お腹のゆるいフィギュアファンはどこに潜伏しているのか。はーいここにいまーす。

しばらく大ちゃん情報がとぎれ寂しい日々を過ごされていたみなさん。
私もおなじく~。テレビの番宣ですらうれしい今日この頃。
そしてツイッターを眺めていると、大ちゃん目撃情報が。。。またしてもののまめの生息地域。プロジェクトルームがあるのだ。
ののまめのくせに、意外におされなところに生息していやがるなとお思いでしょうが。しかしほとんど屋内にひきこもっているのでおされ感は全くなし。仕事場へいって直帰で家かえって~そんなことでは、せっかく大ちゃんが出没してくれても捕獲もできやしない。残念無念であります。
でもいいの、どうせののまめはチキンだから、近くで大ちゃん見ても固まってるだけだと思うので、遠くから眺めるだけでおなか一杯、そして妄想爆裂。
そして、番宣大ちゃんや番宣画像で楽しむ本日。。。なんてことはなく、あの日初日ですよっ、こんな時にきちゃいました。明日は二日目、一番ひどい日にあたり、更におなかをこわし、今日は午後からトイレにばかりいってて、おなかを下したせいもあるけれど、トイレまでが遠いので運動量も半端でなく、更にかるく貧血おこし・・・・明日起きれるだろうかと心配。
更に心配は、一緒にいくフミヤファンが、ショーのまえに食事をしようと言うのである。
やばいわ。いいよとは返事したものの、超やばい。ショーのまえにおなかに入れてしまっては、ショーを見るよりも代々木第一体育館のトイレを見ている時間のほうが長くなってしまうかもしれない。それはいかん、ということで今これを書きつつも、レストランを検索中である。軽く食べられて雰囲気のいいところ。

そして考えなくてはならないのが明日の服装ですよ。
寒い時期だと、コートとか着て行けるから手持ちの荷物にはならないけれど、この季節行き帰りにコートを手荷物にせねばならないので、一番荷物の多い季節ではないかと思うのでありますが、大荷物もって渋谷原宿界隈を闊歩するのもなんだかなぁです。

冬場だとブラジャーつけて、ババシャツ着て、ワンピースにカーディガンっていう感じですが、6月となると、ババシャツやめてキャミソールかスリップを着て、その上に薄手の腹巻。これ重要。おなかゆるい人には超大切。この腹巻の間に使い捨てカイロを仕込むのであります。
体が効率よくあたたまるのは、肝臓の上あたりに貼るのがいいとネットで見たので、私は右胸の下と、右の肩甲骨の下あたりにカイロをはっつけてみました。
国別の時これをしていたら汗かきました。
汗をかくくらいなので途中でのぼせぎみになりカイロを外したくらいなので、サンドイッチよりも、前か後ろどっちかにはっつけるのがいいかもしれません。足とかも全く冷たくならなかったし、これは結構おすすめ。
明日はたぶん、ワンピースの重ね着です。俗にいう、森ガール。・・・・嘘こきました。森おばさんルック。
森おばさんってほどナチュラルスタイルでもないけど、ああいう系が私にとってはフィギュア観戦にはいいんです、寒ければ更に着る、暑ければ脱ぐを簡単にできるので。足元は、ストッキングの上にタイツを穿いてが冬場は定番ですが、明日はストッキングにレッグフォーマーです。あとはお腹冷え対策の為にペチコートも着ます。アルプスの少女ハイジが、おじいさんのところに初めて連れてこられた時のように、ひとまず荷物を少なくするために何枚も着せられてるような状態を思い浮かべてもらうといいかと思います。
結構その都度リンクの室温は違うので、行ってみないとわかんないところもあるため、現地で調整できるような服装にしてます。
それでも、今の季節は荷物多い・・・・軽く1泊旅行なみの荷物になります。遠方の方は大変だなと毎回思うものですが、あんまりまわりの人がどうしてるのかって普段観察してないので、明日はちょっと観察してみようかと思います。

それにしても、やっぱりわくわくー。
公開練習映像みても、写真見ても。練習着大ちゃんすてき。
大ちゃんは、残像効果を期待して、袖のたふたふした衣装をお好みだけど、私は練習着みたいな腕のうごきがはっきり見えるような衣装が好きなんだけど。遠目でも大ちゃんの細かい腕の筋肉の動きとか、背中のしなりとか見えるのでより表現豊かに見える気がするんだけど。初代月光のルートヴィッヒ大ちゃんのお貴族衣装とか胸元はともかく、動きはきれいに見える衣装だったと思うので、ああいうちょっとタイトでありながらエレガントさがあるような衣装もいいなと思うんだけど・・・明日は何着てくれますかね。黒シャツ黒パンツでしょうかね・・・そんななら練習着でもいいのに。などと思うののまめ。
でも大ちゃんファンの多くの人は練習着大ちゃんが大好物だと思います。どんぶりめしもいける人多いと思います。まちがいありません。ニコ動とか見て思うもん。やたらとみんな喰いついてるから。

さて、明日はどんなお衣装か、そして新EXのお披露目とかあるんでしょうかね。たのしみー。



  
スポンサーサイト

あと3日でAOI、期待でおなかが痛くなってまいりましたっ

なんだかんだであと3回寝たらAOIですよ。
大ちゃんも練習してるみたいですね。昨日からちらちらお外を歩いている姿を目撃され、今日はショーの練習風景の画像もアップされてて、盛り上がってまいりました。おかげでおなかが痛くなってまいりました。ののまめ恒例です。
いや、実はそろそろあの日がくる予定。いつもだったら今日あたりのはずが・・・・やばい、大変な日にあたりそうである。
ただでさえリンクへ行くとおなかがゆるくなる私、なのになのにあの日にまでぶちあたりそう。ここのところ二日目くらいがいつも貧血になりそうなくらいふらふらになるのである、そしておなかが更にゆるくなり。。。そしてどうしようと考えると、更におなかの調子が・・・・・。 。゚(゚´Д`゚)゜。
私のような体質のフィギュアファンはこんな情報も欲しいに違いない。
私も探しまわったのである、おなかのゆるいフィギュアファンのための、フィギュア観戦の極意みたいなブログとか・・・全くなし。
多くのフィギュアファンは鋼鉄の胃腸をもっているようだ。
今回はお気楽なアリーナ席だし、たぶん席のエリアからするとトイレはさほど遠くもなく、プログラムのはざまを狙ってトイレに行くことも可能だと思うしと自分に言い聞かせる。でも、やっぱフィギュアを見るにはリンク上に造られたお貴族席が一番いいんだけどね。寒さは半端ないけれど、大ちゃんがジャンプで飛んでくるたびに、
「大ちゃんかまーん、いつもで受け止めるわっ」
という気持ちにもなり、飛んでくるたびに大ちゃんの体をキャッチするように足を踏ん張り、心の準備もするスリリングさも味わえるし。
何よりもちょいちょい目の前で愛嬌振りまいてもらえますからな、お貴族席は・・・しかし、おなかのゆるいイギュアファンには地獄のお貴族席でもある。
思い起こせば2年前のフレンズ・・・・私ライサの滑ってる時究極におなかが痛くなって脂汗たらしてました。ライサはやくおわってーはやくーって。
お貴族席ゆえ、トイレに行こうにもお貴族さま達の前をとおらねばトイレにもいけずで苦しかったわ・・・あれが最大のトラウマ。
あれ以来余計おなかゆるくなっちゃって。お貴族席チケットはとりたいものの、おなかが急に痛くなったらどうしたらいいのかとか考えちゃうし。
しかし、大ちゃんがふっとんできてしまった時受け止めるという特権もあるかもしれないお貴族席をあきらめるのは・・・みたいな葛藤もあり。
ほんと困ったわー。

そんなことに悩んでいるののまめですが、オフシーズンともなるとブログネタにもつきます。
大体昨年もこの時期をどうすごしたらいいのか本当に悩んだものです。
なので、ちょっと去年の今頃何をしていたのか、mixiの日記をのぞいてみたら・・・・私って奴わー・・・・ていう話ですわ。また

昨年の今自分、大ちゃんは上海AOIに出演されておりまして、中国人ファンやら現地へ行かれた方々が動画をばんばんアップしてくれてたので、上海大ちゃん動画のはしごをしていました。それが下の日記

********************************
2012年5月30日 あかんあかん大ちゃんあかんで

今日もやっぱりやばい。もう週末からずーっとやばい。大ちゃんタンゴのリピとまらん。 
とまらん理由は、どんどんいろんな角度からの動画があがってるからやがな。 
どうすんの私。マウスクリッククリックしてるもんだから、腕腱鞘炎になりそうですわ。この感覚はオリンピックシーズンに確かあったなぁ・・・・・。 
大ちゃんのミヤソラタンゴ。名作ですな。 
というか、みやけんも才能爆発ですな。 
今や上海ロクサーヌを見ると、振付が荒く感じられるし。というのは、もう昨年あたりから気が付いてはいたんだけど。
大ちゃんの表現力が増してロクサーヌの振付の枠を超えちゃったというのもあるとは思うけど、やはり宮本けんさんもコリオグラファーとしてめざましく成長したのではないかなと思う。ピアソラタンゴは、大ちゃんを知り尽くした宮本さんじゃなけりゃ作れないプロですな。 

それにしても、それにしてもだ。ミヤソラはエロい。
ブルースを見た外人のコメントで、ムラムラしちゃうーっていうようなコメントがあったけど、ミヤソラはやばい。肉食系の欧米女子はまちがいなく悩殺される。草食系日本女子でさえムラムラムッハーな状態にさせてしまうのだ。どうすんだ大ちゃん。この責任は・・・いや、ありがたいありがたい。エストロゲンが急激に低下するお年頃、おかげさまでなんか肌つやよくなりそう。今年のエキシはこれでいっていただきたいわ。
sweatの踊り狂いも嫌いじゃないけど、やっぱり情感に訴えるタンゴを見たあとでは~。 
でもあれですな、みやそらタンゴは、エロいって書くと正直違う感じが、そんな俗っぽい言葉では表現しきれん艶っぽさ。退廃と官能。凄まじい色気とせつなさ・・・うーん、なんかまだたりんな。 
どちらにしろ、大ちゃんはフィギュアスケートを芸術の世界にまで高めてしまい、一人だけ別次元に旅立ってしまってるのは事実である。ということで今シーズンどんなプロを滑るのか本当に楽しみだけど、ミヤソラを見てちょっと、うれしい反面、大ちゃんが生き急いでいるように感じてしまって、ちょっと今日は胸が痛くなった。この感覚はなんでしょうかね。 
ふと脳裡に浮かんだのは、バレエのニジンスキー。牧神の午後とか衝撃な振付で世の中を驚かせたバレエダンサーだけど、今回のタンゴは大ちゃんの秘め事を見ているようなちょっと見ちゃいけないような見たいような・・・みたいな。そしてその姿が決して品のないものでもなく、逆に崇高な神に祈る儀式のような、なんとも不思議かつエロティシズムにあふれた作品に仕上がってるわけだけど、ああ、早く聞きたい海外の解説者の感想を。
イギリスのダイスキタカハシの解説者もポエジィーな感想を述べるでしょう。
そしてどっちかっていうと辛辣解説でおなじみのトレーシーも大ちゃんに関してはいつもメロメロなので、今回もメロるでしょう。フランスのアニクさんもしゃべりまくるに違いない・・・超気になる。それよりもまだ初演の状態でこんななので、エキシですべりまくって回数重ねたらどんなものになるか。末おそろしいプログラムである。 
そんな末おそろしいプロゆえに、上海ミヤソラ動画はいろんな角度から撮った動画がアップされている。角度変えて見れるとまた違うねー。 
中に、中国人が見終わった後、あああ~とため息というか、感嘆というか、そんな声を出してるのがあったけど、その気持ちわかるわ~。
ちっこい動画でさえも虜になってしまうのだから、目の前で見た日には・・・。来月のショー当日券並ぶか!?私。 

いろんな角度から見る上海みやそら大ちゃん



http://www.youtube.com/watch?v=4cKw63u1324&feature=player_embedded

リピが本日もとまらん・・・やばいわ、ホント。 
ところで、今年コンペに戻ってくるジョニーですが、エキシかコンペかわからないけど、ガガの曲で滑るらしいけど、やっぱりジョニーは選択まちがってると思うなぁ。いっそ正統派クラッシックで、どこまでジョニーの美意識を表現できるかという挑戦をしてほしいなぁ。ガガが悪いってわけじゃないし、アメリカのショービズな志向にも向いてはいるとは思うけど、大ちゃんと同じように性的なエロティシズムを追及するのであれば、あえてエロとは反対の楽曲を選んでほしいと思うのだ。禁欲のなかにあるエロティシズムというか、表面的にエロでなく情感としてにじみでてくるエロの表現ていうんでしょうか、そういうのを表現してみてほしいのだけど。そのあたりはやっぱり欧米人。表現が直球なのかな。

******************************

と、ここまでが昨年の今頃書いてたことです。
ミヤソラ楽しんでましたね。今朝も私全日本EXのミヤソラとタンゴ見てから出勤しました。
そして、先日シーズン通して大ちゃんのミヤソラだけ録画したやつから編集して、ジャパンオープンからはじまって国別までのミヤソラをくっつけてエンドレスミヤソラビデオを作り増した。私の中では、GPFか国別ですかね・・・・あとJOのも、八木沼さんはじめアナウンサーもしゃべるもんだから興がそがれましたが、最後は八木沼さんにもファンの声が届いたのか、しゃべりが少なくなったので大ちゃんお演技に集中して見れましたが、BSで解説なしで放送されたものはいいけど、解説ありのは・・・・。
新シーズンのエキシプロはなんでしょうかね。AOI大ちゃんフミヤのコラボとグループナンバーだけだったら・・・。新エキシお披露目とかないかしら。それを期待してるんだけど。

ついでに、更にさかのぼって2011年5月・・・・ののまめ会社のお昼休みBLを読んでいて上司に何読んでるのって聞かれびびった話を書いていました。そして腐女子検定をしたみたところ、ののまめは初心者レベルの腐女子だったこともわかり、まだまだ修行がたりないと思ったと書いています。バカです。

更に2010年5月・・・タイトル 荒川静香にいさんかっこいいというタイトルで、大ちゃんが荒川さんに説教されてちょっとふにょ~っとなっている動画を見て萌えたと書いています。困ったバカです。

2009年5月まだmixiには登場せず、6月からmixiに書き始めました。仮面ライダー十年祭にいった感想文を書いていますが、内容はやっぱりバカです。


やっべ、mixi時代にもこんなことを・・・私って奴は

大ちゃんネタも一息ついて、寂しい日々に突入しているであろう皆様。
ののまめも同じくでありますよ。
今朝は出勤前に、国別のフリーを見て会社へ行きました。
ちょっとまえ、この国別フリーの大ちゃんについてお友達のオトメンKたんが変な心配をしていました。
それは、大ちゃんが演技後「やった」と言ったあと、手をうれしそうに叩いたあと手を握り胸元にもっていったしぐさが女の子っぽいとオトメンのくせに、大ちゃんのオトメンぶりを心配しておりました。たしかにちょいちょい大ちゃんには、私も見習わねばと思わざるおえないような乙女な仕草をすることがありますが、それもまた見ながらドキドキしたりして・・・・大ちゃんばれちゃうよ、ばれちゃうって・・・何をや。オトメンってことですけどね。
そういえば、桜井翔くんが、大ちゃんはワイルドだと思ってたと発言してたけど、あの発言は意外だったわ。
大ちゃんをワイルドだと思った事一回もないんで。大ちゃんファンでないたまにニュースとかで大ちゃんを知ってる程度の人からすると、ワイルドに見えるのかも。
ののまめの会社でたまにフィギュアを見る程度の人は、大ちゃんはチャラそうだと思ってたらしいし。スワンの頃のイメージが残ってるらしく。
あの頃ならともかく、今は違うだろうと思うけど、ファン以外はまだまだそんなイメージなのかもね。
といってもスワンの頃の大ちゃんのイメージがそのままってことは、それはそれで印象に残ってるということかもしれないけれど。

そんなどうでもいい話をつらつらと書きましたが、アメンバー限定の記事のほうにアップしたいと思ってた画像をネットで探してみたけど見つからず、そして以前画像をダウンロードしてもってたはずだからと、HD内を探しても見つからず・・・ちぇっと思ってたところ、そういえば以前mixiでその画像のことを日記にしたためてたと思って、探したら見つかりました。
それが、その日記だ。

************************
2012年7月6日 朝から大ちゃん

今朝出勤前にNHKを見ていたら、おすもうさんの妙義龍が出ていて、前十字靭帯損傷で相撲をあきらめようとしていたという話をしてて、あー大ちゃんと一緒だと思って見ていたら、そこに大ちゃん登場。
以前オリンピックで銅メダルをとった時に放送されたドキュメンタリーの一部で、大ちゃんがリハビリでマッサージされてイタイイタイゆってる、ファンとしては大ちゃんには大変申し訳ないが、とっても萌え萌えな映像と、それから茫然としたような顔で淡々と足だけ筋力強化しているやたらと美形度の高いまるで竹野内豊みたいな大ちゃんの映像、そしてバンクーバーですべりきって喜び満面の大ちゃんの映像と感動的な映像が・・・。
その頃同じく前十字の手術をして絶望の淵にいた妙義龍は、その大ちゃんのドキュメンタリーを見て涙し、大ちゃんのドキュメンタリーを見てはげみになったとゆっていました。自分も出来るって。そんな大ちゃんの影響でリハビリと稽古にはげみ三役に昇進したという妙義龍。
ちょっと私も朝から涙したわ。がんばって妙義龍。

そんなわけで、今日は通勤時大ちゃんのオリンピック映像をみつつ出社しましたが、たまたまななめ前にいた女の子がメールを打っていたのが一瞬目にはいったのですが、まちがいなく「プリケツ」って打ち込んでいました。それもプって打って第一候補にプリケツって出てたのでかなりのプリケツユーザーだと思いました。
大ちゃん、プリケツとい続いたら、プリケツを語らぬわけにはいきません。
別に語らんでもいいだろうけど、昨日PCのファイル整理をしてたら大ちゃん画像がいろいろ出てまいりました。
(^m^)うぷぷ。実はゲ○サイトで見つけた大ちゃんぷりけつ画像なんだけど。
やはりおネエ様たちは目のつけどころが違いますな。こんなみごとなプリケツっぷりと、アングルが芸術的。ちなみにそのサイトでは大ちゃんよりもPちゃんのプリケツが大人気でした。たしかに重量感あるPちゃんのプリケツはおネエさんたちには人気は高いでしょうが、大ちゃんのプリケツも大人気。
ということで、大ちゃんプリケツ画像はっつけておきました。
************************

はっつけておきましたと書いてますが、ここにははっつけませんが、そのうち限定のほうではっつけようかと思っています。
どんな画像かというと、ラフマニ大ちゃんですな。バタフライをしているその瞬間の画像で、とってもきれいな画像でエロ目線でなくてもいい写真だなと思えるやつですけど・・・・今とくらべると小ぶり・・・なにがって、わかってるくせにー。

話はかわりますが、先日、妙義龍と取組の予定だった琴欧洲も前十字靭帯断裂と半月板損傷で、妙義龍不戦勝になったんだけど、妙義龍もそれを知った時は複雑な気持ちだっただろうなと思った。琴欧洲にも大ちゃんのドキュメンタリービデオ見せてあげて欲しいわ。


オタクダンサー達がうらやましいののまめ

伊藤みどりさんが出場して優勝した今年のアダルトインターナショナル
年相応にふくよかになられた体型でありながら、冒頭のダブルアクセルには凄くて笑った。
それにスピードも出てるし。
体をしぼったらトリプルアクセル跳べるんじゃないかと思ってしまう。


Midori Ito - 2013 ISU Adult International
こういう大人の競技会を見ていると、大ちゃんとかも趣味ではスケートは続けると言っているので、ひょっとしたらこういう大会にいつの日か出る日もあるかもしれないけど。
大ちゃんのタンゴとかを見ていると、大ちゃんが40代か50代くらいになった時のタンゴも見てみたいなと思う。
アルゼンチンタンゴの動画とかをあさってると、たまにおじいちゃんがタンゴを踊ってる動画があったりするけど、年を重ねた男性でしか踊れない味のあるタンゴを踊っていて、しぶいオヤジになった大ちゃんがタンゴで滑ってたら素敵とか妄想する。
今滑ってるタンゴは若さゆえのセクシャリティを感じさせるタンゴだけど、40代50代になってくれば酸いも甘いも経験しつくしたまた違った色気がでてくるんじゃないかと思うんだけど。

今アルゼンチンオヤジが踊るタンゴ動画を探していたら、ロクサーヌで踊るおのこ二人のタンゴを見つけてしまった。


Two guys dancing Tango de Roxanne
大ちゃんがこんなのやってくれてもいいかも・・・トランコフさんあたりシャレでやってくれそうだ、同じモロゾフチームつながりで。
宮本先生もノリでやってくれそうかも、いややってくれっ
でも、ジョニーでも見たいかも。ちょっと黒いタンクトップのダンサーのほうがジョニーっぽいし。
タンゴって実は、男性同士で踊ったのがはじまりらしい。血気盛んなお年頃のおのこ達が、喧嘩でなくタンゴで勝負したのがアルゼンチンタンゴのはじまりとか。足がっつんがっつんやってるのは、実はあればダンスでタイマンはってるようなものだそう。
本当かどうかはよくわかんないけど、オタク外国人のMくんがそうゆってた。あと、Mくんのお友達で年に2・3回来日するアルゼンチン人の血がはいったフランス人という、ののまめ至上ぶっちぎりのハンサムさんがいる。
普通のサラリーマンであるラテンハンサムさんだけど、一度アルゼンチンタンゴを踊っている姿を見たことがある。
テクニック的にどうっていうのはよくわかんないけど、雰囲気がすごい。
彼と組んだ女性はその場で妊娠しそうないきおいで腰砕けになっていたけど、彼もタンゴは戦いってゆってた。
彼の場合は女性との戦いだと思うけど、ラテン男だからしかたがない。
あ、そんな話から思い出したことが、このののまめブログにもたびたび名前が出てくる、イケメンオタクのPたん。
大ちゃんが陸でタンゴ踊るんだたら一緒に踊りたいと言っていたのだけど、身長も彼女は小柄なので大ちゃんとジャストフィット。
そしてダンサーだったので、タンゴを踊りながら大ちゃんにおまたに足をがっつんがっつん入れられてもへーきと豪語していたっけ。
いいなぁ、ダンスできる人は、実体験があるから大ちゃんともし一緒に踊ったらどうなるかという妄想の幅が広がるじゃないですか、うらやましい。
ののまめなんて、盆踊りですらやばいのに・・・まあ、浴衣を着た大ちゃんと盆踊りっていう妄想はおもしろいかもしれないけど。
そういえば、バレエをやってる腐れのおねえさまの一人も、大ちゃんともし踊ったら私が大ちゃんをリフトするってゆってた。
そして廻すって。染之助・染太郎かとつっこんだ覚えがあるけど。
・・・こんな話をののまめは夜中にしています。他の大ちゃんファンたちはどんな会話してんでしょうか?実はすごく気になっております。
あまりにののまめ界隈の方々の話がいっちゃってる話が多いので、たぶんまっとうな大ちゃんファンからするとドン引きの可能性はかなり高いはず。
大体ののまめの界隈の方々は、ほぼオタクなのだ。オタクだけにテーマがしぼられると水を得た魚のごとく妄想が勢いずく。
ののまめ界隈オタクのみなさんという超狭い範囲に限定してリサーチすると、男子フィギュアスケーターの中での人気は、大ちゃんがダントツ一位なんです。時点はばらけるけど。突っ込みどころ満載の大ちゃんというキャラクターはオタク心を刺激するのです。



きざみしょうがの作り方

一昨日作ったきざみしょうが。
今日から食べ頃です。一晩おいた昨日もおいしかったけど、今日はうっまーと思わず言ってしまったうまさになっておりました。
そんなわけで、大ちゃんおすすめ「きざみしょうが」をまだ作っていない人のために、レシピを書き留めておこうと思います。

出来上がりは、番組で大ちゃんがごはんにかけていたタッパーに入っていた量ぐらいの分量だと思います。

材料

生姜・・・・・・・・100 g
酢・・・・・・・・・・10 ㏄
砂糖・・・・・・・・15 g
ナンプラー・・・ 3 ㏄
昆布だし・・・・・20 cc
しょうゆ・・・・・・20 cc
酒・・・・・・・・・・20 cc
みりん・・・・・・・20 cc

1) 上記量を鍋に入れて、煮立たせます。
2) 粗熱がとれたら、きざみしょうがを投入

出来上がり。

作りたてのお味・・・生姜の辛みが強く、胃腸の弱い人は小さじ半分程度でも胃にきます。気を付けてー。お腹の中が熱くなります。
一日後・・・・・・・・・・出汁としょうががなじんできて、辛口の日本酒と会いそうです。ナンプラーがコクをだしています。
なめろうを肴に一緒にきざみしょうを付けて食べるとおいしそう。
二日後・・・・・・・・・・食べごろ期間に突入。昆布出汁の味がきいてきて、砂糖やみりんの甘さとは違う甘みが出てきました。
第五の味覚うま味が登場です。どんぶりめしでもいけそうです。
大ちゃんのところに届けられるのは造りたてではなく、少し寝かした二日後くらいのものが届けられているんじゃないでしょうか。
ののまめは、本日玉ねぎスライスと絹ごし豆腐にごま油をちょっと垂らして、そこにきざみしょうがを乗せて食べました。うっまーと思わず声にでるうまさ。
明日が楽しみです。


ぬるぬるスワンとスケアメマンボ

一日おいたきざみしょうがは、味がまろやかになっておりました。
昨夜作ったばかりの時は、生姜の辛みがかなりつよくて、それはそれで真夏にそうめんの上にかけて、ズルズルーっといくのもいいかもと思ってたけど、一日たったきざみしょうがはお出汁と生姜がだいぶなじんでおりました。
なので、絹ごし豆腐の上にかけて食べましたがこれからの季節はクセになりそうです。
思うになんだけど、もっと量を増やして作り置きしておくといいかも。
時にはニンニクを入れて、鶏肉や豚肉とつけておいたら美味しそうです。唐揚げにしてもよし、そのまま焼いてもよし。あとごま油を入れてもいいし。
きざみしょうがさえ作っておけば、結構いろんな料理に使えそうです。

ちなみに、作った時若干悩んだのは、昆布出汁、しょうゆ、酒、みりん これらを合わせて20ccってことなのか、それともそれぞれ20ccなのかということですが、動画を見直したところ、昆布出汁とほかの調味料が同じガラスの器にはいって、同じうらいの量だったので、それぞれ20ccってことなのかと納得・・・・えっ、そんなことわかんないの?と思われた方もいるかもしれませんが、だってだってカッコがついてるから、あわせて20ccって思うじゃないですか。あわせて20ccだと鍋にいれると量が少ないので勘違いしてるにちがいないと、もっかい動画を見直してそれぞれ20ccであることを確認した次第。
これでいいのかなぁとちょっと考えましたが、そもそも最初から適当な分量で作っているので、今更ちがうかなどうかなと考えるレベルでもないし、だいたい味はみなさんも想像はできるじゃないですか、なので想像した味に近けりゃいいと開き直り作りました。
ナンプラーがいい仕事してました。

きざみしょうがと来たら、今度はマンボ・・・なんでマンボやねんと突っ込みが入ってると思いますが。
いやね、昨日大ちゃんのスワン動画を張り付けたじゃないですか。
それで、今朝会社に行く前に、スケアメのマンボを見てたんですよ。
怪我前と怪我あとだと、やっぱ大ちゃんバレエの効果がよく出てるなと思って。
特に姿勢が。
スワンの時は、首と肩がつまってて、極端な言い方をすれば猪首っていうのかな、首が肩よりも若干前に突き出すような感じで、首が肩にうまってるっていうか。
剛のスワンにはあの堅さがぴったりはまってたと思うけど、スワンを見てマンボを見ると、大ちゃんの姿勢のシルエットの変化がよくわかっておもしろいです。
よくぞ数年の間に矯正したなと思いました。怪我の功名ですな。
しかし、そのおかげでフレンズで久々スワンを滑ってる大ちゃんを見て、まろやかなスワンになったなと思ったのでありました。
ぬるぬるスワンと私は呼ぶ。
しかし、そのぬるぬるスワンをしつこいようだが、通してみたいのである。
ぬるぬるスワンプリーズ。

Daisuke Takahashi SA2010 SP + Warm Up


このマンボ動画、何気にツボります。

スケアメマンボといえば、冒頭の大ちゃんのドアップで、あまりのお肌のトゥルットゥルぶりに思わず目を奪われたわっと当時を思い出す方も多数いらっしゃるでしょうが、この動画、解説がない分大ちゃんがキスクラで歌子先生と素のままでしゃべってる声が聞こえるのがいいです。
ちょっとエロス( ̄m ̄)

しょうが刻んでました。そしてスワンづくし

しょうがを刻んでいたらこんな時間に。
大ちゃんの刻みしょうがを作ってました。たぶん全国の大ちゃんファンの何百人かは、今週刻みしょうがを作っていることでしょう。
ののまめも、きちんとレシピどおりに。。。いや、嘘つきました、ちょっと適当。卵1個がたしか50グラムくらいだったはずだから、卵二個分くらいの重さのしょうがを刻めばいいのか。とか、卵ニコ左手にもって、右手にしょうがをもって、こんなもんこんなもんと納得し。
10㏄っていうとカレースプーンに三分の2くらいでいいかとか。
でもなんかいい感じ。どのくらいで食べるのが食べ頃かわからないけれど、ひとまず一晩寝かすであります。

寝かすといえば、土曜日のめざまし大ちゃんから、翌日から大ちゃんファンよりも韓流アイドルファンのみなさんがつぶやきまくっていましたが、その後英語でつぶやきがされ、フランス語でつぶやかれ、スペイン語もはいりなんか途中からちょっと伝言ゲームのいきおいで、ちょいちょいニュアンスが微妙にちがってきたりもしてましたが、ところどころで、大ちゃん可愛いとか、好きとかいうつぶやきもまぎれていまして、高橋大輔ってどんや奴やと思いつつ、動画見たら結構可愛いじゃんっていう感じなんでしょう。
たしかにあのめざまし大ちゃんは可愛さ満点。ちゃんとダメっ子ぶりもデフォルトだったし。
みなさんもあのカードばらばら落とすシーンはリピートしたでしょうが、ののまめもしましたよ。
あと冒頭のあいさつしてるところとか。ちょっとやんちゃな表情が可愛かったです。
もともと大ちゃんは韓国人のファンも多いし、スワンの時の四大陸はまさにロックスターでしたな。いいなぁ、あんなにキャーキャー言えて。
でも、ののまめ的にはキャーキャー言う感じは、ワールドのスワンのほうがキャーキャー度は高いです。アクセルで手をついちゃったけど。
ひとまず、昨年スワンの欠片を生で見れたのでよかったですが、フルで見たいんだけど、大ちゃんどっかでやってくんないかしら。クワド付きで。
しかし、ショートでサーキュラとストレートライン二つステップはいってると見応えありますな。選手は大変だっただろうけど。

Daisuke Takahashi 2008 4CC SP(ESPN)




2008 W Daisuke Takahashi SP Brit Eurosport


Daisuke Takahashi SP Finale




2007Skate AmericaSP


妄想ネタもつきそうな今の季節、勢いはなくとも妄想は続くのであります

テレビへの大ちゃんの出演もひと段落。
東海地方の方は、5月27日にPIWの放送がありますね・・・いいなぁ。
大ちゃんの滑りが映るかはわかんないけど。
けれど、そのあと少し我慢したらAOIですからね。
問題はその後ですよ。その後。
フィギュアファンにとって6月~8月っていうのはさみしい季節ですが、またどっかのテレビ局で大ちゃんの密着をやってくれないかと思います。
それと、大ちゃんDVD新作出ないのかしら?買うのに。
結構お宝映像あると思うんだけど。
ちらりの肌見せとか。。。男なら堂々と脱げばいいけれど、そこは脱いじゃいけない日本男児。
寸止め具合が次のDVD発売を期待してしまうあこぎな作り。
あこぎな作りでもニューDVDプリーズ。
昨年とか6月から8月って何をして過ごしていたのか、どう過ごしたらいいのかわからないののまめ。
こんなことでは、大ちゃんが引退したら更にどうしたらいいのか。
そういえば、国別に行ったとき、後ろに座った年配の奥様たちがゆってました
「大ちゃん引退したら、燃え尽き症候群に陥るかもしれないわ」
って・・・わかるわかるー。
私も、深夜の腐れ友達のオトメンKたんに
「大ちゃんが引退したら私はどうしたらいいの?」
と言ったら
「大丈夫、ののちゃんはすぐ違うの見つけられるから」
と慰められましたが、それは確かにそうだけど。けれどリアルにこれほどドラマティックな人を見てしまうと、その巨大な穴を埋めるにはかなりな出来事がないと埋まりようもないと思われる。
それにしてもどうしてたんでしょう、去年までの夏場。
みなさんいかがお過ごしだったでしょうか?それか、自分はこうして過ごすっていうのがあったらぜひ教えていただきたい。

ところで、今気になるのはGPシリーズのアサインですが、どうなると思いますか?
NHK杯はないかなぁ。去年のこともあるし、今度は大ちゃんをたててNHK杯にとかスケ連はやらないだろうか?
でも、ひょっとしたらこれが最後かと思うと、逆に海外の人たちに大ちゃんを見てもらいたいとも思ったり。大ちゃんて結構国内と海外とでもテンション違うっていうか、私は海外での試合の大ちゃんが結構好きなんだけど。それと観客の人たちを見ててもおもしろいし。
穴場は、中国杯だとは思うけど、大ちゃんは中国は鬼門だと思うので回避がいいと思うなぁとか、モロゾフがいるからロステレコム杯とか。オリンピックもあるからロシアの観客をオリンピックの前に味方につけとくっていうのもいいかもしれないなとか。
あとエリックボンパール杯とかも、プレオベールがよろこびそうだし。あとは相性のいいアメリカもありだと思うけど、さてどうなるか・・・みたいなことを、仕事中考えてて、あと海外選手とかも誰がエントリーしてくるかとか。休んでたお兄ちゃん選手たちとか。
ライサも復帰するっていうし、ジョニーも去年のような中途半端での参戦は不本意だったと思うし。あとプルシェンコとか、腰は大丈夫なのかなとか。腰といえばアモディオも。引退表明はしたけど、ソチの団体戦に向けてイタリアのコンテスティ選手とか復帰してくれたらいいのにとか。せっかくクワド時代に突入したので、ケビン・ヴァンデルペレン選手とか、もっかい挑戦しちゃるわいとかゆって、復帰しいたらおもしろそうとか思うし。そしてジュベールは、グランドスラムのために、中国杯にこれでもかこれでもかとエントリーし続けるに違いないので、ぜひ中国杯がんばって欲しいなとか・・・こんだけののまめ、妄想したおしてました。まだこのことから、枝分かれした妄想話はあるけれど、どこかでとめないと収集が付かなくなるので、やめておきますが。
脳内では、しっちゃかめっちゃかになっています。


F分の1のゆらぎを表現できる大ちゃんの滑り

久々に2012年のワールドのブルースを見てました。
単調なブルースのリズムが少しづつ盛り上がっていき、最後は会場を揺るがすかごとくの歓声。
見ていても快感を感じる大ちゃんのブルースですが、あまりの快感にリピートしまくって見ていました。

以前、元ダンサーだったイケメンおたくのPたんが言っていました。
大ちゃんはF分の1のゆらぎを表現できるスケーターなんだって。だから見ていて気持ちがいいのだそうです。
F分の1のゆらぎっていうのは、ウィキによると、ろうそくの炎や、小川のせせらぎ、木漏れ日なんかの、規則性のある音や動きと規則性のないものとの中間の事象を言うのだそうです。
ろうそくの炎だったり小川のせせらぎ、木漏れ日なんかはちょっと想像しても、心地のよい感じがするとは思うけれど、その絶妙なうごきだったりを表現できているのが大ちゃんだと言います。
こういうF分の1のゆらぎっていうのは、世界トップクラスのダンサーでもみんなが表現できるものではないとPたんは言っていました。

大ちゃんのブルースを見ていて、イケオタPたんが言っていた大ちゃんはF分の1のゆらぎを表現できる稀有な表現者と言っていたのがよくわかります。

Daisuke Takahashi - 2012 Worlds FS

実は今日、頭痛と吐き気があって会社をやすんじゃったんですよ。
音がないとちょっとさみしいのでテレビをつけてたんだけど、全てがノイズのようで嘔吐感がわきあがってきちゃうのでテレビも途中で消して、ひたすら寝まくり、夕方目を覚まして調子がよくなったかどうかテレビでも見て確認でもと思ってスイッチいれたけれど、やっぱりニュース番組なんかを見ると殺人だったりとか、国際問題とかネガティブな内容ばかりだし、他はおネエとアンナがしゃべってるし。ニュース番組よりもこのおネエとアンナの番組のほうが気持ちが悪かった。話はそれるけど、おネエブームでどこのチャンネルをまわしてもおネエが出てくるけど、正直もういいやという感じだ。そろそろおネエブームもなくならないかと思ってるんだけど。おネエうんぬん関係なく、人としておもしろいなっていう人もいるんだけど。多分そういう人だけ残っくだろうなぁ
特に今日は調子が悪いので、イラっときちゃってるんでテレビ消してやろうかとも思ったけど、なんか音がないと寂しいしっていうことで、ひとまず録画しているものでもちょっと見て、それでも調子が悪ければまた寝ようなんて思って、録画してあった2012年のワールドのブルースを見てたんだけど、リピートを繰り返しがやめられず。30分くらい連続で見てたかもしれない。
大ちゃんのきざむリズムが心地よくて。それまで吐き気やイラつきががあったのに止まりました。嘘みたいに。
ワールドのブルースに癒された。今日病院で処方してもらった薬よりきいたね。
ブルースの音楽と一体になって滑って行く大ちゃん、ところどころあえて音をはずしてリズムを刻んでいくところとか、これがF分の1のゆらぎっていうやつなんだろうなと。他の選手では今のところダンスのほうでもいないなと思うし。そもそも大ちゃんがこのF分の1のゆらぎを表現できているのも、耳がめちゃくちゃいいっていうものあると思う。
大ちゃんの肉体から、音が奏でられるような感じがするっていうのは、微妙な音の変化まで聞き分けられる耳の良さと、その微妙な音をひろって表現できる肉体を持っていると言うのが、今の大ちゃんを作っているんだと思う。
新シーズンのプログラムの情報はまだ流れてはきてないけれど、大ちゃんと音楽がより一体になって、見ているほうもトランスしちゃうようなそういうプログラムがいいなぁ。

少しづつ他の選手のプログラムもわかってきているけど、小塚選手とジュベールはフリー持越しのようで。
こづたんの先シーズンのプログラムはショートもフリーも凄く好きで、完成形を見れなかったのが本当のおしくて、だってあの色気がたりないこづたんが、色気出してきてたんですよ。大ちゃんほどの滴り落ちる色気ではないけど、控えめな若武者っていう感じの色気っていうんでしょうかね、そういうのが見えつつあったので、ワールドあたりではどうなるかって思ってたので。いっそオリンピックプロにすればいいのにくらいに思ってたら、フリーは持越しのようです。ロンド・カプリチオーソがまた見れるとは嬉しい。
思うに、先シーズンはこづファンにとっては、胸の痛いシーズンだったと思うのだ。だってまるでこづたんの存在を忘れられたかのような報道の仕方で。大ちゃんもそうだったけど。本当に失礼しちゃうって思ってたんだけど。思うに、こづたんもクワドが決まってくればまちがいなくオリンピックのメダル争いに関わってこれる逸材だと思うし。もう新シーズンは世代交代とか新エースとかやめてほしいわ。本当に。



ファンほど大ちゃんに遭遇できない事実

AOIへフミヤファンと行くことになったのでチケットを渡しついでお食事をしてまいりました。
チケット高いとぼやいておりましたが、フィギュアも見たいと思ってたそうなので、いい体験になるとは言ってくれたけど。
それにしても高すぎじゃないですかね。
せめてあと5000円安かったら。2回は行ったし、もっとチケットさばけたと思うんだけど。

チケット代についてはぼやくしかないけれど、でも一緒に行くことになったフミヤファンは一度は大ちゃんが滑ってるところを生で見たいと思っていたそうでフミヤ目当てだけでなく、フィギュアスケートも楽しみにしてくれているので一安心。その上に、他にもショーや競技会に行くときがあったら誘ってと言ってくれたし。
それよりも何よりもやっぱ大ちゃんファンと公言するのはいいことである。
いや言ってなかったわけではないんだけど、私の職場での一番人気はジョニーなもので。
バンクーバー以降ずっとジョニー人気なんだけど、結構バンクーバーの時に一緒にわいわいやってた社員とか大分いれかわって顔ぶれも変わっているにも関わらず、それでも一番人気はジョニー。

思い起こせばバンクーバーの時ジョニーは衝撃的だった
今ちょっと当時mixiに書いていたのを見つけたので、それをはっつけみた

2010年2月19日 またカマかよっ
 昨日会社にあったThe Japan Times。1面の高橋選手の写真・・可愛かった・・いやイカしてた。いいアングルー。もらって帰りたかった私です。 
昨日に引き続き私の職場は高橋大輔選手ではなく、ジョニー・ウィアー選手の話題にもちきり。今度はおっさんだけでなく女子も。 
昨日おっさん社員達が、カマだろうカマだろうとカマカマジョニーのことをゆっていたのが伝染し、女子社員も高橋選手よりもジョニーが気になって気になって・・そしてやってくれましたジョニー。キスアンドクライでのバラの冠。オリンピコで堂々と、エライっ。 

こんな事を書いておりました当時。
今とほとんど変わりません。。。成長のないののまめです。
あれから私の職場でフィギュアの話になると、まずはジョニーの話からはじまります。ジョニーの結婚のこともみんな私よりも先に知ってたし。
そして昨年のジョニー復帰の時も、またテレビでジョニーが見れるとみんな喜んでんだけど。けれど当時からちょいちょい大ちゃんファンということはゆってたんですが、発言権の強い、ジェフリーファンやランビエールファンあとは真央ちゃんファンがいて、ののまめの控えめな大ちゃんファンという意思表示はあまりくみ取っていただけなく、そして3年。
おっさん上司のおかげで、大ちゃんファンということを力強く言え、そして何気にみんなフィギュア話になると大ちゃんの話もしてくれるようになったので、うれしいです。
ちなみに、おっさん上司のおかげというのは、彼がたまたま大ちゃんと同じ飛行機に乗り合わせ、生大ちゃんのイケメンぷりにおっさんが落とされてしまったからであります。
それ以来、大輔が~大輔が~とまるで大ちゃんの親戚のおっさんにでもなったような口ぶりで、競技会があるたびに私の声をかけてくるようになりましたが、四大陸以降ぷっつり大ちゃんの事は何も言わなくなり、やはりニワカは負けるとそういう態度かと思ってたところ、なんとちゃっかり神戸のチャリティーショーへ行き、大ちゃんと握手してきたそうで、といっても上司の奥さん(元ヨン様ファン)が大ちゃんにはまったため、わざわざ夫婦で神戸まで出かけたのだそうです。
「ヨン様にはまってた時は韓国まで連れていかれたけど、大輔なら国内ですむからなぁ」
と上司は言っていたけれど、大ちゃんにはまって間もないのに神戸のチャリティショーのチケットをとり、東京から神戸まで行くフットワークの超軽いニワカ大ちゃんファンの奥さんにとっては、韓国程度は序の口だと思われます、なので
「大ちゃんは世界のあっちこっちの試合に出るし、今年で最後かもしれないから韓国くらいではすまないかもしれないですよ。大ちゃんファンはどこまでも行きますからね」
と言ったら、まじっ?と言ってました。韓国で済まないのはまちがいないと思います。お金と時間があれば・・・・。
そんなわけで、今や職場で胸をはって大ちゃんファンと言えるので、どーでもいい大ちゃん情報とかももらえますが・・・例えば国別の前にあった生放送の時に、大ちゃんがランチしてたホテルとか・・・・ののまめのテリトリーですよ。休日出勤してた人がごはん食べにいって見たっていうんだもん。いやんなっちゃったです。
あとは国別が終わった翌日、研修でいってた新宿某所、私は国別観戦のためにその前の週の木金と連休をとったため仕事がたまっていので途中で会社にもどったわけですが、その後一緒に参加した社員が、某ホテルでお茶をしていたら、大ちゃんとお母さんを見た(たぶん歌子先生)って言うし、いっそ知らないなら知らないほうがくやしくもないのに、知ったらもうクヤチーっていう感じで、ハンカチお口にくわえてキーって言いたい気分でした。
ファンの私は大ちゃんに遭遇しないというのに、ファンでもなかったおっさん上司とか、ファンでもない休日出勤大好き社員とか、ファンでもない研修さぼり社員とかばっかり遭遇できるっていうのはどういう事なんでしょうか?って思うわけですよ。
結構大ちゃんは、東京に出てきている時は、ののまめテリトリーに出没してるというのに・・・たこ焼き屋さんだって、ののまめんちからだったら自転車で行けるところにあるというのに。そんなもんですよね、ファンのほうが遭遇できないっていう。
ただ、遭遇したら遭遇したでチキンののまめは何もできずに柱のかげに隠れ、こっそり観察するという怪しい行動をとるのが関の山だと思われますが。



リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR