンKたんも、この点は全く同じ考え方をしている。
日頃おばかな事ばかり話まくっている私たちだけど、それなりに大変な時期を乗り越えて、そしてその大変な時期に神にもすがる勢いでやっちゃったこともあるんだけど、神様にすがった私とPたんは書けばオカルト体験談のようになってしまうので書けないような経験もした、その経験から、やっぱ神様っているのね、だからこそ神様に安易に頼ったり、安易にお願いしちゃいかんという事に気が付いた。
多分それに気が付かなかったら、私もPたんも今頃は生きていないかもしれない。
まじな話っすよ本当に。命があってよかったわ、こうやって大ちゃんの演技を見て日夜楽しめるのだから。
楽しめる日々に感謝である。
ソチのリンクの神様には大ちゃんは感謝を捧げて欲しい。
でも、多分ソチのリンクにはちゃんと大ちゃんを応援する神様たちが大集合するはずだと思う。
パズルのピースが一つづつはまっていくように。

ののまめブログマラソンをしている人は読まれたとは思うけれど、大ちゃんのフリーのビートルズメドレー。
ビートルズの音楽は旧共産圏の方々にとっては、私たちが思う以上に思い入れのある音楽なのでそうです。
そんなことをののまめブログのどっかで書いた。BBCの動画もはっつけて。

クレムリンを揺るがせたビートルズ NHK BSドキュメンタリー
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/100103b.html
1960年代、ソ連政府は西側諸国のロックを固く禁じた。ソ連の文化を汚すものとして考えられていたのだ。
もちろんビートルズを聴くことは許されず、密輸レコードは次々に没収、廃棄された。
しかし、若者たちは様々な方法でビートルズの音楽に触れようとした。使用済みのレントゲン写真に音を刻み込んで作られた海賊版レコードまでもが密かに売られ、若者たちの心をつかんでいった。
やがてソ連全土でビートルズに触発された若者たちが、ロックバンドを結成するようになる。
テーブルの板や電話の受話器を利用したギターが作られ、プロパガンダ放送用の拡声機がスピーカーとして使われた。こうしてビートルズの音楽は、社会主義体制下で抑圧されていた若者たちの心を解き放っていく。
そして、それはソビエト崩壊の原動力の一つになったとさえ言われている。
番組は、ロシアの今を取材。ビートルズに生涯を捧げてきたスーパーファンや音楽関係者、さらにイワノフ現副首相などのビートルズ世代が登場する。ビートルズが彼らの人生をどのように変え、ソビエトの崩壊にどのような影響を与えたのかを探る。2003年に赤の広場で行われたビートルズの初コンサート、2008年、キエフで行われたポール・マッカートニーのコンサートなど貴重な演奏も楽しめる。

ちょっとそれと関連する記事が昨年あがってたようなので紹介すると
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130826/erp13082613320002-n1.htm

ビートルズがロシアに吹き込んだ自由
2013.8.26 13:26 
 「♪モスクワの娘たちが僕に大声で歌わせるんだ…」。ポール・マッカートニーとジョン・レノンが名曲「Back in the USSR」を制作したのは1968年。冷戦さなかのこの頃、ソ連でビートルズは「西側のプロパガンダ」と称され、社会への悪影響を懸念した共産党指導部により禁止されていた。

 しかし、若者たちは海賊版を手にし、当局に隠れてこっそり聴いていた。この時期、多感な10代を過ごした若者たちにとってビートルズは「共通の言語」であり、彼らの歌詞は英語の先生でもあった。

 それだけに、マッカートニーが2003年に訪露し、赤の広場で行った野外コンサートの熱狂ぶりはすごかった。「この日を30年以上も待っていたんだ」。集まった2万人の歌声は、首都の夜空にこだました。

 1952年生まれで柔道と出合うまでは「不良少年」だったというプーチン大統領もビートルズのファン。赤の広場の観客となり、リズムに併せて、身体をゆらせた。2日後、クレムリンを表敬訪問したマッカートニーに大統領はこんなことを言った。

 「あの時代、ビートルズは新鮮な空気を吹き込んでくれた。あなた方は私たちが世界を知るための窓のような存在だった」

ソビエトの若者たちにとって、ビートルズの音楽が西側の世界を知る窓口になり、自由を知り新しい国を作った。
そのロシアソチオリンピックで、大ちゃんがビートルズの音楽で、愛と感謝を伝えるプログラムを滑る。
ローリーも意識して選んだのかなと思ったら、大ちゃんが2012-13年シーズンに振付をすることになっていたとしても、ビートルズメドレーにするつもりだったということだったので、ローリーが共産主義国家とビートルズの関係性を考えて大ちゃんに選んだプロではなかったのだけど、それがやはり1年ずれて今シーズンプロとなり、ロシアの地でビートルズメドレーを滑ることは、やはり神様がしくんだことではないかなと思う。

愛と感謝。リンクの神様にお願いせずとも、愛と感謝を大ちゃん自身で表現すればそれは伝わると思う。
リンクの神様だけでなく、大ちゃんを見つめるたくさんの人々、その人々の胸にやどるそれぞれの神様にも伝わるはず。
愛と感謝をささげれば、八百万の神様が応援してくれるのだ。
ちょっと前、スピードスケートのゴールドメダリスト清水さんが本番では感謝をするのではなく、それはまだ先というような事を言っていたけれど、スピードスケートであればその言葉は納得なんだけど、フィギュアスケートにはあてはまらない言葉だと思ってきいていた。
プログラムに全ての事に、そして全ての人々に感謝するというメッセージを込めて滑る以上は、その気持ちがなかったら大ちゃんのプログラムは成立しないので。

ところで、大ちゃんファンの皆様も、大ちゃんの怪我治癒のお願いを神社にされたと思いますが、お願いしたらお礼詣りもお忘れなく。
遠方でお願いした神社にいけないかたは、近くの氏神さまでもいいので、お礼と感謝の気持ちを伝えてきてください。
きっとそれがまた大ちゃんにも、そして皆様にも愛と感謝が戻ってくると思うので。
よろちくおねがいちまーつ。




反感を買ったのではなく、ドSの神様が流血をプレゼントしてくれたのである。

先日ののまめブログの検索ワードをアップしたのを見たベテラン腐女子のおねえさまに
「検索ワードがカオスなのではなく、あんたのブログの内容がカオスなんだよ。
高橋大輔ブログなのになんで、ゴーちゃんのパンチラとか、スケアメの結果とか、ジョルジュ・ドンとか、プラターヌ博士とか、毎日毎日どこから湧いてくるんだ?(; ・`д・´)共通点全くないのに、全て高橋大輔に絡めまくる、ののまめ恐るべしだ」
とほめていただきました・・・ちがうな多分、アホやろあんたって言う心の声が聞こえました。ごもっともです。
超自覚~

そんな本日ですが、ひさびさオトメンKたんからの情報です。

「今日ニュースを見てたら、岐阜県高山の伊太祁曽神社で鉄釜に米・小豆・大豆と一緒に100本以上の麻の茎を入れて1時間煮込み、茎の中に詰まった粥の量で一年の吉凶を占う管粥神事の模様が流れてた。
プロ野球の楽天優勝や荒川さん金メダルを当てた実績もあったりする神事なんだけど、ソチを占った結果、男子では大ちゃんが1番良かったみたい。
女子はあっこちゃん。あっこちゃんは特に小豆が入ってたらしく、かなり期待できるとか。
当たるも八卦当たらぬも八卦だけど、大ちゃん足の状態が復活して大活躍するといいね。」

だそうです。めずらしく漢字をいっぱい使って書いています。いつもひらがなばっかなのに
運勢がいいといえば、NHKのミッツ司会の番組で、占い師が大ちゃんが一番運勢が良いっていってましたね。
ミッツの番組はゆづ押し番組なので、大ちゃんファンとしてはビミョーですが、占い結果では大ちゃんが一番いいそうなので、そこだけ編集してとってあります。私たちもイメージトレーニング。大ちゃんソチオリンピック金メダルの。
ちなみに、私の脳裡には西岡さんの
「高橋大輔、金メダル。高橋大輔金メダルです」
という声がすでに聞こえています。
大ちゃんも伊太祁曽神社の神事も、NHKの番組の占いでもいい結果だけど、アッコちゃんも同じくいい結果出てますからね、モテ期。
二人とも運も廻ってきてますからね。あとは練習のみ。そして残りは運にまかせる、やはり運も必要ですからね。

そして遅ればせながら、
SANKEI EXPRESS「冷静と情熱のあいだ 高橋大輔」
『本番前はとにかく「4回転1本だけでもお願い」という気持ちだけだった。朝の公式練習から上がる時には氷に触って「お願い」をしたけれど、氷の神様から反感を買って、本番では氷で手を切った。』

反感を買ったのではなく、あの流血が大ちゃんを応援する人を更に増やしたように思うのだけど。
それと、前にも書いたんだけどののまめの職場の同僚が元映画関係の仕事をしていて、あの流血シーンは偶然の奇跡がいくつも重なった映像で、あのシーンを見た同僚は高橋大輔 「持ってる」 と思ったそうだから。
大ちゃんはもう終わったと思いながら後半滑っていたそうだけど、見ているほうはジャンプやスピンのミスも忘れてしまうくらいの名演として記憶に残っている。高視聴率で多くの人の印象に残り、そしてその後流血しながら滑る大ちゃんの映像が何度も何度も取り上げられて放送された。
もし、流血していなければ、フィギュアファン以外の人たち、ライブ映像を見ていなかった人たちは結果だけを見て、高橋大輔ジャンプを失敗したなという印象だけで終わってしまったかもしれない。
流血はちょっとドSな神様がまだ膝が完治していない大ちゃんに、奇跡のプレゼントをくれたのだ。
それと大ちゃんはあの流血を見てどこか冷静になったのではないかなとライブで見ていた時思ったし。
「なんでこんな時に血が出てるんだよ」
と、そんな事を一瞬思っているんじゃないかなと思いながら見ていたんだけど。
その後もジャンプを失敗したりもしたけれど、それでも集中をきらすこともなく、更には観客の気持ちも惹きつけたまま滑りきったので、あの流血には実はかなりの効力があったように思う。
だから反感を買ったなんて思っちゃいけない。
けど、神様にはお願いごとはしちゃいけないんだよ。
感謝をすればいいのだ。
だから、ソチのリンクではその場に立てたことを、そしてすばらしい演技をする場をもらえたことに感謝すればいいと思う。
それにしても「氷の神様」にお願いというのは日本人らしい。
このSANKEI EXを英訳する人はどうやって訳すか。
たぶん神様と訳さず氷の精霊・スピリチュアルと訳すだろうけど、ののまめのお友達のおたく外国人のM君がその訳し方はなっとらんと怒るんですよ。
一神教に迎合した訳し方するなって。けど世の中一神教を信仰している人たちの人口が多いので、精霊とかスピリチュアルって訳したほうがてっとりばやいんですけどね。
きちんとわかってもらおうと思うと、日本の神道でいうところの八百万の神を説明しなくちゃならないし。自然信仰って言うのがわかりやすいとは思うけど、一神教の方たちはそれはとても未開の宗教観だと思っているようで、更には左よりの日本人の発言に多いんだけど日本人は無宗教・無信仰なので宗教に関して節操がないという人がいるんだけど、私は日本人は八百万の神様を信仰しているので、キリストもブッダもマホメットもお友達の神様のように思っているので、いろんな宗教に関してすんなり受け入れられているのではないかと思う。
だから無宗教でも無信仰でもない。
どこにでも神様はいると普通に思っている。だからどこにいても神様の存在を無意識にしてしていて、なんのてらいもなくお願いをしたり感謝する。
大ちゃんの「氷の神様」にお願いというのは、海外の人からすると日本人らしい感覚と思われるのではないかなと思う。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR