大ちゃん砂漠まっただなかオアシスは何処に

久々の大ちゃん砂漠状態ですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
思えば大ちゃん現役時代春から夏はショーはあるものの情報がぴたっと出てこない時期というものはあって、私の場合毎年大ちゃん砂漠に備えハマるものを探しておりましたが、今年はそのハマるものがなく途方にくれています。
大ちゃんは何をしているのでしょうか
大ちゃんファンの誰しもが思っていることでしょうけれど、今回はどこぞで大ちゃん見かけたとかいう一般のツイもないですしね。
何かしら次の仕事に向けてやっているのだろうと思います。
今のよろどころは、来月のPIWとそれからフレンズで何を滑ってくれるかということです。
フレンズは新作の可能性があるのでジェレミー振付のプログラムかもと思うのだけど、プリンスはKroneの別バージョンか、ただPIWに合うプロかなと考えるとあまり合わないような気がしないでもないけれどどうでしょうかね?
そしてフレンズ。
今年は昌磨ファンも増えそうなので激戦の模様ですねツイを見る限り
ちがうかな?昌磨はSOIにPIWに長野があるし、例年だとFaOIにもINはありましたが今年はどうでしょうか
THE ICEがどうなるかわからないし、でも真央ちゃん展で真央ちゃんに直接聞いた人によればまだ発表していないショーの企画があるということなので、THEICEかそれに変わるショーがあるかもしれないと思っているんだけど
そうなると大ちゃんもINあるかもとか思ったりで・・・でもやっぱりたりない
昨年は氷艶にLOTFがあったものだからアイスショーだけではたりないんだよ
氷艶は幸四郎さん一家の襲名披露があるからいたしかたがないとして、LOTF
アメリカ公演もどうなっているのか?
DWTSにシェリルが復帰したのでLOTFアメリカ公演もどうなっているのかと思うし
そして4月30日からはDWTSアスリート特別版で、通常よりも短い4週のみのチャレンジがあり公式だとリッポンと未来ちゃん、そしてトーニャ・ハーディングもとかで、トーニャの事件を題材にした映画がアカデミー賞の候補にもなったというのもキャスティングされた理由かとは思うけどスケオタとしてはちょっとアメリカらしいというか、ちょっともやるキャスティングです。
あとは誰が出演でしょうかね。
大ちゃんも本場のDWTSに出てくれたらとか思ったら、妄想いろいろできまして、砂漠のむこうにオアシスがあるかもみたいに、多少はうるおいましたが、氷陸関係なく踊っている大ちゃんもこの時期やっぱり見たいですね。
この大ちゃん砂漠、ここしばらくはLOTFをドキュメンタリーも含め何度かみているんですよね。
LOTFがこのままないのであれば、いっそ大ちゃん自身ショーを企画すればいいのにね。
海外からのダンサーよんで、日本人ダンサーも入れて、ミュージカル界にも声かけちゃったりとかさ、やればいいのにさ
それか演出家も国内の人頼んだりとかさ、なんかやってくれないだろうか
贅沢になってしまいました
スポンサーサイト

ZEROとぼくマン卒業

大ちゃん「ZERO」と「ぼくらはマンガで強くなった」卒業
ちょっとさみしいような、でも私個人としてはいい経験ができてこれからは表現者高橋大輔の仕事が多くなるといううれしさのほうが実は大きい。
ZEROでは大ちゃんを通してエンターテイメントの裏側を見れたのもよかったし、大ちゃん自身がZEROスタップの人達や取材先の人の人から様々なものを経験し身につけていっているも見れたし
でもZEROは見ていると1日で取材が終わるものはなかったと思うので、折あらば長尺で未公開部分も見たいなと思うんだけどむずかしいでしょうね。でもみたいなぁ。
ぼくマンは大ちゃんのコメントや取材の部分もおもしろかったけれど、出演しているアスリートのドキュメンタリー部分も興味深くて編集せずそのまま録画してある。
もともとドキュメンタリーは好きなのもあるし、他のドキュメンタリー番組ではあまり取り上げられない部分もあったりでたまに過去の放送を見直したりもしているので大ちゃんが出ているというだけでなく、番組としてもおもしろかった。
マンガはあまり読まなくなったけれどもともと少年マンガ系が好きだったほうなので、ぼくマンのおかげで読んでみようかなと思うマンガもいくつかあるし、それがきっかけかわからないけれど今私マンガ読みたい病になっている。
実家の倉庫に古いマンガがあるので探し出して読みかえしたりもしているけれど、現代のマンガも読みたくなってるけど何十年か読んでないブランクはそれなりに大きくて本屋さんへ行っても何を選んだらいいのか。
おすすめありましたらよろしくお願いします。今の気分は少女漫画系を読みたい気分かなぁ。

そしてZEROとぼくマンが卒業したことでの喜びの部分では今後大ちゃんはより表現者のほうにスタンスを置くかなと言う期待。
6月7月8月中旬までは今の所ショーの予定はないから、ここに何が入ってくるのか、そしてプログラムは何を滑るのかも気になる。
あとフレンズに荒川さんの名前がないのも気になっているところだけど、いいお話であればおめでたかなという気がしないでもないけれどもしそうであるならば筆頭スケーターで大ちゃんの名前があることでショー自体やショーにくるスケーターの顔ぶれも多少かわるかも。
もし大ちゃんのフレンズになるのであれば、パトリックとかリッポンとかアモとかステファン・ジュベもだけど大ちゃん世代のスケーターがみたい。みんな踊れるだけに華やかなショーになると思うんだけど。アボやトマシュも追加で、更に追加でミハルとか・・そうそうデニス・テンを忘れてはいけない、あとハンヤンも、二人共気になってる。
あれやこれやがなければひょっとしたら平昌でもそれぞれがエースとなってトップ争いをしていてもおかしくないくらいの才能があるスケーターなので、日本にきて欲しい。
などと妄想や願望はどんどん広がるわけです。
女子やカップルの名前もあげるときりがないけれど、以外に女子は難しい。ソチでかぶっているだけなので大ちゃんのフレンズではないけれど、個人的にはリプニツカヤが今どういうスケートを滑っているか気になる。見たい人多いと思うんだけどね彼女のスケート。昌磨もいることだしリプの生ショーマチカを聞いてもみたい。

どんなショーが今年は魅せてもらえる今の所まだ不明なところは多いけれど、今年はKroneとアボのプロ2つ、バージョン違いのKroneもいれれば今のところ3つあるのでそれで回すかなとも思うけれど、オリンピックやワールド、そしてショーを見ていると全体的に今時のポップスやバラードが多いので誰もが知っているクラッシクやラテンなどのプロも見てみたいなと思ってしまう。
大ちゃんクラッシックだったらステファン振付のプロもまだ幻のまま
気になるわ
ステファンとのコラボもまた見てみたいし

あとはこれから番組の改編期にあたるので、なにか特番みたいなものに大ちゃんも出演もあるかもしれないですよね。
もうHD一杯なんで今日明日で容量を思いっきりあけようと思っているけれど、ここ数日妹が名古屋に嫁いでいるもので東海地方で放送されたフィギュアニュースや番組を円盤に焼いてくれては送ってくれてたものを編集しています。ただフィギュアスケーターが出ているというだけで丸録なので編集大変だけど、見ていると大ちゃんファンにとってはフイギュア王国名古屋は大ちゃん砂漠ですね。
前から大ちゃん砂漠の東海地方とひそかに言われていたけれど、あらためて編集作業しているとやっぱり名古屋のスケーターが中心なので大ちゃんは少ないです。
ただTHEICEとか中京テレビ放送分は他の地方では見られないのも極稀にはあるのでその部分はありがたいけれど。
あとは、やはり昌磨は多いですね。ちびっこの頃から。
彼の特集でなくても、見切れでも写っているなという印象。
やっぱちっこい頃から上手なのもあるけれどビジュアルが可愛いから真央ちゃん特集だったり、他の選手特集でも映しちゃうんだろうなと
東海地方のテレビ局は真央ちゃんのように昌磨にくっついて撮影するチームはいないでしょうかね。

さすが大ちゃんオリンピックにあわせてきました

オリンピックが始まりました
イマイチまだオリンピックが始まったという高揚感がないのですが、じょじょに出てくるのでしょうか
マスコミもオリンピックよりも北朝鮮の報道のほうがながくてオリンピックがメディア的にも盛り上がってないように思えるような
あとは今シーズン一度も優勝してない・・・まあいいや
刑事くんは神隠しだし、刑事出しやがれ!
だって昨日は昌磨やってくれましたしね
四大陸の優勝を逃したのは残念ではあったけれど、四大陸の前は四大陸で優勝してしまうと逆にマスコミが食いつきすぎて精神的に負担になるのではと思っていたので2番でよかったかなくらいに思っていたけれど、団体戦は一番になっておかないと個人戦での評価は変わってくるのではないかななんて思ったりしています。
今シーズンというか昨シーズンのワールドも含めだけど、僅差で何度も優勝を逃しているのを見るとやはり国内二番手という位置づけがジャッジにはあるかもと、そんなことを勝手に思いつつオリンピックでの団体戦は一番になっておいたほうが後々個人戦での評価にも多少なりとも関係してくるのではないかなと
そんなことを思いつつ団体戦を見始めたら後半グループびっくりするくらいみんなジャンプが合わせてこれなくて昌磨もやばいかもと思いながらも、大ちゃんが昌磨の滑りが落ち着いていることを指摘していたので、落ち着いているようだったら大丈夫かなと
たしか、体がよく動いているわけではないけれど安定しているというような事を言っていて、安定していることはなによりだなと
大ちゃんのソチの時は公式練習の映像を見ては、大ちゃんの張り詰めた感じがビシビシ伝わってきたけれど、今回の昌磨は驚くほど穏やかというか、テレビ越しでもそれがわかるので現地で見るとよりわかるでしょうね
そして本番
4Fは両足だったと思うけれどURは取られていなかったのと片手だけでこらえたのも大きかったですね
あとはもうバッチリ。四大陸の時よりは体が動いていたようにも思うけれどまだステップはキレキレというところまではいってないのでレベル3だったかな、でもあとはレベル4で揃えて加点もありなのはさすが、4Tも仕上げてきたし、アクセルは美しかったし、ぐだぐだ男子を締めてくれました。
みんなが調子をあわせられないなかあれだけの演技ができたのは偶然ではないし、そもそも今シーズン100点超えを何度も出しているところからして安定度は多分全選手の中で一番じゃないかなと
でもそのことをフィギュアスケート関係者も全くテレビでは言わないですよね
今シーズンの昌磨の成績が神隠しにあったような
とにかく個人戦を愉しみにしようと思っていますが
団体戦前半を終えて大ちゃんがちょくちょく解説やらレポートしてくれていますが、リンクから大ちゃんに画面が切り替わった時の瞬間の表情がなんともいえないうれしさと優しさみたいなのが表情から出てて、この大ちゃんの表情を昌磨と海龍の二人に見てもらいたいくらいです
それとイマイチ盛り上がらないとはいいつつ、毎日大ちゃんを追いかけていると、やはり髙橋大輔オリンピックに合わせてきましたね。
LSが9点台です
LSって?ルックススキルですよ
板前も伸びてきてセクシーさが出てきました
やはり髙橋大輔にはセクシーさがないと
この調子でいくと閉会式あたりはLS10点満点出るかもしれません
顔も締まってきたし
あと毎日盛り上がっているのがアクエリアス大輔
毎日朝10時が楽しみです
アクエリア輔が始まるという予告が出る前日に氷艶を見ていて去年はコスプレ楽しませてもらったけれど、今年はあるかな、あったらいいななんて思っていたんですけど、そしたらいきなり15变化ですから
スピスケの全身タイツはあかんやろやっぱりみたいに思ってたけれど、それも覆されさすがアスリート太もも、特に内側についている筋肉がよりかっこよく見せてて、侮っててごめんなさいとスピスケ大ちゃんのコスプレを見て思いました。
あとあの筋肉を見てやはりうれしくなりましたよね。あんなところにも筋肉がまだあるって
スケートを滑っているからついている筋肉ですからね。

イマイチ盛り上がらないとか書いてるけど、オリンピックは楽しんでます
やっぱり普段見られない競技も見れるし
団体戦はペアも全部見せてくれたし
泣けますなペアは
海羽ちゃんと木原くん
木原くんはもちろんだけど海羽ちゃんの驚異的な成長スピードに驚きです
二人の曲がユーリオンアイスなのもよかったです、二人にぴったり
佐藤有香さんが選曲と振付だそうですが、よくぞ使ってくれたという感じ
普段ペアは国内選手の演技でもなかなかスケオタ以外は注目することは少ないと思うけれど、ユーリオンアイスのおかげでペアを見る人達が増えたし、もちろんシングルもアイスダンスも見てくれると思うけど、ひとまずカップル競技に注目してくれている感じが、ツイのトレンドを見てわかったし、アニメファンも納得の演技でツイでもよろこんでいたから木原くんも海羽ちゃんも落ち着いたら一般のファンの感想見て欲しい。
美しいプログラム
ユーリオンアイス自体ちょっとと思う方もいらっしゃるかもしれないけれど、音楽は本当にいい曲多いんですよ
私はオタベックのSPとFPの曲どちらも好きなんですけど、できることならデニス・テンくんにお遊びでもいいから滑っていただきたい
そう思うと、アニオタちゃんたちが自分の好きなキャラが3次元で納得がいくレベルで現れた時の喜ぶ気持ちわかります。
大ちゃんがギルクラで滑った時の喜びとか、私テン君がオタベックの曲で滑ってくれたら喜びで転げまわるわ
大ちゃんがユーリオンアイスか、エロスで滑ってくれても転げ回って喜ぶと思うけど
美羽ちゃんと木原くんのユーリオンアイスは、アニメの中で語られる様々ではあるけれど普遍的な愛というのもを表現したいたと思うな、だからアニオタちゃんたちも涙出たって言っているんだと思う
海羽ちゃんと木原くん、カナクリの二人は団体戦フルに個人戦フル出場なので体力的に大変だとは思うけれど、見ているほうとしてはオリンピックの期間中演技を何度も見られるのは贅沢でうれしい事なので、お茶の間からめっちゃ応援するわ
まさに彼らもヒストリーメーカーですからね

今更フレンズトーク妄想を語る

ちょっとぶりにブログを更新です。
昨日はBSで真央ちゃんのアナザーストーリーが放送されましたが、放送中滝のような涙を三回ほど流して見ていました。
今回は真央ちゃんの周りにいた日本人ではなく、ロシア人、タラソワ、プル、アデリーナの三人が真央ちゃんに対して話をしていたけれど、特にタラソワ先生は、自国開催のオリンピックでありながら真央ちゃんに金メダルをとらせてあげたかったとまで言っていて、浅田真央は国がどうというレベルの選手ではないんだなとあらためて感じました。
そんな真央ちゃんのアナザーストーリーを見ていて、やっぱり大ちゃんもロシア組からの視点での番組作ってくんないかなと
ニコライなんていくらでも語ると思うんだけどな、あとはモロチームで一緒だったスケーターとか
いつか大ちゃんもアナザーストーリー楽しみにしましょう。
ひょっとしたら引退後のアナザーストーリーが作られる日がくるかもしれないし。そっちもいいなぁ。

少し時間はたってしまったけれど、フレンズαで今回は充実したトークを展開してくれましたね。
今までにないほどのポジティブさ、あと今回は腕組みして荒川さんと話すこともほとんどなかったし。前回は腕組みしていたと思うけど、記憶違いだったらあれだけど、どこか聞かれることへの怖さだったり不信感だったりがあったのかなと。
にこやかに話をしているけれど、どこか他人行儀に見えて視聴者としても、ある意味緊張してフレンズトークは見てた記憶があったので、今回も同じくという思いもあったので、思いの外というか思ってた以上に大ちゃんの新情報てんこ盛りで一時間ではたりないフレンズトークになってました。
フレンズトークの大ちゃんについては書こう書こうと思いつつ、あまりのてんこもり情報だったので書きたいことがありすぎて今に至ってしまったわけだけど、至ったので頑張って録画をみながら書いて行こうと思います。

まずは「トーク苦手な話」
インタビュアーや解説という部分ではかなり緊張しているのはわかるけれど、バラエティ系出演時のトークはかなりイケてるとおもうんだけど。結構自分から小ネタ話すし。
堅い方のtトークも進歩は見られてると思うな、あまり噛まなくなったし、ある意味噛まないことに「なんで噛まないんだよ」とテレビに向かってつぶやくことすらある此の頃。
ZEROが始まった頃は、テレビ前正座でバナータオル振りたいくらいに緊張して見てたけれど、今はソファーにふんぞり返って見ていられるようになったし。
フィギュアのナビはどうでしょうね。
本田さんがテクニカルの事について解説しているのでナビゲーターとしては感覚の部分を語るというスタンスだけど、私は高橋大輔の視点でのテクニカル解説もしてもいいんじゃないかなと感じているんですよね。新聞のコラムだとかインタビューを見ていると、今までの解説人にはない視点で語っている事が多くて、なるほどと思うこともあるから。
今月の全日本ではどういうスタンスで関わるかはわからないけれど、ひとまず演技を見て「感動した」という言葉は封印したほうがいいかもね。
感動という言葉は結構便利な言葉なので、感動したというその気持を別の言葉で語れるようになってたらいいのに
感動に変わるボキャブラリーを増やして欲しいかも。

「LOVE ON THE FLOOR」をやってパフォーマンスをしたいと思ったこと
以前は表には出たくないというような事を言っていたけれど、LOTFに挑戦したことで自分のやりたいことが明確になったこと
それはパフォーマーと口にしてくれたことはうれしかったですよね。
何かを作り出して体で表現する。
タレント的な仕事をしている姿を見るのもうれしいけれど、ファンとしてはやはり高橋大輔しかできないパフォーマンスをしてくれることにより喜びを感じるし。
できることなら、もっともっとパフォーマーとしての時間を多く作ってほしい
今のところショーはXOIの先は決まってないみたいだけど、オリンピックシーズンだから春くらいから怒涛のアイスショーが開催されるでしょうね。
アイスショーといえば過日ジェレミーファンの方がツイで、ジェレミーが大ちゃんのプログラムを振付したという情報をくださったけれど、いろいろ語ってくださってたけど、知らない人のために楽しみはとっておこうと思うけれど、フレンズαの話を聞くと、XOIにはひょっとしたらジェレミーの新作は見れない可能性があるんじゃないかなと。
新プロ作ってなかったからカメレンゴさんやシェイリーンにディビットに作ってもらいたい、派手なプログラム全然やってなかったのでやりたいと言ってましたが、ジェレミーファンの方のツイからすると派手というよりは情念系みたいですね。
大ちゃんは今回カメさんにタンゴを再び依頼したいと言っていたけれど、ほんとタンゴ見たいわ。
カメレンゴタンゴ。ピアソラのような洗練されたタンゴでなく、泥臭いタンゴとか。
なかなかスケジュールが合わないということだけど、カメさんなんとならんかと。
デヴィットももし彼が派手なやつを作るとしたらと考えると何を持ってくるか、結構トリッキーな選曲しそうな気がするし
そして今年はちょいちょいスケオタ内で話題になってた、リショーさん。彼自身大ちゃんのファンと公言しているので彼が大ちゃんに振り付けるとしたらどんなものになるのか興味津々。
個人的にはロヒーンさんの振付で踊り狂う大ちゃんを見たい気がするけど
国内だと、美穂子先生
大ちゃんの一言一言に妄想が爆裂してしまい、脳内では勝手にタンゴで踊り狂ったり、まさかのワルツで踊っていたり、途中から真央ちゃんとボールルームダンス踊っている妄想に変わったりもしてたけど、妄想のネタの宝庫なフレンズトーク

あとは靴を銘柄を変えたこと
靴は大きいね、でも練習もだけど
今年のTHE ICEの時の大ちゃんのジャンプ見て驚いたもん
昨年はジャンプを見てハラハラしてたこと多かったし、スケーティングは相変わらずきれいだけど高橋大輔はまだこんなもんじゃないからと言いたくなることも、実はあったし。
去年のTHE ICEはそう思ったな。
THE ICEのお客さんにはライラックワインはあまり合わなかったのもあったと思うし、フレンズもなんだかショーとしてはぼんやりとした感じだったのが去年で、スケート以外の仕事が多かったというのもあるとは思うけれど、やはり靴の違いも結構あったのかもね。
今年のTHE ICEではTHE ICEの観客が大ちゃんのスケーティングの滑らかさや、ジャンプの軽さにどよめいていたから
ファンであっても、声だしちゃったくらいで。
カーニバルオンアイスのKRONEは、シンプルなステップが多いプロで大ちゃんファンとしては初見はちょっと物足りなさを感じないでもなかったけれど、大ちゃんのスケーティングを堪能するにはいいプログラムだなと
あとそうそう、KRONEの衣装が2つあるということ
そしてもうひとつのバージョンがBiosかなと思ってたけど、KRONEのオーケストラバージョンぽいですね
ピアノバージョンが女性的な衣装であるならば、オーケストラバージョンは男性的な衣装
さてどんなでしょうね。
オーケストラバージョンのお披露目もいつになるか
思い入れがある曲だからこそこだわりたいと言っていたので、ぜひこだわりつくして披露していただきたい。
そうなるとやっぱり新横のちんまいリンクではなく、代々木やたまありあたりでお披露目を見たいものだけど、そうなるといつの事になるやらだし。
そういうわくわくは待っているのも楽しみなので、妄想に拍車をかけます
KRONEのピアノバージョンは黒だったから、オーケストラバージョンは白かしらとか、ギルクラのキャラとかストーリーとはにはこだわらないとか言ってたけど、結構できあがったものはギルクラの世界だったので、ギルクラの主要キャラであるガイのコスチュームが後半白になったので、白かななんて妄想する。
でも黒のヒラヒラは捨てがたい。
クリスマスオンアイスははたしてKroneきますかね。どっちかな、それともジェレミーのかな、いや隠し玉があるかも

至福の4時間仰天ニュースSP

仰天ニュース4時間スペシャル
4時間もあっても大ちゃんが話ができるところなんて少しだろうなと思っていたら
思いの外というか、他のゲストよりも鶴瓶さんも中居くんも大ちゃんをいじってくれまして幸せな4時間となりました。
ワイプでもかなり抜かれていたし。
でもあれだけ体ごと大爆笑していればカメラにも抜かれますね。
面白いんだってわかりやすいし。もともとゲラ輔だけど、ちょっと憂鬱な内容のVTRを見た後トークで大ちゃんが大口あけて満面の笑で笑っている姿を見るとホッとしたりもするし。
この仰天ニュース、4時間だけど、どこをどう編集するか。結構ワイプ輔もいい表情してましたしね。
そして仰天ファンでもある方から、ゲストがロケに行ってるシーンは今までみたこともないと言っているので、収録時の大ちゃんのリアクションやらトークが思いの外おもしろかったので、ロケも追加になったのかななんて思ってみました。
先日連休あけでしたっけ?くらいに大ちゃんがUSJでロケをやってて、ダンスしてたりキティちゃんのティーカップにひとりで乗ってたりというようなツイ情報があって、ダンスのりのりは映像にあがってたけど、キティちゃんのティーカップは映像がなかったので、キティちゃんのティーカップにひとり乗せられて、大ちゃん恥ずかしがってないかしら?みたいにちょっと心配していたんだけど、放送を見たら心配どころかひとりでぐるぐるまわって絶好調ではないですか。クソかわいい。
ちょっと前は戦闘機に乗ってたのに、今度はキティちゃんのティーカップではなくカップケーキか、超かわいいポップな乗り物です。
振り幅ひろすぎてもう何乗っても驚くことはなさそうです。
というか、とにかく大ちゃんをぐるぐる回したいんですねテレビスタッフは。
ぐるぐる回すためにUSJにまで行って。それだったらキレキレだと目撃されたダンス映像も使って欲しかったです。お蔵入りがもったいない。
今回の仰天は日テレだから氷艶の宣伝かしらと思ったらそうでもなく、単純にゲスト出演ということでしたけど、放送を見ていると鶴瓶さんにも中居くんにも気に入られているみたいなので、他の番組でもまたおよばれする可能性があるかもですね。
今回は個人的にはTMさんがいたりもしたし、繋がりができたらいいのになんて思うのですが。
次は世界ふしぎ発見です。
少し前から大ちゃん黒柳さんのインスタに毎回いいねをしているので、黒柳さんと何かあったのかなと思っていたところに不思議発見です。きっと何かあったんでしょうね。
黒柳さんと言えば、徹子の部屋スペシャルでおもいっきり大ちゃんのプリケツをおさわりして堪能されてたけれど、あの時も大ちゃんが引退したら(フィギュア)つまんないと言い切ってましたけど、あの発言からしても徹子さんは大ちゃんファンというのはわかっていたので、徹子さんとの楽しいことあったんでしょうね。
徹子さんもNYに住んでいたこともあったし。
去年徹子さんがインスタをはじめた頃から私もファンなもので見てますけど、徹子さんのセンスが素晴らしくて。
あんなふうに年を重ねていきたいなと思うことしばしばであります。

今回のようにバラエティに出演してくれると、大ちゃんファン以外がどう思っているのか知りたくなるので、大ちゃんおフルネームで検索してツイを見ていると、大ちゃんが元々好きな人もたくさんいるんだなと。あとはライトスケートファンも。
そしてどんどんばれてく大ちゃんの可愛さ。
私達がどれほど力説しようとも、本人がバラエティにでて素を見せればツイには「可愛い可愛い」の文字が踊るのです。
かわいいやろうちの大ちゃんとか、親ばかのように仰天視聴者の感想を目を細めてみていました。
こんなに可愛いけど、腹筋はバキバキではないけどええ体してんねんでとか言いたいし、ダンスも結構いけるんやでとかも言いたいし、でも言うよりもいつか地上波でがっつり放送して欲しいです。
でもあまり世間に知られすぎてももったいないし・・・ファンとしてはちょっとばかり複雑です。

大ちゃんのバラエティの間にも、フィギュアはシーズンに入っているのでそちらも何気にチェックはしているんだけど、刑事くん怪我とかで一時戦線離脱とか、今年一番のダークホースは刑事くんではないか、町田くんみたいに覚醒もあるかもと思っていたんだけど、でもまだあるかもしれないのであせらず養生してGPシリーズ後半には戻ってきてほしいものです。

マッチーでちょっと目からうろこな出来事がありました。
先日のカーニバルオンアイスのテレビ放送を見ましてですね、私やっぱり町田くんの演技は自分と呼吸があわないっていうんでしょうか、私のツボからちょっとずれてるんですよね。
生で演技を見ると小さなからだ全体をつかって体の底から演じるその姿にいじらしさみたいなのと凄さを感じたりもするし、現地ではそれに感動してスタンディングオベーションも自然としてしまったりもするんだけど、いつもなんかちょっと間があわない感じがあって。
例えば演技が終わった後から挨拶までの時間がやたらと長く、感動してたのに、もういい加減に挨拶したらいいのになんて思ってしまって冷めちゃうんですよね。
観客の拍手と歓声によっちゃってるのかなとか。
演技でもどこか私ははいりこめなくて、その事をどう言葉であらわしたらいいのかずーっと悩んでたんですけど、今回ぴったりな言葉が見つかりました。

まっちーがジュニアの頃から、大ちゃんファンの中では、大ちゃんファンならまっちーの演技は好きと当然のように言われてはいたけれど、ちょっとちがうかもと思ってたんですよね。決して嫌いではないけど、なんか違うぞって。
そのなんか違うぞが言語化できずにずーっときていて、心にいつもひっかかってたんですけど、けれど今回すっきりしました。
ユリオタちゃんの語彙力に脱帽です。
ちょいちょい大ちゃんファンだと言うユリオタちゃんたちがいるので、ツイを見たりもしているんだけど、煩悩を制御することもなく水が流れるがごとくに次々湧き出る言葉の数々を目にし、若いってすごいと思いました。
そんな中見つけたんです、私のきもちにぴったりなつぶやきが
「町田くんは私には手に余る」って
もう目からウロコですよ。
そう、私もそれやそれ、まっちーは手にあまるんやと。
なので今後はまっちーを見ても、もやもやせず、彼は私の手には余る存在なので本能のままに見ようと思うことにしました。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR