萌え散らかした氷艶公演

氷艶最終日マチネと千穐楽を見てまいりました。
マチネにお隣の席の方から風邪をプレゼントされ、運良く千穐楽が終わったあと帰り道に風邪発症!いや楽の後半もうあやしかったけど、そっちよりもショーのほうに気持ちがいっちゃってたので終わった後にがたっときた感じです。
そして昨日は嘔吐に下痢で・・・マチネのお隣さんをうらみました。マスクくらいしてほしかったと。

そんなことで感想文遅れましたけれど、2日たってもまだ氷艶の世界に浸っています。
私は最終日だけ見たので、初日からあがる氷艶の感想文を見てはあまりの大絶賛に期待を膨らますと同時に、期待を膨らませすぎてがっくりだったらどうしようという心配もしていました。
けれど、皆さんも同じでしょうけど無用の心配でしたね。

なんて贅沢なショーだったんだろうと
これからアイスショー見てがっくりこないか心配になるくらい
でもこのショーに参加したスケーターはきっとこれを糧に、ショーに磨きをかけてくれると期待しちゃいます。

終わってからずっとショーの場面をいろいろ思い返しているんだけど、大ちゃんが出て来るところももちろんだけど、やっぱり歌舞伎役者さんたちの華は凄いですね。
染五郎さんや笑也さんがただ無表情で立っているだけでも、今どんな気持ちで弾正が岩長姫がいるのかというのが痛いほどわかるので。
氷艶を見て最初の感想は、岩長姫一番おいしい役じゃんと
パンフレットには笑也さん曰く、世の中で一番不幸な女と思っているとか
たぶん氷艶を見た観客の多くは岩長姫になりたいって思ったね
静香御前でも木花咲耶姫でもなく岩長姫
だってイケメンな染五郎弾正に抱かれながら空中ランデブーでキスされて、可愛い大輔義経を好き放題いじって苦悶の表情させたりとかとか、一寸法師義経を掴み上げて舐め回すようにガン見するとか・・マジ神
どこが不幸なんでしょうか。
ファンの厨二妄想を全部経験できている岩長姫が一番おいしい役ではないですか。
染五郎さんはじめ脚本家の方、ツボわかってるーといいたくなるくらい。
わかってるーといえば、氷艶はツボまみれであっちこっちでツボにはまって抜け出せなく成る仕掛けがたくさん
あとでツイで検索すると、歌舞伎ファンがこの場面はこの歌舞伎のいち場面であーでこーでと教えてくれてるので、なるほどと改めて分かることも多いし。
今回は、ショーだけでなはくショー以外歌舞伎ファンとフィギュアファンがいい感じでお互いの文化を楽しんでたのもおもしろかったですよね。
#プウォォォォォオオオ が生まれたし
わからない方にお伝えすると歌舞伎ファンの方が初日にスケオタというか大ちゃんファンの声援を例えて
#プウォォォォォオオオ とつぶやかれたのがはじまりで、その後歌舞伎ファンもプウォォォォォオオオと応援する楽しさを覚えられ一躍プウォォォォォオオオは流行語となったのでした。
私以前から大ちゃんファンの声援の声を文字にすると何になるんだろうかと思ってたんですよね。
ヒューヒューでもないし、ホーホーでもないし、私はあまりというかほぼ声ださないのもあるんだけど、どうやったらあの声がでるのかと思ってて、今回歌舞伎ファンの方が文字にしてくれてしっくり腹におさまりました。
特に2階席でみてたら、下からプウォォォォォオオオって声援があがってきて、これがプウォォォォォオオオねと
決してプウオオオオオオオオオではなくプウォォォォォオオオと抑揚があるんです。
短めの声援はピャーっていう感じだということもわかりました。
歌舞伎ファンがプウォォォォォオオオをやって楽しかったって言ってたので、私もがんばります。
楽は大向こうさんが何人もいらしてて、役者さん全員に声がかかってたと思うんだけど、私の近くの席にも一人いらして大向こうさんがいらしてましたが、大向こうさんとプウォォォォォオオオのステキなコラボレーションがまた楽しくて
ショーを見ての楽しさもあったし、ライブで応援する楽しさもあったし、そこも今回氷艶の楽しかったところのひとつでした。

そして大ちゃんですけど。
大ちゃんはもう問答無用にかっこいくて可愛かった
小柄なのも義経のイメージにあってたし
大ちゃんも言っていましたけど、紅顔の美少年というタイプではないはずだったのが、紅顔の美少年義経になってました。
なんだか青年というよりも少年義経でしたね。
立ち姿も本当に絵になるし。あの衣装は重そうだし布が硬そうだから動いた時どうなるのかなと心配してたけれど、文句なし。
衣装さんも計算しつくしてました、そして大ちゃんもある意味衣装の欠点である部分を逆にうまく利用していたし。
スピンの時に裾をさばきながら回ってましたけど、偶然の産物なのだとは思うけれど、裾を翻し見える八掛の色がスピンに表情をつけてて、更にポニーテールも演技してたし。
妄想族の妄想の更に上を言った大輔義経のうるわしさ。
一部で大ちゃんが出てきて東側で佇んでいる時も、ただすっと立っているだけなのに目がいってしまう美しさと、2部で戦いに挑む前には、首から顔が前につきだして今にも斬りかからんという姿も、まるで月岡芳年の武者絵の一枚みたいだったし。
殺陣も思ってた以上に凄かったのと、美しかった。
弾正も義経も
染五郎さんと大ちゃんとの信頼関係があそこにはあって、役としては憎しみ合っている間柄なんだけど、垣間見える信頼関係がちょっとイケナイ雰囲気を漂わせてて、やばやばと思いました。
イケナイ雰囲気というか、イケナイ場面は、大ちゃんが弾正達悪党が集まった宴会からのシーンですね。
大ちゃんがしずしずと出て来るわけですけれど、マチネはアリーナ南側だったのでその姿がよく見えました。
大ちゃん頑張って歩いていましたが、本来なら足の裏が見えないように滑らせるように歩かなくてはならないところ、スパイクを履いて歩いているので女形歩きがぎこちなくなってましたが、歌舞伎ファンの解説によれば、あのシーンは男装をした白拍子が元ネタらしいのと、ヤマトタケルが女装をして熊襲の宴会に忍び込み刺し殺すという話がまざっている演出ということで、大ちゃんが女形がぎこちなくてもそれが当たり前であるという設定がちゃんとあっての上の演出がされているということでした。
ちょっとぎこちない女形を演じる義経大ちゃんは、そのぎこちなさがどこか少年めいて弾正に夜伽の相手にされそうになっちゃうところが腐の萌えどころ。

染五郎弾正に肩を抱かれすっぽりはまりこむ小柄な義経大ちゃんのツーショットがイケナイ感でも(*°∀°)=3ってなっちゃうし、顔を見せろと弾正につめよらてイヤイヤしてたり、着物を脱がされそうになってる仕草とかぎこちないところがまたたまらなく。
染五郎弾正ががっと片袖をひっぱり大ちゃんが腕を抜いたあと、片袖を大ちゃんの腰に畳入れようとしてた流れがツンデレで萌える上に、衣装の後始末ではあるんだけど義経大ちゃんの腰辺りを触っているようにも見え、手篭めにしようとする俺様感もかんじられそれがたまらず染五郎さんステキもっとヤレっと。
義経と知った後の義経を痛めつける染五郎弾正、ぐぬぬーとなる顔も愛らしい大輔義経。
こういうぐぬぬ大ちゃんとかはめったに見られない顔のため大ちゃんファンとしてはたまらないシーンだったと思う。
ホント美味しいところだらけなので、心の中ではもっともっとやっちゃって弾正様と思うことしきり。
その時もプウォォォと周りも言っていたから同じ気持ちになっていたにちがいない。
岩長姫にも義経虐げられるし、どんだけファンのツボがわかった演出であろうか。
きっと染五郎さんも現役時代の大ちゃんの切羽詰まった時にのみ見せる立ち上るような色香みたいなものを見ていたと思うな。
まだまだ書きたいことたくさんありますけれど、長くなるので続きはまた後日

スポンサーサイト

とうとうこの日がやってきた氷艶開幕、それとぴったんこ輔

とうとう氷艶が始まりました。
私は月曜日に行きます。
ツイではレポあがってますけど、もういてもたってもになっちゃいますね。
いや、ここ1週間ほど何をやっても手が付かない状態で、試合の時のような緊張感はないんだけど、試合の時のようなドキドキ感があって久々の感覚を楽しんでいます。
私も行きましたら感想文やら妄想分やらを書く予定でおりますが、行かれた皆様の熱い気持ちのぶつけどころがない時には、コメント欄に熱い思いをぶつけてください。
そしてまだ行ってない人、行けないけど感想文で妄想するという方もぜひコメントをお願いします。

氷艶の前に、昨日のぴったんこカンカン輔は、大ちゃんがよく笑っていて見ていて気持ちいいですね。
食べっぷりも飲みっぷりも、真央ちゃんもだけど大ちゃんも食べている姿が本当に気持ちよくて、食べたくなるし、ビールも飲みたくなります。私ビールあまり好きな方ではないにも飲みたいと思わせるおいしそうな飲み方。
食レポというのは食レポタレント以外にも、今は誰も彼もやってますけど
「美味しい」「やばい」
みたいなありきたりな言葉だけでも、そのおいしさを表現できるって凄いと思うわ。
結局のところ感想がうまいよりも、食べている姿がおいしそうなのが一番インパクトあるんじゃないかなと。
大ちゃんと真央ちゃんがなにか食べているところ見るの好きなんですよね。
食べ方ってその人の本能や行き方も見える部分なので、そこに魅力があるというのはステキなことではないかしらね。
そして安住アナ。
安住アナというのは、ゲストに対しての距離感を人に絶妙にコントロールする人ですが、その絶妙具合は時として、安住さんこのゲスト苦手だろうなとか結構見えることがあるんだけど、大ちゃんとは相性がいいような感じです。
金スマの時も安住さんが楽しんでいたし。
でもあれだけ大ちゃんがほろ酔いで大笑いしてたのも、安住さんを信頼しているからでしょうね。
見てて幸せになったぴったんこカンカンでした。
でも番組CMであったシーン出てこなかったな。木下のポーズやってるところのくだり。
登場のダンスシーンもうれしかったけれど、できれば全身を撮ってほしかった。
LOTFがらみでTBSの出演ないでしょうかね。

大ちゃん有言実行を目指す!シブ5時

NHKでLOTFを取り上げる?
どうしたNHKと疑心暗鬼で見始めましたが、やはりどうしたNHKです。
あまりの神番組シブ5時
番組終了後いろいろ考えるに、もうスケ連の影響下からは離れて制作サイドにスケ連からのお達しもなくなって自由に報道できるようになったのでは?と言うことと、あとは扱いがスポーツ枠ではなくエンターテイメント枠になったので番組スタッフも別になったため下げるような扱いはしなくなったのかなと。

でも今回はそれだけではなく、クリス松村さんの独自の視点や変な知ったかぶりではなく(ところどころ情報は違うものの)彼自身の目線でインタビューをしていて、よくある質問でありながらも大ちゃんが答えやすいように話題をふったり、大ちゃんの言葉足らずなところを自分の感想も交えながら伝えるという、とても誠実な姿勢が大ちゃんから今までにない答えを引き出していたように思う。
それと今回まだTBSのほうでは出していない今年のLAでの練習風景まで放送していたし、LOTFの宣伝までしていたので、これは今後TBSだけでは収まらない何かが始まっているのでは?とちょっと妄想しちゃったりして

大人の事情な話はいいとしても、いろいろ見どころ満載の番組でした
多分大ちゃんファンみんないろいろ思ったことでしょう。
今回大ちゃんはクリスさんのインタビューでカンパニー構想を語りましたが、
「真央ちゃんと二人でカンパニーを作りたい」と言いましたね。
ILのときも冗談めかしながらも話してはいたけれど
真央ちゃんと二人というところに、もうもうもうと思いました。
あえての真央ちゃんですよ。
一緒に戦ってきた同世代のスケーター達ととかでなく、真央ちゃん限定熱烈オファー
XOIでダンスを一緒にしたのも真央ちゃんとはしっくり来る感があったんでしょうかね。
大ちゃんが、真央ちゃんがスケートをやめてしまうと悲しい、永遠に見たいと言っていたけれど、まんま大ちゃんにその言葉をダイレクトスパイクしたくなりました。
そしてもし大ちゃんと真央ちゃんのカンパニーが出来た時、どんな応援ができるだろうかと早速考えてみたり。

真央ちゃんにはまだ何も相談していないと言ってますけど、そんな話は冗談めかしては言っているし真央ちゃんもそれっぽい事は言っているので、大ちゃんと真央ちゃんでショーを立ち上げようといえばすぐスポンサーはつくと思うので、早めに動き出して欲しいですね。
やっぱり立ち上げの時のカンパニーの顔が大ちゃんと真央ちゃんであって欲しいし。

そしてシェリルの
「彼の能力を引き出したいの、彼はダンサーなのよ」
という言葉
シェリルの中では、ダンサーではないセレブをダンサーに見せるというレベルではなく、その先の先を大ちゃんには期待しているのではないかなと勝手に感じてしまった。
自分たちの手で天性のダンサーを磨き上げるみたいな。

NHKだけでもこれだけ面白い番組になったので、本家TBSはどうなるか
昨年のLOTF番組は神番組だったから問題ないかもね
でもTBSより先にNHK・・・くどいようだけでどうしたNHKだわ
ダンスのお稽古シーンも見れたし、何よりもみんな大好き台輔プロがブラッシュアップされ、よりカオスというか魔性プロになりそうですね。
たしか大ちゃん女性をリフトしなくちゃいけないから今年は筋肉つけるって言ってたけど、大ちゃん自身リフトされて、飛ばされて、抱っこリフトされてましたけどなかなか挑発的なプログラムです。
去年も台輔プロは、男性ダンサーとからみがどんどん濃厚になっていきましたしね。
でもNHKわかってるなぁ
まさか台輔を押してくるとは

そして明日は日テレプラスで氷艶が
日テレ頑張って欲しいものです、前回ちょっとな感じというかモヤっと感残っちゃったから

で、来週はTBSぴったんこカン・カンにゲスト出演
安住さんとの掛け合いが楽しみです。
ぴったんこに出るならば、金スマもないかなぁ

氷艶every特番

氷艶特番。
今までのアイスショーとはやはり一味ちがう感じですね
練習も普通のアイスショーだと数日で本番という感じなのでそれと比べるとどれほどの練習時間が必要なのかと
多分そろそろ衣装をつけての練習もしているかもしれないし
あれだけの重さがありそうな衣装だと体が振り回されちゃいそうだから直しもはいるだろうし
どんなになるのか楽しみになってきました。
それと番組中に大ちゃんが日舞を習うシーンもありましたけれど、初めてのお稽古で姿勢がそれなりに決まっているのは流石だなと思いました。
何年か前に書いたかと思うけれど、日舞をやっている友人が大ちゃんのスケートを見て、腰を自然に落とすことができるから日本舞踊やってもいいとこいくかもみたいな事を話してくれたことがあったんですど、まさにそんな感じでしたね。
先生ももっといろんな事ができるかもと大ちゃんの動きを見ておっしゃっていたけれど、もっと仕込んでやってとテレビ前で思っておりました。
肩もちゃんと落ちてたし、女形のほうもいけるんじゃないかなとすら。
お辞儀もお稽古前と後では違ってましたしね。
いろんな世界の人にいじくり回していただいて舞踏家高橋大輔が見られるのもそう遠い未来でないような気がしてきました。
あとは染五郎さんが、大ちゃんの演技について、上品な柔らかさがあるというような事をおっしゃっていたけれど、その言葉がうれしいですね。
大ちゃんの現役から今に至るプログラムは一歩表現の方法をまちがうと下品だったり単なるエロな感じになってしまう可能性があるけれど、そういうきわどいプログラムを作品に仕上げられるのは常に上品さがどこかに隠されているからだと思う。
15歳くらいの大ちゃんの演技を初めて見た時、この子は海外でそれなりの教育環境のなか育った子かなと思っていたんだけど、その後地方都市育ちで特別に欧米的な教育を受けたわけでもないというのを知って、今時の日本人の子でこんなエレガントな所作や表現ができる子がいるんだと驚いた記憶がある。
その後数年あいて大ちゃんがシニアにあがった頃には、チャラくなってたんでなんでそうなると思ったけど。
それでもチャラくても演技のエレガントさは変わらずだったので、見た目のチャラさとのギャップに気になる選手の一人として常に気になる存在にはなっていたんだけど。
チャラくなろうとも、身についたエレガントさや上品さというのは学んでどうなるもわけでもないのでそれも才能の一つかなと思うけれど、やはり見る人が見ても大ちゃんがもつ独自の上品さというのは見逃せない才能のひとつでしょうね。

今回の特番前半は、everyなんでしかたがありません。
ドキュメンタリーは脚本ありきで作っているプロデューサーですから。
でもどこの局でも言えることだけど、自分たちの都合のいいように作ってるドキュメンタリー番組多すぎですよね。

今回の特番は大ちゃんをメインにした作りでしたけど、できることなら歌舞伎チームのほうのドキュメンタリーも見てみたいものです。
染五郎さん視点のとか。
あと歌舞伎チームのスケート特訓とか。
氷艶2時間特番とかあったらいいのに。

ZERO輔 ラルクアンシェル

国別でもりあがっている・・・かなぁ
私のTLではあまり国別のことをつぶやいている人が少なくて、どっちかというとZEROでのhyde氏との対談でもりあがっているような。
私も実は木曜日ZEROが終わってからラルクのライブ映像みたり、間に大ちゃんの演技を見たりして、それが本日めで続いておりました。あとはBABYMETALちゃんがレッチリのサポート・アクトでアメリカでライブやってるからそれをちょこちょこ見たり。

ZEROは大概一度見直すかどうかくらいで、あとは編集して円盤にやいてHDのスペ^ースを空けるみたいな感じだったのに、ラルクのライブレポは結構ツボにはまりました。
もともとラルクはテレビに出ていれば必ず見て録画もそこそこしている方なのでライトラルクファンだとも言えるけれど。

しかし、国別はちょこちょこ見たりはしていたけれどどうにもハマることができず。
思いの外真央ちゃん引退がじわじわきていて、テレビで国別を見ていても一枚薄いベール越しに見ているような、それか映像を手撮りした動画をみているような、別世界での出来事みたいな妙な感覚のまま見ていました。
凄い得点が出たりもしているし凄いんだろうけど、画面から華を感じないというんでしょうかね。
結局ラルクと大ちゃんに戻ってしまい、そちらを堪能しております。

国別をちらちらみていて、強烈に踊り散らかしている高橋大輔が見たいと思っていたら、ツイにも大ちゃんのロクサーヌとかピアソラの濃いプログラムの動画をあげている人がいましたけれど、多分同じ気分なのではないかなと。
大ちゃんのエロ散らかしてるプロが今みたいんじゃ、今すぐみたいんじゃみたいな
そんなわけでラルクを見ては途中に大ちゃんのエロちからしているプログラムを延々と見ておりました。

久々ロクサーヌを滑る大ちゃんがみたいなと。
来月氷艶もあるし、その後LOTFもあるけど、大ちゃんのスケートに飢えている自分がいます。
ロクサーヌが2006-2007シーズンのEXそのあと2012年のSOIと前回約5年たってから再演しましたが、今年は2012年から5年がたちました。
2012年の時も、2007年の演技と比べるとだいぶ変わって雰囲気を醸し出していたロクサーヌですが、30代になったロクサーヌを見てみたいものです。がつがつしていた2007年、少し大人の余裕が見れながらもまだ青臭さが若干残っている2012年、もし今年ロクサーヌを滑ったらどうなるか、ふとそんなことを思いつつロクサーヌめぐりをしておりました。
今年はまだ新プロお披露目ありませんけれど、久々踊り狂う系のプログラムが見たいものです。
ワールド、国別を見ていても男子も踊っていますけれど、踊り狂ってる人はいないですから。
あの濃ゆい大ちゃんの踊り狂う系プロが見たいわけです。
ここ数年踊ってはいるけど踊り狂うみたいなプロはないですからね。
巷だとまだ30代なんてギラギラしている世代なので、ぜひギラついたプログラムを魅せていただきたものです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR