M心を刺激しつつあきおまみれから脱出いたしました。

高橋成美ちゃんのペアが決まりましたね。よかったよかった。
新パートナーは木原龍一くん。
二人の画像が並べてあるのを見ると、同じ人形師の手で作られたお人形のようで、見た目の雰囲気が似ているのが意外。
最初は、どうしてもマービンのイメージが強いから、どうなのかしらと思ったけど。
実は、日本男子でがたいのいい子といったら、中村健人君くらいしか思いつかず、ひょっとした健人くん?とか思ったりしてたけど、意外に木原君は背が高かったのね。
今はほっそり系だけどこれからマッチョに肉体改造してくるのだろうけど、そっちのほうがお似合いとすでに妄想は膨らんでいる。妄想族ですからね、あたりまえです。

ここ数日、脳内があきおまみれで悩んでいましたが、これはあれですな、やはり大ちゃんのリアル情報が少ないせいで、心の隙間にすっとあきおが入ってきちゃったわけで、そんな心の隙間を埋めればあきおまみれにならずにすむと。
そんな時は、やはり過去の大ちゃん動画をあさることですが、昨日は成美ちゃんの新パートナーが木原君ということで、木原君といえば今シーズンオペラ座を滑ってましたが、やはりオペラ座と言えば大ちゃん。
普通ならワールドのオペラ座をチョイスするところでしょうが、私、ユニバのオペラ座をチョイスいたしました。
あれですよ、競技中パンツの靴止めがはずれちゃったやつです。
最初のクワドが音楽とマッチしてて気持ちよく決まってるところも見どころですが、中断した後、会場の空気が一旦緩むんだけど、また音楽が再開し大ちゃんが滑りだすと、中断したのが嘘のようにすぐ大ちゃんの作る世界の空気感に会場の雰囲気が集中しだすその感じが、ちょっとはまるのであります。突然の豹変ぐあいがツボるというか。
公式練習動画なんかを見ててもそうだけど、流して振りやジャンプのタイミングを確認してたかと思うと、いきなりスイッチがはいって本気滑りする時の豹変ぶりが、なんかツボにはまっちゃう。
あとは体調不良のキャンベルカップとか。
ジャンプを失敗してびたーんと転んでしまうのだけど、最後のステップとかやっぱりやけくそでやりきるっていうのではなく、観客の力を自分に引き寄せて滑って行くっていうそんな感じが見えだしてるところが私的にはツボ。
2010年全日本のタンゴの最後のストレートラインステップでの大ちゃんがその完成形だと思うのあけど。
ジャンプも失敗しててもう後がない崖っぷち状態でステップを踏んでいくんだけど、観客の声援までコントロールするがごとく観客を引き連れて滑っていってしまうところがしびれてしびれて。
意識してやってるわけではないに違いないんだけど。
ロクサーヌなんかでもそうだし、イメージとしては観客ひとりひとりに大ちゃんと蜘蛛の糸のようなものがつながっていて、否応なく大ちゃんにひきよせられて、あれーっと思っているうちに大ちゃんの蜘蛛の巣にとらわれちゃってるような問答無用な感じが私のM心に火を灯してしてしまって。そんな問答無用に大ちゃんの世界に引きずり込まれるMな気持ちで大ちゃん動画を楽しみ、あきおまみれから脱出できたのでありました。


大ちゃん、崖っぷちタンゴ

スポンサーサイト

あきおまみれで困っています。どうしたらいいでしょうか?

「毎日高橋大輔さんが脳内で好き放題滑ってくれているのですが、ここ二日ばかりあきおがミニスカ姿で踊りまくり、大輔さんの妄想にもどろうと思っても、ついついあきおまみれになってしまいます。どうしたらいいでしょうか?」

・・・そんな相談をYahoo知恵袋に投稿したい今日の私です。
基本大ちゃんで妄想なんですけどね・・・いや妄想って書くとエロい妄想みたいですが、いたって健全ですよ。こんな曲で滑ってほしいなとか、あとはこんなお衣装でとか、あとはそーねー、もし大ちゃんが引退後映画に出たらこんな作品に出てほしいとか。監督はこの方で、そして海外の映画祭の赤絨毯を歩く大ちゃんとか。妄想はどんどんひろがりますが・・・しかし、あきおが邪魔します。ミニスカでおりぼんつけて、エレガントに美しくポーズをつける大ちゃんを江頭2:50なみのヒップアタックでふっとばし、私の脳内のメインステージでAKBメドレーで滑りだします。どうしたらいいでしょうか?

あきおのAKBがあまりに衝撃的だったのがいけないと思い、さきほど気をそらすために、道化師めぐりしてました。
道化師めぐりっていうのは、大ちゃんの使用曲で、すべった方々の過去の演技を見てたわけです。
イリヤさんに、ジェフリーに、今日コメントで教えていただいたカサーくん、ボロノフくん、それからリッポン。
あとペアのも見たし、いろいろ解釈があって面白いけれど、やはり大ちゃんの解釈ほど原曲に忠実で深さのある滑りをしている人はいないなと思いました。
シェイリーンの振付や音楽の編集具合、音源のチョイスとか一番重厚だし。聴きなれたからいいと感じるのかもしれないけど。物語と成立してるのは大ちゃんプロの音楽かなと。
リッポンにボロノフくんは、モロゾフ振付でたぶんモロゾフが音源も編集してると思うけど、モロゾフは結構むりやりな感じで音楽を編集していると感じることがよくあるんだけど、この二人のプロもちょっとそんな感じが強いですが、それはそれでおいといて。衣装がもう伝統ですな。
道化師衣装。大ちゃんのロミオからつづく道化師衣装への変遷が。
ただ私は嫌いじゃないんですけどね、あの衣装。ダイヤ模様のザ・ロシアな感じが。
大ちゃんの場合だと、体のラインがよく見えて、筋肉のうごきまでが音を奏でているように見えるので。
ただやっぱり曲の感じからすると、レースの黒衣装のほうが道化師の苦悩を表していていいのと。大人な顏になってきた大ちゃんの風貌にとてもよく似合っているのでチェンジしてよかったのですが、たぶんまたチェンジありそうですよね、腕のあたりはぴっちりのがいいなぁ。腕のしなりや小さな筋肉のうごきが見えるほうが大ちゃんの体から更に音が見える感じがするし。
全日本でひらひら落ちたしチェンジはあるとは思うけど、マイナーチェンジくらいでいいと思うんだけどな。ファイナルのシンプルな黒と黒レースのほうが大ちゃんの表現したいものに沿っているような気がしないでもないけど・・・・いい感じかも、この妄想の種を育てていれば、あきおが私の脳内ステージのメインに立つことも減るかも。そうだそうだ、大ちゃんの新衣装についてしばらく妄想をするのがいいな、そうしよう。
意外に妄想してなかった。ショートも変えてきそうな予感。モロゾフがロシアのWEB記事のインタビューで、大ちゃんのところへ行って(たぶんお正月あけの大阪、SOI大阪公演にきてたらしいから)ショートプログラムの見直しをして、多くのエレメンツを追加したってインタビューに答えてるんで、てことは衣装も変えてきたりして。髪型もリーゼントにしてほしいわー。
ちなみに、モロゾフインタビュー記事へのリンクはここに。私の場合、適当に検索して適当に大ちゃんのことが語ってあるという記事を見つけると、適当に訳して勝手に感想文ここに書いちゃってるので、あんまり適当にしてるのもなんなので、できるだけ、ネタ元はリンクはるように気を付けます。たぶんねー。
http://www.eg.ru/daily/sports/36130/
大ちゃんの話のすぐ上に美姫ちゃんのことも答えているんだけど、ちょっと内緒にしときます。

大ちゃん部分抜粋

А летал я кДайсуке Такахаши. Мы с ним решили поменять короткую программу, добавили много новых элементов. 

機械翻訳をもうちょっと日本語らしくすると
「大輔のところへ行き、彼と二人でショートプログラムを変更することに決め、多くのエレメンツを追加した」
みたいな感じのことゆってます。でも変更はあるだろうなとは想像できるけどね。あんなステキサーキュラなのにレベル4をもらえないのはもったいなさすぎるし、やっぱ後半にジャンプをいれても飛べるポテンシャルは十分あるわけで、ゆづにあんな得点がつけられてる現状では、これならどうだというプログラム構成をジャッジに見せつけてやらねばならないだろうし。大ちゃんの変更プロ楽しみだわ。

2008年くるくる以前の道化師なリッポン動画



思うに、リッポンは結構モロゾフプロ似合ってると思うな。
このプロを滑ってるリッポンを見ると、大ちゃんの弟弟子っていう感じするし。大ちゃんのこのプロをリッポンが滑ったらどうかなと思うことが結構あるから、またモロゾフんとこに戻ってはどうであろうか?といってもオリンピックシーズンになるとそうはいかないか。



ユーロに全米に見て回るの大変。。。テレビ観戦だけど

ヨーロッパ選手権に全米選手権に、インターハイに国体に、JGPにGPF再放送にと忙し忙し。
そして次々新情報もあがってくるし。やっぱりまずは四大陸だけど。
アメリカ男子の四大陸エントリーは、優勝したアーロンくんに、ロス・マイナーくん、そしてリッポン。やったー。ひょっとしてリッポン四大陸もこれないかなと思ったけど、リッポンくるくる。ただ、アボットがいないことが・・・しょぼぼんである。鬼ちゃん世代で結局ワールドへ行くのは今のところ、大ちゃんとジュベールだけか。いやいやトマシュもいるね。ただトップで戦えるとなると大ちゃんジュベールっていう感じか。トマシュもジャンプさえきまれば。。。ってみんなそうなんだけど。お兄ちゃん世代だからこそのスケートテクニックっていうのがやっぱり見たいんだよな。EURに全米にと朝早起きして上位選手の演技を見ていたけれど、正直ひとまずプログラムにクワドがはいってクワドで点数を稼いだというレベルが多い。それでもクワドですからプルグラム内に入ってるだけですごいわけなんだけど・・・たださ、やっぱり日本男子見ちゃってるから。ひとまず前哨戦の4CCどうなるか楽しみ。
そして、ワールドですがプルたん結局ワールド回避とか。しかたがないよね。あれじゃ。でもひょっとしたら国別には来たりして。きてほしいなぁ。で、ロシア男子誰がワールドへ行くのであろうか?EURでロシア男子トップのコフトン君か、それともGPシリーズで台のりして、なにげにクワドの確率もいいボロノフ君がくるのか、はたまたEURには出れなかったメンショフさんに花を持たせるのか・・でもコフトンくんかなぁ。気になる。
女子は、アデリーナにリーザがんばった。私的にはアデリーナが好きなのでなおうれし。ただ二人とも成長期なのでどうオリンピックまで調整するのか、なかなか難しいかもしれないけど、それを言ったら、弟世代の選手たちもそうだけど。

そういえば、今日お昼にネットニュースで、殿号泣と出ててぽちっとしたら、ショートで90点越えのパーソナルベストを出したもんだから号泣したとか。もう爆笑した。。いや会社だから爆笑するのを耐えた。たしかにパーソナルベストはすばらしい。。。すばらしいがな、ショートで泣いててどうすんの。フリーでも同じように滑れたら泣けばいいけど。でもきっとそう思った人は多いと思う。が、それが殿なのでしかたあるまい。そして結果優勝とか。よかったよかった。
でもやっぱり強豪がそろう試合で実力ださねば。どっかゆるさがある殿である。
女子は今井遥ちゃん優勝。彼女は全日本実力がまったくもって発揮できなかったけど。でも彼女のスケーティングも好きなので、よかったよかったなんだけども、あっこちゃんが。ジャンプが決まらないとは。でも人生山あり谷ありだから、今日より明日、明日より明後日、あっこちゃんが満面の笑顔で滑ってるところをまた見れるはずなので、まずはせまってきている4CCで頑張ってもらいたい。

なんか簡単感想文の羅列になってしまった。
実は一番力を入れてみていたのが、GPファイナル(解説なし)とファイナルEXだったりして。
EUR見て全米見てとかしてたらやっぱり見たくなるじゃないですか、大ちゃんの演技を。なもので昨夜も1時すぎの大ちゃん登場までがんばって起きてて再放送みてたけど。やっぱ貫禄がちがうわ。一人別次元だもん。演じているものが別物。エキシしかり。
そういえば昨日、あきおのインターハイエキシを見てちょっと懐かしい気持ちになったのだ。一昔まえは、けっこうあきおみたいなトンデモエキシプロって結構あったなと。有名どころはプルたんのセックスボンだけど、それ以外にもみんなエキシに力入れてたなと。アンコールでは衣装かえてきたりとかさ。そもそも今なんてアンコールのあるエキシも少ないけど。以前は競技会よりもエキシのほうが楽しみだったくらいだけど。あきおのおかげでちょっと昔を懐かしんだわ。エキシも元気もりもりの頃は、フィギュアの人気ももりもりだったのになぁ。

自称高橋大輔に似ているという男子へ

今日はおでかけしてきました。用事があって銀座と渋谷へ少々。
まず銀座へ行って、帰りに渋谷のヒカリエでお買い物をしておりました。
エスカレーターに乗って、すぐ前のカポーだか、友達同士かわかんないけど、若い男女がおりまして、たまたま聞こえたんですよ
「俺、よく高橋大輔に似てるって言われるけど、えーって感じ」
って。ええ、大ちゃんに似てるですって。
後姿はなかなかのイケメンな感じ。ちょっとチャラい服装はしているけれど、気になるわー。
それにここは都会のおしゃれさんの集うヒカリエであります。きっとイケメンに違いありません。ちょうど同じフロアーで降りたので、ちらっちらっとお顔を拝見したところ
「大ちゃんにあやまれっ、土下座してあやまれっ」
更に言うなら
「ピースの綾部にもあやまれっ、手をついてあやまれっ」
なお言うなら
「ゴリにはあいさつしとけ、ゴリにはなっ」
というご面相です。
要は濃い顏ってだけで、チャラいイケメン風な服装と、イケメン風な髪型のせいでイケメンと見せかけて実はイケメンにはほどとおいご面相でありました。
どこをどうみたら高橋大輔なのか、もし知り合いなら1時間くらい説教したいくらいでした。
更にこの自称高橋大輔に似ていると言っている男子は、大ちゃんに似てるって言われることが、あんなのに似てるって?みたいなちょっと上から目線の言い方だったので、生高橋大輔を見て見ろと言いたくもなりました。
思い起こせば、先日見たスターズオンアイスの大ちゃんはうつくしかった。
やっぱ生はちがうね。
隣の席に座った大ちゃんと同じ年生まれという男子などは、真央ちゃんや佳菜ちゃん筋肉がなくなったパツキンロシェットねえさんという美人さん女子達がいるにもかかわらず、高橋大輔かっこいいを連発して言っていたくらいなのに。
スターズオンの大ちゃんは本当に美しくて綺麗で、日本人として誇らしく思ったくらいであります。
グループナンバーのはじめに、膝をつき屈んで下を向いているその姿。
額に落ちた黒髪と、遠目からもわかるまつ毛の長さが、目元に影を作ってて絵にでも描きたいくらいのきれいさ。
佇まいからして美しいのでちょっとドキドキしたけれど、となりの男子はボキャブラリーが少ないため、かっこいいかっこいいという言葉ばかり連発してたけど、大ちゃんと同世代の男子がかっこいいを連発してたくらいのすんごいイケメンぶりだったというのに。巷の男子は、大ちゃんのルックスをあなどっている。
いや、ツイッターでもけっこう頻繁に
「高橋大輔に似てるって言われた~、でもショック~」
見たいなつぶやきを見かけるけど、まちがいなく今日ヒカリエでみた勘違い男と同じタイプにちがいない。顏が濃いところだけ一緒という。パーツ全部ちがうがなっていう。
そもそも、自分で高橋大輔に似ているといいつつ、なんで高橋大輔なんだよと切れてみているところに、実は俺ってイケメンなんだぜというストレートに言わないせこさがあるっていうか。
でも絶対似てないと思う。わざわざつぶやく奴にかぎって。
大ちゃん系統の男前っていうのは、いないわけではない。
実は私の以前いた職場の上司で、ちょっとここのところご無沙汰ではあるが飲み友達でもある男性は、大ちゃんというか竹之内豊に似ているイケメンである。
よくできた顏だなとつくづく思うので、よくできた顏だよねとか言うと、本気で冗談言うなよと返してきたりするのだ。本当のイケメンというのは自分のルックスの評価に対して、むしろ低く見ている傾向があるのだ。大ちゃんしかりだけど。
まわりがイケメンイケメンとかゆっても、俺はちがうとか本気で言ったりしてるため、更にまわりのイケメン評価があがるという。
しかし、イケメンとはちょっと言い難いっていう奴にかぎって、男前の有名人に少しでも似ていると言われると、調子こいて、自分はイケメンの何々に似てると言いだすのだ。
たぶんこの法則はかなりの確率であたっていると思う。
大ちゃんは自分のイケメン具合をもっと自信もてといいたいくらいだ。が、フィギュアの世界はイケメン多いからしかたがないけど、でも海外のファンとか、大ちゃんのことはハンサムハンサムってゆってるんだけどなぁ。私もそう思うが。どっから見てもイケメンっていうか、男前っていうのは芸能人でもそうそういないんじゃないかと思うけど。
そういえば、以前新聞社のカメラマンだったかな、篠山紀信さんも言ってたと思うけど、大ちゃんを撮影してるとどんどんシャッターきっちゃうって。他の選手よりもシャッターをきる回数が多いって言ってたと思うけど。プロフェッショナルな人からみても、更には同性からも美しいと言われているのはすごい事だと思うんだけど。

そんな今日の、大ちゃんと私な話はそこそこに。。。ってけっこう力んで書いちゃったが、話はかわり
EUR2013 男子はフェルナンデス君優勝でしたな。
クワド3回成功だったし。フリーはファイナルでも成功してたから自信をかなりつけたんじゃないかなと思う。ワールドではPCSでも点数あがってくるかも・・・ただ、思うに、フェルナンデスくんもだし、アモディオもだし、ゆづもだけど。クワド飛んでくる選手のプログラムって正直途中休憩が多い。大ちゃんとかPちゃんのプログラムを何度も見てるせいかもしれないけど、途中でとまったりステップでゆるゆる滑ってるのを見ると、クワドでごまかされた感があるっていうか。
でも、ヨーロッパ勢も北米勢もまだクワドをプログラムに入れてる選手はTOP選手のみなので、ひとまず今の段階だとクワドを飛んでおけばOKっていう感じなのかなとも思うけど・・・。あとは大ちゃんとPちゃんのジャンプの出来次第かなと思う。やっぱり今の時点だとこの二人が突出してると思うのだ。
ゆづは、ファイナルと今回のユーロを見た今の時点だと、フェルナンデスくんのほうが出来がいいと思う、でもゆづのほうに点数がでちゃうんだよなぁ。トータルでいけばやっぱり大ちゃんのほうが出来がいいと思うんだけど、こればっかりはジャッジにもよるからわかんないけど。
でも海外の解説をきいていると、大ちゃんに優勝してもらいたいと思ってる人が多いような感じがする。身びいきかもしれないけど。
フランスのプレオベールとか、ブリティッシュユーロのニッキーさんたちとか、ドイツの解説の人もそうだったけど。
ただ今の時点だとジャンパー有利っていうのが現状かな。
そもそもクワド飛ぶだけでも大変なことだし。
4CCまであと2週間。
大ちゃんがどう仕上げてくるか。
世界中が楽しみにしてるんじゃないと思う。ジャンパーであり、稀代のアーティストでもある高橋大輔がどう仕上げてくるか。
それによって、来シーズンの傾向って決まってくると思うのだ。
仮に、大ちゃんがクワド失敗したとしたら、たぶん来シーズンそしてオリンピックまでは、クワドジャンパーのクワドだけの出来によって順位が決まると思う。
ある意味そのほうがわかりやすいけど。
でも、大ちゃんがクワドを2回入れて芸術的な作品に仕上げてきたら、たぶん男子のトレンドはまちがいなく変わる。どっちに転んでも大ちゃんが男子シングルのトレンドを作るキーマンになるのはまちがいないと思う。
ひょっとして、4CCではフリーで3回クワド飛んじゃったりして。
3回転でもきびしくジャッジされるんだったら、いっそ無理でも4回転とか。
4CCは枠とりとか関係ないし、ある意味男の意地の見せどころっていうか。
日本人の中では、どんなことをしてもTOPでいなくちゃならないし。2番手扱いになると、PCSではそういう点数になっちゃうから。
たぶんやれるだけの手駒をもって4CCに挑戦してくるんじゃないかと思う。打倒オーサーチームってね。
そんなのを見たいな。たぶん今回のユーロ見て、またふつふつと燃えがらせてるんではないかと思うけど。そうあっても欲しいし。そうでなくちゃ、高橋大輔の名がすたる。
大ちゃんが同じ男子フィギュアの選手たちに人気があるのは、アーティストであっても決して芸術に逃げない、追い込まれるほど攻めていく姿に男子はしびれて憧れているんだと思う。
クワドの成功率がひくかろうと、ジャッジが際どい採点をしようとも、点数稼ぎのプログラムでは勝ちたくないという男気に、海外の人は侍魂を見ていると思うのね。
大ちゃんがクワドの確率あげるってことは、ただクワドをとぶっていうだけでなく、プログラムの流れのなかにクワドがいっているというアート作品に仕上げてくることがみんなわかってるから、それを見たいと期待しているのではないかな。
だってグランプリシリーズ中国杯NHK杯のころの、みんなの期待の大きさといったら。あれでも十分だと思うけど普通の選手だったら。でも高橋大輔なのであれでは許されないという期待感はすごいと思う。
でもファイナルで片鱗をみせ、ナショナルで覚醒。あとは作品として磨き上げの段階にきているから、どうなってるのか本当に楽しみでしかたがないんだけど。こう思うのはやっぱり大ちゃんだけかなぁ。他の選手はやっぱジャンプの出来不出来が気になるアスリートに近いから。


これも男の生き様だ!あきおAKB

今日はおでかけの予定が、やはりやはりついついフィギュア見ちゃって。
だってだってヨーロッパ選手権に、全米選手権やってるから気になっちゃうし・・で、ひきこもりである。あかんあかんと思いつつ、しかたがないよねー。
ということで、今週末はフィギュア祭です。
フィギュア祭のまえに、インターハイはじまってますが。
みなさん風の噂では聞いたことがあるとは思いますが、我らの彰生がAKBの曲にあわせて滑ったそうです。昨年も女の子たちにまじってAKBで滑ったという噂をきいていましたが、見ることはかなわないと思ってたら、なんということでしょう。インターハイのEXで彰生は立派に滑りきりました。
それも、ジャンプミスなく、更にスパイラルにレイバックまでつけて・・・田村先生につづく隠れた日本の伝統の技の継承者が今ここに。あきおの小芝居つき
見れっ、これも男の生き様だっ!



何気に、スカートがめくれパンツが見えると、しずしずとスカートをもどす奥ゆかしさがカワイイです。
高橋大輔選手はどんなジャンルでも滑れる選手で滑れないジャンルはなしと思っていたけれど、これだけはできないだろうと思われます。・・・いややっちゃいけないだろうと。大ちゃんができないジャンルを唯一滑れる男、その名はあきお。
あと今シーズンは、最終戦にエントリーが決まってるとのことで、ぜひいい成績を残して来シーズングランプリシリーズにご招待されたらいいのにと思います。見たいわーあきおの晴舞台。





これが男の生き様だ

プルシェンコ選手 フリー棄権。
でもその方がいいと思う。昨日は早々にヨーロッパ選手権の動画を上げてくださる方がいたので、男子ショートを見ていたけれど、プルシェンコ選手の演技にちょっと泣いてしまった。
出来は正直良くなかった。絶不調なのが本当にわかるくらいだったけれど、残念に思って泣いたのではなくて、彼自身の生き様に感動して涙しちゃったのだ。
手術をして、痛み止めを打って、まさに満身創痍。
彼が競技会に出場しなくちゃならないのは大人の事情もないとはいいきれないけれど、でも結局のところプルシェンコ選手自身がクワドを飛ぶプログラムで勝負したいという勝負師の情熱が出場させたんだと思う。
けれど昨日のジャンプが失敗しようとも、体が悲鳴をあげていようとも全力でステップを踏む彼の姿はまさにレジェンドだった。
金メダルをとったとか、世界記録だとか、世界初だとかそういうことは関係なく、レジェンドとは、結局のところ後輩に向けて、そして応援する人たちに対して、フィギュアスケートをとおして生き様を見せられる選手に与えられる称号ではないかと思う。
バンクーバーで彼が優勝していたら、それかもしライサチェクがクワドを飛んで優勝していたら、クワドを飛んだ高橋大輔が優勝していたら、たぶんバンクーバーでプルシェンコはすっきりした気持ちで引退できていたかもしれない。
クワドの入ったプログラムで勝負したい、そしてクワドを飛ぶ選手たちとしのぎを削りたいのではないかなと思う。
昨年のワールドの男子シングルを見ていて思ったけれど、上位選手たちはクワドを飛んで飛んで、見ていてしびれた。やっぱり男子はこうでなくちゃと。見ているほうですらそうなのだから、選手達はなおさらだと思う。
高橋大輔選手もそんなことを言っていたと思う、こわいけれどそういう状況が楽しいと。
プルシェンコ選手には、オリンピックで滑って欲しい。今シーズンのワールドは、まだ誰が出るかわからないけれど、もう一人で背負わなくても大丈夫だと思う。ボロノフ選手やメンショフ選手が華々しいとまではいえないだろうけれどオリンピックの枠とりに貢献してくれると思うし、そうなって欲しいと思う。メンショフ選手とかヨーロッパ選手権には出られなかったけれど、まだわからない。時は必ずめぐってくるので、今のまま頑張って欲しい。やっぱりロシア男子が元気がないとおもしろくない。
あとはここしばらくクワドを回避しているへなちょこアメリカ男子。
全米ではどうなるか。お兄ちゃん選手たちは意地を見せて欲しいと思う。プルシェンコみたいに。
まだまだ世代交代はしちゃだめなのだ。お兄ちゃん世代が弟世代に底力を見せつけてやってほしい。
フィギュアスケートは、ジャンプやテクニックだけじゃないんだってところを。
昨日はジュベールが久々キレキレで滑っていたうれしかった。
あんな姿は本当に久々。グランプリシリーズも欠場したりしてたし、ここ数年なかなか体調維持に苦労しているみたいだけれど、やはりお兄ちゃん世代のすべりは弟世代とはちがって味がある。経験を積んだからこそ出せる部分ももっとジャッジは評価してほしいなと思う。
そういうジャッジに対して、挑戦しているのが高橋大輔だけど。
彼もまたレジェンドになったと思う。記録だけでなく、誰もがなしえなかったフィギュアスケートの進むべき道筋を自分の肉体を通して示しているから。そんな選手を見られるのは本当に幸せ。




大ちゃん今頃どんな必殺技しこんでるんだろう、と妄想する私

この時期フィギュアファンの皆様はどんな日々をお過ごしでしょうか?
今週はヨーロッパ選手権に、全米選手権とあるのでそちらに注目でしょうか?
もちろん私も注目しておりますが、でもやっぱりついつい考えてしまうことは、大ちゃんです。
今頃どんな必殺技をしこんでいるかと。
ショートはすでに私の脳内のなかでは、ヒャッハーな仕上がり具合で会場中をロックコンサート状態にしエルビス大ちゃんに失神する乙女続出。脳内妄想なので、なぜかリンクで歌まで歌う大ちゃんの姿すら見えます。もう競技会なのかなんだかわからないカオスなリンク。
そんな妄想のためのエスキース。モノホンのエルビス動画をはっつけてみた。





エルビス濃厚な腰使い。でも大ちゃんも負けてません。またエルビスとは違う色気と気品あふれる腰使いは大ちゃん独自の匠の技。きわどいことをやっても品よく見えるのは本当に貴重。ぜひ足ぱかぱかは復活していただきたい。
復活がなければ、せめてEXのほうでぱかぱかを。時計回りサーキュラもとっても洗練されててかっこいいんだけど、やはりやはり捨てがたい初期のロックンロールステップ。
今日も通勤中にお昼休みに見てたけど。大ちゃんのロックンロールメドレーの音楽には、初期の振付のほうが時代的にはぴったりなんだよなぁ。時計回りサーキュラは70年代から80年代ロックっていう感じ。ちょっと時代ずれてるかも。
実は大学時代50年代から70年代あたりのロックンロールやソウルミュージックにはまっておりまして・・・思いだすわー当時つきあってた彼氏の事を、今頃はひょっとしたらハゲ散らかしてるおっさんになってるかも・・・いやなってると思う。だって当時からかなりやばかったから。でも人の事は笑えません。私もこの頃ヒゲが生えてきており、おばさんになる予定がおっさんになってきているからです、どうしましょう。

そんな私の出来事など、きっと大ちゃんファンには無駄な情報でしょう。
しかーし、ここはそんな無駄な話もたくさんあります。なぜならば、私は大ちゃんファンですが、フィギュアスケートの知識はあんまりない、主にテレビ観戦し、わーわー言ってるレベルのファンだからであります。なので、技術的にどうとかこうとかは解説むりむり。
仮に解説してても、ののまめの奴調子こいとんなくらいに思っていただけると大変ありがたいわけです。現在でも、そのうちまっとうな大ちゃんファンに頭ごちんされるのではないかと、ちょっとビクビクしております。妄想爆裂ブログを書いていますが、普段はチキン。競技会はゲロ吐きそうになりながら見ているようなガラスのハートの持ち主なので、ののまめの奴一回頭ゴチンしてやろうかと思っても、ゴチンは勘弁してちょんまげ。


偏ったロシア語解析能力について

大ちゃんSP変更あり、エレメンツもりもり。
そんなつぶやきのおかげで、本日妄想爆裂・・・いや、いつも爆裂していてますが。
私的にはフレンズの時のようなロックンロール創世記の粗削りな感じが好きななんだけど、今じゃ洗練されたノリノリ時計回りサーキュラも好き。でも、フレンズの時の構成の競技版が見たいんだけど。
やっぱし今までの構成のままではゆづが完璧に滑ったら点数ひろがっちゃって、全日本と同じ轍を踏んでしまう可能性も高いだろから、変更はあってしかるべきだけど。どうなるかなぁ。楽しみだなぁ。
大ちゃんの攻めて攻めて攻めまくるノリノリロケンロールが見たいなぁ。
いいなぁ、四大陸行く人。大阪だけにめちゃくちゃノリノリになるにちがいない。
フレンズの時の、ステップ終盤のぴよんと跳ねるジャンプと、足ぱかぱかは復活してほしいわ。
ジャンプは後半二本かためで。

そんな妄想に拍車をかけている元の記事がここですな。

http://www.eg.ru/daily/sports/36130/

下のほうに書いてあります。しかしロシア語はわかりません。わからないので翻訳機かけたら、
「大輔のところへ行き、彼とSPプログラムの変更を決め、いくつかのエレメンツを追加した」
とありますな。
ロシア語はソチに向けて勉強するつもりでするつもりですが、ほんと全くわかんない。唯一大ちゃんの名前だけわかるけど・・・ただ、以前ロシアの大ちゃんファンたちが、大ちゃんのプリケツについて語り合っていることだけは見た瞬間、こいつら・・大ちゃんプリケツでもりあがってやがると思い、速攻訳してみたら直観どうりでありました。
しかし、プリケツについてロシア語で語っていることがわかったとしても、何の役にも立ちません。何か役にたつならどなたか、この私の偏ったロシア語解析能力の使い道をおしえていただきたい。
あまりに偏りまくったロシア語解析能力ではソチにはいけぬ。
いやわかんなくったってオリンピックだからわかんなくてもいいんだけど、せっかくだからロシア語を・・・と。
その前に、ソチオリンピックに行く資金とかいくばかり必要なのか気になります。
というのもですな、腐れのおねえさまで以前フィギュアの海外遠征経験をしている方から、
「ののたんオリンピックは普通の競技会よりも遠征資金かかるから気合いれとき」
と言われたからです。
そして、その時にオリンピックでフィギュアの試合全部見るとなると、ほぼオリンピック開催中ソチに滞在せねばならないことを指摘され気が付きました。
ソチからは団体戦が追加されたからであります。
個人戦限定でいくべきか・・・いや一生に一回かもしれない、そして大ちゃん競技生活最後かもしれないとなると、行きたい。行きたいがやっと貧乏から脱出できたばかりで、まだところどころ貧乏のかほりを漂わせている私なのだ。どうする私。
いまのところどうにもならないので、ひとまず言霊というのを信じつつ。
ソチ行くぞーとゆってみる。

大ちゃんSP変更とな?

大ちゃんのSPの内容が変更するとかモロゾフがゆっている。
プログラム変更でなく、エレメンツの追加みたいだけど。たしかにロッケンロールは完成形に近いけど、点数的にはパーフェクトに滑ってもゆづの構成と比べると点数がでないのでやっぱり変更くるよね。
フレンズの時の構成をもっと濃いぃくしてもらって、更にロックコンサート会場みたいにキャーキャー言えるプロになるといいなぁ。足パカパカもやっぱり必要。

ミヤソラづくし超まんぷく

昨日はもう疲れて疲れて、今日も疲れまくりですが、疲れていても見てしまう高橋大輔。
昨日はみやそらを続けて見ていました。
カーニバルオンアイスに、中国杯に、NHK杯、GPファイナルに、全日本に、スターズオンアイスと、ミヤソラばっかりを続けて見てまして、こういう見方も面白いなと。やっぱり同じ演目でも、その時々で表現が違うし。きっとそのうち、ニコ動とかに、ミヤソラづくしっていうマニアな動画を上げてくれる人が出てくるかもしれないけど。。。いや誰か作ってと思うくらいだけど、なかなか見応えあります。本当は上海のショーもいれたいところだけど、テレビ録画のきれいな映像はないので、残念ながら割愛です。
一番カメラワークがいいのは、やっぱりテレ東のカーニバルオンアイスですが、耽美なショットをとっているのは中国杯。なめとんのか?といいたいのはNHK杯ですが、大ちゃんの気魄はなかなかのもので。大ちゃんはやっぱり崖っぷちの追い詰められた時のほうが色気倍増しだなと思いました。コンペで思うようにいかなかった気持ちのやりどころを、エキシにぶつけまくるっていう感じが。
全日本は、悪くはないけどどうしても音が許せなくて。マンボはキレッキレでよかったけど。
大阪のスターズオンアイスでのミヤソラのドSっぷりも見どころですが・・・あれは、なんであんながっつりしたタンゴ滑ってたんでしょうかね。オトコっていうかオスっていうか、女性相手に踊っているようには到底見えない大ちゃんにしてはドSタンゴでありましたが。でも、ああいうぶちぎれなのも大好物。ミヤソラは本当におもしろいわ。
でも、あのプロって初期は男性とした踊ったり途中では女性になったりと演じ分けてるように滑っていたと思うんだけど、どうなんでしょうか?スターズオンのだと、男性として滑ってる感じだけど、カーニバルオンだとか中国杯あたりは、男性女性と途中で切り替わって滑ってるような感じがすごくしたんだけど。そういうところも好き。男性と女性をフィギュアで演じる場合、過去いろんな人のプロを思い出すと、どっちかっていうとコメディ系プロが多いように思うけど。男性女性を自由自在に演じ分けができてるのは大ちゃん以外思いつかず。ジョニーとかゆづのような中性的でもなく、なんというのかなぁアンドロギュノス的っていうのかなぁ。
大ちゃん自身とっても男なルックスなのに、女性の姿が見えたりもして。でも決してそれがゲイ的な感じでなく純粋な女性っていうか。そういえば道もそうだった。ザンパノだったりジャルソミーナだったり、綱渡り芸人だったり。すごいよね全くもって。
ミヤソラもその時々で同じ構成なのに、その時の大ちゃんの感じ方によって違う作品に見えるっていうのはおもしろい。
結局、カーニバルオンからスターズオンまで昨日は3回まわり見たな。疲れたとか言うわりに。
でも、おすすめミヤソラづくし。

そうそう、先日海外のショーで滑る大ちゃんを見たいと、昨年のイタリアベローナで行われたOpera On Iceの動画をはっつけた。荒川さんがマダムバタフライすべったやつですな。
コロッセオの中にリンク作って、フルオーケストラとオペラ歌手の生演奏をバックに滑るっていう。
うらやましいですな、こういうのって絶対日本では無理っぽい。やれても北米的なショーしか無理だろうなと思う。歴史の重みが・・、でもこのオペラと一緒にするのも、ヨーロッパのほうで今クラッシックが若い人たちには人気がなくて、もっとオペラを楽しんでもらおうという意図もあっての企画だったとか。何年も続けて欲しいし、いつかこういうショーを見たいなと思う、更には大ちゃんがこんな舞台で滑るのを見たくてたまらないけど、でもふと思ったこの下の動画を見て。



アイーダなんですけどね、ステファンにプルシェンコ脱いでます。
大ちゃんがこれに出演したら、脱がされるのか?大ちゃんのヌードは見たいが衆人環視の中での大ちゃんヌードは見てはいけない禁断の果実。
今、上半身裸で滑る大ちゃんを妄想したが、なんかあかんと思いました。欧米人みたいに簡単に脱いだらあかん。そんな依頼がきたら、せひ大ちゃんは宗教上の理由で肌は見せられませんといって断っていただきたい。
見たいんですよ大ちゃんヌード、でもでも想像してみてみて、たぶん脱いだらいいからだしてると思うんですよ、あれだけトレーニングしてるし。でもなんでしょうかね日本男児たるもの肌は簡単に見せてはならぬみたいな。海外の選手簡単に脱ぎ過ぎ。チラリズムが最高なのだ・・・でももし大ちゃんのヌード写真集が出たら・・・その時は遠慮なく堂々と大手を振って買いますっ。でもアマゾンで・・このあたりチキンな私。
ヌードでなくても、着物でもいいなぁ。つい最近きもの雑誌たちよみしてて、キモノ男子っていうので、芸能人とか歌舞伎役者とか若手の人たちが着物姿のグラビアがあったのですが、大ちゃん絶対似合うから着物大ちゃん写真集でも喜んで買うなと妄想した。妄想はいい、なんでも妄想できますからな。バンケットで着物きればいいのに。外人にとっては着物女子よりも着物男子が貴重なので見たいって思ってるらしいですよ実は。サムライ忍者大好物だから外人。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR