とうとうこの日がやってきた氷艶開幕、それとぴったんこ輔

とうとう氷艶が始まりました。
私は月曜日に行きます。
ツイではレポあがってますけど、もういてもたってもになっちゃいますね。
いや、ここ1週間ほど何をやっても手が付かない状態で、試合の時のような緊張感はないんだけど、試合の時のようなドキドキ感があって久々の感覚を楽しんでいます。
私も行きましたら感想文やら妄想分やらを書く予定でおりますが、行かれた皆様の熱い気持ちのぶつけどころがない時には、コメント欄に熱い思いをぶつけてください。
そしてまだ行ってない人、行けないけど感想文で妄想するという方もぜひコメントをお願いします。

氷艶の前に、昨日のぴったんこカンカン輔は、大ちゃんがよく笑っていて見ていて気持ちいいですね。
食べっぷりも飲みっぷりも、真央ちゃんもだけど大ちゃんも食べている姿が本当に気持ちよくて、食べたくなるし、ビールも飲みたくなります。私ビールあまり好きな方ではないにも飲みたいと思わせるおいしそうな飲み方。
食レポというのは食レポタレント以外にも、今は誰も彼もやってますけど
「美味しい」「やばい」
みたいなありきたりな言葉だけでも、そのおいしさを表現できるって凄いと思うわ。
結局のところ感想がうまいよりも、食べている姿がおいしそうなのが一番インパクトあるんじゃないかなと。
大ちゃんと真央ちゃんがなにか食べているところ見るの好きなんですよね。
食べ方ってその人の本能や行き方も見える部分なので、そこに魅力があるというのはステキなことではないかしらね。
そして安住アナ。
安住アナというのは、ゲストに対しての距離感を人に絶妙にコントロールする人ですが、その絶妙具合は時として、安住さんこのゲスト苦手だろうなとか結構見えることがあるんだけど、大ちゃんとは相性がいいような感じです。
金スマの時も安住さんが楽しんでいたし。
でもあれだけ大ちゃんがほろ酔いで大笑いしてたのも、安住さんを信頼しているからでしょうね。
見てて幸せになったぴったんこカンカンでした。
でも番組CMであったシーン出てこなかったな。木下のポーズやってるところのくだり。
登場のダンスシーンもうれしかったけれど、できれば全身を撮ってほしかった。
LOTFがらみでTBSの出演ないでしょうかね。
スポンサーサイト

大ちゃんの真央ちゃんへのオファーを考えてみる

シブ5時での大ちゃんが今の真央ちゃんに対しての言葉
テロップと若干違うので、できるかぎり大ちゃんの言葉そのままを文字に起こしてみました

彼女のスケートは別格で、本当にこれぞフィギュアスケートというスケートを彼女はしているので
今は休んでほしいんですがスケートはずっと続けてほしいなぁと
滑るのをやめるってのはね悲しくなるので
彼女のスケートっていうのはこう素晴らしいので永遠にみていたいと思うので
だからそれこそ
そういうカンパニーじゃないですけど二人で一緒にそういうものを作っていきたい
あ、でもこれ完全にお願いですけどね
話し合ったこともないですし
だからね、熱烈オファー


大ちゃんにはカンパニー構想はあるけれど(カンパニーが作れたいいけど)まずは真央ちゃんと一緒に二人でフィギュアスケートの新しい道を作っていきたいと言っているのではないかなと。
テロップを見ると真央ちゃんとカンパニーを作りたいと強く言っているような感じだけど、大ちゃんの言葉からは真央ちゃんにプレッシャーをかけないというか、真央ちゃんの意見もきいてからだけどね、みたいなニュアンスもある感じがします。
どちらにしろ、大ちゃんが熱烈オファーというくらいはっきり真央ちゃんにアピールしているのは、大ちゃんの腹が決まったということではないでしょうか。

そのきっかけはやっぱり真央ちゃんの引退があると思います。
先日FRaUが発売され大ちゃんのインタビューが掲載されていますが、そのなかでは「実は今もまだ、情熱をもってしたいことが見つかっておらず・・・」と言っています。
グラビアの大ちゃんの髪型からすると、世界選手権の前か終わってすぐ、まだ真央ちゃんが引退を公表していない時かと思います
それから一ヶ月後くらいには、真央ちゃんに直接ではなくあえて公のメディアの前で上記の発言をしています。
引退発表時LAにいる大ちゃんが、真央ちゃんに「末永くお願いします」と、結構発言には慎重な大ちゃんが思い切ったことを言いましたが、真央ちゃんの特番ではFRaUの時の髪型で引退について語っていたので、その時はたぶんFRaUの取材のすぐ後くらいに真央ちゃんサイドから引退を公表する前に引退をきいて、公表後はちょうどLAのにいたのでパーマヘアで末永くお願いしますと言うくらいには気持ちが固まっていたんじゃないでしょうか・・なんて勝手に妄想した。

情熱がなければカンパニー構想を語る事はできないし、更には真央ちゃんの名前どころか、真央ちゃんと一緒に二人でとまで言っているのでライフワークとしてやりたい事のひとつになったのではないでしょうか。

意外に大ちゃんがさらっと言ったからか、結構どうでもいいような事がすぐネットニュースになるのに、今回の話は一向にどこにもとりあげられないのが謎ですが。
いいように考えれば、今どのテレビ局もオリンピックに向けて真央ちゃん争奪戦が繰り広げられているので、下手につつけない状態かなとも思いますが、それにしてもNHKはいい発言引き出せましたよね。
多分クリスさんのおかげもかなりあるとは思うけど、アイスレジェンドでも大ちゃんと真央ちゃんの対談とか、二人の口から将来どうしたいのかということを映像に残しているので。
それを思うとTBSのSOIトーク。織田くんの合コンののりというか、どうでもいいような質問や、鈴木さんの自分語りとか、こういう裏側をみたいんじゃなくて、視聴者はフィギュアスケートについてどう思っているのとかそっちが聞きたいのにとイライラしつつ見ましたが、TBSのスターズ・オン・アイス担当チームは反省してほしいです。
TBSチャンネルの大ちゃん密着チームは神番組作っているのに。
思うに、everyの氷艶の密着もTBSのスターズ・オントークも、作り手側の演出がフィルターとなってしまって素の姿が歪曲されたり、ドキュメンタリーではなくなってしまったりしてしまうんですよね。
それを考えると、アイスレジェンドの大ちゃんと真央ちゃんのトークや、今回のクリス松村さんとのトークも変につくらず、他ではきいたことがない生の声を聞くことができているのでとても貴重ではないかなと思います。

少し前の話に戻りますが、大ちゃんのソブ5時の真央ちゃんへの言葉に

今は休んでほしいんですがスケートはずっと続けてほしいなぁと
滑るのをやめるってのはね悲しくなるので


とあります。
真央ちゃんファンのみなさんからは、ひょっとしたら真央ちゃんこのままフィギュアスケートの世界からいなくなってしまうのでは?という不安の言葉を引退発表後からちょいちょい聞いてはいましたけれど、大ちゃんの言葉からすると大ちゃんもそれを心配はしているようですね。
自分がそうだったし。
大ちゃんも怪我やそれ以外諸々な状況が重なって引退の道を選んだけれど、くしくも真央ちゃんも大ちゃんと同じ道を歩んでいるので、大ちゃんとしては私達ファン以上に真央ちゃんの気持ちがわかっているからこそ出た言葉ではないでしょうか。
大ちゃんも一時はフィギュアスケートの世界から出ていく気持ちが強かった、98%でしたっけ?ほぼ違う世界へ行くつもりでいた時もあったけれど、それでも戻ってきた。
真央ちゃんもいろいろ考えて選択すればいいよ、でも自分は待ってるからね、こういう事真央とやってみたいからと、真央ちゃんにエールを送りつつも帰ってくることを待っているんじゃないかなと今回のシブ5時を見て思いました。

少しフィギュアから距離をおいてもいいかもしれないしね。
そういえば真央ちゃんボールルームダンスもやってみたいと言っていたかと思うけど、いいパートナーいるし。
大ちゃんもボールルームダンスやる気あると思うので、フィギュアスケートだけでなく、大ちゃんとなら結構いろいろやりたいことかぶっていると思うので、お遊びどころか本格的に打ち込めるかも。
書いてて思った、みたいわー大ちゃんと真央ちゃんのボールルームダンス
大ちゃんはワルツは自分らしくないと言っていたけど、大ちゃんのウィンナーワルツが見てみたいので真央ちゃんとぜひ挑戦してもらいたい。
ボールルームダンスだったら大ちゃんはラテンよねと思いがちだけど、私はスタンダードを踊っているところを見てみたいのね。
真央ちゃんは逆にラテンを見てみたいかな。ルンバとか愛を体で表現するセクシーなやつを

フィギュアもだけど、大ちゃんと真央ちゃんでやってみてほしいこと結構あるかも
LOTFのメリルを見ていると、真央ちゃんがこの舞台にたったらどういうダンスをするだろうかと思ったりもするし

追記
大ちゃんの発言で真央ちゃんファンがどう思うか少し心配はしたけれど、ツイッターを見ると喜んでいましたね。
だからちょっと安心した。

大ちゃん有言実行を目指す!シブ5時

NHKでLOTFを取り上げる?
どうしたNHKと疑心暗鬼で見始めましたが、やはりどうしたNHKです。
あまりの神番組シブ5時
番組終了後いろいろ考えるに、もうスケ連の影響下からは離れて制作サイドにスケ連からのお達しもなくなって自由に報道できるようになったのでは?と言うことと、あとは扱いがスポーツ枠ではなくエンターテイメント枠になったので番組スタッフも別になったため下げるような扱いはしなくなったのかなと。

でも今回はそれだけではなく、クリス松村さんの独自の視点や変な知ったかぶりではなく(ところどころ情報は違うものの)彼自身の目線でインタビューをしていて、よくある質問でありながらも大ちゃんが答えやすいように話題をふったり、大ちゃんの言葉足らずなところを自分の感想も交えながら伝えるという、とても誠実な姿勢が大ちゃんから今までにない答えを引き出していたように思う。
それと今回まだTBSのほうでは出していない今年のLAでの練習風景まで放送していたし、LOTFの宣伝までしていたので、これは今後TBSだけでは収まらない何かが始まっているのでは?とちょっと妄想しちゃったりして

大人の事情な話はいいとしても、いろいろ見どころ満載の番組でした
多分大ちゃんファンみんないろいろ思ったことでしょう。
今回大ちゃんはクリスさんのインタビューでカンパニー構想を語りましたが、
「真央ちゃんと二人でカンパニーを作りたい」と言いましたね。
ILのときも冗談めかしながらも話してはいたけれど
真央ちゃんと二人というところに、もうもうもうと思いました。
あえての真央ちゃんですよ。
一緒に戦ってきた同世代のスケーター達ととかでなく、真央ちゃん限定熱烈オファー
XOIでダンスを一緒にしたのも真央ちゃんとはしっくり来る感があったんでしょうかね。
大ちゃんが、真央ちゃんがスケートをやめてしまうと悲しい、永遠に見たいと言っていたけれど、まんま大ちゃんにその言葉をダイレクトスパイクしたくなりました。
そしてもし大ちゃんと真央ちゃんのカンパニーが出来た時、どんな応援ができるだろうかと早速考えてみたり。

真央ちゃんにはまだ何も相談していないと言ってますけど、そんな話は冗談めかしては言っているし真央ちゃんもそれっぽい事は言っているので、大ちゃんと真央ちゃんでショーを立ち上げようといえばすぐスポンサーはつくと思うので、早めに動き出して欲しいですね。
やっぱり立ち上げの時のカンパニーの顔が大ちゃんと真央ちゃんであって欲しいし。

そしてシェリルの
「彼の能力を引き出したいの、彼はダンサーなのよ」
という言葉
シェリルの中では、ダンサーではないセレブをダンサーに見せるというレベルではなく、その先の先を大ちゃんには期待しているのではないかなと勝手に感じてしまった。
自分たちの手で天性のダンサーを磨き上げるみたいな。

NHKだけでもこれだけ面白い番組になったので、本家TBSはどうなるか
昨年のLOTF番組は神番組だったから問題ないかもね
でもTBSより先にNHK・・・くどいようだけでどうしたNHKだわ
ダンスのお稽古シーンも見れたし、何よりもみんな大好き台輔プロがブラッシュアップされ、よりカオスというか魔性プロになりそうですね。
たしか大ちゃん女性をリフトしなくちゃいけないから今年は筋肉つけるって言ってたけど、大ちゃん自身リフトされて、飛ばされて、抱っこリフトされてましたけどなかなか挑発的なプログラムです。
去年も台輔プロは、男性ダンサーとからみがどんどん濃厚になっていきましたしね。
でもNHKわかってるなぁ
まさか台輔を押してくるとは

そして明日は日テレプラスで氷艶が
日テレ頑張って欲しいものです、前回ちょっとな感じというかモヤっと感残っちゃったから

で、来週はTBSぴったんこカン・カンにゲスト出演
安住さんとの掛け合いが楽しみです。
ぴったんこに出るならば、金スマもないかなぁ

氷艶every特番

氷艶特番。
今までのアイスショーとはやはり一味ちがう感じですね
練習も普通のアイスショーだと数日で本番という感じなのでそれと比べるとどれほどの練習時間が必要なのかと
多分そろそろ衣装をつけての練習もしているかもしれないし
あれだけの重さがありそうな衣装だと体が振り回されちゃいそうだから直しもはいるだろうし
どんなになるのか楽しみになってきました。
それと番組中に大ちゃんが日舞を習うシーンもありましたけれど、初めてのお稽古で姿勢がそれなりに決まっているのは流石だなと思いました。
何年か前に書いたかと思うけれど、日舞をやっている友人が大ちゃんのスケートを見て、腰を自然に落とすことができるから日本舞踊やってもいいとこいくかもみたいな事を話してくれたことがあったんですど、まさにそんな感じでしたね。
先生ももっといろんな事ができるかもと大ちゃんの動きを見ておっしゃっていたけれど、もっと仕込んでやってとテレビ前で思っておりました。
肩もちゃんと落ちてたし、女形のほうもいけるんじゃないかなとすら。
お辞儀もお稽古前と後では違ってましたしね。
いろんな世界の人にいじくり回していただいて舞踏家高橋大輔が見られるのもそう遠い未来でないような気がしてきました。
あとは染五郎さんが、大ちゃんの演技について、上品な柔らかさがあるというような事をおっしゃっていたけれど、その言葉がうれしいですね。
大ちゃんの現役から今に至るプログラムは一歩表現の方法をまちがうと下品だったり単なるエロな感じになってしまう可能性があるけれど、そういうきわどいプログラムを作品に仕上げられるのは常に上品さがどこかに隠されているからだと思う。
15歳くらいの大ちゃんの演技を初めて見た時、この子は海外でそれなりの教育環境のなか育った子かなと思っていたんだけど、その後地方都市育ちで特別に欧米的な教育を受けたわけでもないというのを知って、今時の日本人の子でこんなエレガントな所作や表現ができる子がいるんだと驚いた記憶がある。
その後数年あいて大ちゃんがシニアにあがった頃には、チャラくなってたんでなんでそうなると思ったけど。
それでもチャラくても演技のエレガントさは変わらずだったので、見た目のチャラさとのギャップに気になる選手の一人として常に気になる存在にはなっていたんだけど。
チャラくなろうとも、身についたエレガントさや上品さというのは学んでどうなるもわけでもないのでそれも才能の一つかなと思うけれど、やはり見る人が見ても大ちゃんがもつ独自の上品さというのは見逃せない才能のひとつでしょうね。

今回の特番前半は、everyなんでしかたがありません。
ドキュメンタリーは脚本ありきで作っているプロデューサーですから。
でもどこの局でも言えることだけど、自分たちの都合のいいように作ってるドキュメンタリー番組多すぎですよね。

今回の特番は大ちゃんをメインにした作りでしたけど、できることなら歌舞伎チームのほうのドキュメンタリーも見てみたいものです。
染五郎さん視点のとか。
あと歌舞伎チームのスケート特訓とか。
氷艶2時間特番とかあったらいいのに。

ZERO輔 ラルクアンシェル

国別でもりあがっている・・・かなぁ
私のTLではあまり国別のことをつぶやいている人が少なくて、どっちかというとZEROでのhyde氏との対談でもりあがっているような。
私も実は木曜日ZEROが終わってからラルクのライブ映像みたり、間に大ちゃんの演技を見たりして、それが本日めで続いておりました。あとはBABYMETALちゃんがレッチリのサポート・アクトでアメリカでライブやってるからそれをちょこちょこ見たり。

ZEROは大概一度見直すかどうかくらいで、あとは編集して円盤にやいてHDのスペ^ースを空けるみたいな感じだったのに、ラルクのライブレポは結構ツボにはまりました。
もともとラルクはテレビに出ていれば必ず見て録画もそこそこしている方なのでライトラルクファンだとも言えるけれど。

しかし、国別はちょこちょこ見たりはしていたけれどどうにもハマることができず。
思いの外真央ちゃん引退がじわじわきていて、テレビで国別を見ていても一枚薄いベール越しに見ているような、それか映像を手撮りした動画をみているような、別世界での出来事みたいな妙な感覚のまま見ていました。
凄い得点が出たりもしているし凄いんだろうけど、画面から華を感じないというんでしょうかね。
結局ラルクと大ちゃんに戻ってしまい、そちらを堪能しております。

国別をちらちらみていて、強烈に踊り散らかしている高橋大輔が見たいと思っていたら、ツイにも大ちゃんのロクサーヌとかピアソラの濃いプログラムの動画をあげている人がいましたけれど、多分同じ気分なのではないかなと。
大ちゃんのエロ散らかしてるプロが今みたいんじゃ、今すぐみたいんじゃみたいな
そんなわけでラルクを見ては途中に大ちゃんのエロちからしているプログラムを延々と見ておりました。

久々ロクサーヌを滑る大ちゃんがみたいなと。
来月氷艶もあるし、その後LOTFもあるけど、大ちゃんのスケートに飢えている自分がいます。
ロクサーヌが2006-2007シーズンのEXそのあと2012年のSOIと前回約5年たってから再演しましたが、今年は2012年から5年がたちました。
2012年の時も、2007年の演技と比べるとだいぶ変わって雰囲気を醸し出していたロクサーヌですが、30代になったロクサーヌを見てみたいものです。がつがつしていた2007年、少し大人の余裕が見れながらもまだ青臭さが若干残っている2012年、もし今年ロクサーヌを滑ったらどうなるか、ふとそんなことを思いつつロクサーヌめぐりをしておりました。
今年はまだ新プロお披露目ありませんけれど、久々踊り狂う系のプログラムが見たいものです。
ワールド、国別を見ていても男子も踊っていますけれど、踊り狂ってる人はいないですから。
あの濃ゆい大ちゃんの踊り狂う系プロが見たいわけです。
ここ数年踊ってはいるけど踊り狂うみたいなプロはないですからね。
巷だとまだ30代なんてギラギラしている世代なので、ぜひギラついたプログラムを魅せていただきたものです。
リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR