ライター高橋大輔

春の大ちゃん祭りは思いの外盛大で、毎日毎日何かしら新情報が出てきてもうあたまパーンしてて、追いついていってません。
録画もできてないことあるし。
しかし、フレンズα最終回だけは大丈夫だった。
日テレだけど、LOTFの映像ありで、更に今年の公演のお知らせまであるという、CSは垣根があまり高くないのかな、他局だけど珍しいことだなと思っちゃいました。
そして氷艶の映像も、地上波で見たのとはちょっと違うかな。
やはり情報が出てくると氷艶もチケット追加しようかしまいか・・いやお財布の事情がとかいろいろ悩みは出てまいります。
スケート組はスピスケ組も参戦ということでそこも気になりますね。
こうなったらフィギュアシンクロ組とかも追加でと思ってしまいますけど、エンターテイメントにはシンクロ合うと思うんです。
シンクロ組を・・なんてね。
でも、この公演が成功したら、フィギュア組だけでなくスピスケ組とのコラボショーもできるかもしれないのでいろんな意味で期待できますね。
それにしても大ちゃんの眼力凄いですよね。
そして隈取の意味も、眼力増す化粧なんだなと。
もちろん持って生まれたものもあるけど、大ちゃんが無意識で視線を動かしているだけでも目の動きがよくわかるのと、より大ちゃんの眼力がいかにあるかもわかるし。
実際リンクが広いし、私の買った席はスタンド席なんで表情なんて見えないけど、見えないけど大ちゃんの視線って遠い席でもなんか感じるんですよね。不思議なことに。様々なライブやら舞台やら見に行ってますけど、大ちゃんの眼力というか観客の視線を掴み取る力の強さはダントツです。
というかそこまで意識したこと過去なかった。視線があったキャーみたいな経験は何度か他のアーティストでもあったけど、フィギュアだと移動する範囲が広いから、観客が視線が囚われる確率が高いとも言えるかもしれないけど、それでもショーにしろ試合にしろほんの数分の短い時間で、それだけ強烈に感じるというのはなにがどうなってるんだと思います。
これが華っていう奴ですね。
大ちゃんが言うところの色気っていうか。

色気といえば、日経の記事のタイトルにもなってましたけど、あえてキャッチーなタイトルをつけたなと思います。
多分大ちゃんがつけたタイトルではなく編集サイドでつけたタイトルでしょうけど。
フィギュア関係の記事はどうしてもジャンプが成功したか失敗したか、日本のトップ選手だけについて語るとか同じ視点での記事ばかりだったけれど、大ちゃんはフィギュアならではのというか採点競技ならではの視点での見方も書いてくれているので、フィギュアは気にかかるけれど、何をどう見ればいいんだという人たちにもわかりやすく魅力を伝えていますね。
そして、全体的にやさしさが溢れてるし、でもそこにちょっとしたスパイスもあったりで、そこのあたりが絶妙にうまいなと。
大ちゃんの文章を見て個人的に思い出したことなんだけど、学生時代レポートや論文を書いている時、担当教授がよく言っていたのが、専門用語やそれらしい数字を羅列するとそれらしく見えるけれど、読み手が理解できて納得できなければ意味がないので、自分自身の理解度を深めてわかりやすく簡潔に書くことをしなくてはならないみたいなことを何度か言われたことがある。
大ちゃんの文章を読むたびにその事を思い出す。
現役の時のインタビューでも、受け答えがうまいなと思うことも度々あったし、多分記事にする記者さんたちも記事にしやすかっただろうなとも思う。
一部今回の大ちゃんの記事を読んで、大ちゃんのことを蔑むような発言をツイでしている人たちを見かけるけれど、ファンの贔屓目を割り引いても、あれだけの文章を書くことはなかなかできないし、頭いい人だなと今更ながら思う。
素人には書けないフィギュアの記事だと思うし、多分選手が読んだらより大ちゃんが言いたいことの意味がわかるかもしれない。
ハンヤンの部分も、早速中国のハンヤンファンが訳してハンヤンに伝えて、それを読んだハンヤンが喜んでいて手術に向かっていったけ事が紹介されてたけれど、ハンヤンの表現力やスケーティングのうまさを褒めつつも、ジャンプがダイナミックすぎてコントロールに苦慮していることも指摘していて、見方を変えるとジャンプのコントロールをどうするかもっと考えたほうがいいよというアドバイスが入っていたりもする。
かといってアドバイスしてますよみたいな押しつけもないし。
フィギュアの知識が少ない人にも、そして選手にも伝わる良記事だったと思う。
サンスポもまたちょっと切り口が違うので、楽しみ。

スポンサーサイト

本日も大ちゃん祭りだ!LOTFだよ全員集合!!

ここしばらくぼーっとしていたりするとアントニオ猪木の炎のファイターをついつい歌っています。
更には「イノキボンバイエ」のところを「シズカボンバイエ」と変えて
( ゚∀゚)o彡゜シズオッボンバイエ!シズオボンバイエ!!
それがとまらないんですよ



何がきっかけだったのか忘れちゃってたけど今さっき思い出しました。
氷艶メインキャストの衣装を着た姿が公開になりましたけど、大ちゃんや染五郎さんはゲームに出てくるキャラみたいでステキでしたけど、荒川さんは女神なんだけどどうみても鋭い視線でガンつけしている姿が女子プロのポスターみたいでもないでもなく。その上ガンつけ静香はそれはそれは強そうで、私が以前から何度か妄想したヒールレスラーのイメージぴったり。
ロープの上に華麗に飛び乗りスピンしながら飛び蹴りかましそうな感じ、しなりきいて骨までしびれる感じのキックしそう・・・とか思ってしまったもんだからもう、ついつい炎のファイターを替え歌でうたっちゃってるんですよね。

。。。ののまめ、またお前はなんて斜めってる話書いてるんだと言われそうなんですけど、ほんとまじで止めてー
スキあらばシズオボンバイエッって脳みそが歌っちゃうの

シズオボンバイエはいいんですけど、大ちゃん祭り絶好調ですね。
止まらないから、ひとまずPRIDEのテーマ曲聴いて脳内殺してみるけど



名曲。これも今日はどうしても頑張らないといけないという時に聴いてるのね

そんなななめった話はどうでもいいですね。大ちゃん祭りにもどらねば

昨日の関ジャニ村上くんの「スポーツの神様たち」の大ちゃんは結構よかった
陸でのジャンプや、バランスボールでぷるぷるしてるのとか、スピンのあと転んでるところとか
あとやっぱりスターオーラが出てるなとか

その前のワールドの見どころ紹介番組、別名「笑ってはいけない図書室」・・ではなく、「噛んではいけない図書室」にいるスーツ大ちゃんもいかしてたし、ギャップ萌えで楽しませてもらった深夜。

それにしてももういいかげん大ちゃんをくるくるさせるのはやめて欲しいわ。
村上くんがリンクにいるんだし、大ちゃんが村上くんを手取り足取り腰とりして、くるくるできるように鬼レッスンとかさ、そっちのほうがジャニオタも喜ぶし、大ちゃんファンもよろこぶね。
でも、ただまっすぐ滑ってるところ見せてくれてもいいんですけどね
それかバッククロスをしている姿とか、環境音楽とともにバッククロスで滑る高橋大輔を深夜1時間に渡って延々と流すとか
CSでやってくれないかな、
「高橋大輔のひたすらバッククロス」
みたいなマニアク番組
過去のバッククロス映像をファンの皆様の期待に答え、なんと練習着姿でのバッククロス映像もまじえ放送決定!・・みたいな番組。いい企画だと思うので、業界の人、高橋大輔で検索してうっかりここまできてしまったら、高橋大輔のマニアックフィギュア講座とかの番組つくってください。
なんなら渡部トレーナーの指導のもと、高橋大輔ストレッチ教室とかさ、いくらでもあるじゃん、くるくるでなくったって
バランスボールでぷるぷるしてるのでも十分たのしめたんだから、くるくるバットばっかってさー
と思ったここしばらくの大ちゃんのバラエティ番組に対する感想でした。

そして本日のLOVE ON THE FLOORの発表記者会見
ペリスコ女神様たちのおかげで見ることができました、ありがたいありがたい
大ちゃんカジュアルでくるかと思ったら、スーツでしたね。
そして今回のインタビュアーは安東アナ
安心して見てられましたね。
あの尺で結構充実した会見内容でした

高橋大輔、再演舞台で主役に 女優との絡み「ガンガン攻めていく」 舞台「LOVE ON THE FLOOR 2017」公開制作発表会


高橋大輔、女性との絡みは「ガンガン行く」 1
JIJIPRESS/時事通信芸能動画ニュース



オリコンとjijiの動画があがっているので、思い出したけど、大ちゃん女性と絡むことはなかったので最初は恥ずかしかったけどその壁を乗り越えてねっとりやれるようになったみたいなこと言ってますけど、ホントそうそう。
でも真央ちゃんをリフトする時は王子様リフトしてたな、でもいつかは真央ちゃんにも遠慮なくがっつりねっとりリフトしていただきたいものだわ。LOTFのクリスティやメリルとの絡みみてて真央ちゃんだったらどうなるかなとか考えつつ見てることあるけど。
真央ちゃんのリフトと比べたら、LOTFは最初のほうの公演けっこうがっつりやってたように見えたけど、でもやっぱ楽近くになってくると男女関係なくねっとり絡んでて大ちゃんしゅぎょい・・・みたいになってましたね。
真央ちゃんのときはあんなに初々しくて見ているほうも照れるなぁみたいな感じなのに。
メリルとの距離感もよかったし、ランディーとの絡みも。大ちゃんがお気に入りだという台輔様も、ランディーとだけでなく、ニコやジェームズともキスしちゃうんじゃないの?みたいな感じで大胆に絡んでたのを思い出すね。
あとは安東アナの大ちゃんの筋肉を絶賛したところとか
LOTFのロスでのお稽古している時と、舞台本番の時の体が全く違うからアスリートってすごいなって
ダンサーの体とはまた違う体になってたのはちょっと不思議。アジア系だからかな。ダンサーというよりもボクサーが試合に挑むときくらいに細かい筋肉まで鍛え上げたみたいな体になってましたよね。
明日はTBS系の報道番組チェックせねばですね。
筋肉話のあたり放送されるといいな
安東アナが、大ちゃんの筋肉写真、話が終わった後床に置く気になれないってスタッフに渡してたけど、ステキ。

それとLOTFの中で大ちゃんが好きなプログラムは、クリスティの薔薇のと、シェリルとメリルが壁越しで葛藤してるやつ、あと台輔、体操のお兄さんって自分で言ってた。
大ちゃん台輔って言われているの知ってた。
あのエロい体操のお兄さんプロ「実験」はどう姿を変えるのか
それから今回は主演になるわけでもっと出番が多くなるということだったけど、いやいや去年でも十分出てた、これでゲストなの?みたいな感じだったけど、更に増えるとなると新プロもあるかもね。ダンサーの人数が増えるし。
情報がでてくるたびにワクワクしてきますね。
氷艶のほうもそうだし。
延期になったeveryも楽しみです。

大ちゃん生誕記念本(嘘)Dance!Dance!!Dance!!!

大ちゃんめでたく31歳に相成られました。
ZEROが終わってから私のTLはずーっとずーっと大ちゃん生誕祭で埋まっております。
大ちゃんファンだけでなく、アニオタちゃんも、そして大ちゃんと同じ誕生日だとうれしげにつぶやいている人や、オフィシャル関係とか、一日中おめでとうおめでとうです!

ここまでが昨日で、ひとまず大ちゃんの誕生日にアップしておかねばと思って一夜明けて3月17日
時差があるので、本日も海外からも大ちゃんおめでとうが続いております。

そして徐々に話題は分散されているのですが、やはりスケオタが多いTLなのでJrワールドの話題がでていますね。
ライストで男子のほうも見てましたが、ジュニアの点数でないなこれという感じです。
来シーズンにはパワーバランスが確実に変わりそうな、ただ何人シニアにあがるのかわかりませんが、男子はワールドワイドに選手が育ってきている感じなので今後のシニア参戦が待ち遠しいです。
ただ誰しもが思うところだけど、怪我や体への負荷が今後どうでるかというところの心配はありますね。
ジュニア男子だけでなく男子シングルはもうチキンレースの様相なので、スポーツである以上難易度の高い技術を習得するのは必然ではあるけれど見ていて怖さも感じます。
今後どうISUは対応していくのか気になりますが、以前のようにステップにも得点を高くつけて欲しいものです。
それか、各エレメンツに特化する競技を創設するとかさ。

しかし、コンペを見ると大ちゃんのスケートが見たくなり、大ちゃんがバラエティに出まくってよろこんで見てはいるけれど、やっぱり滑っている大ちゃんがどうしても見たくなって大ちゃんの演技を見直していますが、それだけでなく試合の雰囲気も感じたくて、結局他の出場選手全部みたりとかバックヤードの風景とか。
トマシュが自分たちの時代を虹色世代と言っていたけれど、大ちゃん選手時代の録画を見つつ虹色世代よねとひとり納得です。
自分に思い入れのある世代だから贔屓目で見てしまうのかもしれないとは思いつつも、個性的な選手が多かったなと。
衣装もトンチキ衣装が多かったし。
でもルックスが今の選手よりも王子様感半端ないし。王子様よりどりみどりみたいな。
そんなノスタルジーに浸っていた私ですが、もちろん大ちゃん祭りがまだまだ継続中で、この調子で行くと、テレビ番組の改編期に重なるので、まだまだバラエティへの出演増えるかもしれないですね。

3/18 メレンゲ
3/19 チカラウタ
3/23 スポーツの神様たち
3/29 TOKIOカケル

その他ワールド関係と、番宣番組もありますが、追いかけるの大変。
以前ほどすべてを録画せねば気が収まらないというのはなくなったけれど、そこそこ尺のある番組は撮っておいきたいし、でもそこそこ尺がある番組ばかりで円盤にとっとと焼いておくべきかとか、未だ手付かずのオリンピックあたりをそろそろなんとかせねばと思ったりとか、うれしい悲鳴ですよ。
こうやって、大ちゃん出演番組woみていると、ジャニーズが絡んでいる番組が多いですね。
ジャニーズ的には大ちゃんはOKなゲストなんでしょうね。
そういえばバンクーバーの頃に大ちゃんジャニーズ入りか?みたいな記事が出たこともありましたし、冗談ながらうたばんにゲストで出た時には、木村くんや中居くんからジャニーズはいっちゃいなよと言われてたこともありましたっけ。
ちょっと懐かしいことを思い出しました。
大ちゃんが絡んだことがないお兄ちゃん世代のジャニーズといえばあとは、Kinkiとタキツバくらいかな。
Kinkiとの絡みは見てみたいものだけど、以前大ちゃん剛くん好きって言ってたことあったような。
キンキもタキツバも舞台系のジャニーズだから大ちゃんとも合いそうなんだけどな、などと妄想してみる。
アイドルとも絡んでいる大ちゃんを見つつ、今日やっと手元に届いたDance!Dance!!Dance!!!見ました。
今日やたらとジャニーズ話をしているのは、Dance!Dance!!Dance!!!を見たからですよ。
「なに?このアイドル雑誌」
みたいな。
大ちゃん以外のページもアイドル雑誌みたいなかほりが・・・昌磨と刑事のツーショットとか
昌磨のお手てが可愛すぎる、おしり突き出してるところも可愛いし、編集わかってるなこれ
あとユリオタのツボを押しそうなXOIのステファンと大ちゃんのコラボ写真とか、ムラくんはひたすらかっこいいし、女子はみんな美しい写真ばっかだし、難を言えば真央ちゃん要素がちょっと少なすぎではなくって?という感じですが、大ちゃん要素が充実なのでなんとか我慢します。
それにしても今回のDance!Dance!!Dance!!!はがっつりなほどの大ちゃん本ですね。大ちゃんファンとしては大満足。
アイドル雑誌なみのポスターとかついてるし。
フィギュア本と見せかけた月光大ちゃんポスターをぺらっとめくったら変な声が思わずでちゃうような、アイドル感満載大ちゃんが、三十路だけでアイドル問題なくいけます。
いや、今やトキオはアラフィフアイドル、三十路アイドルなんて可愛いものです。
そんな感じでグラビアを楽しんだ後は、インタビューをじっくり読んで。
フランス版ロミオとジュリエットやりたい?やりたまえやりたまえ
真央ちゃんとやればいいのに、友人役でいいとか言わず真央ちゃんもやりたがってるんだしさ・・と大ちゃんのインタビューを見てつっこみ、そしてまた妄想の世界にはいりで、実は締め切りのある仕事がたまってるんですけどね。
たまってるのについついアイドル大ちゃんの誘惑に勝てず。
これからちょっと頑張って仕事をして明日のメレンゲに備えなくてはなりません。
久しぶりにやばい雑誌を手にとってしまいました。



YOIフィギュアスケートを100倍楽しむ集中講義

遅ればせながらYOIのフィギュアを100倍楽しむ集中講義ライブビューイングへ行ってきた感想文を書いてみる。

大ちゃんの話題もちょっと出てたので内容をご存知の方もいるかとは思うけれど、行ってよかったことは大ちゃんのオリンピックeyeがスクリーンで見れたことですかね。
どこかの映画館貸し切りで大ちゃんファンのための高橋大輔演技集とか見れたらいいのにと思っちゃいました。
スクリーンいっぱいで見る大ちゃんの演技は迫力満点。
ユーリファンもメロメロになってたね。
いろんなスケーターの演技が流されたけれど、スケーターが出て来るたびに悲鳴があがっていましたが、一番悲鳴がすごかったのはステファン・ランビエールですね。
やっぱりアニメに出たのもあるけど、昨年のNHK杯にラトデニのコーチとしてやってきて、その姿があまりにヴィクトルだった事や、ラトデニとユーリを見ている画像があがってたり、あとは大ちゃんとのXOIなんかも人気の原因かもしれないですね。
その次大ちゃんでした。
ここは私としては意外だったかな。
ユーリにはまったアニオタちゃん達がまず目にするのは、現役スケーターの演技で、大ちゃんの演技はテレビでもなかなか見る機会がないので、ユリオタちゃんたちの人気はそんなでもないかもと思ってたら、まちがってた。
ユリオタちゃんたちがスクリーンに大ちゃんが出てきたら悲鳴が、その後大ちゃんだ大ちゃんだとかつぶやいてた。
「大ちゃん」と言うだけあって、ユリオタちゃんたちにも大ちゃんはかなり認知されていて、更に大ちゃんが人気だったことにちょっとうれしかった。でもツイを見ていると、ツイでは大ちゃんの演技は前から好きと言っている子たちが結構いるので、ライト大ちゃんファンだった子は多いのかもしれないですね。
あとは、ちょいちょい大ちゃんネタがぶっこまれたこと。
宮本先生がいるからぶっこまれるのはわかるけど、勇利の声の豊永さんが最後に「ダイスキータカハシー」って言ってたし
講義では大ちゃんの話はちびっとだけだったのに、最後のさいご不意打ちで「ダイスキタカハシ」だったので、おおうっってなりましたね。脚本誰が書いたんだろう。声優さんたちのアドリブなのかな。夜の部は国別の宣伝臭プンプンだっただけに、最後大ちゃんの名前が聴けて感無量。

フィギュアスケート集中講義と銘打っているので、フィギュアのことを初心者にもわかりやすく解説していた・・・かな。
セカンドマークを一括りに表現力ということでまとめちゃったのはどうかなと思ってしまうけど。

詳しく解説していたのはジャンプです。
なぜか唯一ループの解説がなかったんですけど、まずはエッジジャンプとトゥジャンプがあって、その中にフリップやルッツの違いとか、サルコゥやアクセルがどんなジャンプかという解説ですね。
ライブ・ビューイングが終わってユリオタちゃんたちが、ジャンプの見分け方についてあちこちでしゃべってたけど、アクセルだけはわかったって言ってて、あとはフリップとルッツは外側のエッジで跳んだらルッツだっけ?とか言ってました。
たぶん多くのスケヲタもそうだったかもしれないですけど、最初はアクセルですよね。
彼女たちがしゃべっているのを聞いて、私もそうそうアクセルが最初だなって。
その次はたぶんループとサルコゥだったかな。大ちゃんと美姫ちゃんのジャンプで見分け方を覚えました。
二人共お手本みたいなジャンプ跳んでるし。
サルコウもわかりやすいジャンプじゃないかなと思ってたけど、鈴木さん曰くサルコウは流派みたいなものがあって正確に足がハの字になって跳ばない選手もいるということで、以前からサルコウなの?と思うジャンプを跳んでいる選手が何人かいて不思議に思ってたんですけど、そういう事みたいです。
でも大ちゃんのサルコウが好きな身としては、やっぱりサルコウジャンプは足元きっちりハの字でないと萌えないわと思っちゃうんですけどね。
大ちゃんのサルコウの足のハの字可愛いですよね。
私は可愛いと思いながら大ちゃんのサルコウを見ているんだけど。

集中講義はちょいちょい横道にそれますが、それても元にきっちり話を戻していたのが久保みっちゃんでした。
やっぱりテレビのトーク番組で話をしている経験があるだけに、本職漫画家とは思えない話しぶり。
あと、下ネタにも走るけれど基本真面目な人なんだなと思いました。
あとスケオタ妄想の話は別枠で「久保ミツロウのスケヲタ妄想漫談講義」とかやってほしい。
小さいライブ会場みたいなところでお酒飲みながらスケオタ妄想漫談。
AOIでスイスに行き、ステファンのホームリンクへ行き、街の様子などを見て、ここでクリスがあのスケ連の人と・・・みたいに話してましたが、私も何気にクリスの部屋に迎えにきた、アンドリュー・ポジェ似のスイススケ連のキャラが気になってたので、久保みっちゃんの妄想の続きが聞きたくてたまりませんでした。
やはりアニメでは描ききれなかったサイドストーリーがたくさんあるみたいですね。
どのキャラもユーリは立っていたから12話で終わってしまったのは本当に残念です。ほんと二期ないかしら。

今回私が見たライブビューイングの回は、CSで放送されるみたいですけど、抽選で当たった人のみ見れた昼の回は大ちゃんの演技がフルで見れたみたいなので、私としてはそちらの回の放送をお願いしたいんですけどね。
国別の宣伝も兼ねての今回のライブビューイングみたいだったので、国別に出るだろう選手をフューチャーした夜の回がCSで放送あるのはしかたがないですね。

最初はチケット買ったのはいいけれど、現地へ行ったら若い子ばかりでおばちゃん一人だったらどうしようと思ってたけど、結構年齢層広かったです。
もちろん若い子がほとんどけど。ただ20代前半くらいが多いかなと思ってたけど、20代後半から30代という感じが中心だったかもしれないです、私の行ったところでは。
ロビーで待ってる時も、仕事帰りのOLみたいな子が多かったし。スーツ着てた子もいたくらいで
一昔前の、ぱっと見るだけでアニオタ臭がするみたいな子はほとんどいなかったかも、おしゃれOLさん。
親子連れもいたし。
会場の雰囲気は一言「ゆるゆる」な感じかな。
平日ということもあって仕事を終えてから参加という人たちも多かったので気が抜けてるところもあったかもしれないけど、もし椅子がなく床だったら、ゴロゴロしながらライブビューイングしたかもしれないくらいのゆるさ。
でも、そのゆるさが妙に心地がよかったライブビューイングでした。
そういえば、開場前に、フィギュアスケートの世界3を連れの子と見ている子がいたんだけど、見ているページがステファンのページで、しっかり何が書いてあったのか把握している私は、それを見てフフフとなりました。
彼女たちもフフフってなってました。
XOIで大ちゃんとコラボしての感想を語っているあのページです。
大ちゃんとは今後もぜひコラボをせねばと語っているあのページです。
フフフってなりますよね。
この機会に、大ちゃんとステファンの至高のスケーティングをユリオタちゃんたちにも堪能してもらいたいものです。
生はやっぱり違いますからね。

リンク
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
ののまめアナライズ
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR